釣果投稿数 累計300万件 突破
”釣れた”が集まる
アングラーズ

今すぐアプリを
ダウンロード

最近釣れた釣船・船宿

アングラーズマガジン

【熊本県上天草市】釣り大会×クリーンイベントが釣り場の未来を救う
2022年05月28日 その他、挨拶等
【熊本県上天草市】釣り大会×クリーンイベントが釣り場の未来を救う
皆様、こんにちは! 上天草市ブルーツーリズム推進委員会(以下、BT推進委員会)のMiyoです。今回、アングラーズさんと大会を行いました。そこで、少しでも私達の活動を知ってもらえたらと思い、このマガジンを書くことになりました。どうぞ宜しくお願いします! ちなみに私達【BT推進委員会】の会長は、下記の写真の中央にいる山下一美船長です。(笑)この写真は、クリーンイベント開催当日の一枚ですが、相当気合いが漲っていますね♪インパクトのある強烈な写真となっています。また、残念ながら私はここには写っていません。※この時、私はカメラマンでした。 もくじ 上天草と全国を繋ぐ 〜釣り場の未来を考える大会〜 残念すぎる釣り人のイメージ… その解決策とは!? アングラーズ初のリアルイベント!? クリーンイベント開催!! 一筋縄ではいかない…。でも、みんなで協力をすれば!! 釣り人は団体行動に長けている!? 40分間のクリーンイベント、とんでもない結果に!? サンクスムービー 最後に 上天草と全国を繋ぐ 〜釣り場の未来を考える大会〜 みなさん! 僕らBT推進委員会が企画した大会イベント 【上天草と全国を繋ぐ】〜釣り場の未来を考える大会〜は、楽しんでいただけていますか? えっ! まだっ!?それはもったいないっ!!(汗) 有名釣り具メーカーや企業団体さんから協賛いただいているこの大会は、その協賛メーカーはなんと30社以上となっています! その結果、大会賞品はルアーやロッド、ライフジャケットなどまさに豪華絢爛、総勢100名以上の方に賞品が用意されている超ビッグイベントとなりました! そうとわかれば、みなさん今すぐエントリー! エントリー!! エントリーする 残念すぎる釣り人のイメージ… その解決策とは!? 今大会のイベントコンセプトは、こちらになります。 〜これから先の未来でもっとその場所で釣りを楽しめるように、私たち釣り人ができること〜 みなさん、近年釣り禁止になる場所が増えているとは思いませんか? 禁止になる理由は様々ですが、その一つとして多くあげられるのが「ゴミ問題」です。 水辺で遊ばせてもらっている、我々釣り人にとって周りの人から「お前らがゴミを捨ててる!」と言われるのは心外です。ただ、残念ですが一部の釣り人がゴミを捨てているのも確かです。 実際に悪い行いの方が、目につきますよね。 このまま何もしなければ、釣り場は減る一方です。そんな釣り場のゴミ問題の改善と、釣り人へのマイナスイメージを払拭するために考えられたのが、ゴミ拾いをミッションに入れた今回の大会です! 釣り場の未来を考える大会は、釣り人みんなでゴミを拾って、釣り場を守るぞ!!おーっ!!ということが目的です。 アングラーズ初のリアルイベント!? クリーンイベント開催!! 2022年5月15日に、今回の大会のミッションの一つとして、熊本県上天草市の鳩之釜漁港にてクリーンイベントを行いました。 リアルイベントの為、参加人数はあまり期待出来なかったですが、実際のところは少なくありませんでした! なんと50名近い参加者が駆けつけてくれました!みなさん、意識が高い!なかには、今回の大会のことは知らずにクリーンイベントの開催を知り来てくださった方もいて本当に嬉しかったです。 今回、BT推進委員会オリジナルステッカーや、オリジナル糸くずワインダーを50名分用意していたのですが、まさかほとんど配ることになりました。本当に足りてよかった…(焦) 一筋縄ではいかない…。でも、みんなで協力をすれば!! こちらが今回のクリーンイベントのターゲットです。 イベントでは、このゴミ達を拾っていきます。 例えば、上記の写真のようなテトラポットのゴミは手では届かないので、隙間の中に入る必要があります。中に入れば、身動きはほとんど取れずゴミを持ち出すのは至難の技です。 そんなテトラポットには空き缶、ビニール、ロープなど多種多様なゴミ達が引っかかっています。 そこで、クリーンイベントでは多種多様なゴミ達を各々で拾っていくのではなく、役割分担してみんなで協力して作業することにしました。 役割は テトラからゴミを拾いカゴに入れる係 カゴを引き上げて運ぶ係 運ばれたゴミを仕分けする係 これら3つの役割に分かれて作業することに!そうと決まればクリーン作戦開始〜!! 釣り人は、団体行動に長けている!? 当日のクリーンイベントの活動の様子を見ていただきましたが、すごくないですか!? 写真でもわかるこの連携力!!初めて顔を合わせる人たちとは思えないですよね!? 個人的には、「自分の役割は?」とか「スタッフで一連の流れを見せてほしい」などの質問や要望があるのではないか、と考えていたのですが杞憂でした。 これは私の見解ですが、釣り人は普段見えない水の中を想像して、『どうしたら魚が釣れるのか』を考えながら釣りをしています。その超難解な「釣り」で鍛え抜かれた想像力と行動力が、皆まで言わずとも、ゴミを拾うために自分が何をすべきかを容易に分かってしまうのでしょう。 その結果、今回のような凄まじき連携力が生まれたのだと思います。 普段は個人プレイの釣り人ですが、実は団体行動に物凄く長けているのかもしれません。(あれっ待てよ…。そこまで想像できていなかった私は、釣り人としてまだまだということなのでは…!?) 40分間のクリーンイベント、とんでもない結果に!? テトラポットのクリーン作戦…想像以上に重労働でした。(汗) 40分間と聞くと「短い」と思われるかもしれません。私も当初“短い”と感じておりました。 しかし、テトラの中は体勢も辛く、足場の悪いテトラポットで安全に作業するには40分で良かったとも感じました。そんな短く感じる40分間ですが、結果はご覧の通り! ゴミ袋(大)79袋 + タイヤ等大型ゴミ 約1.5㎡分。およそ3,000リットルのゴミをこの短時間に回収することができました。やはり、釣り人の連携力は凄まじい!! サンクスムービー 主催であるBT推進委員会メンバーがクリーンイベントを通して皆さんにメッセージを送っています。 30秒程度で観ることのできる動画になりますので、一度ご覧いただけますと幸いです。 最後に クリーンイベントに参加してくださったみなさま、本当にお疲れ様でした! また、ここまで読んでいただいた皆さんもありがとうございます! 今回のテトラポットでのクリーンイベントは、消防施設から5分圏内にある漁港であり、専門資格を取得したスタッフを配置したりなど安全面に配慮して行われています。このマガジンや動画を見て、単独でのテトラポットの清掃は大変危険ですのでおやめください。 また、タイヤやテレビ、漁具など、クリーンセンターでは受け入れてもらえない物には処分費用を伴うものもあります。もし同じようなイベントを行う際は、当該地区を担当する自治体等の窓口に事前に確認や相談を行ってみてください。 今回の場合では、上天草市役所 環境衛生課に相談のうえ適切に処分しました。 みなさんも無理せず、自分の可能な範囲で釣り場をきれいに守っていただけたら幸いです。 #{snippet[41]}
釣りに最適! 最新トレッキングシューズ「SABER(セイバー)」を履いてみた!!
2022年04月29日 その他、挨拶等
釣りに最適! 最新トレッキングシューズ「SABER(セイバー)」を履いてみた!!
皆様、こんにちは! 「三度の飯より釣りが好き」猛流(たける)です^^ この度、アウトドア用品メーカーであるコロンビアから 最新型トレッキングシューズ、 『SABER V MID OUTDRY(セイバー ファイブ ミッド アウトドライ』 が釣りというジャンルにどれだけ適しているのかということを検証した上で、レビューマガジンの執筆依頼をいただきました! 私自身、普段から渓流・磯・テトラなど各種フィールドでかなりハードに釣りをしていますのでこれを機会に色々と試してみました。 ぜひ最後までご覧ください^^ もくじ SABERとは?? 第一印象と気になる点 履き心地と防水性はいかに? 各フィールドでの使用感について 結論&要望 スペシャルムービー おわりに SABERとは?? コロンビア製品のラインナップとして「SABER」は、 「グリップ性・クッション性・快適性・防水性」 などを武器に発売当初から根強い人気のあるトレッキングシューズです。 また、従来型のアウトドアシューズというのは、外層であるアッパーの内側に、防水透湿を施した内層の2層構造で成形されているところ、その外層と内層を一体化させるコロンビア社独自のテクノロジー、 『OUTDRY』 技術により、2層の隙間を無くし、透湿機能の低下等を防ぐなどコロンビアの技術を惜しみなく搭載したシューズがこの「SABERシリーズ」になります。 そして、今回このシリーズが更なる進化を遂げ、新製品として発売されたのが、 『SABER V MID OUTDRY(セイバー ファイブ ミッド アウトドライ』 (※以下、SABERと表記) です。 「SABER 第5世代」といったところでしょうか。 これまでのSABERも機能性として申し分ないシューズでしたが、今回さらに「軽量化・クッション性・耐久性・グリップ性・通気性」などの機能性を進化させているとのことです^ ^ 読んでいるだけで“ワクワクドキドキ“が止まりませんね!www SABERの詳細を見る 第一印象と気になる点 さあ!届きました!早速見ていきましょう^^ まずは第一印象を率直に言いますと カッコよすぎ! 軽! ですw 私のアウトドアシューズへの印象は、ハードな条件から足を守るため 「分厚く、そして硬く、結果見た目はゴツく、重い」 というものでした。 しかし、驚いたことに、このシューズは私のこれまでの先入観を払拭してくれました^^ 触った感じでは「厚めで詰まっているなあ、この靴」でしたが、実際手に持ってみるととても軽く、ほんとスタイリッシュでクールなハイカットシューズでした! それでは、どんどん見ていきましょう! まずデザインからか「THE トレッキングシューズ」という感じで存在感があります^^ それでいてスタイリッシュ!!! (※本当に驚いたポイントなので2回言いますねw) 通気性向上のため、メッシュ部分が多い印象です。 今回、テクノロジーの一つとして浸水ゼロ・隙間ゼロが挙げられています。 一体どの状態まで水に浸かると浸水するのかとても気になりますよね! 検証が楽しみです^^ おっと!ここで、ヒール部分には嬉しいポイントが^^ プルストラップが皮ではなく、紐だということ! これは指をかけやすくて良いですね d(^_^o) さらにトゥガードにも釣り人にとって嬉しいポイントが! 丈夫なガードで広範囲に、そしてしっかりと縫い合わされていることです^^ ここは釣りをしていると岩肌や急勾配な山道で損傷が激しく、経年劣化でよく剥がれ、ボロボロに なる靴が大半なのですが、これは期待できますね^^ 加えて、ここで気になるのは、トゥガードとアウトソールの接着面がどれだけ丈夫かということですね! これも今後確認していきたいと思います♪ 次にアウトソールです。 まず特殊な形状をしていることが目につきます。 今回、この形状にしたことによりグリップ力が増しているとのことです^^ 釣り人にとっても「グリップ力」は非常に大切!時として命に関わりますからね・・・。 このポイントについてもしっかりと確認していきたいと思います。 そしてインソールです。ここにも気になるポイントが!そう!無数の穴ですねw 通気性向上のためですかね??? 外側からは目につかないところにもこのような配慮が・・・。 かなりこだわっていることが分かりますね! それでは、使用感の話をしていきたいと思います^^ 履き心地と防水性はいかに? 早速履いてみました! すると・・・ 『履いたらわかる、優しいやつやぁ〜w』 どういうことかと言いますと、履いた途端、足が包み込まれる感覚に! 内部をクッション性の高い素材で厚く構成しているから非常にソフトなんです^^ そして少し歩いてみると、さらに判りました。 そのクッション性能のレベルの高さに・・・。 柔らかくも芯のあるクッションが厚く、しかし厚いと言いつつも歩きやすさを損なうことはない程 度。むしろ「負担を軽減してくれるぞ!」と思わせるような履き心地の良いクッション性能でした。 従来のフィッシングシューズは足場の悪いフィールドで足首を固定し、怪我の防止を重視してい るため、それになりに硬いシューズであるという印象でした。 SABERはそもそも「トレッキング」を大前提に作られているため、歩きやすさはもちろんのこと足場の悪いフィールドでも足首を守りつつ、何よりも負担軽減に繋がるという釣り人にとってまさに『夢の靴』ではないかと感じました^^ そして『防水性』 ソルトアングラーは突然の波で下半身を水浸しにすることはしばしば?w 実際軽く波を受けてみましたが、メッシュ部分に多少水がかかっても浸水をすることはなく、しっかりと靴の表面で水を弾いていました。(※防水性能GOOD d(^_^o)) これについては、さらに検証していきます^^ 各フィールドでの使用感について 【防波堤 編】 防波堤では、グリップ性能よりもクッション性能の恩恵を大いに受けました。 釣りをしている最中は気がつきませんが、棒立ちの疲労は後できますw しかし、素晴らしいクッション性能により普段よりも疲労は軽減されているという印象を受けました。 【消波ブロック 編】 釣りではお馴染みの消波ブロック!絶好ポイントでありアクセスも容易ですが、危険と隣り合わせのポイント。 ここでは「グリップ力」のあるなしで安全性が大きく変わります。 この靴、かなりレベルの高いグリップ力ですよ。 斜めになった消波ブロックでもアウトソールがしっかりとコンクリートや岩を噛み、安心して移動することができました。 しかし、油断は禁物です!!! 中には海苔や苔類がびっしりのブロックが存在します。 これを例えるなら、『真冬早朝のアイスバーン』です。このような場所はもう何を履いていても高確率で滑ります。 何事も過信はダメということですね お気をつけください! 【サーフ 編】 全くもって何の不満もございません。 かなり歩いてみましたが、泥状の場所でもアウトソールに砂泥がへばりつくこともなければ、暑く て蒸し蒸しすることありませんでした^^ 履き続けても「軽さ」や「透湿性」は維持できているものと感じました^^ 【磯 編】 多種多様の形状をした磯場。 滑りやすい岩場や尖った岩など磯という名の顔は様々です。 しかし、ソフトでグリップ力のあるこのアウトソールは、どの形状の岩肌にも形を合わせるかの如 く、はまり込み、そして噛み掴む事により素晴らしいグリップ力で安心して岩場を歩くことができました。 また今回、磯場をかなり歩きましたが、優れたクッション性により、足の「疲労・負荷」は確実に軽 減されていることを感じました! ただ、グリップ面で冒頭でもお話したとおり、海苔や海藻などには十分お気をつけください。 (※ここでは常に滑るという意識が1番の『安全と安心』になります) 【渓流 編】 渓流釣りって本当は専用ソール(フェルト)のシューズがあるんです。 水の中にある苔付きの丸々とした岩石の上を歩き続けることがメインとなるので・・・。 しかしここは、SABERの『グリップ性能』と『防水性能』を検証するためには打って付けのポイント であることは間違いない!と思いましたので試してみました^^ 流石でしたwww 焦らず慎重に歩けば滑ることは少なく、不安定な足場を長い距離歩いてもやっぱりクッション性が一役買い、かなりの負担軽減に繋がりました。 また、気になっていた防水性能についても、本当に驚きました! ここまで水に長時間浸からないと侵入はしてこないという事実^^ メッシュといえど防水性はかなりのものですよ!! ただ1点! やはり海と同じく、川でも苔類や倒木など、滑りやすい場所には十分注意が必要です。 常に水に濡れ、そこに生えた薄い苔はアイスバーンですwww 滑る時は何を履いていても滑ります。過信は禁物ですね! 【オフショア(船釣り) 編】 ボート上で気にかけるポイントは、濡れたデッキ(甲板)です。相性が悪いとスケートリンクの如くよく滑ります。 オフショア用サンダルもアウトソールはデッキ専用形状になっているほどです・・・。 しかしSABERは、もちろん滑りませんよね^^ 青物の引きや船独特の揺れに耐えるため踏ん張りますが、変わらぬグリップ力! そして何よりも嬉しかったことは、防水性能の良さ! 船の上ってほんと海水だだ被りになるんです・・・トホホ お陰様で、こんな丸々したブリが釣れたり 自記記録でもあり、遊漁船の記録をも塗り替える105センチ、10.2キロのビッグヒラマサを快適に安全にゲットすることができました^^ 結論&要望 【結論】 「クッション性・防水性・グリップ性・透湿性・快適性・耐久性」は申し分ない 性能抜群で見た目良し「普段使い可」「釣り使い可」の二刀流となる 歩くことを楽しいと思わせるアイテムである 海川問わず苔類や海藻類に十分注意すれば問題なし ¥13,970(税込)で「安全」と「快適」を両立できていることはかなりお得である 以上から『SABER V MID OUTDRY』は釣りで・・・使える!^^ という結論に至りました。 SABERの詳細を見る 【要望】 この性能を生かしたまま、釣り専用SABERを作って欲しい! 「釣り専用」の意味は、スパイク付きやフェルト付きというものでして、釣りをする上で安 全面を確保するためには、やはりピン(磯場必須)やフェルト(渓流や磯(※苔類が豊富な場所 で必須)など必ず必要な場所があるんです! しかし、SABERほど「快適」なフィッシングシューズは経験したことがないんですよね^^ 是非ともこの性能を生かしたまま、複数のソールパターンがある「フィッシングシューズ」の開発をお願いしたいところですww スペシャルムービー 色んな釣り場で『SABER V』が活躍することをイメージしてもらうために、ショートムービーを作成しました。 2分程度で観られる動画になりますので、一度ご覧ください。 おわりに 最後までご覧いただきありがとうございました^^ 結果、『SABER』は釣りに十分に使えるということで、特に私個人としては、長距離をラン&ガ ンするアングラーには最高の相棒になるのではないかなぁと感じました。 SABERの詳細を見る 実際、Basser Allstar Classicでたくさんのプロが使用しているとのことですよ^^ 最後になりますが、この度、コロンビア社には大変貴重な機会をいただきましたこと、本紙面をお借りして御礼申し上げます m(_ _)m 今後も皆様に最高のフィッシングライフが訪れることを祈念いたしまして終わりの挨拶とさせてい ただきます。 それではまたの機会に٩( ᐛ )و 【フィッシングライフはSABERとともに】 #{snippet[5]}
【運営よりご連絡】マガジンの今後について
2022年03月31日 その他、挨拶等
【運営よりご連絡】マガジンの今後について
みなさんこんにちは、アングラーズマガジン運営事務局です。日頃のアングラーズのご愛顧のほど、あらためて御礼申し上げます。 今回は皆様に、マガジンの今後についてのご報告をします。お手隙の際にご覧になっていただけると幸いです。 もくじ 記事アップ方法の変更 過去の人気記事について 今後について 最後に 記事アップ方法の変更 アングラーズマガジンは、2020年の5月からマガジンコンテンツの拡充に勤めて参りました。 これまでに掲載された記事は594本、内容もアングラーズアプリの機能紹介といったものから、タックル、魚種、釣り方、釣行記、ばかりでなく、釣りに関する話題を網羅すべく取り組んで来ました。 そして突然のご連絡とはなってしまいますが、原則として行なっていた1日1本の記事のアップを、本日を持ちまして一旦ストップさせていただきます。また、いつまでストップするかは未定となっております。 理由としては、当マガジンコンテンツの大規模リニューアルを控えており、運営体制を見直すためです。 とはいえ、マガジンコンテンツは今後も残っていく予定です。毎日の更新がしばらく止まる、とご理解くださるとよろしいかと思います。 過去の人気記事について 蛇足かもしれませんが、過去のマガジンについて少しまとめてみようと思います。 過去の人気記事について、閲覧数上位5選をご紹介します。 1.釣り禁止エリアが増えている件について〜大瀬崎まで釣り禁止になりました〜 2.フックのサイズ表記ってこんな言い方だったって知ってました? 3.FGノットは道具なしで出来たほうが良い。 4.【エギング】2021年 各メーカー注目の最新エギをまとめてみた。 5.とりあえずこのノットは覚えよう!〜漁師結び〜 こうした順番でした。ご興味お持ちいただけましたら、ご覧になってみて下さい。 昨今、釣り禁止エリアが増えております。以前よりアングラーズとしても問題意識を持ち、都度、警鐘を鳴らすのみならず、釣りが出来るエリアの清掃活動支援などに取り組んでおりました。 しかし状況は悪くなる一方。。。今後はマガジン以外でも環境保全に尽力できるようなコンテンツ作りや、活動を増やしていきたいと考えています。 今後について 当マガジンですが、1.毎日更新は一旦ストップ、2.記事自体は残る、とお伝えしました。 「今後どうなるのですか?」という疑問もあるかと思います。現状で想定しているのは「ユーザー参加型」のコンテンツ作成を考えています。 これまでは総勢20名を超える協力ライター陣により作成された記事の配信でしたが、これを双方向型で記事配信が可能になるメソッドを考えています。 参照:MDNデザイン リニューアル後のマガジンについては鋭意企画中です。のんびりお待ちいただければと思います。リニューアル後のマガジンについては鋭意企画中です。のんびりお待ちいただければと思います。 最後に また、最後になりましたが、これまでの毎日更新コンテンツを楽しんでいただけていた、読者の皆様にまずはお礼申し上げます。本当にありがとうございました。 内容の不備や、不具合について、優しいご意見をお聞かせ頂けたことには深く感謝申し上げる次第です。重ねてお礼申し上げます。 次に、これまでご協力頂いたライター陣の皆様、ご多忙の中、時間を割いて頂き、記事作成を行なって下さいまして本当にありがとうございます。 ライターの皆様が今後も釣りをお続けになって、何らかの形で釣りの楽しさを世界に伝えていってくださると幸いです。 それでは、毎日更新は一旦ストップしますが、ユーザーの皆様におかれましては、今後もアングラーズにご愛顧賜れますよう、お願いいたします。 #{snippet[34]}
【ロックゲーム】お手軽ロックフィッシュVol.7〜ソイ編〜
2022年03月30日 魚種や釣り方
【ロックゲーム】お手軽ロックフィッシュVol.7〜ソイ編〜
皆様、こんにちは!《釣って楽しい&食べて美味しい》が釣りモットー!ゆきえもんです٩( 'ω' )و 前回はショアから狙えるアイナメのお話をさせて頂きました。 この度のピックアップは、「ソイ」です。岩場の「已己巳己(いこみき)」と名付けております。 今回もどうぞ最後までお付き合い下さいませ(^^) (※)本記事では成魚で30cm前後の魚種をライトロックフィッシュとしてご紹介致します。対義はヘビーロックフィッシュとし、概ね50cm~オーバーの魚種としてご紹介致します。 もくじ ソイという魚 ソイの生態 ソイの旬 ソイの狙い方 まとめ ソイという魚 今回のピックアップは【ソイ(曽以・曹以・磯魚)】です。 日本各地に生息が確認出来ますが、比較的寒い地域に多く見られます。 ・最大30~60cm程に成長する ・根魚の中でも引きがトップクラス ・日中でも比較的狙いやすい ソイと一口に言っても多様な種類が存在していますが、上記三点はどの種類であっても共通しているようです。(*'ω'*) 成長速度は根魚故の緩やかなスピードですが寿命は長く、カサゴやメバルよりも大型に成長します。 その強烈な引きを楽しみたいアングラーが数多い人気者です。 メバル以上の耐寒性を備えており、冬釣りでは主に北海道や三陸で盛り上がります。 また、少し南の、茨城県や福島県、北陸から山陰、あるいは九州の一部地域等の寒冷地で釣果が見られます。 ソイの生態 ソイは主に10℃~17℃程度、メバルやアイナメ同様に15℃前後の低水温が適正水温とされます。 夏場の20℃近い水温の時は、酸素量が多い河口周りや深場に移動します。 ちなみに、ソイという名前は「磯魚(いそうお)」が由来でこの呼び名が転じたとされる説もありロックフィッシュの名に相応しい由来となっています。 そんなソイですが由来となった磯も含め、ゴロタ場や堤防の際などの障害物が多く潮流から外れたポイントに住みつくことが多いです。 泳ぎが苦手な上に、縄張り意識が極めて強い為に陣取れるポイントに住みつくのです。 そして自分のテリトリー内に入った魚にタアタックする獰猛さを持っています。 また、面白いのが、ソイは非常に新しいもの好きという事。 消波ブロックやテトラポットなど、新設された人工物に我先にと住みつく性質があるのです。 これは一説によると極めて強い縄張り意識ゆえに、素早く場所を確保しようとする行動からそのように見えるのだそうです。 新しいもの好きな魚なんて、ミーハーな子もいるのですね。(笑) 基本的に夜行性の為、マズメ時に狙うのがポイントですが高活性時には幅広いレンジにいます。 日中であれば以下の内容を押さえると、狙いが絞れるのでオススメですよ。(^^) ①水底のブロック帯などの太陽光から身を隠せる場所 ②潮通しが良い ③ただし、潮流が直撃しない場所(岩場の陰など) ちなみに、大型は日中の方が釣れる場合もあるとの説も。 大型個体については、前回の記事で捕食率に注目して「夕マズメ以降の活動」と考えました。 ただし「ハイシーズンに見られる高活性」=通称「荒食い」時は夜に限らずその前(昼過ぎ)から早めの活動をしているのかもしれません。 私、ゆきえもんの経験から比較出来そうな魚種(カサゴ)で調べて見た結果「秋」と「春」の「昼~夕マズメ」時に釣れた個体が20cm前後が多かった為、この説は個人的にアリかと思います。 皆様も是非、ポイントを探りながら季節や時間帯によるサイズの違いも比較してみてくださいね。(*`・ω・´) ソイの旬 さて、そんなソイですが1年を通して味に違いが出にくいとされています。 これは、上記の縄張り意識の強さから一定の場所に居座り続ける為に肉質に影響を及ぼす程の食生活の変化が無いからとされます。 それでも、繁殖期には産仔前に備えて脂がのりますので 美味しい時期を定石通りに狙うならば水温が冷えはじめる10月下旬・11月上旬から3月下旬頃までが狙い目でしょう。 ちなみに、味の評価はメバルやカサゴに比べると賛否が分かれていました。(特にムラソイ。) しかし、さすが北の鯛ことクロソイは人気でした。 平成14年に室蘭市の市の魚に制定されていますので、一度本場のクロソイを食べてみたいものですね。(*'ω'*) 【室蘭市公式ホームページ】より 室蘭市の木・鳥・花・魚 ソイの狙い方 では、早速ソイの狙い方ですが オススメの釣法・お手軽に狙える釣り方【ビフテキリグ】をご紹介致します。(^^) タックル まずはタックルです。 ゆきえもんの持つタックルですと、このような構成になります。 ロッド→Major Craft SOLPARA SPX-S682AJ リール→DAIWA レガリス LT2000S ライン→TORAY ソルトライン SuperLight フロロ1.2lb(0.3号) ※ラインのみ0.3が無かった為、参考までに同シリーズの2lb(0.5号)を紹介いたします。 ソイのポイント 次に、時間や場所についてまとめます。 When …昼・夕マズメ~夜 Where …潮通しの良い堤防・底にテトラポット等の障害物があり日陰が出来ている場所 What …ビーンズシンカー:5g~7g オフセットフック&ワーム Why …明るい時間帯で水底のストラクチャーを把握し、ソイが好みそうなポイントを探る為 How …アジングロッド/6.5~7フィートリール2000番~3500番 タックルは機動性に特化した組み合わせです。 縄張り意識が強いが故に、その縄張りを探すのがソイ釣りのポイントです。 ビフテキについて 一方、タックルを軽量化すると、弱点として広域を探れないという点がありますがこの弱点を補えるのがビフテキリグなのです。 ビフテキリグと、なんとも美味しそうな名称ですが、正式には「ビー・フリー・テキサス」リグの略です。 ビーンズシンカーという中通しオモリのようなシンカーを取り付けることで 「飛距離アップ」 「垂直フォール」 「自由度の高いアクション」 アングラーの希望を限りなく乗せられるリグなのです。ᐠ( ᐛ )ᐟᐠ( ᐖ )ᐟイェイ 釣り方 そして釣り方です。 先述の「潮通しが良い、ただし潮流が直撃しない場所」を日中に探します。 潮の様子は日によって変わりますので、慣れているポイントでも明るいうちにチェックしておきましょう。 日の高い内はボトムを中心に探ります。 ビフテキリグのアクションは大きく3パターンで 「ズル引き」 「ボトムバンピング」 「リフト&フォール」 この3アクションを使って、ソイへアピールします。 アピールに気づいたソイはワームに対して果敢に寄ってきますので、竿先が沈んだ瞬間に合わせましょう。また、ワームサイズとフックサイズの適正バランスも重要です。 ソイは基本丸のみスタイルです。「来た!」と感じたら迷わずフッキングするのがポイントです。ᕙ( ˙꒳˙ )ᕗ まとめ いかがでしたでしょうか? ゆきえもんのフィールドではなかなかお目にかかれないソイですが、やはり釣りたいロックフィッシュの1種です。 参照:写真AC いざファイトになった時に釣りあげられるように、日々私も精進いたします。(*`・ω・´) ぜひ応援お願いいたします。 それでは、ゆきえもんでした( * ^ ^)ノシ #{snippet[22]}

最近釣れたロッド

最近釣れたリール

最近釣れたライン

大会イベント

協賛メーカー多数!無料参加して賞品ゲット!

【イシグロ】バスダービー2022 春
  • 2022年04月22日 〜 07月03日
  • 開催中!
【Viva】ビバ鯰CUP 2022
  • 2022年07月02日 〜 07月31日
  • 直近開催!
【陸王オープン】Aブロック
  • 2022年07月09日 〜 07月10日
  • 直近開催!

運営からのお知らせ

2022年4月16日より釣船・船宿検索サービスを正式リリース
2022年04月16日
2022年4月16日より釣船・船宿検索サービスを正式リリース
釣船・船宿検索サービスとは「釣船・船宿サービス」は釣りSNSアングラーズの釣果を投稿する特性を活かし、釣果から船宿を検索することができるのが最大の特徴です。・複数の船の釣果を比較して「今・どこで・何が釣れているか」を知りたい乗船客・乗船客からの釣果写真が自動で集まって欲しい釣船・船宿経営者両方の視点からの要望を叶えるサービスです。釣船・船宿経営者様に嬉しい三つの「無料」1.釣船・船宿ページの掲載料「無料」2.アングラーズアカウントを作成し公式アカウントとして運用「無料」3.アングラーズ経由で電話予約が入っても「予約手数料無料」 釣船・船宿検索サービスの主なサービス1.都道府県/魚種別に釣船・船宿の検索2.投稿する釣果に乗船した船宿を紐付けし各釣船・船宿ページに一覧表示3.掲載されている釣船・船宿の経営者による釣果投稿4.気になる船宿のフォロー機能(参考URL:https://anglers.jp/ships)株式会社アングラーズについて  「釣りで人生を豊かに」をビジョンに掲げ、釣り人が共有し、繋がり、学び、購入する環境をつくっています。釣り専用SNSとして、釣り場の検索や釣り人同士のコミュニケーションが円滑に進む場所をつくり、釣り人が釣りにより熱中しその熱量を伝播する環境を実現します。  【本件に関する釣船・船宿関係者様からのお問合せ先】釣船・船宿のページ掲載追加についてのご連絡、公式アカウントの追加のご連絡アングラーズにページを新規掲載されたい、または公式アカウントとして運用されたい釣船・船宿様を募集しております。株式会社アングラーズアングラーズ釣船・船宿運営事務局メールアドレス:ships@anglers.jp
アングラーズが前澤ファンドから資金調達を実施|事業加速とエンジニア採用強化に投資
2022年04月15日
アングラーズが前澤ファンドから資金調達を実施|事業加速とエンジニア採用強化に投資
アングラーズは、「釣りで人生を豊かに」をビジョンに、釣り人が共有し、繋がり、学び、購入する環境をつくっています。釣り専用SNSとして、釣り場の検索や釣り人同士のコミュニケーションが円滑に進む場所をつくり、釣り人が釣りにより熱中しその熱量を伝播する環境の実現を目指します。 今回調達した資金により、ANGLERS公認の釣り人“アングラーズマイスター”の拡大、アプリやウェブの品質改善、釣り業界を盛り上げるための新しい事業展開、エンジニア採用強化等に投資を行います。 ■ 前澤 友作 / 前澤ファンド 代表コメントZOZO時代に体験したWEAR急成長の感触を、当社ANGLERSでも感じております。趣味特化型SNSの大きな可能性に期待すると同時に、「趣味を仕事に」できる人が増える社会を想像したりしています。 ■ 若槻 嘉亮 / アングラーズ 代表コメントアングラーズは第二創業期を迎え、さらなる事業拡大と企業成長に向けて挑戦しています。アプリとウェブの利用者数も釣り業界では国内最大級となり、毎月約150万人以上の釣り人に利用いただいております。 この度、既存投資家である前澤ファンド様にお力添えをいただき、心より感謝申し上げます。釣り人がより一層釣りを楽しむための仕組み作りとサービス展開を強化し、釣り業界をさらに盛り上げていければと思っております。 ■ デジタルの力で釣り業界を盛り上げる、エンジニア募集中!アングラーズでは、事業成長にともない一緒に挑戦する仲間を募集しています。―・フロントエンド・バックエンドエンジニア・モバイルアプリエンジニア・プロダクトデザイナー・総合職(マネージャー候補)―ご興味のある方は、お気軽にご連絡いただければ幸いです!https://corp.anglers.jp/recruit ■ 株式会社アングラーズについて月間150万人以上が利用する国内最大級の釣りSNS「ANGLERS」を運営。「釣りで人生を豊かに」をビジョンに、釣り人が共有し、繋がり、学び、購入する環境をつくっています。釣り専用SNSでは、釣り場の検索や釣り人同士のコミュニケーションが円滑に進む場所をつくり、釣り人が釣りにより熱中しその熱量を伝播する環境を実現します。商号:株式会社アングラーズ所在地:東京都町田市原町田6-9-8アエタ町田4階設立:2012年10月代表者:若槻嘉亮資本金:814,535,694円(資本準備金含む)事業内容: 釣り専用SNS「ANGLERS」の企画・開発・運営、その他関連事業URL: https://corp.anglers.jp/釣り専用SNS「ANGLERS」https://anglers.jp/プレスリリース掲載https://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=19379&release_id=23&owner=1

アプリで
釣果・釣り場を
サクサク検索。
記録もできる。

今すぐアプリを
ダウンロード