つり環境ビジョンコンセプトに基づく LOVE BLUE事業

2020年03月31日

皆さん、釣具のパッケージやフィッシングショー、釣具店でこんな魚マークを見たことありませんか?



おそらく多くの人が見たことがあるマークだと思います!
では、このマークの意味は知っていますか?


この「魚のマーク」は、日本釣用品工業会が取り組んでいるLOVE BLUE事業のマークです。

釣り人が購入する道具のパッケージで目にするこの「魚のマーク」によって、

  • 水辺をきれいにしたり
  • 魚を放流したり
  • 釣り場を拡大したり
など、釣り人みんなで実は水辺の環境を守っているのです。

「釣りで自然を汚さない」から「釣りが自然を再生させる一助になる」ように環境への意識をさらに高めるこの「LOVE BLUE」事業に、株式会社アングラーズは賛同しております。


下記の2つの動画は、LOVE BLUEのコンセプト動画(それぞれ30秒の動画)ですので、みなさんもぜひご閲覧頂き、水辺の環境保全について改めて意識頂けたら幸いです!


■ 釣り環境ビジョンコンセプトに基づくLOVE BLUE事業(釣り人へ)


■ 釣り環境ビジョンコンセプトに基づくLOVE BLUE事業(美しい自然を次の世代へ)


■ LOVE BLUEについて

https://www.loveblue.jp/

引き続き、アングラーズをどうぞ宜しくお願い致します。

釣果記録アングラーズ

どこで何が釣れている!
がわかる釣果記録アプリ