釣具小売店【ANGLERS】との関係について

2020年09月04日 公開
2020年09月04日 更新 アングラーズアプリ

釣具小売店【ANGLERS】との関係について

最近、特に多くの方に小売店のアングラーズさんとの関係を聞かれることが多くなりました。
また、うちのアプリ内にてアンケートをとると、チラホラと釣具屋のアングラーズさんと勘違いされているだろう内容をみることがあります。

そこで、その関係性などを説明したいと思います。

全く関係がありません

このマガジンはこれで終わりです。
本当に全く関係ありません。

主に関西圏にて釣具の小売店を運営されている【ANGLERS】さん。
実は僕らスマホアプリ『ANGLERS』とは全く関係がないんです。

資本等ももちろん違いますし、もちろん子会社とかでもありません。
思ったより多くの方が勘違いをされているようでしたので、マガジンで説明した方がいいかなと思いました。

事の発端は

今回、なぜこういったマガジンを書こうと思ったのかというと、釣具店のアングラーズさんのホームページにてトップ画面にこんな文言が出ていました。

※当社ではアプリ作成はしていません。当社とANGLERSアプリは一切関係ありません。

推測するに、僕たちの釣りイベントやアプリの使用方法などについて利用者が問い合わせをしていたのでしょう。
僕らではなく、釣具店のアングラーズさんの方に。

ホームページのトップにこういった内容を掲載されているので、おそらくこちらが想像する以上に多くの問い合わせがあったのかもしれません。
これはしっかりとこちらからも『釣具店のアングラーズさんとは関係ありません』と正式に公開した方がいいと思いました。

ちなみに、後からANGLERSという名前を使っているのは僕らです。
"先に"ANGLERSという名称を使っているのは釣具屋さんの方です。

釣具店のアングラーズさんにはご面倒をおかけしておりまして申し訳ありません。

商標権はとっています

そもそも、僕らがスマホアプリやウェブでのサービス名にアングラーズを使おうと思ったのは約7年ほど前になります。

僕らはインターネットを使ったサービスなので、インターネットにおけるサービス名『ANGLERS』を使用してもいい権利は取得しています。
釣具店のアングラーズさんはそれ以前から、店頭での釣具の小売におけるサービス名『ANGLERS』の商標権を取得されています。

権利の侵害等は全くありませんが、同じ釣具業界ということや同じ呼び方のため混同される方がおられるのでしょう。
どちらも釣り人に向けたサービスのため、似ている名前になってしまうのは仕方ないかなとは思います。

ちなみに、ご存知の方もいると思いますが僕(藤井)は大学時代に滋賀に住んでいました。
当時は滋賀県草津市の野村という地域に住んでいて、今もあるかどうかわかりませんが最も近い釣具屋は野村にあるアングラーズさんでした。

釣具屋のアングラーズさんを頻繁に使うためにポイントもかなり貯まっていた記憶があります。
ハートランドの初代冴掛、白疾風07などもそこで買ったのを覚えています。
名前を伏せますが懇意にさせていただいた店員さんも覚えています。元気にしているでしょうか。

ハートランド

今後お付き合いさせていただければ

現時点で、多少なりともご迷惑をおかけしてしまって申し訳ありません。
スマホアプリ『ANGLERS』を利用されているみなさんは、名前の呼び方が同じではありますがロゴが全然違うのでそこでもご判断くださいね。

また、スマホアプリ『ANGLERS』は、色々な小売店さんへも価値のあるイベント等を提供しております。
もしご興味あれば釣具屋のアングラーズさん、今後何かしらでご協力できればと思います。

なんか営業みたいな内容になりましたが、今回のマガジンで言いたいことは、『釣具店のアングラーズとスマホアプリのアングラーズは全く関係ない』ということ。
特に関西でスマホアプリ『ANGLERS』を利用されているさんは、なにかあれば店舗に行かずにこちらから問い合わせくださいますようよろしくお願いします。


ANGLERS 藤井
ANGLERSの中で最も釣り好きな人

小学4年生のときにバスフィッシングにどっぷりハマり、大学から滋賀県に。
大学生のときは琵琶湖でずっとバスばかりやっていました。

就職のタイミングで関東にいき、バスだけでなくそれ以外にも手を出すようになったのが地獄の始まり!
今はネイティブトラウトとハタゲーム、GT、マグロにハマり中。

記事一覧を見る

アングラーズアプリの関連記事

アングラーズで作成してほしいグッズは、何があるのかアンケートをしてみる。
2020年09月16日 アングラーズアプリ NEW!
アングラーズで作成してほしいグッズは、何があるのかアンケートをしてみる。
おかげさまでユニクロ(正確に言うとUTme!)で販売しているTシャツもかなりの枚数が売れ、一時期はUTme!の週間ランキングにも入ったほどたくさんの方に買っていただきました。本当にありがとうございます。その結果なのか、多くの方から他にもグッズがほしいとの声がたくさんあがっています。そうならば、なにか作ろうと思いました。。。。が!!!そもそも何を作ったらいいかわからん!! そんな経緯から、何を作ったらいいのかアンケートを取ることにしました。欲しい物がある人はご意見くださいませ。 もくじ 過去に作ったもの すでに作ろうとしているもの アンケートの回答募集中 多くのグッズを作っていきます #{ad1} 過去に作ったもの 過去に作ったもの(販売していたもの)はこちらから確認ができます。 ユニクロで販売する前は自分たちでECサイトを作り販売していたのですが、発送にどうも時間と手間がかかる。 時間がかかるだけならまだしも、発送にかかるすべての工数って必要なのだろうかという疑問が頭の中を回り始めたときに、ユニクロのサービスを知ってこれはいいと思ったわけです。 そんな経緯があってユニクロに頼んだわけですが、手数料はかかりますがそれでもかなり助かっています。今後もユニクロからはTシャツなどのみお願いするとして、その他のグッズについてはこちらで対応しないといけない。そこでとりあえず何を作ればいいかを考えてみた結果、まずはアンケートをしてみようとなったわけです。今回のアンケートに取る内容は【今までに作成したもの】から選んでもいいし、もちろん【今までに作成したことがないもの】を書いてもいいです。こんなものが欲しい!というご意見をお待ちしております。 ただ一言付け加えると、何でも作れるわけありませんからね。ANGLERSの船とか家とかそういうのは現時点では難しい。でも、将来的にはロッドやリールを作るのはやりたいかなと思います。 すでに作ろうとしているもの 実は、すでに動いているものが2つあります。1つ目は、メジャーシート。これはいつでも需要があるのがわかっているので制作に取り掛かっています。 むしろ問題は、販売する場所の方です。さきほどの話に出てきたユニクロは発送までやってくれるのが助かるんですよね。 こちらで作成はするので、誰か販売してくれないかな。とりあえず、Amazonと交渉中でございます。 もうひとつは、ゴミ袋です。こちらは3月ぐらいにユーザーさんからご意見いただきまして、作成しようと動きましたが現在はコロナの影響で工場がストップしてしまっていて動けない状況です。 釣り場でゴミがあったときに拾えるように携帯用ゴミ袋(アングラーズマーク付き)。こういうのは、かなり必要だと思いませんか。 アンケートの回答募集中 そういうわけで、アングラーズ公式のアイテムでなにかほしいものがあれば、下記アンケートに回答してみてください。 いただいたご意見から運営の方で検討し、作れるものは作っていこうと思います。時間はかかりますが、おそらく複数の商品を作れると思います。 まぁ問題は発送の方、作っても発送できる環境がないと販売開始ができません。どなたか、すべて代わりに発送してくれる(フルフィルメント形式の)サービスがあれば、そちらも教えてくださると助かります。発送が大変なんですよね。 応募はこちらから 多くのグッズを作っていきます これから、必要だと思ったものはたくさん作っていきたいと思います。 また、マガジンを通してたくさんの方との距離が近くなっていると僕らは思っています。ご利用者の方に色んな意見が言いやすいような環境にしていこうと思っています。 グッズも多くの方のご意見を取り入れ、デザインやカラーも含めて今釣り人が欲しいものを今後提供できたらいいと思います。とりあえず、今個人的に一番欲しいものはプライヤーですね。既製品にANGLERSのロゴを入れるだけでなく、実用性のあるものを1からデザインしたい。どれだけ時間がかかるかわかりませんが。 #{snippet[3]}
アングラーズマガジンのライターを募集します。
2020年09月18日 アングラーズアプリ NEW!
アングラーズマガジンのライターを募集します。
マガジンを書き始めてもう4ヶ月になりました。そろそろ僕の引き出しが限界かと思えば、実は書くことはまだまだあります。ANGLERSの釣果や新製品だけでなく、得意な釣りジャンルのことや遠征の話などネタはいっぱいあるのですが、他にも作業内容は山程あるので1人で書くには1日1記事が限界。 ANGLERSと言う場所をもっとたくさんの人に利用してほしい。そこで、ライターを募集することにしました。 もくじ 得意なジャンルを披露してほしい 魚種の割合と応募ジャンル 応募はこちらから 特定ジャンルに強い方募集中 #{ad1} 得意なジャンルを披露してほしい このマガジンを読んでくれているマニアックな人は、ご存知かと思いますが、僕の2020年の釣りはビッグゲームかネイティブトラウト、後はハタゲームで成立しています。 僕にとって熱量の大きい釣りは、マガジンが書きやすくスラスラとタイピングが進むのですが、それ以外の釣りは同じ様に書くことができません。どんな記事が熱量が高いのかは、ネイティブトラウトの記事の多さからわかっていただけるかと思います。 なるべく多くの人に読んでいただきたいアングラーズマガジンではありますが、釣りにはたくさんのジャンルがあるために全ての方を満たすことはできません。そもそも僕の釣りの知識の引き出しだけで、アングラーズユーザー全員を満たすなんておこがましい。ネイティブトラウトの人ですら、満足してる人は少ないんじゃないかな。 そういった経緯があり、『ライター募集』をしようと思ったわけです。特定ジャンルにおけるプロフェッショナルの方ってたくさんいるじゃないですか。その人達にコレまでの経験を言葉にしてもらえないかと考えたわけです。 プロフェッショナルの人に聞けば、世間一般ではこれが定説だとか当たり前のことも経験してみたら全然違ったとかあり得ます。また新しい釣り方や、このエリアでは今はこんな釣りが流行っているとかの情報も持っているはず。そのような面白い意見は、普段から現地で釣りをしているみなさんだからこそ書ける内容です。僕には書くことはできません。 釣りを愛している人が集まるアングラーズには、多くのこのようなプロフェッショナルの人がいる。各分野に秀でた人がたくさんいるなら、今までの経験を伝えたい人がいるのではないかと思った次第です。 魚種の割合と応募ジャンル このグラフを見たことある人は、いるかもしれません。これが現在のアングラーズに登録されている魚種の割合です。 登録魚種の割合って、そのままジャンル毎の釣り人の人口に比例すると思っています。全体で見ると、やはり圧倒的にブラックバスの釣果が多く、続いてシーバス、ナマズ、ロックゲーム、アオリイカと続きます。 例えば、ここで僕がブラックバスの記事を書くとするとかなり古い内容になりそうで怖いところではあります。僕のバスの知識や経験で記事を書くと、常吉やジャバロン、メガバスのグリフォンなどの話になりそう。今となってはブラックバスやシーバスに関しては年間3回ぐらいしか釣りに行きませんし、アオリイカは年間10回ぐらい。ナマズは去年は1回でしたね。 それぞれのジャンルにプロフェッショナルがいて、年間50日から多いと150日、もしくは200日を超える人もいるかと思います。今回募集をかける際の条件として、『200日釣りに行ってないと駄目です』とかはありませんが、僕よりは多く行っている人がいいかなとは思いますね。 何ていうか、脳が常にそのジャンルのことを考えている人にその熱量を伝えてもらいたい感じです。伝わりますかねw 応募はこちらから もしマガジンを書くことに興味のある人がいましたら、是非下記の応募アンケートから、ご応募いただけると助かります。 誰でもライターになれるというわけではありませんが、できるだけ多くの人に書いてもらいたいですね。また書いていただければ、なるべく多くの人に釣り人として、あなたを知ってもらうチャンスになります。将来、少しでも釣り業界で働きたい人がいれば、手助けできるかもしれません。またこの経験が将来活きるかもしれません。 ちなみに現時点では、費用を支払うことはできませんが、費用の件は今後経過を見て検討します。この機会に是非アングラーズの人たちに、『あなたの特定分野で』、価値のある情報を提供してみてはいかがでしょうか。 応募はこちらから 特定ジャンルに強い方募集中 応募頂いた方には、こちらから改めて連絡させていただきます。 少し、返信までのお時間かかるかと思いますが、お待ちいただけますと助かります。 特定ジャンルに強い方、変わった魚種に対しての経験がある方、あとは、特に地方の方は助かります。その場所にしかいない魚の情報などは、話題性や特殊性があり、地方の釣りにたくさんの人が興味を持ってくださると思います。 それではみなさんよろしくお願いします!ご応募お待ちしております。ちなみに応募条件に過去にライターの経験があったとかは必要ありません。執筆の才能だったり表現の才能とかは、そりゃあったほうが良いですが必須ではありません。(僕に文才ないですから) #{snippet[3]}
今週末はどこに釣りにいこうか悩むとき、こんな方法はいかがでしょうか。
2020年09月05日 アングラーズアプリ NEW!
今週末はどこに釣りにいこうか悩むとき、こんな方法はいかがでしょうか。
みなさんは、釣り場を決めるときどうやって決めていますか。 行きたい場所がある場合は、問題ありません。そこに行きましょう!ただ、候補が何箇所かある場合はどうやって決めましょうか。 そんなときにアングラーズで決めてみませんか。アングラーズを使って週末どこに行くか、そんな探し方を提案します。 もくじ 週末の予定はどうしよう アングラーズのエリアマップ 気になるエリアはお気に入り エリア比較をしよう #{ad1} 週末の予定はどうしよう 1つ例をあげます。ブラックバスを釣りたい方で神奈川県に住んでいるとします。 普段は、一番近い相模湖ばかりに行っているとする。そりゃ高速にも乗らなくても行ける相模湖が一番お金もかからず近いので釣りには行きやすい。 ただ、たまには遠出もしたい。しかし、他の地域は全くわからない。そんなときにどうするか。 せっかくの遠出なので釣れるほうがいいに決まっている。というか遠出とか関係なく釣れる方がいいに決まってる。 遠出して野池も良いのですが、野池は釣り禁止の場所も多いですし初めてだと危ない場所もたくさんあります。では有名なエリアに行きましょう。例えば、亀山ダムというエリアと霞ヶ浦というエリアは知ってたりします。ただ、気になるのは釣果。どちらも最近は釣れているのかなぁ。また、知らないエリアも探したいなぁ。とかね。 アングラーズのエリアマップ アングラーズは有名な釣りのエリアをマップで表示できる機能があります。 エリアを探すからマップを見るとこんな感じでマップが表示されます。(下記画像は、PCのウェブで見ています。) さて、神奈川県から近いエリアを探していると、上記の写真のような房総半島付近のエリアがありました。 エリア名の横を見ると、そのエリアで登録された直近の釣果の日付があります。亀山ダムや高滝湖は、直近で1日前に釣果が残されていますね。また三島湖も直近の釣果があるようですね。 では、この中で有名なエリア【亀山ダム】を押してみましょう。 押すとこのような感じで【亀山ダムの場所】、【亀山ダムの釣果】などを見ることができるんです。亀山ダム、結構釣れてますね。 気になるエリアはお気に入り 探したエリアが気になる場合は、ウェブの場合はハートマークにチェックを入れましょう。チェックを入れることでそのエリアをお気に入りすることができます。 アプリの場合は『お気に入りに追加するボタン』を押しましょう。 これでお気に入りに入れることができます。そうすれば、このエリアの釣果はタイムラインに自動で出てきます。好きなエリアをたくさんチェックすることで毎回探す手間が省けますよ。 エリア比較をしよう 気になるエリアを多くチェックすることで、今週末はどこにいこうか悩むときに釣果を見て判断することができます。 一概に釣果が多いからこのエリアは釣りやすいとか釣れているとか判断するのは、少し見方が表面的かもしれませんが、一つの基準にはなると思いますので参考にしてみてください。 今回はブラックバスを例にあげてみましたが、これはどの魚種でも同じです。僕は神奈川に住んでいますが、東は琵琶湖、西は鹿島までお気に入りにいれています。どこで何が釣れているかを簡単に見ることができるので便利ですよ。気になるエリアはチェックして、週末の釣行に活かしてみてください。 #{snippet[3]}
アングラーズを初めたばかりの人にオススメ!とりあえず、この人をフォローしておけば大丈夫!
2020年08月30日 アングラーズアプリ NEW!
アングラーズを初めたばかりの人にオススメ!とりあえず、この人をフォローしておけば大丈夫!
最近アングラーズを初めた人は、どんな機能があるのか、どんなことができるのかがわからないですよね。 もしかしたら、そもそも何をするアプリなのかもわからないかも。そんな人に向けて、とりあえずこの人をフォローすれば大丈夫という方を紹介します。 今回紹介する人は、フォロワー数も多く、年間釣行日数も多い人達です。 もくじ 釣りには興味のないジャンルがある ジャンルごとに紹介します この人達をとりあえずフォローしてみて 今後もどんどん紹介します #{ad1} 釣りには興味のないジャンルがある 余談から入りますね。僕が釣りにハマったのは小学生のときでした。当時はブラックバスばかり追っていました。 それから大学生までずっとブラックバス。しかも、大学時代は滋賀県にいたので人生で一番ブラックバスにハマっていた時期でした。 そのときは釣りといってもブラックバスにしか興味がなく、マグロやアオリイカ、キス、ヒラメ、アマゴやイワナの釣果を見てもマジで全く何も思いませんでした。釣りの基準はブラックバスであり、その時の自分にブラックバス50upとマグロ40kgどちらが釣りたいかと聞かれたら、ブラックバスと即答していたでしょう。 釣りが好きというよりは、ブラックバスが好きという感じでしたね。今は、対象魚が広くなっただけで今になっても興味のない魚はたくさんいます。これって多くの方が同じ気持ちだと思います。ウェーディングしてシーバス狙っている人に鮎の釣果を見せても全然心が踊らないように、同じ釣りでも興味のないジャンルって全くどうでもいいんじゃないかな。 ジャンルごとに紹介します 今回紹介するのは、利用されている方の中で人気のある方を独断と偏見で選んで紹介しようと思っています。 ただ、先程説明したように興味のないジャンルの人もいるかも知れません。なのでフレッシュウォーターとソルトウォーターで分かれる様に紹介します。 少しでも興味のある方がいれば、是非フォローしてみてください。 フォロワーの多い方ばかりなので、参考になる釣りをされているのだと思います。またもしも興味のある人がいなければ、【みんなの釣果】にて興味のある魚種等で検索してみてください。あなたと同じエリアで同じ対象魚を狙っている素晴らしいユーザーさんがいると思いますよ。 この人達をとりあえずフォローしてみて 以下に紹介する人達は、フォロワー数が一定以上いて多くの釣果を残している人達です。またその人達が釣果を残せば多くの方がいいねを押します。是非、見てみてね。ちなみに、その方のアイコンを押せばその方のページまで飛ぶことができますよ。 フレッシュ全般 takangler🎣 いまたく ブラック左近(ブラサコ😎) なべお✧٩( 'ᴗ' )و✧ マイレス HOHOHO ソルト全般 DAIWAマン 山内山 サカナは釣って食べるもの Rokumaru2 ishiken ナメリーヌ はた子 タカチン(撃沈モード継続中‼️) YFCのしんちゃん 浜省Ⅱ ¥keito 今後もどんどん紹介します 今後はユーザーだけでなく、人気エリアや人気ターゲットまで幅広く紹介していこうと思います。 アングラーズを使ってよかったと思えるようにサービスを充実させていきたいと思います。 釣りに行く前にかならず開くようなサービスになれるようにがんばります! #{snippet[3]}
釣り禁止じゃないエリアでも、今後釣り禁止に設定するかもしれません。
2020年08月29日 アングラーズアプリ NEW!
釣り禁止じゃないエリアでも、今後釣り禁止に設定するかもしれません。
いつもご利用ありがとうございます。アングラーズの藤井です。 今日のマガジンは、アングラーズにおける釣り禁止エリアの設定についてお話しします。 ありがたいことに、前回の大瀬崎の釣り禁止のマガジンは本当にたくさんの方に読まれております。この機会にアングラーズの釣り禁止設定について詳しく話します。 もくじ みんなの釣果における公開エリア 釣り禁止設定 禁止エリアで釣っているとわかっていない人がいる 一部禁止エリアの場所で 釣り禁止に設定するかも #{ad1} みんなの釣果における公開エリア アングラーズには、【みんなの釣果】という機能があります。この機能は、利用者さまに一番使われている機能で、月間で約85万人以上の方が利用しています。 【みんなの釣果】では釣りをしても良いエリアを前提に登録できるように用意されていて、登録する側も釣果を検索する側もこの登録されたエリア名を検索します。 登録する側 釣果を残した際に、位置情報から登録できるエリアを一覧で出します。その中で該当すると思うエリアを選択して投稿します。 例えば、上記画像では名古屋港近辺のエリア名が出てきました。その中で、一番近い場所で登録してください。 閲覧、検索する側 エリア名を入力すると、そのエリア名に紐付いた釣果が一覧で出てきます。そのエリアで何が釣れているのか、もしくは過去にそのエリアで何が釣れたのかをみることができます。 釣果を検索するときは、エリア名を絞ったほうがより詳細な情報が出てきます。例えば、琵琶湖南湖の釣果を知りたいとき『琵琶湖』で検索するよりも、『木浜』や『赤野井』などで検索した方がより詳細な情報が出てきます。具体的にエリア名がわかっている場合は、そのエリア名で検索。ざっくりとした情報がほしければ、大きなエリア名で検索してみてください。 釣り禁止設定 今回の本題に入ります。この登録されたエリアは、以前は釣りをしても良くても時間が経つにつれて『釣り禁止』になる可能性があります。前回の大瀬崎のように自治体や管理している責任者が釣りを禁止にすることがあるためです。 登録されているすべてのエリアを毎日釣り禁止かどうかチェックするのは現実的ではありません。ただ、幸いなことにアングラーズの利用者の方は日本中いらっしゃるので、頻繁に『釣り禁止になった』との連絡をいただいております。 その際に、アングラーズで行うことは、 ①、報告のあったエリアが本当に釣り禁止かどうかを確認する。 ②、①が確認できた場合、釣り禁止設定をする。 この釣り禁止設定をすると実際にどうなるかというと、登録する側は、登録時に選ぶことができなくなります。閲覧する側がそのエリアを閲覧すると以下のような画面になります。 こちらは2020年の8月3日に利用者さんから報告があり、実際に釣り禁止設定にした『名古屋港9号地』になります。釣り禁止設定にすることで今までに釣果がたくさんあっても、表示されなくなります。 もちろん万が一釣り禁止が解除された場合は、今までの釣果も表示します。ただ、一度釣り禁止に設定したものは基本、これからずっと閲覧できなくなると思ってください。 禁止エリアで釣っているとわかっていない人がいる 今回一番話したかったことはココです。みなさんしっかりと読んでください。 最近、アングラーズで堂々と釣り禁止エリアで釣っているとみんなの釣果で公開している人がいます。これは堂々と『釣り禁止エリアで釣った』と言っているわけでなく、公開コメントを読むと釣り禁止エリアで釣ったことが読み取れる内容のコメントしているということ。 おそらく本人は、①釣り禁止エリアとわかっていない②釣り禁止エリアとはわかっているが、釣り禁止エリアで釣っていると言っていることに気づいていない。のどちらか。まぁ、おそらく後者だと思いますが。 どちらにせよこういった釣果は、分かり次第で非公開にします。さすがに堂々と釣り禁止エリアで釣っているものを公開することはできません。 そもそも『非公開なら釣り禁止エリアで釣っても良いのか』と言われそうですが、今回の論点はそこではないので割愛します。単純にダメなんですけどね。 一部禁止エリアの場所で 前置きが長めでしたが、少し強めの発言をしますね。気分を害する人もいるかもしれませんが、先に謝ります、申し訳ありません。 例えば、基本的に釣りをしてもいい漁港があるとしましょう。その漁港は、基本釣りをしても問題ないんですが防波堤の先端500mだけは立入禁止だとします。もちろん立ち入り禁止なので釣りも禁止です。 漁港としては基本釣りOKなので、そのエリアはアングラーズでも登録できるエリアとなっていた。 まず前提としては、【防波堤の先端に絶対に入るな】が一番です。だって立入禁止なんですから。絶対に入らないでください。 それを踏まえた上で、言いますよ。【みんなの釣果】の公開コメントに『先端にて釣りました』とか『先端に入ったけどもあまり魚いませんでした』とか書かれると、それは釣り人自体に良くない印象が付くんですよ。アングラーズの印象でもありますが、言いたいのは釣り人全体に付く悪い印象の方です。 だって、そう書くことにより【自ら、私は不法侵入をします】だと発言しているようなもの。だって自分で立入禁止に入ってますと言っているんですから。またわざわざテキストに残して、誰もが閲覧できる状態にしているんですから。これは大変な問題で、釣り人以外の人たちの印象は、こうです。『釣り人は、犯罪者の集まり』『また犯罪をおかしに来た』残念ながら1人のせいで、全員がそう思われてしまうのです。 僕は【釣り人が来たら、釣り場はキレイになったね。】と思われるぐらいになるべきだと思っています。 今までにも何度か、良識のある方から同じような報告がありました。釣り禁止の場所で釣っている人がいる。その方が釣果を公開していると。ただ、一向にこういう報告はなくならないのです。そのため、今回はしっかりと言わせていただきました。声を大にして言います、とりあえず立入禁止の場所には入るな!立入禁止の場所に入らなければ、そもそも(こんなコメントの付いた)釣果は生まれない! 釣り禁止に設定するかも もし、今後も同じような報告があった場合はそのエリアが釣り禁止でなくても、アングラーズは釣り禁止エリアとして設定するかもしれません。 釣り禁止エリアに設定すると、そのエリアの釣果は閲覧できなくなりますし、登録もできなくなります。 釣り人が釣り場を守らないと、どんどん釣り場がなくなりますよ。本来、漁港などは基本釣り禁止なんです。ただ、多くの漁港は関係者の方が善意で開放してくださっています。 その善意を踏みにじるようなやり方をするのはやめましょう。いつも使わせてもらっているという気持ちで釣りをしましょう。 釣り人だけでなく、釣り場に関わるすべての人が気持ちよく過ごせるような環境にすべきだと思います。 #{snippet[3]}
釣行機能を使っていますか?1日の流れが見れる釣行を使ってみよう!
2020年08月16日 アングラーズアプリ
釣行機能を使っていますか?1日の流れが見れる釣行を使ってみよう!
みなさん『釣行機能』は使っていますか?コレ一つで一日の釣りの流れがかなり見やすくなりますよ。 この機会に是非登録してみましょう。 もくじ 釣行記録の一例 位置情報もバッチリ まとめの写真を設定できる 釣果を見直すときにかなり便利! #{ad1} 釣行記録の一例 とりあえず、見てみましょうか。少し長いんですが、これが僕の釣行記録になります。 一日の流れがこんな感じで見返すことができます。何時何分に何が釣れて、何時までどこで釣りをしたのか。まさに釣行全体を記録したものになります。ちなみに、釣行の登録方法は特に何も必要ありません。今まで通りに釣れたら写真を撮って記録するだけです。 アングラーズが同じ日の釣果を勝手にまとめて釣行にします。特に意識することなく、今まで通り釣果を記録してみてください。 位置情報もバッチリ 釣行の記録は、位置だけをまとめてみることもできます。下の画像はあくまでも一例であり、実際にここで釣れたわけではありませんのでご注意を。こんな感じでみることができるんですよ。この日に自分がどこで釣りをしていたのかが、簡単にわかります。 ちなみに釣果を記録した場所では、アングラーズのアイコンが立ちます。     まとめの写真を設定できる 釣果を記録するだけで釣行は勝手に作成されるのですが、1点だけ設定した方がいいことがあります。 それは、釣行を代表する1枚を登録することです。 1日を通して代表的な写真を入れるといいでしょう。そうすることで後から見直すときに思い出しやすくなります。 例えば、こんな感じです。この日は、約3時間の釣行でヤマメが4匹にイワナが1匹釣れたようですね。 釣果を見直すときにかなり便利! この釣行機能は過去の釣果を見直すときに、かなり便利です。しっかりと記録しておくことで、その日、どこにいって、何を、どれだけ釣ったのかがすぐにわかります。 自分の釣果をしっかりと記録しておくことで、自分の釣りの腕の上達にもなりますし、また年を跨いだ同じ時期の比較ができるようになります。記憶はかなり曖昧なものです。しっかりと記録しておくことで益々釣りの腕が上達すると思いますよ。 #{snippet[3]}
釣果記録アングラーズ

どこで何が釣れている!
がわかる釣果記録アプリ