釣行の概要

釣り人
まったくろー
日時
2019年08月24日(土) 06:19〜21:33
釣果投稿
2 釣果
釣った魚
コノシロ チヌ
天気
 24.0℃ 西 1.9m/s 1010hPa 
都道府県
静岡県
エリア
三保
潮名-月齢
小潮 23.0
マップの中心は釣果のポイントを示すものではありません。

※公開されている釣果のみ表示しております。非公開釣果、メモは表示されません。
※プロフィールの年間釣行数は非公開釣果を含むため、表示日数が異なる場合があります。

まったくろー

はじめまして😊訪問いただき、ありがとうございますm(__)m

2019.7.10~ソルトルアー釣りをスタートさせ、主にサーフをメインとし、大型青物やシーバスの釣果をあげられるよう日々思考錯誤しています。

【釣りに対する想い】

幼少期は稽古に励み、学生時代は勉学と部活動、社会に出てからは仕事で朝から深夜まで働きづめ...周りの人から求められてきたことに、なんとか応えようと必死でした。

しかし、何か違いました。

過去を振り返ると、周りの求めがエスカレートするばかりで、自分自身はむしろ、心が荒む一方。自分の身体は、違和感を抱き続けていました。

"自分が楽しいと感じること、好きなことって、何だろう...。"

色々探しました。でも、20代までは、何も見つけられませんでした。

30代となり、人生のターニングポイントに差し掛かった時、ひょんなことから、釣りに出会いました。

【会社の後輩に連れられて...】

僕はもともと、海が大嫌いな人間でした。

海の近くで生まれ育ったものの、幼い頃に唇に針が刺さったり、海辺で遊ぼうとすれば、クラゲに刺されたり...中学の時のマラソン大会は、砂浜5km...辛い思い出しかなかったです。

月日がたって、自分の年齢も31。ある日、会社の後輩に誘われて、御前崎でサビキというものを教えてもらいました。

11時くらいに到着しましたが、何時間やっても1匹もかからず...やっぱりつまらんと帰る支度をしていると...

夕マズメになり、後輩が小さな港の岸壁から糸を垂らしていると、突然コサバがたくさんかかりました。慌てて自分もやらせてもらうと、面白いくらい釣れました。

それが、2019.06.01。物凄く感動しました。

その後、1回だけ、地元のポイントで、サンマの切り身を餌にした"穴釣り"を教えてもらい、1匹のカサゴを釣らせてもらえて...根に潜ろうとする力強い引きと、竿のしなり、手に伝わる生命感...スイッチが入りました。

【いつの間にか、タックルを揃えていた】
2019.07.10。ソルトルアーデビュー。

週末釣行を基本に半年ほど経過し、数は少ないですが、

オオモンハタ(25cm)
10gメタルジグ

カマス(25cm)
ジグパラスロー(ブルピン20g)

タチウオ(F3.5)
パワーシャッド(グロー#5)

ペンペン(40cm)
ギャロップアシストロングキャスト(ブルピン30g)

ワカナゴ(35cm)
コアマンVJ16(ハゼカラー)

オキザヨリ(94cm)
ビックバッカースライドスティック(コットンキャンディ60g)

ショゴ(36cm)
ジグパラスロー(ゼブライワシ30g)

メッキ(15cm)
ジグパラスロー(ゼブライワシ30g)

マゴチ(30cm)
コアマンVJ-16(ハゼカラー)

シーバス(63cm)
拾ったルアー(リップレスミノー)

サゴシ(55cm)
ジグパラスロー(ピンクゼブラグロー40g)

ヒラメ(50cm/41cm)
拾ったルアー(リップレスミノー)

など、小さいですが、色々な魚と出会うことができました(*^^*)

【2020年の目標】

年間釣行回数100日以上
ブリ90overを外海で釣る
サワラ・ヒラメ・シーバス80over
F5以上のタチウオを釣る

そのために、通うエリアを絞り、様々なポイントに立ち、観察力、思考力、知識、天候、地形、潮の流れ、海底のイメージ、魚の動きや活性の予測、キャスト飛距離、キャスト精度、ルアー選択、などあらゆるスキルを上げていきたい。

1投1投、考える戦略的な釣りが出来るよう、練習しています。

【今まで出会った凄腕アングラーの名言】

"周りが釣れてから投げるのは遅い。自分が先に釣り上げてみせるという気持ちでいけ"

"釣りって呼吸と一緒。海に通う習慣を付けて、初めて海のことがわかってくる。魚の気持ちになって挑むこと"

釣りに出会ってよかったです✨