色の見え方について考察!かなり面白い動画があったので紹介します。

2020年11月04日 公開
2020年11月18日 更新 サービス紹介

色の見え方について考察!かなり面白い動画があったので紹介します。

みなさんこんにちわ。
アングラーズを運営しております藤井です。

僕が定期的に見ているyoutubeチャンネル【brushbiwako】
こちらに面白い動画が上がっていたので紹介します。

ちなみに僕がbrushさんを確認するようになったのは学生時代。
つまりもう20年近く見ているサイトです。

brushbiwakoとは

ご存知の方も多いと思いますが、brush(ブラッシュ)さんは琵琶湖のバス釣り情報を扱っているサイトです。

琵琶湖のガイドさんで誰が釣れているかとか、どの辺りで釣果が出ているとか。
もしくは琵琶湖の放水量とか、各地点の水温とかがリアルタイムで公開されているサイト、、、だったんですが、今久々に確認したら少し変わっていました。
youtubeしか見てなかったためか、サイトの仕様変更を知らなかった。

むしろ、以前のサイトより格段に見やすくなっているし、ガイドさんやポイントの確認などわかりやすくなっていました。
特に、初めて琵琶湖に行く人は必見かと思います。

brush琵琶湖

水深における見易さ(見難さ)

先日、このbrushbiwakoのyoutubeチャンネルにて面白い動画が上がっていました。

簡単に言うと

【ルアーカラーが水中でどのように見えているのか】

だけなのですが、そうだろうなと思っていた反面、そうだったのかと新発見する内容もたくさんありましたので紹介します。

ルアーカラーって本当に重要ですね!

ジークラックのリバイバルシャッド10色

この動画で検証しているのは、10色です。
こんな感じ。

リバイバルシャッド
※brushbiwakoチャンネルより

明るいカラーのものもあれば、暗いカラーのものもあります。
個人的なことを言うと、この中で好きなカラーは【チャートパールシャッド】【エレクトリックワカサギ】のどちらかでしょうか。

僕は、単純に明るくて派手なカラーが好きだということです。
極端に暗いカラーも好きなんですが、この中でいうとこの2色が好き。

ただ、問題なのは水中でどのように見えているのかということでしょう。
同じように見えているわけありませんよね。

リバイバルシャッド

水中での見え方、検証結果

本題ですが、このように推移していきました。
今回はこのまま水中に沈めて、水深8mまでを検証していました。
すべて動画のスクリーンショットを表示しています。

水深1m
水深2m
水深3m
水深4m
水深6m

人によってこの結果をどう捉えるかは違うと思いますが、これかなり面白くないですか?

ちなみに動画では、水深8mまで検証していますので気になった方は動画を見てください。
またbrushbiwakoはこの他にも面白い動画をたくさんあげています。
気になった方は、他の動画も確認してみてください。

変化の推移が面白い

今回、検証されている内容はあくまでも一例だと思います。
水の濁りや湖流(潮流)などでも変わると思いますので、あなたのフィールドでも同じ結果になるかと言えばわかりません。
また、人が見えているものがこのようであっても、魚とは目の構造が違います。

同じように見えているわけではないと思います。

しかし、この検証はめちゃくちゃ面白い内容だとおもいました。

この動画は、水深によってルアーカラーに変化があるのを実証してくれています。
普段見えているカラーと同じように見えないことはこれで確定しましたよね。
しかもこうやって変化していくことを、僕は知らなかった。

僕はチャートパールシャッドが好きなカラーなだけに、こんなに見難くなることがショックでした。
これからは水深5m以上では、使わないようにしよう。。。

是非、動画をチェックして水深が深くなるにつれて変化するカラーを見て、今後のカラー選択の参考にしてみてはいかがでしょうか。

他にもこんな動画もあります。


ANGLERS 藤井

アングラーズの運営をしています。
釣りはブラックバスに始まり、今はルアーで釣れるものはとりあえず遠征メインで何でもやってます。

2020年は特にネイティブトラウトとハタゲーム、GT、マグロにハマり中です。

記事一覧に戻る

サービス紹介の関連記事

釣りと動画の相性は最高です。オススメチャンネルを紹介します。
2020年11月08日 サービス紹介 NEW!
釣りと動画の相性は最高です。オススメチャンネルを紹介します。
みなさん、こんにちわ。アングラーズを運営しております藤井と申します。 もうかれこれ、マガジンを初めてから200本以上をあげています。初めてご覧になる方は過去のマガジンを振り返ってみて、文章が少しずつマシになっていく様を御覧ください。 さて、今回は動画のお話。是非、紹介するYou Tubeチャンネルを御覧ください。 もくじ 釣りと動画は相性がいい オススメチャンネル紹介 有名な動画はたくさんありますが #{ad1} 釣りと動画は相性がいい アングラーズも時間があれば常々動画を撮りたいと考えています。 正直、文字で釣りを説明するのに限界があり、動画の方が「簡単に」「正確に」伝わるだろうと思っています。 例えば、文字でFGノットを説明するのって厳しくないですか?正直、、、、説明したくない!!!!絶対に嫌。ただ、動画だとスムーズに説明することができます。 また、FGノットの完成形を目でみることによって、自分の結び方が合っているかどうかの判断もつきます。もし、文字におこした場合は完成形を表現するのも限界があります。(というかそもそもできるのかな) 釣りは動画の相性がかなり良いと思っています。聞くより見た方が早いですよね。もっと言うと、見るより体験した方がうまくなります! ちなみに、以前も紹介しましたがFGノットの結び方で最も参考になると思っている「堀田光哉」さんの動画がこちら、知らない人は参考にしてみてください。 オススメチャンネル紹介 ザッと紹介します。これらは普段僕が見ているチャンネルです。中にはご存知の方もたくさんいるかと思いますが、参考までに。ちなみに画像を押すとそのチャンネルのページに飛ぶことができます。また、以下の画像はYouTubeから参照しています。 SHIMANO TV公式チャンネル ご存知シマノのチャンネルです。僕は比較的スピニングリールはシマノのリールを使うことが多く、新製品のチェックによく見ています。 また、有名な方が多く出ているのも良いですよね。参考になる釣り方をしている人がいるので、その人の動画はよく見ます。 ジャッカルステーション バスフィッシングをメインにやられる方は誰もが知っているかと思います。 ジャッカルは特に新製品の発売スパンが早い。他メーカーと比べて圧倒的に早いので、動画の更新も同じく早い。 また動画を見ていて、他のチャンネルより圧倒的に魅力的な人が多いのも良いですよね。見ていて楽しくなります。 マルコス 釣り名人への道 僕が知ったのは、とある国で行われた釣り大会に日本代表?で参加しているのをみたときです。この人は誰だろうと思って調べるようになってから知るようになりました。 ちょくちょく動画を見ていますが、たまにこれは釣り動画なのか、ギャグ動画なのかわからなくなるときがあります。ただ、見ていて笑顔になれますよ!この業界は女性が少ないので、ますます応援したくなりますよね。 カミヤマライトゲーム コチラの動画を見ていると、そもそもライトゲームとはなんぞや?と言う気持ちになります。 その理由は是非、見てみていただけるとわかるかと思います。 特に、最近増えてきたシーカヤックを使っている人は、参考になるかと思いますよ。 fishing jv 渓流メインの動画のため、興味ない人はいるかもしれません。 ただ、魚が追ってきてバイトシーンが見えることや、水中映像も出てきますので渓流をやらない人でも楽しめるかと思います。 個人的にかなり気に入っていて、特に渓流シーズンはよく見ています。 釣れないおじさんチャンネル 名前から判断すると釣れそうにないのでしょうが、実はフィッシュマンのスタッフの方がやっているチャンネルです。 どうしても釣れているシーンを上げたいのが動画を撮っている人の気持ちでしょうが、釣れていようが釣れていなかろうが釣りのリアルをあげていると思う。 アカメが釣れている動画が2つあるかと思いますが、大きな編集がないのでリアルに隣で見ているかのように体験できると思います。 有名な動画はたくさんありますが ここで紹介したシマノやジャッカルは多くの方が知っていると思います。 またこれ以外にも、釣りよかでしょう、ハイサイ探偵団、マスゲン釣りチャンネルなどは、YouTubeを良く見る方はもちろん知っていると思います。 釣りはジャンルが多いですからね。ここに興味のある動画がなくても、自分の興味のあるジャンルの釣りで探せば、必ず面白い動画が出てきますよ。 ぜひとも自分の好きなチャンネルを見つけて、興味を持って釣りに行きましょう。 #{snippet[3]}
釣果記録アングラーズ

どこで何が釣れている!
がわかる釣果記録アプリ