アカエイが釣れる釣り場を見つけよう

アカエイの釣り場や釣果の速報をお届けします。
最近1ヶ月は 千葉県静岡県宮城県三重県 で釣れています!詳しくは釣果速報や釣行記をご覧ください!

アカエイの傾向

時間帯や天気別、気温別の釣果グラフを見てアカエイ釣りを分析しよう!

アカエイのサイズの分布
Loading...
アカエイがよく釣れる時期(1年間)
Loading...
アカエイが釣れる時間帯(1年間)
Loading...

アカエイが最近釣れたライン・釣り糸

アカエイが今まさに釣れてるライン・釣り糸を見よう!

アカエイが最近釣れたリール

アカエイが今まさに釣れてるリールを見よう!

アカエイが最近釣れたロッド・釣り竿

アカエイが今まさに釣れてるロッド・釣り竿を見よう!

アカエイとは

アカエイ

アカエイの生態

アカエイ(赤鱏・赤鱝、Dasyatis akajei)は、トビエイ目アカエイ科に属するエイ。全長1m。日本を含む東アジアの沿岸域に広く分布し、分布域では普通に見られる。食用ではあるが、尾に毒の棘があるので充分注意しなければならない。
詳しくはこちら(ウィキペディア フリー百科事典から引用)

アカエイの釣りに関するよくある質問

A.

アカエイの関連記事

【チニング】汽水域で釣れる魚たち
2021年09月17日 フィールド
【チニング】汽水域で釣れる魚たち
こんにちは! Chininger SANE です! チニングって釣れるのはチヌだけじゃない! 今回は自分の体験と、人から聞いた情報から、汽水域のチニングで釣れる魚たちについて豆知識と共に話して行こうと思います! どうぞ宜しくお願い致します。 もくじ 汽水域とは 汽水域で釣れる魚たちまとめ その他 最後に 汽水域とは 汽水域とは川が海に淡水を注ぎ込んでいる所、淡水と海水が混じり合っている所のことを言います。 なので海水と淡水が混ざってカニやエビなどの様々な生き物が生息しています。 汽水域の塩分濃度はだいたい0.5〜3%で海水は約5%です。分かりやすく言うと1Lに1〜30gの塩分を含んでいます。 汽水域には先程も述べたようにカニやエビ、ボラの幼魚など様々な魚が生息しているのでそれを狙って捕食しにくる魚が沢山います。 汽水域には、たまに『普通この魚いるか⁉︎』と思うようなこともありますので汽水域には魅力がたくさんあります! それでは汽水域で釣れる代表的な魚をご紹介していきます! 汽水域で釣れる魚たちまとめ クロダイ(チヌ) スズキ目タイ科ヘダイ亜科クロダイ属の魚です。 汽水域でよく見る魚ですよね。川沿いを散歩しているとクロダイは敷石の牡蠣殻を食べているところをよく見かけます。 クロダイは雑食性で牡蠣殻やカニだけでなくボラの幼魚やハゼなども捕食するので夏はトップウォーターの釣りが人気ですね。 チヌは体が全体的に黒いと居付きで、白みがかかっていると回遊性の高い個体だと言われています。 チヌは幅広い範囲で生息しているのですが、なんとオーストラリアにも居て、オーストラリアでもチニングが盛んなそうです!ちなみにクロダイは英語で「black sea bream」と言います。 なので、もしオーストラリアに行ったら現地の人にチニングについて聞いてみましょう!チヌのゴンゴン突っ込む引きはたまりませんね! キチヌ(キビレ) クロダイと同様よく見かける魚ですよね。ヒレの部分が少し黄色いので見分けがつきますが、中にはクロダイかキチヌどちらか分からない時もあります。 そして、キビレはチヌより塩分濃度が低い汽水域を好むので地域差はあるとおもいますが、河川ではクロダイよりキビレの方が釣れるのではないでしょうか。 マゴチ(カサゴ目コチ科) 全長は50センチのものが多いが、最大80センチになることもあります。コチの仲間はシャベルのように平たいので、英語では(Flathead)と呼ばれます。 特に砂泥底に生息しもちろんサーフでも河川でも釣ることができます。 基本的にマゴチは産卵で接岸する3月下旬頃から越冬のために荒食いする11月頃まで狙うことができます。 マゴチはとても上品な味でとても美味しいので是非食べてみて下さい! アカエイ(赤鱏) トビエイ目アカエイ科に属するエイです。 北海道南部から東南アジア沿岸域にまで広く生息します。 河口でのチニングでよく引っかかり、大きいものを掛けてしまうと一瞬で切られてしまいます 基本アカエイの大きさは体盤幅で測ります。 エイの尾には10センチ程の長い棘があり、それに刺さると激痛を伴います。また、尾の棘には返しがあり刺さると抜くのが難しいそうです。 刺さらない様にするのが一番ですが、万が一刺さってしまった場合、毒を絞り、患部を水や湯で洗い、すぐに病院へ行きましょう。 昔はエイの毒を使って矢毒を作っていたそうです! スズキ(シーバス) スズキ目スズキ亜目スズキ科に属します。北海道南部から九州の沿岸と朝鮮半島南部に生息します。 冬になると湾口部や河口などで産卵(10〜3月くらい)や越冬を行い、春から秋は内湾や河川内で過ごします。 ちなみにスズキの由来を調べてみると諸説あるそうで、 •すすみ説…出世し、進むことから •すさまじぐち説…口がとても大きいことから •すすけ説…色がすすけた色であることから •すすじ説…涼しくて清らかな身であることから •すすぎ説…鱗が濯いだように白いことから など様々です。関東では幼魚をコッパ 20、30センチ代をセイゴ 40〜60くらいをフッコ、それ以上をスズキと呼ぶそうです。 その他 他にもボラやハゼ、メッキなど様々な生き物が汽水域に生息しています。 川にいるボラの子どもや上がってくるイワシやコノシロを追いかけて青物が入ることもあります。 もしかしたら「何故ここにいるの⁉️」と思うような魚と出会うことがあるかもしれません。 最後に 如何でしたでしょうか。 汽水域は色んな生き物が住んでいて、沢山の魅力があります! 今まで汽水域で釣りをしたことがない方は一度でいいのでやってみて下さい。とても面白い発見が出来るかも知れません。 最後まで読んで頂き誠にありがとうございました! #{snippet[26]}

アプリで
釣果・釣り場を
サクサク検索。
記録もできる。

今すぐアプリを
ダウンロード