【伝統釣法】「かぶせ釣り」で堤防の巨影に迫る-餌確保編-

2021年09月15日 公開 魚種や釣り方

【伝統釣法】「かぶせ釣り」で堤防の巨影に迫る-餌確保編-

どうも皆さんこんにちは!

普段はスーツやジャージで過ごす私。釣りの時だけは10代のようなファッション、【夕凪】と申します!!

さて、今回でかぶせ釣り3回目となります。今回はハッキリ言って最大の難関・ポイントといっても過言ではない【餌確保】編です。

私の知る限り、かぶせ釣りの餌の確保について詳しく書かれた記事や動画はかなり少ないので。貴重な話となるかも知れません。

はじめに

私がかぶせ釣りに入門する際に1番悩んだのが餌の確保です。

かぶせ釣りは多種多様な魚種、中でもイシダイやコブダイといった大物まで狙える万能釣法なのですが、それがあまり普及しない要因の1つに餌の確保があると思います。

裏を返せば、餌さえ効率よく確保できれば大物への近道はひらかれたも同然です。

いまでは、私はかぶせ釣りに出かけて90%以上の確率でコブダイをキャッチしています!

使用する餌の種類

かぶせ釣りで使用する餌は、二枚貝です。

ですが、二枚貝にこだわらず様々な貝餌を使うといった自由な発想の方が、より釣りを楽しくさせてくれますよね!

これまでに私が使用したものを紹介していきますね!念のため注意点も記載しておきます。

※地域により異なります。

※購入の場合の金額も考慮しています。

※確保難易度は★が少ないほど簡単です。

以下、エントリー形式で餌たちを紹介します!

エントリーNo.①牡蠣

確保難易度★★

広島発祥のかぶせ釣り。広島県といえば、かぶせ釣りといえば、牡蠣ですね!

汁や匂いが強く撒き餌としても最高だと感じます。

付け餌としても様々な魚種がキャッチできます!

エントリーNo.②イガイ(ムール貝、カラス貝)

確保難易度★★★

かぶせ釣りにおいて、牡蠣の次に名前があがるのがイガイではないでしょうか。

牡蠣よりも少し餌もちがよいです。でも少しだけ沈下速度が遅いです。早く沈めたい時は砂を詰めるという方法もありますよ。

私の住んでいる地域では、確保が少し難しいため星3つです。

イシダイやイシガキダイを狙うのならば、個人的にはイガイが良いと感じています。

エントリーNo.③ハマグリ

参照:https://www.irasutoya.com/2013/04/blog-post_9.html

確保難易度★

大体どの時期でもスーパーで入手できるハマグリはなかなか便利です。立派なハマグリでなく、1パック数百円や半額のもので十分ですよ。

エントリーNo.④サザエ

確保難易度★★

二枚貝ではありませんが、様々な魚種が好反応を示します。私の住んでいる地域では小型のサザエが千円以内で10個程度買え、半額ということもしばしば。

少し自分で食べてもいいですよね!

※ほぼ全ての海で勝手な採取は禁止されています。

エントリーNo.⑤ウニ

参照:https://www.irasutoya.com/2013/10/blog-post_8404.html

確保難易度★★★★★

高額な上に、海で勝手に採取してはいけません。私の住んでいる地域ではキロ3000円以上はします。

時折、漁師さんに頂くことがあり使用しています。撒き餌としてもよく、ウニ通しでウニの口部分に針をかけます。

コブダイ、イシダイ、イシガキダイも反応が良いです!

エントリーNo.⑥バナメイエビ


確保難易度★

もはや、コブダイを狙うタンコブゲームでお馴染みのバナメイエビ。どこのスーパーでも数百円で購入できます。

ハッキリ言って貝餌よりも反応はよくありませんが、付餌の入手が難しかった時に購入にします。

貝の撒き餌と合わせて使うことで反応が良くなる印象ではあります。

牡蠣の確保法

私がかぶせ釣りを始める際に最も悩んだのが、牡蠣の確保です。

スーパーでお金をかければ、立派な牡蠣を入手することはできますが、毎回数千円の出費があっては継続が難しくなりますよね。

私が実践している牡蠣の入手方法をご紹介します。

①堤防・磯・汽水域周辺で採取する

自ら採取する方法です。

採取には、【ハンマー・マイナスドライバー・園芸用グローブか軍手・餌を入れる用のバッカン・長靴】を用意するのがオススメです。家にあるもので十分ですよ。

さて、どこで1番牡蠣が取れるか知っていますか?

漁師町出身の私は牡蠣がどこに付いているか知っていました。小学生の頃から、牡蠣を使ってカサゴなどを釣っていたほどです。

磯にも牡蠣は付いていますが、意外にも磯は牡蠣の採取効率がよくありません。

実は堤防に牡蠣は大量に付いていることがしばしばです。

これらを採取することは基本的に問題ないはずですが、漁港の看板などは確認しましょうね。

また、船の上げ下ろしを行う周辺には、漁師さんが船底の掃除で牡蠣やイガイを海に落としていることがあります。

一言声をかければ、大抵「好きなだけ持っていっていいよ。」と言ってくれます。

採取は時間がかかるかもしれませんが、採取する時間も楽しいものですよ。採取から準備してキャッチした魚は格別です★

②スーパーやオンラインで購入する

仕事で時間がなかったり、土地勘が無かったりと、効率よく採取できる人ばかりではないはずです。

そうした場合には、やはり購入が最も手っ取り早いです。

購入できる主な場所としては、【スーパー・牡蠣小屋・道の駅・ネット】など、です。

キロ千円くらいが相場ではないかと思います。

最近オススメなのがネットでの購入です。牡蠣やイガイを釣り餌用として販売しています。冷凍の場合がありますが、餌としては十分だと思います。

③もらう

なかなか難しい方法ですが、知り合いに漁師さんや船を持っている人がいるのであれば、貰うという方法は凄く効率が良いです。

というのも、立派な牡蠣やイガイは船や係留ロープに付いていることがよくあります。

そして、漁師さんはまず必要としていません。知り合いがいるのであれば譲ってもらってはいかがでしょうか?

保存方法

さて、入手した餌は1日程度であればバッカンなどにいれて涼しい場所での保管で問題ありません。

貝が生きているのであれば、海水に入れた方が良いですが、なくても1日程度は問題ありません。

とはいえ夏場は海水がないと腐ってしまうかもしれませんね。

冷凍されている餌は、釣り場で海水につけてあげればすぐに解凍されますよ。

おわりに

今回は、かぶせ釣りで最も肝となるであろう【餌確保編】でした。

個人的には、餌の採取から楽しむことが好きです。海で貝をとっていると小学生の頃をよく思い出します。

そして、何歳になっても釣りと海が好きだなぁと黄昏ています。

餌の準備して、が大変そう、、、と感じたかもしれませんが、入手した貝は自分で食べてもいいわけですし、採取にしろ購入にしろ、準備の段階から釣りを楽しむことが私は大事だと思います★

最後までありがとうございました。またお会いしましょう。よい釣りを☆


夕凪

どうも皆さんこんにちは!釣りがしたくて、したくて頭痛までする、、、【夕凪】と申します!

ホームは北部九州!
しかし、北は北海道、南は沖縄まで釣り旅(現在自粛中)、釣りキャンプをしながら魚を追いかけています。
皆さんと最高の一匹に出会うチャンスと感動を共に☆

記事一覧に戻る

魚種や釣り方の関連記事

【エギング】さあ!エギングをはじめよう!! 〜秋イカの訪れとともに〜
2021年09月27日 魚種や釣り方 NEW!
【エギング】さあ!エギングをはじめよう!! 〜秋イカの訪れとともに〜
皆様、こんにちは!DAIWA大好きDAIWAマンです! 虫の音にも深まる秋を感じる季節となりました。いかがお過ごしでしょうか? 秋の到来とともに、また楽しい「あの釣り」がやって参りました! そう!それは 『秋イカエギング』 です。 エギングを始めるにはピッタリのこの季節! ぜひこの機会にエギングを始めてみませんか??? じっくりとお話ししていきます! もくじ はじめに 秋イカとは?? いればすぐにやってくる! 考えて拘れば秋のキロアップも夢じゃない おわりに #{ad1} はじめに 朝晩が冷え込むこの季節、そんな時は家でゆっくり・・・ 「なんて悠長なことは言うてられまへんで!www」 冷え込み始めたこの季節となれば、狙うターゲットは一つです^^ 春に産み落とされ、孵化し、まさに今からのターゲット 新子(アオリイカのこども) 数が釣れ、時には大型も釣れるこの季節、 エギンガーにとってはエギングの技術を磨くことができる貴重な時期であるとともに、初心者でも簡単に釣れるまさに色々とチャンスの時期なんです。 ここは一つ、楽しい秋イカエギングにチャレンジしてみませんか?^^ 秋イカとは?? 春や初夏に生まれたアオリイカのこどもで、概ね9月頃から各地の漁港内などで散見されるようになり、早いところでは掌サイズが釣れ出します。 サイズは小型ながらも、群れで泳いでいることが多く、警戒心も大型に比べて低いため、好奇心旺盛で果敢にアタックしてくることから数釣りが楽しめます。 またこの時期は、小さなアオリイカの猛追からヒットまで見ることができるサイトフィッシングが容易な時期でもあり、その健気で愛くるしい姿を目の当たりにすることができます! 非常に簡単に釣ることができ、イカのアタリや引きを経験する機会が多いため、エギングを始めるにはもってこいの時期になります^^ 狙うポイントはここだ! まずは皆さん、お近くの潮通しの良い漁港の防波堤に足を運んでみましょう^^ 秋イカにとって潮通しの良さはとても重要なポイントです。 ベイトとなる小魚などが潮に乗って流れてくるため、容易にエサをゲットできるからです。 また、小さなイカ自体もまだまだ大型魚のベイトであり、さらに体力もないことから、流れが少なく、身を隠せる場所が多い漁港内に溜まりやすいんですね^^ さらに、秋では、普段狙うことのないようなこんな浅い場所も狙ってみましょう! 瀬や藻の影に隠れていることが多いですよ^^ そして何よりもテトラ周りは絶好ポイント! アオリイカからすれば大きな隠れ家であり、食事も摂れる。 まさに最高の場所でしょう。 狙い方としては、テトラ沿いに「線」で、まずは表層から狙ってみましょう^^ また、防波堤の突端も重要ポイントです。 先端付近は、潮流などの変化を受けやすく、その流れに乗って回遊してきたアオリイカを狙うことができます。 潮通しも良いため、足元のストラクチャー周りも重要です。 足元までしっかり誘うことを意識しましょう^^ いればすぐにやってくる! さあ、狙うポイントも分かりました! さっそく浅場にキャストしてみましょう^^ すると・・・ と開始すぐにヒット! からのぉぉぉ・・・ デデェェェん! 私の釣果はこちらにまとまっております→https://anglers.jp/catches/2541932 とこんな感じで手軽に釣ることができるのです^^ まずは気軽に始めてみましょう! 考えて拘れば秋のキロアップも夢じゃない じゃあ、秋は小さいアオリイカしか釣れないんだね?? いやいやそんなことはないです。 秋の後半戦を迎えると、小さかったアオリイカもエサの摂取量に比例して成長するため、早く生まれよく食べたイカは成長も早く、すでに大型化していることもしばしばです。 ただ、知恵や警戒心も高くなるため、新子ほど簡単に釣れるということは滅多にありません。 やはり、釣りでは重要となる「時間帯」やエギングでは最重要となる「潮選び」について考えエギングができれば、秋でもキロアップは釣ることができます^^ マガジン「エギングにおける潮選びについて」参照 考えて釣りを続ければ、自ずと釣りは上達し、人よりも多く釣ることができます。 難しいから楽しい釣り。考えるから面白い釣りですね^^ さいごに 冒頭でもお話ししましたが、秋イカエギングではほんとお手軽にアオリイカを釣ることができます。 「釣り」ってやっぱり釣らないと上達はしないと思います。 この秋イカエギングでは初心者でもイカの「アタリ」や「引き」を数多く経験することができます。 よって、上達するスピードも速いです。 そして、この経験を来年の春、大型アオリイカ狙いでのエギングに生かせます。 だからです! 「エギングをしたことがない方」 「エギングをしようか悩んでいる方」 いつエギングをするんですか??? 今でしょ!(コレフルイネ・・・w) そして、釣った後はアオリイカをゆっくり観察してみてください・・・ この目の周りのエメラルド色がほんと綺麗ですから・・・これ1番好き。 これが見られるのも釣り人の特権ですね^^ 秋イカエギングご検討を!!! それではまた( ͡° ͜ʖ ͡°) #{snippet[5]}
【チニング】ぼくがフリーリグしか使わないワケ
2021年09月23日 魚種や釣り方 NEW!
【チニング】ぼくがフリーリグしか使わないワケ
皆様こんにちは!Chininger SANE です!✨ チニングのリグと言っても、ラバージグやらジグヘッドやらジカリグやら…いっぱいあってどれが釣れるんかさっぱり分からん!チキショウ💢 始めた頃はそう思っていました。 しかし、試行錯誤しているとフリーリグはよく釣れることが実感できました! 実は、初めて釣ったチヌからずっとフリーリグだけで釣っています。 そこで、今回はチニングにおいてフリーリグのどこがいいのか、またその他のおすすめリグもご紹介したいと思います。 よろしくお願い致します! もくじ フリーリグとは?メリットデメリットは? フリーリグのオリジナル必勝パターン その他おすすめリグ 最後に おまけ:ワームレビュー #{ad1} フリーリグとは?メリットデメリットは? まずフリーリグとは何か説明していきます。 ホントに自由なリグです‼️ フリーリグとはラインに直接シンカーを通してフックを結び、シンカーストッパーを付けたりして、シンカーの動く範囲を調整できるリグなんです。 フリーリグの大きな特徴(メリット)としてフォールの際に、シンカーが先に沈み、ワームはフリーフォールするんです。 ジグヘッドやラバージグだとフックとシンカーが一緒になっているので、フォールの時にシンカーと共にスーと落ちて行きます。 フリーフォールすることによって自然な演出ができ、チヌにより効くアピールとなります。 デメリットは特に無いと思いますが、また見つかれば追記しようと思います。 シンカーにも色々種類があって細長いタイプやナスオモリのような形のものなど様々なものがあります。 細長いタイプのシンカーは根が荒いところなど、つまり根掛かりが多いところで使用するのがおすすめです。 ナスオモリの形のものを使うときは、ボトムが砂地等根掛かりしない場所で使用するのがおすすめです。 フリーリグの特徴を活かすためにボトムバンプなどするのがおすすめですが、フォール中にチヌが食うこともあるのでフォール中も気を抜かずラインをよく見てしっかりアタリをとりましょう。 次にフリーリグで用いるおすすめのシンカーをご紹介します。 ジャングルジムのbeansシンカーとダイワの2wayシンカーです。 この二つのシンカーはフリーリグに特化しており非常におすすめします。 ほかにもたくさんのシンカーがあるので是非調べてみて、気に入った物を選んで下さい。 フリーリグのオリジナル必勝パターン 次にフリーリグを使う際に、おすすめのアクションパターンをご紹介致します。 それは、ボトムバンプからのズル引きです。 これはズル引きオンリーの釣りをしていて反応が無く、変えてみたところ1発で来て、その後も来たのでこれは良いアクションだと思いました。 これがなんで良いのかというと、ボトムバンプによってアピールが効きチヌが寄ってきて、その後ズル引きに変えることによって、チヌが餌に逃げられると感知してリアクションバイトするからなのだと思います。 ボトムバンプからのズル引きで釣れた魚 かなり効果あると思うので是非試してみて下さい‼️ その他のおすすめリグ 次に他のおすすめリグをご紹介します。フリーリグはよく釣れると思いますが、状況によっていろんなリグに変えるのが大事だと思います。 おすすめ①直リグ 直リグとはスナップに直接シンカーの穴の部分とフックの穴につけてその名の通り直につけるリグです。 このリグではワームは自由に動きませんがフックが高い位置にあることで根掛かり回避性能が上がります。 なので、根が荒すぎて出来ない場所でもこのリグでは通すことができる時もあります。 おすすめ②テキサスリグ テキサスリグも同様に根掛かり回避性能が高いです。 スイム系のワームを使うのがおすすめです。 フリーリグとテキサスリグ両方出来る2wayシンカー、本当におすすめします。 おすすめ③ラバージグやちびチヌヘッド これはズル引きオンリーに特化した物で、ラバーがヒラヒラ揺れてワーム以外でもアピールしてくれます。 僕はちびチヌムシをこれにつけて、根掛かりしやすいとこを攻めてます。 最後に 如何でしたか。 いろんなリグがありますがそれぞれメリットデメリットがあり、状況や自分の経験で色々試してみて下さい。 今回ご紹介したフリーリグが参考になれば幸いです。 それではまた! ワームビューもやるので是非見て下さい。 おまけ:ワームレビュー 今回ご紹介するのはDaiwaのシルバーウルフのシャコツイン! 1.9インチとミニなサイズですがサイズの割に腕の部分がアピールしてくれて、とても良いワームになっています。 前にご紹介したちびチヌムシと違うのはテールの違いです。 どのワームも同じじゃないかと思うかもしれませんが、僕がこのワームを使うシュチュエーションは先発隊のワーム(2インチ以上のワーム)になかなか乗らずリグを変えずにワームだけを変えたい時に使用します。 やはりちびチヌムシだとちびチヌヘッドの方が相性いいのでそれで使い分けたらいいと思います。 #{snippet[26]}
【ライトゲーム】魚はルアーをどこから食うか
2021年09月20日 魚種や釣り方 NEW!
【ライトゲーム】魚はルアーをどこから食うか
こんにちは。ルアーでいろんな魚を釣るぞー!です。 ライターを始めて釣りと同時にたくさんの写真を撮ることが必要になってきました。 ある日の釣果の画像を見ていたのですが、釣った魚の口から出ているワームの方向に傾向があったので、今回はそれを画像で示しながら話題にしたいと思います。 もくじ 釣った魚の画像から分かること 頭からバイトしてきていたものとその考察 横からバイトしてきていたものとその考察 後方からバイトしてきていたものとその考察 振り返って #{ad1} 釣った魚の画像から分かること この日は合計43匹のカサゴをキャッチできました。 画像として残っているのが37枚。ワームが外れてしまったものもあるので、バイトの方向が見て分かる物は決して多くはありませんでしたが、明確なものは以下の通りです。 頭から:1枚 横から:9枚 後方から:8枚 以下、バイトしてきた方向から提示し考察してみます。 頭からバイトしてきていたものとその考察 この日の釣果ではたった1枚でした。 考察 ジグヘッドの形状から考えても頭から食ってきてヒットするケースは少ないと思いますが、それにしてもたった1枚とは…。 確かに食う側からしたらターゲットが正面から近づけば相手も気づきやすく食べる側からのメリットは少ないですが…。 正面衝突的な出会い頭ということでしょうか。 横からバイトしてきていたものとその考察 9枚でした。ワーム後方からバイトして口からはみ出たということもあるかとは思いますが…。 考察 こうやって画像として見ると不意を突いて、魚の急所である腹にアタックしているように私には見えてしまいました。 もしそうなら魚に見せるためにルアーを引く(泳がせる)ことは重要だということになります。やはりフィッシュイーターですね!  後方からバイトしていたものとその考察 8枚ありました。 活性が高い日でしたので丸呑みも含めて多かったですが、テール部分からバイトする魚がこれほど多いとは思いませんでした。 まぁ、横からのバイトの画像も後方からのバイトだったのにファイト中に口からこぼれた可能性もありますが…。 考察 この日のヒットパターンは、ちょい投げ、底をとる、リールを2〜3回巻く、底をとる、2〜3回巻く、この繰り返しでした。 ゆえに後方からバイトしやすくなりヒットも多くなったように思います。 通り過ぎていくルアーに興味を示し後方からアタックしたということならこまめに底をとったことがカサゴに食わせる間をつくることになり良かったのかもしれませんね。 振り返って 横からと後ろからがダントツの結果になりました。 確かにアタックする魚の気持ちを考えたら当然とも言える結果だと思います。このことから2つのことが言えるように思います。 1.腹へのバイトを考えてルアーをきちんと泳がせてターゲットルアーを魚に見せること 2.背後からのバイトを考え、ルアーを泳がせるスピードも考えること。また食いつかせる間をつくること。 ※長い(大きい)ワームはバイトがあっても即合わせしない。 後ろからバイトしてきた時にフックまでかかってない可能性があるから。そーっと聴いてみて重みが乗ればヒットです。 ルアーを引くときの参考になればと思います。まあ、今回はカサゴオンリーですのでそれ以外の魚種に対応するかは不明ですが…笑 釣るたびに写真をとっていると正直、釣りに集中できない時もあり苦労もあります…(_ _).。o○ ところが、写真を多く撮ることで気づくこともあるのですね。そんなお話でした。   それではまた。 #{snippet[12]}
【チニング】フッキングのお話
2021年09月14日 魚種や釣り方 NEW!
【チニング】フッキングのお話
皆様こんにちは!Chininger SANE です! チニングにおいてフッキングってかなり重要ですよね。 せっかくアタリがあったのにアワセを失敗して結局釣れなかった、となると本当に泣きたくなりますよね。 そして友人の隣で「来たァ」と叫んで巻き途中にバラすなど…恥ずかしいにも程があるッ。 そこで、今回は絶対に失敗しないフッキングのコツを紹介していきます!どうぞ宜しくお願い致します。 もくじ なぜバレるのか チヌの状態 最後に おまけ:ワームレビュー #{ad1} なぜバレるのか ちゃんと合わせたの(はずなの)に途中でバレる、ちゃんとシャくったのに乗らない。 それは何故か、ちゃんと合わせたのに途中でバレる原因は主に二つあります。 フッキングが甘い、つまりしっかり針がかりしていないのと、魚に主導権を握られていることです。 しっかり食い込ましたりしないと針が浅いところにかかったり(皮一枚など)、乗ったと思ってもすぐにバレることが多いです。 そして魚に主導権を握られているとはどういうことかというと、例えばドラグ設定を緩くし過ぎて、遊びまくってるということです。魚をコントロール出来ていない状態です。 チヌの引きってツッコミが凄く、クセになりますよね。だからといってドラグを緩くし過ぎたり、強くし過ぎたりすると、チヌがガンガン暴れた衝撃で外れることが多いです。 私は始めたばかりの頃、チヌの引きが楽しすぎてドラグユルユルにして遊んでたらバレた経験があります。 この場合はしっかりフッキングされていなかったと思います。 バラさないのも実力なので私はまだまだ未熟ですね。(笑) チヌの状態 アタリがある時のチヌの状態は ①ワームのテールを齧っている ②興味本位出つついている ③思いっきりガブ! この3つのパターンが多いと思います。 ③の場合ならすぐ合わせてもしっかりかかると思いますが、完全にワームを咥えたかどうかは分からないと思います。(でも分かる様になりたいです) そこで多くの人は一呼吸置いて合わせると言います。それも悪くないんですが、一呼吸置いてもチョンチョン突いている場合、合わせてもフッキングしませんよね。 そこで私は合わせる時に一呼吸置くのでは無く、チョンチョン長いアタリの場合ゆっくりキス釣りレベルの遅さでほんの少し引きずります。 するとチヌは逃げられると感じ、そのまま思いっきりかぶりつくか、逃げるかのどちらかの行動にでます。 逃げると言っても自分の経験上、だいたいそのままかぶりつくのが多かったです。 アタリの形はゴゴゴッと当たり、0,5秒後くらいにゴゴゴゴゴと引っ張られるのでそこ出合わせると良いでしょう。 もしここで失敗し、スコーンとなると… こうなりますww 右から2つ目と4つ目、合わせミスの証拠です。 合わせに失敗しないことが僕の目標の一つでもあります。 最後に フッキングが上手く行くと嬉しいですよね! バラしが多い方はフッキングにこだわっては如何でしょうか。 フッキング率が上がると当然釣果も増えます。沢山釣ることによって経験が溜まりさらに釣ることができるようになります! まだまだ未熟者の私ですが経験を貯めていきながら新しい発見などこれからもマガジンに書かせていただきますので、よろしくお願い致します! おまけ:ワームレビュー 今回ご紹介するワームは今年8月から発売されたDAIWAのシルバーウルフシリーズのアーバンクローラーというワームです! ケイテックのクレイジーフラッパーよりアピール力は劣りますが逆に程よいアピール力があるワームの方が釣れるということもよくあります。 そしてチヌが咥えたあともアミノx配合でそのまましっかり食い込むでしょう。 パッケージの所にナチュラル度、アピールなどの特徴が書かれたグラフがあります。のでそれを見て自分に合うワームを選びましょう。 このワームで、アタリも多くキビレも釣れたのでレギュラー入り決定です! #{snippet[26]}
【伝統釣法】「かぶせ釣り」で堤防の巨影に迫る-タックル編-
2021年09月11日 魚種や釣り方 NEW!
【伝統釣法】「かぶせ釣り」で堤防の巨影に迫る-タックル編-
どうも、皆さんこんにちは! まだまだ暑い日々、「熱中症が心配なこの季節だけは釣りをオフシーズンにしよう!」と心に決めても、3日後くらいに前言撤回してしまう【夕凪】と申します! 今回でかぶせ釣りマガジン2回目となります。 「かぶせ釣りを始めてみたい!」「コブダイやイシダイを釣ってみたい!!」というアングラーさんのための、「かぶせ釣り」で堤防の巨影に迫る【タックル編】です。 それではどうぞよろしくお願いします。 もくじ はじめに 仕掛け ロッドについて リールとラインについて タックルまとめ #{ad1} はじめに かぶせ釣り1回目では、【狙える魚種とシーズン】についてお話しました。 「かぶせ釣りは初耳だ。」という方は、前回の記事を先に読んでみてくださいね。 「始めてみたいけど、一から道具を揃える余裕なんてないよ。」という方に是非お伝えしたい! かぶせ釣りは入門するだけであれば、専用ではなく他魚種の釣り具の流用が可能ですよ! 個人的な見解が多いですが、かぶせ釣りタックル編、よろしければ最後まで読んでみてください。 ちなみに下の写真は最近の私のかぶせ釣りスタイルです。 仕掛け かぶせ釣りの仕掛けはこれ以上にないほどシンプルです。 おそらく、竿、リールを使う釣りで、かぶせ釣り以上にシンプルな仕掛けはまず存在しないでしょう。 なぜならば、準備する仕掛けはこちら。 <釣り針> 、、、以上! 冗談? いいえ!冗談ではありません。仕掛けの全体図はこちらです! 参照:高品質の無料イラスト素材集のイラサポフリー ライン直結の釣り針のみで行います。 針については真鯛針、チヌ針、グレ針など(私は、がま磯を使っています)、サイズは10~12号くらいが良いと思います。 狙う魚種のサイズによって針の形状やサイズは変更してくださいね。紹介している針とサイズは個人的には万能だと思います。 お好みで管付き針を使っても問題ないかと思います。ラインについては、後ほどリールと一緒に紹介いたします。 ロッドについて かぶせ釣りのロッドについてお話します。以前少しだけお話しましたが、かぶせ釣りは【イカダ竿】を使うことがほとんどです。 とはいうものの、イカダ竿でなくとも入門は十分可能です。実際に私も安価なシーバスタックルで入門しました。カサゴ、ベラ、イラを始め、大型のコブダイまでキャッチすることができました。 しかし、イカダ竿を使用しだしてからは、以前のシーバスタックルよりも釣果が2倍以上にアップしました。 釣果アップの背景には、イカダ竿最大の特徴でもある、極めて柔らかい穂先にあります。 この穂先が抜群の目感度を生み出します。その他にもイカダ竿を使うメリットはまだまだあります。 以下に数点まとめます! ①柔らかい穂先でカワハギなどの小さなアタリにまで気づくことができる ②フォール時のアタリも目で確認できる ③柔らかい穂先が貝餌を落とし込む際の衝撃を吸収して、貝餌が千切れづらくなる ④イカダ竿は大抵2m程度の竿であるため取り回しが容易である ⑤バットパワーがあるため、小型から大型の魚までロッドを交換せずに対応が可能である ⑥穂先が折れてしまった際には穂先の交換が可能(各種メーカーで異なる) などです。 また、他のジャンルの釣り竿に比べると比較的安価であるという点も見逃せないメリットではないでしょうか? でも、「どのイカダ竿が良いのかわからない。」という方も少なくないはずです。 私も当然その一人でした。 【勉強→実践→思考→買い直す※リピート】という、得意の散財パターンを繰り返しながら、コブダイとイシダイを狙うなら、ということで現在のタックルに落ち着きました。 以下が私の現在のタックルです。 ・かぶせ鬼彩210 ・ツインパワーXD4000 ちょっと写真が見づらいですね。すいません。 それでは、私が個人的にお勧めするイカダ竿を【入門】、【ほぼ専用】、【専用】というように3分類して3本ご紹介いたします。 【入門】ダイワ(DAIWA) イカダ・カセ・チヌ専用竿 飛竜イカダ・V 210・V 釣り竿 参照:フィッシング遊  【ほぼ専用ロッド】宇崎日新 ロッド プロスペック 海上釣堀 際釣 (並継) 参照:宇崎日新 ロッド プロスペック 海上釣堀 際釣 (並継) 【専用】宇崎日新(NISSIN) クロニクル カブセ遠投 鬼彩 イカダ竿 コブダイ チヌ 参照:宇崎日新 以上の3本はいずれも、繊細な穂先と十分なバットパワーを兼ね備えており、70㎝前後のコブダイを問題なくキャッチすることができています。 また、amazon参考価格ですと、いずれも15000円前後で購入することができます。 比較的安価で手を出しやすいですよね。中古釣り具屋さんでは5000円程度で売られていることもありますよ。 ですが、おそらく日本唯一のかぶせ釣り専用竿である【宇崎日清・鬼彩】は2021年8月現在も品薄状態で、フリマサイトでは高値で取引されるほど人気商品です。 リールについて さて、次にかぶせ釣りで使用するリールについてです。 私は、シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 ツインパワー XD /4000XGを使っています。 私は主にコブダイを狙っているために4000番台を好んで使っていますが、狙う魚種に合わせてリールとラインを変えることをお勧めします。 あくまで目安ですが以下にまとめてみました。 以上のように紹介していますが、実際にはリールもラインもアングラーさんの好みで構わないと思います。 「コブダイを狙うなら、フロロカーボンの10号位。」なんて紹介もあるくらいですが、実際に私はどんどんラインを細くして、基本的にナイロンライン4号を愛用しています。 ただし、イシダイやコブダイを狙うのであれば、パワーファイトが待っています。 リールはドラグパワーに余裕がないと、強烈なツッコミに対応できないこともあるでしょう。 ライトタックル大好きな私でさえコブダイを狙うときには、SHIMANOの4000番を選んでいます。 上記の表が参考になりましたら幸いです! タックルまとめ かぶせ釣り2回目タックル編、いかがでしたか? タックルを準備するという点に関していえば、流用が可能なこと、仕掛けが極めてシンプルなことを考えると比較的入門しやすいジャンルであるとも感じます。 次回、3回目では、かぶせ釣りをやる上で最もキーポイントとなる【餌の確保】をお話ししようと思います! では最後までご覧いただきありがとうございました! アングラーの皆さんが最高の一匹に出会えますように!またお会いしましょう☆ #{snippet[21]}
【サーフゲーム】サーフゲームにもおすすめキャロライナリグ
2021年09月08日 魚種や釣り方 NEW!
【サーフゲーム】サーフゲームにもおすすめキャロライナリグ
皆さん初めまして、アングラーHMです。 初めてのマガジン投稿なのでいろいろ至らない事があるかもしれませんが、皆さんにマガジンをキッカケにより、釣りの楽しさ、面白さを共感してもらえたら嬉しいです。 それでは本題ですが、サーフゲームには、いろんな種類のルアーがあります。 知ってる方も多いと思いますがその中で、今回はワームの釣り、サーフゲームで使う人は意外と少ない?キャロライナリグについて、僕なりに紹介させていただきます。 もくじ キャロライナリグとは キャロライナリグのメリット、デメリット キャロライナリグとジグヘッドリグの比較 準備するもの セッティング まとめ #{ad1} キャロライナリグとは キャロライナリグ(キャロ)は、基本バス釣りで使っている方がほとんどだと思います。 ざっくり、簡単に説明させてもらうとワームにフックをつけて、そのフックにリーダーをつけ、その先にシンカー(オモリ)をつけたリグ(仕掛け)の名前になります。 そんな、キャロライナリグをサーフゲームで使う、メリット、デメリット、魅力等について紹介します。 キャロライナリグのメリット、デメリット キャロライナリグをサーフで使うメリットは3つあります。 1つは、海底(ボトム)の変化が分かりやすい事です。 シンカーがボトムに触れることにより、どこがブレイクか、ブレイクが何箇所あるか、他のルアーを使うより分かりやすいと思います。 ブレイクには、魚がついてる可能性が高い為、釣れる確率が上がりますし、やみくもにキャストして探るより、ボトムを考えながらサーフの釣りをすると、より一層楽しめますよ笑。 2つ目は、誰でもただ巻きで簡単にボトム付近を攻められる事です。 サーフのメインターゲットである、ヒラメ、マゴチはボトム付近にいるので、当然ですが、ボトムを攻める事ができれば、釣果に繋がります。 イメージ的には、直リグでチニングしてる感覚に似てます。リーリングスピードがチニングより早い感じです。 3つ目は、飛距離が出ることです。 遠くへ飛ばせれば、それだけ広範囲を攻めれますね。サーフゲームに限らず、ショアからのルアーゲームは大体、飛距離が正義ですよね笑。 一方、キャロライナリグのデメリットは、仕掛けが長くなる分、投げにくさが多少あります。風の強い日だと狙ったポイントにキャストするのは煽られて、なかなか難しいです。 なので、風が強く隣の人との距離が近い時は、オマツリを避ける為に僕はキャロは使わず、正確にキャストしやすい、メタルジグを使ってます。 それと、仕掛けのセッティングが必要な事(後ほど、準備するもので説明します)だと思います。 キャロライナリグとジグヘッドリグの比較 サーフで一番よく見る、ジグヘッドリグとキャロライナリグを下記の表で◯✖️で比較してみました。参考になればと思います。 準備するもの 僕が、普段キャロライナリグのセッティングで、準備するものは、6点です。 1.シンカー(オモリ) 遠浅のサーフならだいたい20g前後のもので、潮の流れと水深に合わせて必ず、ボトムをとれる重さに変更して下さい。20g〜30g前後のシンカーが3種類くらいあれば、問題ないかと思います。 2.スプリットリング #3か#4くらいがちょうどいいと思います。 3.スイベル(サルカン) 強度が20kgくらいあれば問題ないです。最悪なくても、大丈夫です。 4.リーダー 20lbくらいのフロロかナイロンです。 5.フック ワームのサイズに合ったオフセットフック。 6.ワーム 3〜5インチのシャッドテールかグラブ。アピールの強いシャッドテールの方がサーフゲームにおすすめです。 セッティング 先ほどあげた、6点のものを下記のように、セットします。 1.シンカーにスプリットリングをつける 2.スプリットリングにスイベルをつける 3.スイベルにリーダーを結ぶ 4.リーダーにフックを結ぶ 5.フックにワームを装着 セッティングの流れは、こんな感じです。 ポイントとしては、スイベルからフックまでのリーダーの長さは50cm前後にしておいた方が、キャスト時にストレスなくキャストできます。 僕は、いつも、10ftのロッドでリーダー長さ50cm、長くても70cm位までとしています。このくらいであればトラブルなくかっ飛ばせてます笑。 まとめ キャロライナリグは、ワームで飛距離が出せて、簡単にボトムをしっかり探れる為ブレイクの場所が分かりやすいです。 もし良かったら、1つの選択肢としてキャロライナリグを、サーフゲームで使ってみてください。 ちなみに僕の、キャロの釣果を思いだすとヒラメよりマゴチ率が高いです。 初めてキャロで釣れた魚もマゴチでした。なので、マゴチ狙いの方も、ぜひ使ってみてください。 最後まで、読んでいただきありがとうございました。 皆さんが、素晴らしい魚に出会えますように。 #{snippet[25]}

アプリで
釣果・釣り場を
サクサク検索。
記録もできる。

今すぐアプリを
ダウンロード