釣果を分ける戦略的なルアー選びをアドバイス!シーバス用ミノーは2つの要素で選択せよ

年々増え続けるシーバスルアー。「でも、どれを選べばよいか分からない……」方のために、ルアー選びの選択方法について解説します。今回は登板機会も多く、オートマチックに動いてくれるルアーである“ミノー”です。2つの要点を主軸にみていきましょう!

ルアー選びはミノーから


前回はシーバスを狙うためのポイント選びについて解説しましたが、今回は「ルアー」について。

毎年多くのルアーが発売され、シーバス用ルアーは数えきれないほど存在しています。

何を選べばいいか分からない……。そんな場合は、登板機会が多くオートマチックに泳いでくれる“ミノー”から選んでみましょう。

筆者の紹介


内田聖、愛知県在住。ライターネームはウッチーダ。

仕事・家庭・釣りと3足のわらじを履いて、日々奮闘中のサラリーマンアングラーです。

APIA、BlueBlueのフィールドテスターを兼任。メインターゲットはシーバス。最近はクロダイやメバルといったターゲット魚種も増え、ソルトルアーフィッシング全般を楽しんでいます。

TSURIHACKではHowtoや最新の釣り動向、時には編集部の無茶ぶりをテーマに、楽しく・わかりやすく執筆していきますよ!

2つの要素を主軸にする


ミノーは顎の部分に「リップ」と呼ばれる水を噛むための板がついており、ルアーを引っ張るだけでリップが水を噛み、ボディを揺らして泳ぎます。

このリップが作用し、同一のレンジを規則的なアクションで泳ぐことが強みなのです。

このため、ミノーを選ぶ際には潜行レンジアクションに注目して選ぶ必要があります。

潜行レンジ


ミノーを水の中に置いた時に浮くものをフローティング、沈むものをシンキングと呼びます。

ルアーの潜行レンジはルアーの比重やリップの長さよって決まりますが、慣れるまでは物を見て判断することは難しいでしょう。

そんな場合はパッケージに記載されている潜行レンジを参照しましょう。

潜行レンジはどう選ぶ?

フィールドで捕食されているベイトの泳ぐ層に合わせ、潜行レンジを選ぶ必要があります。

判断が難しい場合は・・・

記事の続きが気になる方はこちら

ソトシル 

あったらいいなを叶えるアウトドア情報アプリ、その名も『sotoshiru(ソトシル)』
なんとこのアプリ1つで、釣りを始めキャンプや登山、ランニングや自転車など、様々なメディアからたくさんのアウトドア情報を一気に収集することができます!
いつでもスマホ片手に情報収集ができるから、通勤通学の間に気になる情報をチェックできちゃいます。

Pickup①:60以上ものアウトドアメディアの記事が一気に読める!

Pickup②:新しい情報毎日70記事以上お届け!

Pickup③: 釣りだけじゃない! キャンプや登山情報も充実!

sotoshiruをインストールして続きを読む

sotoshiruで記事を見つける方法

1.sotoshiruをインストール
インストールはこちらから


2.ホームタブ>釣り>検索ボタンをタップ


3.画面上部の検索窓にて、記事のタイトルの一部でキーワード検索をすることで表示されます。

sotoshiruをインストールして続きを読む