日本3大怪魚に挑戦 アカメ釣行②〜実釣編〜

2020年08月27日 公開 釣行記

日本3大怪魚に挑戦 アカメ釣行②〜実釣編〜

前回のアカメ準備編に続き、今回は実釣編です。

今回の釣行は3泊4日で行いました。
アカメは夜釣りが基本となるので、実際の釣り時間は20時間ほどです。

釣れたか釣れなかったのか、、、、、まぁ結果は釣れなかったんですけどね。

衝撃的な音を聞いたり、衝撃的なサイズのアカメを見たりと興奮しっぱなしの釣行でした。

夜釣りが基本になる

アカメを狙うにはウェーディングで行うと準備編で説明しました。
また釣る時間は夕方から夜明けまでが基本になります。

もちろん昼間でも全然釣れる魚だとは思いますが、夜行性の魚のため夜釣りの方が確率が高いのでしょう。
僕たちは昼に下見をして、夕方から竿を出すことを3日間行いました。

3泊4日と長いと思いきや実際に釣りができるのが、初日の夜、2日目の夜、3日目の夜と3回の夜しかありません。

しかも今回の釣りは2日目が大雨予報だったので実質2日間のみ。
ちなみに前回アカメに来たときも台風と重なって満足な釣りができなかったような。
僕は、高知と相性悪いのかもしれない(;・∀・)

ボラの鱗

昼間はボラ探しの旅

夜釣りが基本と言っても夕方まで寝ているわけではありません。
昼過ぎから、どのポイントにベイトがいるのかを探します。

今回の釣行でわかったことは、ベイトとなるボラが結構たまるポイントがあること。
またそのポイントが日によって違うことです。

昼間はどこにボラがいるのかを探すことに注力し、どこでロッドを振るかポイントの目星をつけます。

前日にボラがたくさんいた場所でも、次の日にいったら生命感が全くないとかそんなこともありました。
また、有名な場所では至るところに泳がせ釣りをされている方がいます。
そういった方と情報交換をするのもいいかと思います。

もしかしたら有名なポイントには常にベイトがいるようなところもあるのかもしれません。
ただ結局はその日にならないとわからないので、昼間のベイト探しが結構重要になります。

ボラ探し

初日は釣れず、次の日は豪雨

先程説明したようにこの釣行はかなり天気に翻弄されました。
時間雨量20mmが4時間続くような大洪水の予報だったので満足できる釣りができませんでした。

ただ、チャンスは何度か訪れていて時々ボラが跳ねる音ぐらいしか音がない、本当に無音の世界で明らかに異質な音が鳴り響くときが何度かありました。

恥ずかしいのですが仲良くなった釣り人から教えてもらうまで、その音がアカメのボイルの音だと全くわかりませんでした。

例えるなら、船の上からポリバケツに入れた水を海に捨てる音とでも言いましょうか。(いや、これマジやねん!!

初めは、真っ暗な場所で誰かが船から水を捨ててるんだなと呑気に考えていたぐらいです。

おそらく無音だから音が響いていたせいだと思いますが、今でもあの音がボイルやナブラの音だとは言われなければわからないんじゃないかな。
その音を1回聞いてから、3分起きに合計3回のボイルを聞くことができました。

無音の世界

ボイルが起きたのは潮止まり

その日のチャンスはボイルが起きたタイミングだけで、釣果としてはボラのスレがかりのみ。

ボラがたくさんいて実際にボイルもあったということは、狙っている場所に間違いはないのでしょう。

ただ8時間近く投げたのですが、チャンスはたったの3回だけ。
しかも1回目と2回目は呑気に『誰かが船から水でも捨ててんのかな』なんて思っている始末。

ただ、3回目にボイルの音だと認識して聞いた音は今でも耳に残るぐらいの衝撃的な音でした。

あぁ、アカメのボイルはこんな音がするんだ。アカメマジ怖ぇ!!!』って思ったのは覚えています。

ちなみにそこにいた姫路から来ている釣り人は、【昨日はこの場所であの3倍の大きさはあるボイルに遭遇したよ】とおっしゃっていました。
今回の音と全然違った音だったらしいです。

今までにマグロやGT、ブリやカツオなどたくさんの大型魚のボイル(というかナブラ)を見てきましたが、そのどれとも違う音にその日は興奮しっぱなしでしたね(その後ホテルで爆睡しましたけどもね)

まぁそのポイントでボイルもありましたし、その日の狙う場所は間違ってなかったと思います。
その証拠にメガドッグに掛かったボラが全く同じサイズでしたからね。

ボラのスレがかり

最終日にアカメを見た

最後の最後までルアーを投げ続けましたが、何も釣れず。
びっくりするぐらい本当に何も釣れなかったんですよ。
ただ、色んな場所を回ってるときに知り合った釣り人から衝撃的な魚を見せてもらいました。

128cm/29kg

写真ではわかりにくいかもしれませんが、このアカメ恐ろしく大きかった。
思わず、隣に居た全然知らない人に『アカメってこんなにデカイん?とタメ口で聞いてしまったほど。

ストリンガーでつなげてあったのですが、そのロープを引っ張るときにもってかれそうになりました。(マジでパワーエグい!!)

その魚を釣ったタックルがPE8号だそうで。
PE3号だった僕は『あ、これじゃあ釣れないかも』って思いました。

てか、そもそもベイトリールだとトランクス一択にならん?とか、スピニング14000か20000番かーとか思っていました。
ただ、さすがにそんなタックルをショアから1日10時間振ることは難しい。

結局、タックルの正解は見つからないまま、今でもPE何号にすべきなのか答えは出ていません。

アカメ128cm

今回の釣行で学んだこと

前回のビワコオオナマズ同様に釣果がなくてすみません。
次回は写真をお見せできるよう頑張りたいと思います。

ただ、収穫がなかったわけでもないんです。
以下の内容がわかりました。

  • 昼間のベイト調査が大事
  • チャンスは潮止まりの10分間
  • 水を流す音はアカメのボイル
  • PEは3号から8号のいずれか
  • ルアーはデッドスローで泳ぐもの

ちゃっかりと最後の一行付け加えてますが、アカメってかなり捕食が下手らしいです。
もちろん高速で巻いても釣れることもあるんでしょうけど、ゆっくり巻いた方がいいらしい。

マガジンを読んでいる方はご存知可と思いますが少し前から、僕はタックルハウスの『BKF140』推しになっています。
これはすべて今回のアカメ釣行とビワコオオナマズの釣行が原因なんです。

かなりの時間遠投してるとどのルアーが釣れそうだなとか思えてくるわけです。
BKF140はデッドスローでもマジでしっかりと泳ぎます。

釣れなかったけど次回もこのルアーは投げ続けるでしょう。
信用しているから投げ続けれます。

アカメに興味がない人でも今回のマガジンを読んで少しでも興味を持ってもらえれば幸いです。
また、もともと興味のあった方は全然参考にならないかもしれませんが少しでも参考になれば!
では今度イトウを釣りに行ったら、三大怪魚の話を書きたいと思います。

アカメ128cm

ANGLERS 藤井

アングラーズの運営をしています。
釣りはブラックバスに始まり、今はルアーで釣れるものは何でもやってます。

2021年は日本三大怪魚を釣ることを目標にしています。
誰か連れてって!!

記事一覧に戻る

釣行記の関連記事

【オフショア】オフショア釣行記vol.4シイラ編
2021年09月20日 釣行記 NEW!
【オフショア】オフショア釣行記vol.4シイラ編
どうもこんにちわ、t.onumaと申します。 オフショアゲームを本格的に始めて4年目、東京湾と相模湾をホームにしつつ、年に何回かは遠征に出かける、ルアーフィッシング中心の釣り人生を過ごしています。偉そうに語る時も多々ありますが、まだまだ駆け出しで、だいぶへたくそだったりしますので、話半分で聞いてくださいね。 今回はシイラのキャスティングゲームです。シイラ初挑戦らしいバサーたちとの釣行。バサーはシイラを攻略出来たのでしょうか。 ではどうぞよろしくお願いします。 また、昨今の世相を鑑み、釣行にあたっては以下の点に注意して臨んでおります。 ・釣行の前後1週間は不要不急の外出を避け、必要不可欠な場合以外は対面での会話を避ける ・移動の際、極力、車の同乗は避ける。止むを得ず同乗する場合は、マスク着用の上、小まめな換気を実施する ・釣行の道中、飲食店での休憩は原則禁止。コンビニでの買い物の際もマスク着用、手の消毒は必須 ・釣行中、同船者とは極力距離を置き、会話は控える。小まめな手の消毒を行う 自粛すべき点は自粛し、適切な行動を心がけております。 決して移動を推奨するものではなく、特定の時期の釣れ方について、後日参考となる記録を残すことを第一目的とした釣行であることをご理解いただけますと幸いです。 もくじ はじめに バサーとシイラの相性 準備編 実釣編 まとめ・今回気づいたこと #{ad1} はじめに 今回、誘ってくれたのは月に1回くらいは一緒に釣りをする友人。まぁ、親友といってもいいレベル感ですね、月一で会ってると。 仮に「M」氏としておきましょうか。 そのMは、基本、バサーなのです。気がつくと相模湖や房総のリザーバーを釣り散らかしております。 オフショアも誘われればやる、くらいなのですが、珍しく自分企画で船を仕立てたところ、欠員が出たので頼む、と。よっしゃ、任しとけ!! そんなきっかけでGOでした。 バサーとシイラの相性 今回、乗組員はぼくふくめ釣り人は5名、船長1名の総勢6名。ぼくと船長以外は全員バサーのようです。ほぅ。。 まぁ、ぼくもバサーっちゃあバサーではある気もします。ぼく自身、長いことバスはやっておりますし、多少はバサーの状況もわかっている気がしています。 そんなバイアスをかけるとバサーとシイラは相性が悪い部分がありそうだな、と思うわけです。 それは何か?それはルアーの飛距離です。 だいたいこんな感じじゃないですかね、シイラって。ぶいやゴミ・流れ藻などの向こう側に打ち込み、長距離ルアーを引いてアピールしたい。 できれば50-60mは飛ばしたいものです。 まぁ、この距離はフネをどこまで寄せるかでなんぼでも変わるので、そんなに重視しなくてもいいかもですが、飛距離はあるに越したことはない。 一方、バサーの特徴としては、〜10mくらいの近距離で「え?そこに?」といった難しい場所にルアーを入れる超絶技巧に長けた方々が多いです。入れる力、挿入力はルアーフィッシングのジャンルの中では突出しているのではないでしょうか。 こうした場所の穴撃ちは本当に上手い人が多い。スキッピング等、伝統技法を使って撃ち込むわけですね。 テイクバック少なめ、サークルキャスト、フリップキャスト等を使って連射していく釣りです。軽量級のボクサーのジャブみたいな感じ。 そもそもバスってストラクチャーにつく魚ですから、琵琶湖の沖合のウィードみたいな例外を除けば、沖に向かって投げる必要は少ないわけですね。なのでストレートみたいな強いパンチ≒遠投は撃つ必要はなし。 ですが、今回のオフショアキャスティングって一投一投が全力でハードパンチを撃ち込む感じです。 ミドル級以上のボクサーの渾身のストレート、って感じです。バサーが苦手なパンチではないでしょうか。 苦手、というと違うかもしれません、苦手というよりも階級の違いとか競技の違い、というべきか。 さてどうなるか。シイラとバサーは、磯のダイバーと釣り人くらい相性の悪さを露呈してしまうのか、乞うご期待ですね。 準備編 とはいえ全員で釣りたいものです。 乗合船なら仕方ない気もしますが、友人の友人なんて友人なのだから、グルーブ感出していきたいですよね。 そうなると保険というか、飛距離が足りない(かもしれない)バサーのために、シイラの反応がイマイチな場合に備えて支援できる何かがあったほうがいいんじゃないか?と親心的に思ってしまいます。 どういうことか、というと、人柱的に遠投し続けてシイラを寄せる役割を誰かが担ったほうが全員ハッピーになれるんではないか?仮説ですね。 ではその仮説が信憑性があるとして、誰が人柱になるか?まぁ、Mかぼくですね。ていうかぼくですね。そんなわけでタックルは以下です。 ・人柱タックル:リップルウルティモ83ML(GTタックル)+ステラSW6000→少なくとも80mは飛ばす ・メインタックル:ポルタメント73S+ステラ4000→これで釣る ・保険タックル:ソルティガSJAGS3+カルコン201DC(ジギング)→おまもり キャスティング船にジギングタックルを持ち込む乗って倫理的な問題が発生してしまいますが、一つお目こぼし下さい、と願いつつGOです。 ルアーはたぶん、ジャクソンのサゴシチューンしか使いません。 これですね。 人柱用に大きめのポッパー、スカジットデザインズのパンプキンとか、幾つか持っていく感じで。とても軽装です。 実釣編 4時集合でGOです。いやに早いね。 初めてのフネでしたが広さもまぁまぁで、5人同時キャストも可能。 30分も走ったのでしょうか、ちょっと船足が遅い気もしたのでジョグくらいのスピード感ですが、なんらかのストラクチャーを発見です。変わった形のブイに見えました。 まず一投目ということで全体の様子見のために、メインタックルで始めます。人柱はちょっと待ってね。 ほぼ着水ヒットからのキャッチです。魚体が奇形っぽく見えるのは写真写りの問題でしょうね。お疲れ様です。 この時点では僕自身、気づいていなかったことがあります。がこの画像をみた友人は気づいたようです。それは何か?後ろの浮遊物です。 割とグロいので拡大はしませんが、カメの屍体でした。 カメの屍体撮影に夢中になっている筆者。M撮影です。地味にこのシイラまぁまぁでかいね。 すぐさまMにもヒットです。他のバサーズに先駆けてキャッチ。 バサーの、バサーによる、バサーのためのバス持ちです。いいですね、すばらしいですね。浅葱色の船体と、ラベンダーと桃色が織りなす朝日のグラデーションとバス持ちはとても相性がいい気がします。次は真鯛とかクエとか太刀魚をバス持ちでお願いします。 早々に2名がキャッチ。原因は慣れ、だと思います。特にシイラなんかになると結局は慣れの問題な気がします。 シイラの慣れ、とは「ルアーを引いてりゃどうせバイトするんだからあんまり考えずに投げる回数を増やす」だと思います。アクションとか気にしたら負けです。居るはずなのに釣れない状況になって初めてアクションとかルアーを気にすべきだと思います。すげー偏見ですが。 と、思ってたらすぐ釣れなくなったのでポッパーにします。すると再びヒット。が、しかし、サイズがでか過ぎるのか乗りません。 これを見たバサーズの皆さんもポッパーにチェンジ。再び偏見ですが、シイラは一旦スイッチが入るとどうせバイトする気がします。結局のところは、キャストの回数を増やしスイッチを入れ続ける、なのでしょうね。なのでまたメインタックルに戻して、船長の仲間との会話を聞きながらキャストアンドリトリープ。 「シイラねー、そんなにばかばか釣れてるわけじゃないよー、あ、釣れた」 と、船長の会話に意識が集中し、「え?釣れたの?」と思ったら自分の竿が曲がりましてキャッチ。目感度の方が手感度より優秀なのでしょうね。 ペンペンの中のペンペンですね。 バサーのみなさんはポッパーとかテクニカルな操作が要求されるルアーはやっぱり扱いが上手でらして、ここでみなさんキャッチされていた気がします。そして一通りやると再び沈黙が訪れました。なので移動です。 ぽこぽこ移動していると問題発生です。どんな問題かと言うと飽きたのです、シイラに。自分の中の何かが消えてしまった、とまでは行きませんが、明らかに情熱の炎は下火傾向です。「早上がりでもいいよ、ていうか早上がりする?」と言ってしまいそうになるくらいに弱火です。次のポイントについても火力は強くなりません。 目標を見失った時に感じる、どうしよっかな感を抱えたまま、バサーたちのキャストを尻目に水面をじっと眺めます。小魚がちょろちょろ泳いでますね。 ですので、コイツの出番です。 始めました。10mほど落とし、水面まで引き上げてきます。見学しにはくるのですが食いきりません。が、ちょっと工夫して動かしたらヒット。 ベイビーつむぶり。かぶらを食ってました。 ナンヨウカイワリベイベー。ジグを食いました。一人ダブルです。最初、カスミアジかと思いましたがカイワリですね。なんにしろ相模湾内で釣れるとは驚きで結構アガります。 小魚により情熱の炎に燃料が再投入されたので、再びキャストを開始します。 そしてすぐに鎮火。ナイスファイト!!でございました。今回なのですが、あまりシイラっぽくないバイトやファイトが多数でした。やる気というか元気がなかったように思えます。 その後はまぁまぁキャストもするものの、やはり燃え上がりません。ということで再び水面を見つめ、再び小魚と戯れます。 ヒレナガカンパチ、でしょうか。普通のカンパチにも見えますが、どっちなのでしょう。。まぁどっちかです!! こちら、80gのジグだと食わせきれなかったため45gにチェンジし、バサー真っ青、文字通り震え上がる鬼シェイクでキャッチ。 ベイビーなのに噛む力すごいですね。傷入ってました。 この頃になると、我が情熱は最早「熾火」のレベル感。対症療法的に着火剤を入れる≒小魚を釣る、程度では火力は回復しません。 この場合、続けるのであれば、焚き火では主燃料であった薪を焼べねばなりませんが、釣りの場合はどうしたらいいのでしょう。何をどう考えても主燃料不足です。 その上、心理的な雨というか、さらにハートの火を弱めるかの如くライントラブルが続出。メインタックルは120mばかり巻いてあったかと思いますが、20mくらいロストするキンクが数度発生し、使用を躊躇われるレベルに落ち込みます。 しかも高切れというおまけ付き。 さよなら、いままでありがとう。念のために撮影しておきましたが、遺影になるとは思いもよりませんでした、わたし。 人柱の方も50m付近で修復不可能に思えるキンクが発生しやる気が削がれます。以前、バックラッシュについて威丈高に語っていたのにこの有様。。。泣けてきます。 最後の最後で人柱の役目を果たすべく遠投してましたところ、今回最小のペンペンをキャッチ。 ルアーはオズマshw95グローしらすです。みなさん、特にシイラのみなさん、お疲れ様でした。 会計を終えると、船長が「さざえいる?」と。一人4個、さざえをお土産にくださいました。 わざわざ別な船を出して採りに行ってくれるという丁寧さ。こういうちょっとした心配りは嬉しいものですね。ありがとうございました。 まとめ・今回気づいたこと ・燃え尽きないためには何かがまだ足りない気がします。それは多分技術、それも圧倒的な技術な気がします。 今回、ラインには問題があったとはいうもののキャスティングは及第点だった気がしますが、他がちょっと。。。 ・食う場所を読み、食うルアーを読み、アクションさせるという技術が上がれば飽きることなく釣れてた気もします。課題ですね。頑張ろう。 ・恒例の長井水産直売センター 参照:https://www.nagaisuisan.co.jp/ 300円でした。安い。生牡蠣なんかも安かったですよ。お近くに行かれた際は寄ってみてください。それではまた。 #{snippet[19]}
【オフショア】オフショア釣行記vol.3-座布団ヒラメ特化型ジギング【実釣編】
2021年09月09日 釣行記 NEW!
【オフショア】オフショア釣行記vol.3-座布団ヒラメ特化型ジギング【実釣編】
どうもこんにちわ、t.onumaと申します。 オフショアゲームを本格的に始めて4年目、東京湾と相模湾をホームにしつつ、年に何回かは遠征に出かける、ルアーフィッシング中心の釣り人生を過ごしています。偉そうに語る時も多々ありますが、まだまだ駆け出しで、だいぶへたくそだったりしますので、話半分で聞いてくださいね。 今回は、ちょい遠征のヒラメジギングの実釣編です。 果たして座布団は何枚集まったのか。あるいはまさかのボウ(ry。。。ではどうぞよろしくお願いします。 また、昨今の世相を鑑み、釣行にあたっては以下の点に注意して臨んでおります。 ・釣行の前後1週間は不要不急の外出を避け、必要不可欠な場合以外は対面での会話を避ける ・移動の際、極力、車の同乗は避ける。止むを得ず同乗する場合は、マスク着用の上、小まめな換気を実施する ・釣行の道中、飲食店での休憩は原則禁止。コンビニでの買い物の際もマスク着用、手の消毒は必須 ・釣行中、同船者とは極力距離を置き、会話は控える。小まめな手の消毒を行う 自粛すべき点は自粛し、適切な行動を心がけております。 決して移動を推奨するものではなく、特定の時期の釣れ方について、後日参考となる記録を残すことを第一目的とした釣行であることをご理解いただけますと幸いです。 もくじ 開始直後にわかったこと 釣れないと人はどうなるか 新たなユートピアを求めて 最終手段の結果 まとめ・今回気づいたこと #{ad1} 開始直後にわかったこと かれこれ3回目ですので、手慣れている、というか、釣れる仮説は既に明確かと思います。あとはそれらを検証するのみですね。 行く前は浅はかにもそう思っていました。さて、どうなることでしょう。 当日、準備万端で集合し出航です。そして30分ほどでポイントに到着。 出航前は意気揚々というか「まぁ、そうね、総水揚げ量で20kgもあればいいですかな、先生」などと、同行者と軽口を叩きながらタカをくくって臨んだわけです。あとは釣るだけ、むしろ釣った後の処置をスピーディかつ滞りなく進めたい、そう思っていました。取らぬ狸の。。。ですね。 そうなるとどうなるか、どうなると思います?これは経験している人も多いでしょうし、歴史が証明しているかと思うのですが、出だしは奮わなくなります。 そして下手するとボウズです。こういうジンクスって結構ありません?直前に「釣ってくるからあげるよ」とか言う時に限って釣れないやつ。なんでなのでしょうね。。。 今回、総勢10名くらいの乗り合い船でした。ルアーはぼくのみです。始まってすぐ、餌チームはぼちぼち釣り上げ初めていますが、なんと申しましょうか、勢いが弱い気がします。 エサ軍団を傍目に、こちらも始めます。まずはイケそうな気がしてならないグルカナイフからですね。投下し数回ジャークし動きを確認します。なるほど、こういう感じね。 と、わかった気がしたところで、アクションをつけ何回かジャーク&フォールを繰り返しますが無反応です。シミュレーションでは既に釣れているはずなので、不安というか、怯えにも似た感情が発芽したことに気づかされます。 そうか、ダメだったか。。。 とはいえ、最初の流しで早々に釣れたことってそんなにないので、まぁ慌てるような話でもありません。次の流しでは必釣!と行きたいものですね。なので、必殺のトウキチロウ120gを投下しますが。。。 釣れないと人はどうなるか ところで、がんにかかると人間心理はこうした動きをするようです。がん以外でも失恋なんかでもそうでしょう。 非常にストレスフルな局面においては、直面している事実を、認めようあるいは認めなければならないといった心理と、認めたくない忘れたい、といった心理のせめぎ合いの中、受容と否認を繰り返すようですね。非常に示唆に富みます。 これをジギングに当てはめるとどうなるか。ここ数年、毎年50-100程度の症例を見てきた経験に当てはめると以下のようになるでしょうか。 なのでタイラバを始めます。「コツン」というバイトはありますが、経験上このバイトはダメなバイトです。完全な小魚のバイト。バイトというか単にぶつかってきてるだけかも。。。 そこで新たな疑惑が生まれます。これは潮がいまいちなパターンではないか?と。 そうでもない。まもなく底。動き自体は悪くない。 干満というよりかは、入ったポイントの個別事象なのでしょうかね。釣れなくはない、実際エサではそこそこ釣れている、だがジグは。。。という、悪いのは全てわたし的な置いてきぼり感満載の過酷な展開です。 今年はジグよりはエサが好調、という話を聞いてはいましたし、そもそも予定していた11、12もジグはイマイチだった、という話も聞いてはいたものの、こりゃひどい展開です。あたりがありません。 だってこれですよ。魚がいたらどんな時も釣れるかぶら針追加のジグを使っててこれなんですよ。 やぁ、困った。ちょっと休憩すっか。。。誰かオキアミもってないかな。。。 ここまでで既に3時間ほどは経過していたでしょうか。はたと座り込み、考えてる風を装いながら思考停止し、底を切ってから、リーリングせず、なげやりな感じでジグをパタパタジャークさせておりますと、唐突にヒットします。おやまぁ。。。 今回、マックス20kg程度でも戦えるようにドラグは素手で締め込める限界まで強くしております。たぶん6kgくらい。それでもたまにチリチリ滑らせながら上がってきます。なんでしょうね?? ヒラメでした。雨のためレンズが濡れてますね。微妙なソフトフォーカスです。 4.1kgですかね。サイズは70あるなしくらいだったかと思います。小座布団ですね。子供用です。 ルアーはシークレットレクターの170g、ゴーストゼブラグロー。フックはオルルド釣り具のものでした。 一撃で伸びてますね。たかだか4kg程度で伸びるって何用の針だったのでしょう。 新たなユートピアを求めて そして考えます。これは、なんなんでしょう、どういう状況なのでしょう、と。 ・船は流れているので、バイトが発生するのは単に確率の問題。魚の目の前にジグがあればバイトする ・レンジは一定でいい。ボトム付近を狙うべき ってことでしょうかね。ようやくヒントが見つかったのか?ということで全く同じ動かし方で次の流しもやりましたが沈黙。サイレンス。 ここで再度心理変化を見てみます。 「釣れない」という状況を認識し、幾つか意思決定を重ねながら納竿に向かうわけですが、これを見るに「A地点」というのは結構なターニングポイントかと思います。「釣れない」という状況を打破するための努力が最大化されている状態ではないでしょうか。 ちなみに既に500gくらいのより強いジグは使っていますし、タイラバもやっております。 また、冷凍イワシやアジ泳がせでやっているエサチームからの情報でわかっているのは、バイトまでの動きはごくゆっくり、バイトが発生したらさらにゆっくり、という誘い方。まぁ当たり前ですかね、ヒラメ釣りにしてみれば。 ここから想像できるのは ・サイズ感のわりに軽いというか、できればフローティングくらいの何か、サスペンドミノーとか、ジグならもはやメタルではなくプラスチックとか、そういうのをエサ釣りと同じリグでボトム付近でやれば釣れるのでは?だがそれはおれたちが望んでいるルアーフィッシングなのか? というもの。これはジギングという境界線ばかりか、ルアーフィッシングというジャンルすら相当に逸脱しかけている何かです。グルカナイフの時点で結構オキテ破りな気もしますが、やらなきゃいけないかもしれません。でも、さすがにプラスチックミノーとかは持っておりません。 あとやっていないのは生エサとキャスティングくらいですね。ですので、まずはやりたくはありませんでしたが、比較的生エサに近い動きを演出できそうな、てんびんワームを試してみます。 そうか、君もダメだったか。。。 最終手段の結果 そうしたわけで、残るはキャスティングですね。 7月の知床、アゲインストなコンディションの中、キャストで釣っていた友人を見ておりましたので、念のためにキャスティングタックルを準備しておりました。そしていつもこんなものを持ち歩いております。 漁具の聖地(?)である高知県の林漁具さんのインチクと自作タコベイト。発光ビーズの数が必死すぎて笑いを通り越し恐ろしさすら感じます。 これを30-40mほどキャストし、リフト&フォールする作戦です。すると即バイト。どうなってるんでしょう。 1枚目よりはこぶりな小座布団。3kgと少し。 出航からかれこれ6時間ほど経過し、360分もの時間を使ってようやく答えに辿り着けたのでしょうか。この後も1キャスト複数バイトが続きます。乗らないけど。 そしてあるキャストで回収モードに入ると再度ヒット。魚体自体は軽いくせにやたら引きます。船長も寄ってきまして「でもこれヒラメっぽくなくね?」等言ってきます。はい、そう思います。 やっぱり違いました。 その後もバイトは続きますが、乗り切らず、乗せきれず、を繰り返し、最後の流しで再びヒット。ヒラメっぽくはない何かはホウボウでした。まぁがっかり感があるわけですね。狙うとそうでもないけど、大抵釣れますので。 一方で同船者はホウボウが好物らしく色めき立ちましたが、こちとらがっかり感は結構なもの。まぁあれです、いい感じに引き上げようとして、タモ入れを待たずに引き抜こうとしたら船べりリリースでした。 この針もオルルド釣り具ですもの。古いし伸びやすいですね。 以上、お疲れ様でしたー!! まとめ・今回気づいたこと 最後までお付き合い頂きありがとうございます。そしてあいかわらず下手くそですみません。これでも一生懸命やってるんですけどね。。。 以下、今回気づいたこと、などです。引き続きどうぞよろしくお願いします。 ・ジグ不発。今年はダメかもね。来月どうしようかな。。。 ・500g勢はスパイナローを数回試したのみ。マニアフェローズは硬いので使い方を開発しないとうまくいかないです。練習あるのみ、と思っていたら、片付けしている最中にガイドをぶっ壊してしまいしばらく入院です ・てんびんxミノーを次回試してみます。こうなってきますといよいよ釣りのスタイルが鵺のような、キメラのような、形容しがたく現状の常識では説明できないスタイルになってきております ・ところでフライフィッシングというのは「格好が全て」と友人は言い切っていました。身につけているものがかっこよければ、あとはどうでもいい、と。なんなら釣りすらしなくてもいい、的な、なかなか振り切った意見で納得感があります ・一方、ルアーフィッシングですが、タックルやルアーが優勢というか、ある程度のレギュレーションの範疇での遊びな気がします。ジギング、というお題目がある中でタイラバやインチクで釣るのは如何なものか、という物言いがつく感じ ・他の釣りに目を向けまして、例えばシーバスの場合、バスルアーを使うのは許容範囲ですが、CBONEとかのオフショアルアーを使うのにはなぜか抵抗感があります。メーカーが設定した範疇の埒外にあるものを工夫して使って成果をあげてもそれは「なんか違うんじゃない?」感が残ります ・毎度思うのですが、釣りをしに来た、というのであれば手法はなんでもいいのですが、ジギングをしに来たのにタイラバやらインチクやらで釣るのはなかなか釈然と釣れなくて、でも頑張ってる、そう思うたびに「努力するのは人として当然、成果を出して一人前」という昔の上司の叱咤激励を思い出します。次こそは、こんどこそは。。。 #{snippet[19]}
【オフショア】オフショア釣行記vol.3-座布団ヒラメ特化型ジギング【準備編】
2021年09月05日 釣行記 NEW!
【オフショア】オフショア釣行記vol.3-座布団ヒラメ特化型ジギング【準備編】
どうもこんにちわ、t.onumaと申します。 オフショアゲームを本格的に始めて4年目、東京湾と相模湾をホームにしつつ、年に何回かは遠征に出かける、ルアーフィッシング中心の釣り人生を過ごしています。偉そうに語る時も多々ありますが、まだまだ駆け出しで、だいぶへたくそだったりします。 今回は、ちょい遠征のヒラメジギングの準備編です。 この準備により座布団を何枚キャッチできるのかが決まるかもしれません。 また、昨今の世相を鑑み、釣行にあたっては以下の点に注意して臨んでおります。 ・釣行の前後1週間は不要不急の外出を避け、必要不可欠な場合以外は対面での会話を避ける ・移動の際、極力、車の同乗は避ける。止むを得ず同乗する場合は、マスク着用の上、小まめな換気を実施する ・釣行の道中、飲食店での休憩は原則禁止。コンビニでの買い物の際もマスク着用、手の消毒は必須 ・釣行中、同船者とは極力距離を置き、会話は控える。小まめな手の消毒を行う 自粛すべき点は自粛し、適切な行動を心がけております。どうぞよろしくお願いします。 もくじ 恒例の座布団集め 座布団の大きさ 準備編:ルアー ロスト対策 用意したタックル #{ad1} 恒例の座布団集め 夏です。昨年二回行った座布団集めです。8/11、12と座布団を集めまくる予定だったのでした。 ここで「座布団ってなんですか?」って話だと思うので説明しますとヒラメです。 「10枚集めるとハワイ旅行」という根も葉もないウワサが尽きないヒラメをジギングで狙うのです。 ヒラメですが、ショアからのジギングやワーミングなんかでも釣れますし、オフショアではタイラバで主役の印象を凌駕するゲストとして登場したりしますね。昨年、この釣りを経験するまでは狙って釣れるものでもないような気がしていて、ありがたかったのを覚えています。 また、ヒラメといえばルアーよりも「泳がせ(のませ)釣り」がポピュラーかもしれません。 ルアーなら準備は簡単ですが、ポピュラーな泳がせ釣りだと、生き餌の確保とか、工程が増えるため二の足を踏んでしまう釣りものでもあると思います。 ところがある地域では7月後半-9月半ばまでジギングでの釣果がすこぶる良くなります。 産卵期は4-6月と言われているようですので、アフタースポーニングと寒くなる前の荒食いがちょうど重なる影響かもしれません。 座布団の大きさ では座布団とは?という話ですが、概ねこんなサイズ感の認識がいいのではないでしょうか。 60-80cmを座布団というのが妥当な感じですね。このくらいだと概ね3kg後半〜7kgくらいかと思いますので、10枚集めるとやせ気味の成人男性〜標準的な成人男性一人分くらいにはなりそうですね。いつかはセミダブルくらいまでいきたいものです。 昨年行った時は、調子に乗ってヒラメ以外のゲストもほぼキープしてしまい、2人で座布団は数枚でしたが総水揚げ量が40kgくらいになり処理に困り震え上がった記憶も、昨日のように明確な手触りとともに思い出せます。 けども、直前に重篤なトラブルがあり、大事をとってキャンセル。。。かなしみ。 とほほ、なのですが、去年も二回目のチャレンジの際は台風で順延となったので、そんなこともあるだろうからと25日を予備日として押さえておいたのですよ。 そうしたわけで準備開始です。 準備編:ルアー まずは去年の反省から。 「でっかいやつを使え」 去年行った際、船長は「ジグはなるべくでっかいのを使え」と教えてくださいました。 そこは水深20mくらいなので、普通に考えれば40gとか60gくらいのをチョイスするところだと思いますが、180gくらいのでかいやつを使え、という指導でした。 今思えばヒラメのサイズが大きければ、当然大きいベイトにアタックする可能性が高い当たり前の話ですね。 去年、事前情報として150gくらいまではあったほうがいい、という話は聞いていましたので、多少大きめのものは用意しておいたものの、180gとかは持っておりませんでした。 その後、月日は流れ、ジギングでは様々な経験をし、この季節に再びたどり着いたわけです。色々考えました。そして色々知りました。その上での結論は二つ。 一つはウェイトは軽いものの表面積がでっかいやつを探す。 もう一つはただひたすらにでっかいのを探す、です。 まず一つ目の回答。デプスのグルカナイフのデカいやつ、です。 120gですが25cmあります。上の180gのジグはシーフロアのノヴァ。デカさで比べると話にならないのではないでしょうか。 次にもう一つ。 ブルーブルーのエスナルの500g。文句なしにデカいですね。デカすぎるかもしれません。こんだけでかけりゃ文句なしだろ、と思います。釣れるかはどうかはさておいて。 一旦こういうことを始めると、大きさに対する感覚が麻痺するのか、大きさを求める気持ちが単にエスカレートするのかは定かではありませんが、デカい欲求が止まりません。 ディープライナーのスパイナローとコブラです。両方ともにデカいし重い。二本で1kgあります。ナローは濁り潮に効きそうな色ですね。 今回手配したこの三つのうち、グルカナイフは5月に軽くテストしてみました。その時は潮が速すぎて使い物にならず。。。 当日は適度な潮加減を期待したいです。友人はこれでバスを釣ったことがあるらしいので、ワークすればヒラメも簡単に釣れると思います。 一方、エスナルは初配備なので何が起きるかはわかりません。スパイは120gくらいの小さいのしか使ったことがありません。両方とも全くの未知数。釣れるとは思うのですけどね。 ロスト対策 また、去年はやたらとジグを失くしました。タイラバも無くしました。根掛かりでも失くしましたし、掛けてからぶっちぎられて失くしたのもありました。 ジグを失くすとなにが困るか、スイベルやフックも同時に失くなっちゃって、ジグはあるけど釣りが出来ない状況に陥りそうになることです。 今年は同じ轍を踏まぬよう、ジグを失くさないコツを探ってきましたが、不可抗力でなくなることもあるだろうから準備も必要です。 とりあえずはフックを多めに用意します。 これらを こうします。さらには! ケイムラ塗料も塗ってやります。ビッカビカだしギラッギラしてやがる!ギンギラギンにさりげないですねッ!! でも、効く時はすごいんだけど、空振りしてる感もあるんですよね、ケイムラって。 前回のモロコジギングですが、途中であたりが止まったのはケイムラ加工のジグの影響かもなので、ケイムラは3個に止めておきます。 用意したタックル 35lbくらいのリーダーがぶっちぎられたのは今となっては良き思い出。絶対にやられないための準備も怠りなく進めます。 ・ヘビータックル:マニアフェローズ48+カルコン401フルドラグPE3.0リーダー40lb→500gのジグをしゃくりまくります。 ・メインタックル:ソルティガSJAGS3+カルコン301フルドラグPE2.0リーダー35lb→たくさんつります。 ・タイラバ:エクストロ+カルコン201DCゆるゆるドラグPE1.2リーダー20lb→がんばってつります。 ・キャスラバ:ポルタメント73S+エクスセンスLB、PE0.8、リーダー20lb→なげます。 去年、リーダーが切れたのは、ルアーとの結束が甘かったからだと思います。 ここ、今年はバラす原因を研究し対策も進んでいるので、これでいけるだろうと思います。釣れるといいなぁ。 次回、実釣編です。どうぞよろしくお願いします。 #{snippet[19]}
【オフショア】オフショア釣行記-夢の魚に出会えるか?②-
2021年08月23日 釣行記
【オフショア】オフショア釣行記-夢の魚に出会えるか?②-
どうもこんにちわ、t.onumaと申します。 東京湾、相模湾でのオフショアゲームをメインにしつつ、年に何回かは遠征に出かけたりする、ルアーフィッシング中心の釣り人生を過ごしていますが、基本、ヘタクソです。 今回は釣行記、僕にとっての夢の魚、クエのジギングです。実釣編と今回の釣行で得た知見についてお伝えします。どうぞよろしくお願いします。 もくじ 出航、到着、開始 釣れるには釣れたけど ずっと間違えられていた釣り方 今回知り得たこと おわりに #{ad1} 出航、到着、開始 小雨がぱらつく中出航です。 今回、泳がせマンと同船のため、まずは餌となるムロアジやサバの調達をコマセサビキで実施します。同船、というか二人だけなのですが。。。w そして神子元島近辺に到着。相変わらず名前負けしておらず神々しいです。 「さぁ、ムロアジ釣ろっかな」と思ったら「とりあえずルアーの人待っててね」と。 「え?ルアーでも釣れなくない?」と思いましたが、この海域のルール上ルアーは6時から、らしいのですね。ならば仕方がない。 加えて出航時にぱらついてた雨がびっくりするくらい本降りになってきましたので、こりゃ幸いとばかりに屋根のある場所から、一人エサ釣りチームを応援します。 ついでに魚たちにも声援を送ります。「釣られるなよ!!釣られたら糸切ってやれ!!」と。とりあえずどっちも頑張れ!! しかしながら、応援も届かず、釣られていきます。可哀想に。。。いすずみ、ウメイロ、イサキに加え、この後マサバを10尾ほど捕獲。サバなのになぜかあまり釣れず、少々不安になります。群が小さいのでしょうか。 そして不安を抱えたまま、いよいよ戦闘開始です。 釣れるには釣れたけど 雨は魚たちの「泳がせのエサになりたくない(号泣)」という抗議の涙だったのでしょうか? この頃になると、雨もあがり虹がかかっています。 今回、なにぶん初めて来る釣りですので、少し様子見から始めます。とりあえず何か釣りたいし。 パイロットルアーはいつものやつですね。コーモラン製の1cmないくらいの極小コロラドブレードがついた、いつも以上に卑怯で姑息なアシストフックです。 ボトムをタッチしてジャークさせ気味に不規則に巻き上げてみます。ワンピッチジャークの7回目、ボトムから5m程度のところで何かがヒットします。 小さいバイトだったため、緩やかに巻き上げていましたが、途中から覚醒し、なかなか鋭く、底へ向かう走りを始め、必死の抵抗を試みます。 当初は軽いくせに、覚醒した後暴れ出す魚って大物が多い気がする経験上、少しドキッとしましたが無事にキャッチ。黒っぽい斑点が見えたので、また「オジサンか」。。。と思いました。前回のもき丸さんでも何匹か釣っておりましたし、水面付近まで果敢にファイトするのがオジサンの特徴で、それを具えていたためです。 これは以前釣り上げたオジサン。尾びれ付近に黒い斑点が見えますよね。個体差はありますが、これがオジサンの特徴です。個体によっては、第一背ビレと第二背ビレの中間も黒くなっているものもいます。が、なんか違う予感。 そしてあげてみましたら あれ?やっぱ違うね。全体の色、黒い斑点の二点ではオジサンですが違う種類ですね。調べてみたところ、キツネベラかな、と思いましたがキツネダイのようです。初めて釣りました。 画像の出自はいずれも:https://zukan.com/fish/ 紛らわしいというか色々いますねぇ。なんにしろ、どっちもフォックスなので、フォックスでいいんではないでしょうか よし、魚は間違いなくいてバイトしてくるのでクエに行こう、と思ったのですが、これが悲劇の幕で、釣り上げたことで切って落とされていたことに、すぐ気づかされることになりました。 ずっと間違えられていた釣り方 この釣り、たぶんなんですが、こういう釣りです。 図のように船が動くため、駆け上がっていくか下がっていくかは別として、自然とラインに角度がついて、リグは根に対し斜めに打ち込まれます。 ゆえに当然ながら根掛かりします。 ・ボーズレスヒデヨシ120g ・ディープライナースピンドル180g ・スミスウォブリンS180g ・ジグパラスローロング200g ・ボーズレスドロップK120g 今回の戦死者たちです。総額で乗船料くらいでしょうか。根掛かりロストって不遇すぎますね。。。 根掛かりが頻発し、しかも釣っている段階ではその理由を考える余裕がなく、途中で恐ろしくなり重たいジグは使いたくなくなりましたくらいに根掛かりロストです。 加えて、根掛かりを外す際に二回ほど本線から切れるラインブレイクが発生したのが気になります。PEは2.0、いずれもドラグは5kg程度で、一度などドラグが出る前に切れました。ジギングですので、ライン放出の際に傷が入る等は考えにくいので初期不良だったのでしょうか。。。 あるいは上記の図でいえば、ラインに角度が入っていたため根ズレだったのか。。。根ズレでしょうね。 ただ、ウォブリンSの時は、根掛かりとは違う感じで、ずっしりとした重みが乗っていました。「もしかしたら。。。」と思いつつ、やりとりを開始します。 竿を立てようとしても無理くさいので、ストレートポンピングで引き上げようとすると首を振るような挙動を感じました。 「おぉ、こ、これは。。」と俄かに心が色めき立ちましたが、ほどなくラインブレイク。 でも根掛かりだったとは思うのですが、もしかしたら。。。と思うとなんともやりきれません。 ラインに関して、次回以降、不安が残る展開なので、よりシビアに考えたほうが良さそうです。とりあえず4本縒りに変更しておこう。。。 この後、ひとり泳がせチームにビッグバイト発生、が、根に潜られてしまい、膠着戦が開始されます。結局、仕掛けを切るハメになるのですが、切るにもラインシステムがエグいくらいにゴツいので、繋留用の柱にラインを巻きつけて船を動かさないと切れないという恐ろしい世界でした。 そして結局クエは釣れず。 こちらもジギングでの根掛かりに限界を感じ、タイラバで小魚を少々追加する運びとなって納竿、でございました。 今回知り得たこと 今回初挑戦のクエジギングでした。 ベテランの方がご覧になれば「もっとちゃんと準備しろよ」とお叱りを受けそうですが、初挑戦だった、ということで一つご容赦願いたいものです。 以下、今回釣行のまとめです。 【つれた「もの」】 キツネダイx1、サクラダイx1、オジサンx2、アカハタx1、ベニウミトサカx1 ボトムを叩いてると毎度変なのがかかりますね。それにしてもフックでかすぎですね。 【今回わかったこと】 1.どんな釣りなのか ジギングならばロッドはそんなに重要ではない、的な話を聞きましたが、モロコにしろカンパチにしろ、ジギングロッドでどうこうできる魚ではないのでしょう。 つまりラインとドラグの釣りになると思います。瞬間的に切れない強さ、経験上で言えばPE2.5-4.0くらいで、10kgくらいドラグをかけれるリールがないとダメかもしれません。 いよいよアキュレートの配備を迫られているようです。 2.レンジについて 大切なジグたちを無為に失ってしまいましたが、どうやらボトムを叩く釣りではないみたいですね。。。 以前、何かで「マハタは根の上に浮いている」という話を聞きました。また、ダイバーから「クエはボトムから3mくらいのところでサスペンドしてることが多い」という話も聞いていました。 これを思い出せずにジグをロストしまくった自分の間抜けさ加減に涙が出ますし、許しがたいです。 3-5m、もう少し上までみて7mくらいまでのレンジを1/4ピッチくらいで刻み続ける釣りが良さそうです。 あるいはそのレンジをねっとりタイラバを通し続けるか。 3.次回に向けて 次回行くとしたら、リグは以下です。 ・今回用意したスパイコブラ ・350gのタイラバヘッドに、6.5インチのタコベイト+8インチ程度のワーム 準備完了です。 ・ひとり泳がせチームの方も仕掛けを5個くらいロストした、とのこと。一回バイトがあっただけマシですが、こちらも根掛かりだった模様です。 この釣りの仕掛け、針+ラインで2,000円くらい、重りが1,000円くらいとなかなか高額で、地球環境にも釣り人の経済環境にも優しくありません。 が、ここまで来たらやってやらねばなりません。また行きます。どうぞよろしくお願いします。 おわりに お疲れ様でした。 何事も初挑戦のことは勉強になって楽しいものですね。クエは様々な意味で難易度としてはキハダマグロなんかと同じ程度かと思います。 キハダは10回挑戦して10回目でようやくキャッチでした。キハダの難しさの多くは、魚を見つけること、にあります。大抵いないんですよね。。。 それに比べクエは居場所はほぼ特定できているわけですし、同船者が初回でそれっぽいのをかけていたため、少し難易度は下がるかもですね。 いずれにしろ今年中に勝負を決したいと思います。引き続きどうぞよろしくお願いします。 #{snippet[19]}
【オフショア】オフショア釣行記-夢の魚に出会えるか?①-
2021年08月26日 釣行記
【オフショア】オフショア釣行記-夢の魚に出会えるか?①-
どうもこんにちわ、t.onumaと申します。 東京湾、相模湾でのオフショアゲームをメインにしつつ、年に何回かは遠征に出かけたりする、ルアーフィッシング中心の釣り人生を過ごしていますが、基本、ヘタクソです。 今回は釣行記、僕にとっての憧れの魚、クエのジギングです。準備編と実釣編の二回にわけてお送りします。どうぞよろしくお願いします。 もくじ クエ、とは? 釣行に至るまで 準備編 準備まとめ おわりに #{ad1} クエ、とは? オフショアキャスティングであればGTやクロマグロ、バス専門の方であれば70upといったように、釣りをする方であれば誰しも「いつかはこんなの釣ってみたい」という目標の一つや二つはあるのではないでしょうか? そこまで明確ではなくとも、茫洋とした憧憬、あるいは気づいていない願望もあるかと思います。ぼくにとって後者よりな憧れがクエでした。ぼくの夢の魚、です。なぜかチャレンジしようというスイッチはこれまで入っておりませんでしたが、いつかは釣ってみたい魚です。というかたらふく食べてみたい。 そしてクエですが、ご存知の通りマハタ属の大型魚です。 大きいもので体長は1mを、体重は50kgを超える魚です。 関東ではモロコ、九州ではアラと呼ばれ、漢字では九絵、垢穢と記されます。アカとヨゴレって結構ヒドい。。。w 玄界灘、五島列島あたりではそこそこ釣りやすいようですが、関東ではあまり聞きませんし、周囲で狙っている人も滅多に見ません。ヒラマサと並んで磯の王者、みたいな印象はあるんですけどね。 関東では盛んではないのが主な要因なのでしょうか、ぼくの釣り仲間は、ほぼルアーな皆様で、わざわざクエを狙う人は皆無です。 皆無です、というか皆無でした、今回までは。 釣行に至るまで 今年の目標として、「ホウキハタを釣る」というのがあります。もちろん、未達成ですので引き続き頑張ります。 出自:https://zukan.com/fish/internal208模様がスタイリッシュですよね。 そしてホウキハタなのですが、外房、相模湾の一部なんかでも釣れますが、やはり伊豆周辺がいいようで、5月に南伊豆の手石港から出船したことがありました。 もちろん、空振りでした。 ずっとリベンジしたいな、と思っておりましたが、夏になり船宿もキハダ狙いにシフトしているのか、ジギングでの出船は少ない模様。そのため、行くとなると乗り合いではなく仕立てになるので、企画するのに二の足を踏んでおりました。 そんな折、友人が「神子元島でモロコやりてーっす!!」と元気よくLINEしてきたのです。飛んで火にいる、的な要望ですね。フッキングしたらな!! なので5月にお世話になった、手石港のもき丸さんにGO、と相成りました。 いいふねですよ。綺麗だし、船長は優しいです。 が、その友人「え?泳がせですよね?そんなの当たり前ですよね?」と。。。前回はホウキハタ狙いでウキウキしていたら、同船者たちが「イワシ泳がせやりたい」と言い始め、結局ルアーなのか泳がせなのかよくわからないちゃんぽんな釣行になり不発。 今回も前回同様、若干嫌な予感もしますけれど、とりあえずジギングで行ってみます。 そうしたわけで、モロコ関係の皆様に失礼がなきよう、今回は準備をいつも以上に入念に行いました。 準備編 これまで見聞きしてきたウワサを元に準備を進めました。 まず、前回ロストしてしまったなまらスローの450gを配備です。まぁヒラメ用に配備したんですけどね。。。 で、これだけでやめとけばよかったのですが、ある日、釣りが中止になった影響で渓流に行かねばならなくなり、その帰りに寄った長谷川釣具店で「つい」スパイナローの500gを調達。針も買ったよ。でっかいやつね。 そんでここでやめとけばよかったのですが、「モロコなら強い竿無いと不安だな。。。」といつもの心配な気持ちが頭をもたげてきます。そしてつい。。。 46をヤフーショッピングにて注文。 で、ここから一悶着というか少々波乱がありました。 購入したお店、土日と火曜が休み、土日に注文したもので、月曜に発送されないと火曜か水曜に届かないのですね。そんで釣りは木曜、と。 https://fishing-growth.com/ フィッシング「サポート」という店名がいいですね。 そこで緊急架電です。電話嫌いだけど。そして聞いたところ、「メーカー取り寄せになる、水曜までに来るかは微妙」と。なんとも困った展開。 ないならないでいい、っていうかそもそも釣れるかどうかすら怪しいのだから、どっちかというとなくていいんですが、「水曜の時点であるかどうか教えてくれ、最悪取りにいく」と間違って伝えてしまい、とりあえず待つことに。 すると、発送間に合わなかったら逆に「最悪持ってくよ」とありがたい提案。ほんとに?なんていい人なんでしょう。世の中捨てたもんじゃないですね。 そして水曜まで忘れようとしていたら、すぐに再び電話があり「メーカーになかった、すまん。。。」と。 あら残念、と思ったら「中古ならあるよ」、「LINEで画像おくろっか?」と畳み掛けてご提案頂けましたし、せっかくなので見に行くことにしました。 入店し、まず驚いたのは大量のディープライナーのジグ。 若い店主さんで、「決算前なのでこれでも少ないんですよ」とのこと。もともとは大手の量販店で働いていたらしく、ジグを使った釣りはすべて経験されてそうな話ぶりで頼りになります。 マニアフェローズに至る経緯を説明すると、いろいろ教えてもらえました。ありがとうございます。 もともと注文していた46も、モロコには少し過剰な話の模様。実はマニアフェローズよりもモロコならロジカルの8とか9の方が、みたいな話もありましたが、結局は48を購入。 のみならず、ラインやフックのセッティングについて、ジグについてもスパイ、スパイファイブ、スパイナロー、スパイコブラの違いなんかもわかりやすく教えてくださり、ハタ系をやるならスパイファイブよりもコブラの方が良さげ。 グロースさん、店主の小山さんの人柄はもちろんのこと、品揃えが異常に充実してます、繰り返しちゃいますけれど。ディープライナー嫌いな人はあれですが、ディープジギングや大物ジギングやる人は一度行ってみるといいですよ。 そして新たに配備したもの一覧です。 ・なまらスローチューン450g グロー塗料の劣化でしょうか?色合いが結構バラツキある ・スパイナロー500g ・スパイコブラ500g なげーし。 ・長谷川釣具店オリジナルフック でけーし。 ・マニアフェローズ48 なぜここでセパレート?? マニアフェローズはこの先何回使うの?とか本当に釣れるの?とかは考えないようにしましょうね。了解です。 そして、未だにフックセッティングは諦めきれません。以前考えた「リアフックをとても長くするとフッキング範囲が広がるのでは?」仮説はよくよく考えると無意味。 リアフックが長くなればジグからそれだけ離れちゃうもんね。 ある程度の長さにしておけばきっといいのですが、それにしてもつけてるだけで間違いなく釣れる魔法のフックは欲しい。 なので試しにケイムラコーティングしてみることにしました。結果はどうなるか。 コーティングすると硬くなります。まぁそうだよね。 また、モロコですが、牙がすごいです。泳がせやっててよくハリスを切られてるみたい。 なのでどうするか、ワイヤー使ってみるか、となりましてワイヤーも配備。 他に牙がすごい魚といえばタチウオなのですが、乗り合いだと大抵ワイヤーリーダー禁止ですね。食いも落ちる、とか。 この点、なぜ禁止なのか、ですが、お祭りしてPEがワイヤーに絡むと解けなくなるから、ですね。ならばチューブ通せば問題なかろう、と。 勢いあまってワイヤーアシストフック(真ん中)も作ったものの、フックとの結節点がぷらぷらしてるので多分使えない。 左はがまのバーティカルヘビー7/0にシーハンター30号を強化チューブに入れてケイムラコーティングとなかなか強そうだけれど、多分空振りするやーつ。 それとリール。アキュレートの600を買おうか未だに悩んでいて踏み切れていないのですが、今回はラインキャパよりも巻き上げトルク。 つまり、ギア比がどうしたとかよりも、とても長い、圧倒的長さのハンドルが必要なのですね。なんとなくいろいろみてたらありました。 ゴメクサスの120mmハンドル。なげーっす。しかも安いです、2,990円。 アキュレートとかマーフィックスとかハンドルプレートだけで15,000とかしますので、それに比べると格安。 カーボンなので見た目重視だからぱきっと折れたりの可能性もありますが、折れたら手釣りで頑張る所存です。 準備まとめ まとめてみます。 【タックル】 ・ヘビー:マニアフェローズ48+カルコン401(PE2.0x300m、フロロリーダー40lb) ・メイン:ソルティガSJ-AGS3+カルコン301(PE2.0x200m、フロロリーダー40lb) ・ライト:ソルティガSJ-2+カルコン201DC(PE1.5x150m、フロロリーダー25lb) フルサイズというかガチなモロコからしたら赤子の手を捻るようなタックル構成なのかもしれません。まずはチャレンジし、何が悪いのかを発見したいと思います。 【リグ等】 ・450-500gジグ ・大型フック、ワイヤーリーダー等 いやぁ、それにしても遠いな、もき丸さん。 終わりに お疲れ様でした。考えうる限り、といっても断片的、かつ楽天的、希望的観測に基づいた準備は一通りしてみました。 これで釣れてしまったら拍子抜けしそうですね。次回、釣行の顛末についてお伝えします。引き続きどうぞよろしくお願いします。 #{snippet[19]}
【サーフゲーム】アカエイで事故った話
2021年08月18日 釣行記
【サーフゲーム】アカエイで事故った話
こんにちは。東北三浦イーグルスです。主に地元宮城のサーフで土日メインですが竿を振っております。 基本激混みなので場所に入れば同じ箇所に投げっぱなしの回遊待ち修行スタイル(笑) ところで、去る6月のとある日の釣行時に事件がおきました。今回の内容は、その際に同行者に命の危険が迫るまでに至った体験記になります。 もくじ 修羅場前の楽しい時間 修羅場 すぐ近くの病院のはずが。。 失神 おわりに #{ad1} 修羅場前の楽しい時間 とある6月の河口ナイトゲーム。 涼しい風が心地よく、一緒に来ていた友人と談笑しながら楽しい釣りの時間を過ごしていました。 表層付近にハクの群れも確認でき、シーバス狙いでフローティングミノーを投げるとすぐにフグが釣れ、平和な時間が流れていました。 そして何投目かで突然ドラグが出るアタリ。最初は良型のシーバスかと思いましたが、その引き方ですぐにアカエイとわかりました。 買ったばかりのルアーロストも嫌だったのでしばらくやり取りしてずり上げる手段を選択。見えたのは胴体部で60cm程のやはりアカエイでした。 リリース前提でしたので岸際から1mぐらいの所までズリ上げます。 「やっちゃいましたねー(笑)」なんて二人で笑いながら。。。今思えば完全にアカエイをナメてたと思います。。 修羅場 今年も何枚かエイを掛けており扱いに慣れているつもりだった私は、友人にエイの尻尾の付け根(毒針の生え際)と先端部をお願いし、自分は胴体部の3点間を足で抑え、暴れによる毒針突き刺しを回避しながら無事にルアーを外しました。 普段なら木の棒等を拾ってきてエイを移動していたのですが波打ち際はすぐそこ。 私はエイの3点間を足で抑えたまま数cmずつズリズリとエイを波打ち際まで引きずる事にし、友人と協力プレイで慎重に少しずつエイを移動させていました。 「毒針のとこフリーにすると針振り回すからそこは絶対抑えといて」 友人もそれなりに経験はあるだろうとは思いましたが念の為に注意を行い、波打ち際までもう少しの所での次の瞬間。。。 「ギャーーーー!!!」 突然友人が、持っていた竿をぶん投げると同時に恐ろしい悲鳴を上げました。 すぐに毒針に刺されたと察し足を見てみると、ウェーダーの足の内くるぶしの下に穴が空いており、そこから血が流れていました。 なんとか片足立ちは出来るようなので二人でどうするか話し、とりあえずは友人を抱きかかえながら車まで戻る事にしました。 車までは400m程でしたが砂の上の歩行、高い防潮堤の登り下りで相当長く感じました。 この時まだ友人の表情・顔色は多少しかめっ面でしたが大丈夫の様に見えました。 すぐ近くの病院のはずが。。。 車まで戻り私は二人分のタックルを片付け、友人は疲れと痛みからウェーダーを履いたまま地べたに腰を降ろしました。 「ウワッ!」という声と共にウェーダの中に溜まっていた大量の血がドバッと背中の袖口から溢れ出てきました。 「すぐ近くに◯◯病院があるのでそこまでたのむ!」 友人は過去にそこに世話になったことがあるようで、(私も少し安心して)ポリ袋を足に被せ彼を車に乗せて病院へ向かいました。 運転してすぐに、受け入れの確認電話を友人自身が横で行っていました。この時、顔色は少し白っぽくなっていました。 「23時以降は外科の受け入れやってないって。。」 「受け入れ可能な場所が分かるサービスの番号へかけろ言われたわー」 それは電話#7119救急安心センターなるもので、友人は呼吸が少し荒くなりながら、とりあえず電話をかけてみるも混んでいたのか、なかなかオペレーターに繋がらずまったくの役立たず。 車は走らせているもののどこへ向かえば良いかわからなくなっていました。 一旦車を止め二人でスマホ検索を行い、電話をかけ、やっとの事で受け入れ可能な病院を見つけましたが、この時友人の顔は青っぽくなり唇の血色も悪くなっており、正直ちょっとヤバイと感じました。 刺されてから40分は経過してました。 そこから10分程で病院へ到着する最中の会話。 「あの場で119すればよかったね。。」 「判断色々ミスりすぎましたね。。」 友人との間に重い空気が流れました。 失神 やっと病院につき友人はすぐに問診を受けていましたが、肩で呼吸をして顔はもう真っ青でした。 血圧が低下しすぎて測定不能に。測り直す最中、突然頭が前へ下がり痙攣をおこしそのまま失神するという最悪の事態が起こります。 お医者さんと4人がかりで急いでストレッチャーに乗せ、手術室へ運ばれていきました。 (このまま亡くなってしまったらどうしよう。。後遺症が残ったらどうしよう。。) 友人へ本当に申し訳ないことをしてしまったと後悔しました。 おわりに 友人は幸いにも2日で退院することができましたが、今回は私の誤った判断で友人を死の危険にさらしてしまいました。 読者様にこの経験から伝えたい事としては。。 1.エイと判り、エイを釣り上げる目的がなければラインブレイクさせる等して陸へ上げない 2.もしエイを釣り上げてしまったら手や足で触ったり抑えたりせず、毒針が当たらない範囲から針外しを行う(フックのスプリットリング外しや切断でもOK) 3.針外しが難しければ、魚体にある程度近い所でラインを切る 4.リリースの際はギャフや長い棒や木を使う 5.エイに刺されたら大小問わず119番する 大した事ないだろうと対処を怠るのは本当に危険です。 【おすすめのアカエイ対策ギャフ】 ラパラプロガイドフィッシングギャフ(Rapala PRO GUIDE FISHING GAFFS) ラパラから発売されているハンディータイプのギャフ。先端はステンレス&柄部分は超軽量のアルミ製で錆に強くMAX60㎝までの伸縮機能搭載。 ギャフの先端が尖りすぎていないのも安全性的にヨシ!アカエイをなるべく傷つけずにリリースする方法として、アカエイの鼻に掛けたり、ギャフの内側に胴体を引っ掛ける感じで少しずつ移動させリリースしましょう。 お値段は3,400円前後で購入できます。針先もヨシ!!(笑) いかがでしたでしょうか。今回の体験談で今一度アカエイの危険性について再認識頂けますと幸いです。(アカエイの詳しい生態についてさらに知りたい方はwikipediaで確認してみてください。) 読者様に素晴らしい釣果が訪れますように。 最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。 #{snippet[10]}

アプリで
釣果・釣り場を
サクサク検索。
記録もできる。

今すぐアプリを
ダウンロード