ロングTシャツの販売開始!年末クリスマスイベント限定ロゴ!

2021年01月09日 公開
2021年01月09日 更新 サービス紹介

ロングTシャツの販売開始!年末クリスマスイベント限定ロゴ!

いつもご利用いただきありがとうございます。
アングラーズを運営しております藤井です。

新年早々、お騒がせしております。
イレギュラーな対応が増えまして、マガジンの更新が4日間近く止まっておりました。
少しずつ更新していきますので、今年もどうぞよろしくお願いします。

そうそう、年末に行いましたオンラインイベントのロングTシャツが販売されましたので告知します。

クリスマスイブに行いました

どんなタイミングやねん、と思った方も少なくないはず。

2020/12/24の20時という、素晴らしい時間からオンラインで生配信したこのイベント。

まだ見ていない人は、是非見てください。
生配信であり、台本もないので、僕らは気軽に言いたいことを言いたいタイミングで言っていますが、それらを形にするデザイナーさんはかなりのプレッシャーを受けている不思議な状態が見れると思います。

プレッシャーやばい

生配信のいいところは、良い意味でも悪い意味でも、配信している時点で誰も完成が見えてないことです。

事前に「このイベントで複数のデザイン候補を出し、最低でも1つは必ず販売する」と言い切ってますから、デザイナーさんのプレッシャーはやばかったはずです。

制限時間は1時間。
その間に「要件」から「設計(デザインの草案)」をし、「完成」したら「投票」までを行わないといけません。

投票するので、つくるデザインは1つだけではダメです。
投票して決めますと言っちゃってますから、最低でも3つは完成させないといけなかった。

無責任な考えではありませんが、デザイナーさんのプレッシャーと僕のプレッシャーは大きな差があったと思います。
イメージを伝える僕の仕事は、しゃべるだけ。
しかし、デザイナーさんは、それを形にしなければならない。
しかも自分のオリジナリティを加えて。

難しかったとおもいますよ。
まぁ見ていない人は是非、動画を見てください。
相当、面白いと思いますから。

動画の一場面

当日のコメント数231件

こちら、御覧ください。

生配信中にいただいたコメントの一部です。

これだけのご意見をいただきまして、本当に嬉しかった。

今回のTシャツは演者2名の意見というより、多くの釣り人の意見が形になった結果だと思っています。

やはり2人では、アイデアに限界があります。
より多くの釣り人の意見をもらった方がいいアイデアが生まれますよね。

これはデザインだけでなく、アングラーズにも言えます。
これからも、アングラーズを使ってくださっているみなさんの意見を参考にして、作っていきたいと心から思いました。

当日、合計231件ものコメントを残してくれたみなさん、ありがとうございました!!!

コメント

投票により決まった3デザイン

当日は、Facebook Liveで投票を行いました。

生配信を見てくれていたのは全部で60人ほど。
みなさんにご協力いただき、決まったのはこのデザインです。

個性あふれる漢字

遊漁

アングラーズを漢字で書くとどうなるか。
これをデザインに落とし込んだのがこれです。

「遊漁」という漢字を、アングラーズ風にしてみました。

恥ずかしいことに、普段から多くの乗合船にも乗っているのに、なぜかこの漢字の読み方を間違えていたという。

詳しくは、動画で。。。

騒いだりしない?

静観した釣り人

みなさんは魚が釣れたとき、派手めに動いたり叫んだりしますか?それとも釣れても静かに対処していますか?

動画の中でもこの議論になりましたが、熟練者ほどワイワイ騒いだりせずにまるで自分が当事者でないように静観な対応をしているのかと思います。

それがこれ。こちらも詳しくは動画を見てください。
このデザインが生まれた経緯がわかりますから。

お祭り、根がかり、釣り用語

根がかり

お祭りとか根がかりとか、完全な釣り用語。

デザイン化するとこうなります。
僕らが釣った一番大きなものって大抵の人が「地球」なんじゃないかな。

地球釣ったことない人いないと思う。

ただいまより販売開始!

これらのデザインは、ただいまより販売開始です。

正確に言うと、漢字デザインだけは実は年末から販売していたのですが、他の2つが商標の関係で遅くなってしまいました。

こちら、期間限定のため、欲しい人はお早めに。
UTme!で買えますので、素材はすべてユニクロと同じ。
品質は安心してください!

では、次回もお楽しみに!

UTme

見ていない人は一度見てほしい。

毎週配信!ロゴ談はこちらから

UTme

ANGLERS 藤井

アングラーズの運営をしています。
釣りはブラックバスに始まり、今はルアーで釣れるものは何でもやってます。

2021年はGT40kg/尺紅アマゴ/アカメmオーバーを目標にしています。
僕を釣りに誘ってください!

記事一覧に戻る

サービス紹介の関連記事

本当に便利だから、釣り人全員使ってほしい。しかも安い。
2020年12月14日 サービス紹介
本当に便利だから、釣り人全員使ってほしい。しかも安い。
日頃からアングラーズをご利用いただきありがとうございます。 毎日更新が結構不定期になりつつある、アングラーズ藤井です。 以前のマガジンでも同じようなものを紹介しましたが、もっと便利なものを最近手に入れたので紹介します。使っていない人は是非、手に入れてみてください。 もくじ PEラインを使用するなら必須 ライターは風の影響を受ける 電熱線ライター 以前のものとの違い ライター派の人は要チェック! #{ad1} PEラインを使用するなら必須 以前のマガジンを読んでない人は是非、そちらから読んでみてください。 今では釣りには当たり前となったPEライン。みなさんはFGノット等で結束した後に、もちろんのことコブを作るかと思います。そうこんなコブです。 このコブを作るときにみなさんは何を使用していますか。あれ、もしかしてまだライター使っているんですか? ライターは風の影響を受ける そもそも、多くの方がライターを使用しているのは、やはり簡単に手に入るからでしょう。 また、釣り場で結ぶより、前日に家の中でPEラインを結ぶ人が多いのかな。あまりライターに不便を感じてないのかもしれません。 ただ、釣り場にてFGノットを結ぶこともあるでしょう。そんなとき、風の強い場所ではライターの火がゆらゆらして、上手くコブを作るのが難しくないですか?なんなら、ライターに火がつかないことだってあるんじゃないですか? そんな不安や問題は一発解決します。 電熱線ライター スイッチを押す(写真の場合はスライド式)と、蓋が開いて電熱線が熱をもちます。 あとは、PEラインの結束部分を熱を持った部分に当てるだけでコブを作ることができます。 ライターのように火が揺れることがありませんので、簡単に作りたい場所にコブを作ることができます。消したいときは手を離すだけで、蓋が閉じます。 一般的なライターで一番困るのが船の移動中は風が強くてライターの火が付かないこと。この電熱線ライターはそんなことは一切ありません。 ほぼほぼ問題なく付きます。これだけでも利用する価値がありますよ。 以前のものとの違い ここまでなら、前回のマガジンと同じ。 実は今回の電熱線ライターは一味違うんです。 電熱線の場所が中に隠れています。このおかげで風と水から、一時的に守られます。 実は前回紹介したライターだと、こんな感じで露出していましたから、少し影響を受けていたんですね。それすら心配がいらなくなりました。 ライター派の人は要チェック! 僕は普段、タバコを吸いません。 普段からライターを持ち歩いている人は、もしかしたら恩恵は少ないのかもしれません。ただ、あまりそんな方には必要ないと思われがちですが、実は使ってみるとめちゃめちゃ便利なんですよ。これ。 価格はネットで500円〜1000円程度。 100円ライターに比べてしまうと高いかもしれませんが、充電して何度も使えますので、その面もかなり経済的だと思います。 以前から使っていた電熱線ライター(電子ライター)もかれこれ2年以上使用しています。是非この機会に一度、使ってみてください。僕はAmazonで買いましたが、Amazonでもヤフーショッピングでも楽天でも同じようなものはたくさん売られていますよ。 #{snippet[3]}
道具を使わないFGノットの結び方紹介!これが2つ目の紹介です。
2020年12月01日 サービス紹介
道具を使わないFGノットの結び方紹介!これが2つ目の紹介です。
以前のマガジンで、DUO及びSHIMANOのプロスタッフである堀田さんのFGノットの結び方を紹介しました。 このマガジンは未だに多くの方に読まれていて、たくさんの人が堀田さんの方法を参考にしているかと思います。 今回は、それと同等の簡単さでFGノットが結べる方法を紹介します。大変わかりやすい動画なので、是非マスターしておきましょう。 もくじ 堀田式FGノットの結び方とは 口に咥えなくてもいい ポイントはステップ3〜5 道具を忘れたらどうする #{ad1} 堀田式FGノットの結び方とは 知らない人は必ず見ておきましょう。そして、絶対にマスターできるようにしましょう。 一般的なFGノットの結び方は大変ややこしく、道具がないと出来ない人も多いかと。 ただ、前回紹介したこの堀田式FGノットはかなり簡単で、また道具が必要ありません。そのため、僕の回りでも多くの方が採用している方法です。 これからルアーフィッシングをやる方、今まで道具を使ってFGノットを結んでいた方は是非参考に! 口に咥えなくてもいい では今日の本題です。堀田式FGノットには欠点ありません。ただし、無理やり欠点をあげるとするならば、口にPEラインを咥えないといけない点でしょうか。 今回紹介する『ヒロ内藤さんのFGノットの結び方』は、ラインを口に咥える必要すらありません。 とりあえず、見ましょう。大変わかりやすく、そしてめちゃくちゃ簡単です。 ポイントはステップ3〜5 見てみるとわかると思いますが、一番のポイントはステップ3から5までの間です。 画期的でわかりやすいのはここ。慣れればこの方法が一番はやいと思います。 手首の捻りを交互に行うだけで、FGノットができてしまうのです。何度も言うけど道具なんて不要なんです。 ちなみにこの動画では、ステップ8で締込み用ツールを使っていますが、これは必須ではありませんので割愛しています。 この結び方だからこそ、締込みツールが必要というわけではありませんので。 道具を忘れたらどうする 前回のマガジンでも言いましたがFGノット含め、どんなラインの結束でも出来る限り道具なしで出来るようにしましょう。 道具を忘れたらどうします?釣りが出来ないとか、ありえません。 PRノットなどはさすがに道具が必要ですが、最も多くの人が使うであろうFGノットは道具なしで出来たほうが絶対にいいですよ。 今回紹介した『ヒロ内容流FGノット』と前回紹介した『堀田式FGノット』どちらでもいいので自分がやりやすい方を覚えておきましょう。 必ず、あなたの釣りレベルがあがると思いますよ。 今回紹介した『ヒロ内藤流FGノット』はこちら。 前回紹介した『堀田式FGノット』はこちら。 #{snippet[3]}
釣りと動画の相性は最高です。オススメチャンネルを紹介します。
2020年11月08日 サービス紹介
釣りと動画の相性は最高です。オススメチャンネルを紹介します。
みなさん、こんにちわ。アングラーズを運営しております藤井と申します。 もうかれこれ、マガジンを初めてから200本以上をあげています。初めてご覧になる方は過去のマガジンを振り返ってみて、文章が少しずつマシになっていく様を御覧ください。 さて、今回は動画のお話。是非、紹介するYou Tubeチャンネルを御覧ください。 もくじ 釣りと動画は相性がいい オススメチャンネル紹介 有名な動画はたくさんありますが #{ad1} 釣りと動画は相性がいい アングラーズも時間があれば常々動画を撮りたいと考えています。 正直、文字で釣りを説明するのに限界があり、動画の方が「簡単に」「正確に」伝わるだろうと思っています。 例えば、文字でFGノットを説明するのって厳しくないですか?正直、、、、説明したくない!!!!絶対に嫌。ただ、動画だとスムーズに説明することができます。 また、FGノットの完成形を目でみることによって、自分の結び方が合っているかどうかの判断もつきます。もし、文字におこした場合は完成形を表現するのも限界があります。(というかそもそもできるのかな) 釣りは動画の相性がかなり良いと思っています。聞くより見た方が早いですよね。もっと言うと、見るより体験した方がうまくなります! ちなみに、以前も紹介しましたがFGノットの結び方で最も参考になると思っている「堀田光哉」さんの動画がこちら、知らない人は参考にしてみてください。 オススメチャンネル紹介 ザッと紹介します。これらは普段僕が見ているチャンネルです。中にはご存知の方もたくさんいるかと思いますが、参考までに。ちなみに画像を押すとそのチャンネルのページに飛ぶことができます。また、以下の画像はYouTubeから参照しています。 SHIMANO TV公式チャンネル ご存知シマノのチャンネルです。僕は比較的スピニングリールはシマノのリールを使うことが多く、新製品のチェックによく見ています。 また、有名な方が多く出ているのも良いですよね。参考になる釣り方をしている人がいるので、その人の動画はよく見ます。 ジャッカルステーション バスフィッシングをメインにやられる方は誰もが知っているかと思います。 ジャッカルは特に新製品の発売スパンが早い。他メーカーと比べて圧倒的に早いので、動画の更新も同じく早い。 また動画を見ていて、他のチャンネルより圧倒的に魅力的な人が多いのも良いですよね。見ていて楽しくなります。 マルコス 釣り名人への道 僕が知ったのは、とある国で行われた釣り大会に日本代表?で参加しているのをみたときです。この人は誰だろうと思って調べるようになってから知るようになりました。 ちょくちょく動画を見ていますが、たまにこれは釣り動画なのか、ギャグ動画なのかわからなくなるときがあります。ただ、見ていて笑顔になれますよ!この業界は女性が少ないので、ますます応援したくなりますよね。 カミヤマライトゲーム コチラの動画を見ていると、そもそもライトゲームとはなんぞや?と言う気持ちになります。 その理由は是非、見てみていただけるとわかるかと思います。 特に、最近増えてきたシーカヤックを使っている人は、参考になるかと思いますよ。 fishing jv 渓流メインの動画のため、興味ない人はいるかもしれません。 ただ、魚が追ってきてバイトシーンが見えることや、水中映像も出てきますので渓流をやらない人でも楽しめるかと思います。 個人的にかなり気に入っていて、特に渓流シーズンはよく見ています。 釣れないおじさんチャンネル 名前から判断すると釣れそうにないのでしょうが、実はフィッシュマンのスタッフの方がやっているチャンネルです。 どうしても釣れているシーンを上げたいのが動画を撮っている人の気持ちでしょうが、釣れていようが釣れていなかろうが釣りのリアルをあげていると思う。 アカメが釣れている動画が2つあるかと思いますが、大きな編集がないのでリアルに隣で見ているかのように体験できると思います。 有名な動画はたくさんありますが ここで紹介したシマノやジャッカルは多くの方が知っていると思います。 またこれ以外にも、釣りよかでしょう、ハイサイ探偵団、マスゲン釣りチャンネルなどは、YouTubeを良く見る方はもちろん知っていると思います。 釣りはジャンルが多いですからね。ここに興味のある動画がなくても、自分の興味のあるジャンルの釣りで探せば、必ず面白い動画が出てきますよ。 ぜひとも自分の好きなチャンネルを見つけて、興味を持って釣りに行きましょう。 #{snippet[3]}
色の見え方について考察!かなり面白い動画があったので紹介します。
2020年11月18日 サービス紹介
色の見え方について考察!かなり面白い動画があったので紹介します。
みなさんこんにちわ。アングラーズを運営しております藤井です。 僕が定期的に見ているyoutubeチャンネル【brushbiwako】こちらに面白い動画が上がっていたので紹介します。 ちなみに僕がbrushさんを確認するようになったのは学生時代。つまりもう20年近く見ているサイトです。 もくじ brushbiwakoとは 水深における見易さ(見難さ) ジークラックのリバイバルシャッド10色 水中での見え方、検証結果 変化の推移が面白い #{ad1} brushbiwakoとは ご存知の方も多いと思いますが、brush(ブラッシュ)さんは琵琶湖のバス釣り情報を扱っているサイトです。 琵琶湖のガイドさんで誰が釣れているかとか、どの辺りで釣果が出ているとか。もしくは琵琶湖の放水量とか、各地点の水温とかがリアルタイムで公開されているサイト、、、だったんですが、今久々に確認したら少し変わっていました。youtubeしか見てなかったためか、サイトの仕様変更を知らなかった。 むしろ、以前のサイトより格段に見やすくなっているし、ガイドさんやポイントの確認などわかりやすくなっていました。特に、初めて琵琶湖に行く人は必見かと思います。 ※brushbiwakoホームページより 水深における見易さ(見難さ) 先日、このbrushbiwakoのyoutubeチャンネルにて面白い動画が上がっていました。 簡単に言うと【ルアーカラーが水中でどのように見えているのか】だけなのですが、そうだろうなと思っていた反面、そうだったのかと新発見する内容もたくさんありましたので紹介します。 ルアーカラーって本当に重要ですね! ジークラックのリバイバルシャッド10色 この動画で検証しているのは、10色です。こんな感じ。 ※brushbiwakoチャンネルより 明るいカラーのものもあれば、暗いカラーのものもあります。個人的なことを言うと、この中で好きなカラーは【チャートパールシャッド】か【エレクトリックワカサギ】のどちらかでしょうか。 僕は、単純に明るくて派手なカラーが好きだということです。極端に暗いカラーも好きなんですが、この中でいうとこの2色が好き。 ただ、問題なのは水中でどのように見えているのかということでしょう。同じように見えているわけありませんよね。 ※ジークラックホームページより参照 水中での見え方、検証結果 本題ですが、このように推移していきました。今回はこのまま水中に沈めて、水深8mまでを検証していました。すべて動画のスクリーンショットを表示しています。 人によってこの結果をどう捉えるかは違うと思いますが、これかなり面白くないですか? ちなみに動画では、水深8mまで検証していますので気になった方は動画を見てください。またbrushbiwakoはこの他にも面白い動画をたくさんあげています。気になった方は、他の動画も確認してみてください。 変化の推移が面白い 今回、検証されている内容はあくまでも一例だと思います。水の濁りや湖流(潮流)などでも変わると思いますので、あなたのフィールドでも同じ結果になるかと言えばわかりません。また、人が見えているものがこのようであっても、魚とは目の構造が違います。同じように見えているわけではないと思います。 しかし、この検証はめちゃくちゃ面白い内容だとおもいました。この動画は、水深によってルアーカラーに変化があるのを実証してくれています。普段見えているカラーと同じように見えないことはこれで確定しましたよね。しかもこうやって変化していくことを、僕は知らなかった。 僕はチャートパールシャッドが好きなカラーなだけに、こんなに見難くなることがショックでした。これからは水深5m以上では、使わないようにしよう。。。 是非、動画をチェックして水深が深くなるにつれて変化するカラーを見て、今後のカラー選択の参考にしてみてはいかがでしょうか。 他にもこんな動画もあります。 #{snippet[3]}
釣果記録アングラーズ

どこで何が釣れている!
がわかる釣果記録アプリ