【告知】12/24の20時15分から、オンライン[デザインイベント]を行います。

2020年12月23日 公開
2020年12月24日 更新 イベント

【告知】12/24の20時15分から、オンライン[デザインイベント]を行います。

最近めちゃくちゃ寒いですね。
ただそれでももちろん釣りはしております「アングラーズ藤井」です。

本日はイベントの告知を行います。

イベントと言っても釣りの大会ではありません。
デザインのオンラインイベントになります。

オンラインイベント

実は、株式会社アングラーズには正式なデザイナーがいません。

アプリのUX等のデザインはその度に外部の会社さんにお願いしています。
ただ、ご存知の通りアパレル関係のデザインは僕が行っております。

そのためやはり、アパレルデザインに関しては素人感があるのも事実。

そんな過去に作成されたアパレル製品については、こちらで販売していますので、知らない人はぜひチェックしてください。

もっといいデザインのアパレル商品を作りたい!と思いまして、今回は

「デザインのプロにアングラーズのロゴを使ってアパレルデザインしてもらうというイベント

をオンラインで、且つリアルタイムでやってみようと思います。

制限時間は約1時間です。
ちなみに完全公開しますので、誰でも閲覧することができますよ。

過去のデザイン

イベント名【ロゴ談】

オンラインイベント名は、

ANGLERSロゴでTシャツデザインをやってみる!

しかも、イベント内で決まったロゴデザインは、最低1つは必ず販売します!

今回のイベントは主催がアングラーズではなく、友人の会社である『KOZAKIKAKU』さん(以下敬称略)です。
KOZAKIKAKUさんが毎週行っているオンラインイベント『ロゴ談』にアングラーズが参加する形で行います。
ロゴ談は、普段は世の中にあるロゴについてあれこれ語るイベントです。

デザインに興味のある方はそういった意味でも見るべきですよ。

過去に僕も何度か出演していますので、是非ご覧くださいね。

今回はアングラーズのロゴを使ってプロのデザイナーさんにデザインを作ってもらいます。
その中から(できるなら投票制にして)最低1つのデザインを決定します。

このときみなさんには、素直に欲しいと思うデザインを選んでいただければと思います。

ちなみにANGLERSからは僕(藤井)が出演します。
アングラーズの藤井を1度でも見てみたいと思われた方も、見てもらえれば嬉しいです。

では詳細は以下に。

KOZAKIKAKU

当日見るには、1点だけ注意があります。
それはURLがまだ決まっていないこと。

上記のFacebookのURLは、今押してもKOZAKIKAKUのFacebookページに飛ぶだけなんです。

当日の20時15分になりましたら、KOZAKIKAKUのFacebookページのトップに配信予定ページの投稿が表示されますのでそちらを押してください。
つまりはFacebookのページにいって20時15分以降に更新ボタンを押す必要があるわけです。

ちなみにFacebookアカウントをお持ちの方は誰でも閲覧することができます。
また、閲覧はもちろん無料ですのでご安心を。

キーワード発表

今回のオンラインイベントは12/24に行うので、クリスマスプレゼントを用意しました。

イベント中に、僕がキーワードを言います。
そのキーワードを応募フォームに書いてご応募ください。

抽選で10名さまにクリスマスプレゼントとして、「大手有名メーカーのハードルアーをプレゼントします。

もちろん中身は届いてからのお楽しみに!

あなたの1票で決まる

問題があるとするなら
12/24のクリスマスイブに男3人がワチャワチャしているのを誰がみたいねん!
ということでしょうか。

日程的にはなんとも絶妙?微妙?な時期のイベントですが、ぜひとも興味のある方はポチッとボタンを押してくださいね。

今の予定ではデザインの決定は投票制にするつもりですが閲覧者の数により、この点は変更になるかもしれませんのでご理解ください。

何度も言いますが、KOZAKIKAKUさんには1時間(というか実質40分以下)の間にのデザインロゴを作成いただきます。
またその中から必ず1点以上は販売します。

あなたの1票でアングラーズのロングTシャツのデザインが決まります!!

オンラインイベント

ご参加おまちしております

当日のイベント参加予定者は、KOZAKIKAKUの2名とアングラーズの1名(藤井)の合計3名の予定です。

何度も触れてしまいますが、アングラーズの藤井ってどんなやつだろうとか、前々から思っていた人は是非みてください。

もちろん、視聴者の方の声や顔なんかは写りませんのでご安心を。
最後にもう一度。

閲覧方法はFacebook Liveで、KOZAKIKAKUさんのトップページに20時15分に公開されます。
そこのリンクを押すだけで誰でも閲覧可能です。

また、当日の20時15分になったら、アングラーズアプリのお知らせにも配信先のURLを告知します。

では、12/24(木)20時15分にお待ちしてますねー!


KOZAKIKAKUさんFacebookページはこちら

KOZAKIKAKU

ANGLERS 藤井

アングラーズの運営をしています。
釣りはブラックバスに始まり、今はルアーで釣れるものは何でもやってます。

2021年はGT40kg/尺紅アマゴ/アカメmオーバーを目標にしています。
僕を釣りに誘ってください!

記事一覧に戻る

イベントの関連記事

【ANGLERS限定】世界に1本しかないアジングロッドは誰の手に!
2020年11月29日 イベント
【ANGLERS限定】世界に1本しかないアジングロッドは誰の手に!
いつもご利用ありがとうございます。ANGLERSの藤井です。 来週(12/1から)開催予定のDUOアジングビンゴ2020ですが、その賞品が明らかになりましたのでここに公開します。 このイベントのためだけに作られたアジング専用ロッドです。是非ご覧ください。 もくじ そもそもアジングビンゴとは 最優秀賞は、限定ロッド 他にも盛りだくさんの賞品が 既に100名以上のエントリー #{ad1} そもそもアジングビンゴとは アジングビンゴは2019年から始まった、DUOとアングラーズが共同で行っているアジング専用イベントです。 今までにあった【サイズを競うイベント】や【写真の出来を競うイベント】だけでなく、アジという魚の特性を活かしたイベントが出来ないかを考えた末に生まれたこのイベント。 アジは、東西で釣れる量やサイズが大きく違います。例えば、関東でショアから尺を超えるサイズのアジを釣るのはかなり難易度が高いですが、愛媛や大分では尺を超えるサイズのアジも結構釣れています。そういった地域差をなるべく無くし、また熟練者も初心者もどこに住んでいても誰もが楽しめるようにと考えました。 競うのは自分自身です。是非、参加してみてくださいね。 最優秀賞は、限定ロッド いつものように賞品はかなり豪華です。また、色んな人に色んなものが当たるようになっています。 ただ、前回と大きく違うのは、最優秀賞の賞品が限定ロッドだということ。それがこちら。 こちらのロッドは、このイベントのために作られたもので世界に1本しかありません。スペックはこちら。 ベースはリアクト50なのでスペックは同じです。ブランクの装飾であったりスレッドなどを特別仕様にしています。 誰にでもチャンスあり!是非参加してゲットしましょう! 他にも盛りだくさんの賞品が たくさん釣りにいけない人もいるかもしれません。ビンゴを達成するのは、難しい人もいるかもしれません。 そんな人のために、実はこのイベントはビンゴしなくてももらえる賞も用意されています。 たくさん釣りに行けない人はこの賞だけ狙ってみてはいかがでしょうか。 豆アジ賞 この賞は、DUO製品(バーニー、ピピン、チョップ、メガロパ)で一番小さいアジを釣った人がもらえます。 いいですか、一番小さなアジを釣った人ですよ!ちなみに、測り方はこんな感じ。是非挑戦してください。 ピタリ賞 DUOのプロスタッフ『萩原トオル』さんと同じサイズを釣った人がもらえます。 しかも、賞品は『DUOテトラワークス特別パック』です。特別品なので何がもらえるかはお楽しみに。 テトラワークスブランドの責任者兼ドラッグメタル責任者 いつも笑顔をもっとうに、楽しく釣りを楽しんでいます。 全国のフィールドの情報をお伝えして行きます。年間釣行200日。あ〜幸せ〜 ANGLERアカウント名:TETRAWORKER Toru.H(アカウントはコチラから) 既に100名以上のエントリー このマガジンを執筆している最中で、すでに100名以上のエントリーがあります。 前回のイベントから何度も参加されている方も、まだアジングをやったことのない方も、このアジングビンゴをきっかけにもっとアジングを楽しみましょう。 ハードルが高いと思っている人が多いかと思いますが、実はアジングは手頃な釣りでどこからでも狙うことができるんですよ。さすがに海がないとアジは釣れませんが、釣って楽しい、食べて美味しい、比較的タックルも軽いものが多いので扱いやすく、ルアーも安いものが多いので本当に手軽に始めることができます。 しかもDUOのワーム(バーニー、ピピン、チョップ)などは、定価がワンコイン(500円税別)なので、本当に手軽です。この機会に是非アジングに挑戦してみましょう。 アジングビンゴはこちらから(タップでイベントページに飛びます) #{snippet[3]}
本日よりイシグロ店舗にて中間結果を発表しています。
2020年12月03日 イベント
本日よりイシグロ店舗にて中間結果を発表しています。
いつもスマホアプリアングラーズをご利用いただきありがとうございます。 本日は、絶賛開催中の【釣具のイシグロ】オータムダービーについて、説明します。ちなみに本日(11/28)からイシグロ店舗にて中間結果を発表していますのでお近くの方は、確認しにいきましょう。 もくじ 釣具のイシグロとは エントリーは店舗に行って 中間結果を店舗にて発表中 ルールをしっかり読んで #{ad1} 釣具のイシグロとは 以前にも説明しましたが、イシグロさん(以下敬称略)について説明します。 『釣具のイシグロ』は、東海地方をメインに店舗を構えている釣具の小売店です。本社は静岡県浜松市にありますので、主に静岡及び愛知県に店舗が多く、岐阜県や滋賀県にも店舗があります。 店舗数は、2020年10月現在は26店舗あるので最寄りにある方は是非行ってみてください。店舗の場所に関してはこちらから確認できますよ。 ちなみにイシグロさんのイベントは今回で5回目ほどになりますが、回数を増やすにつれて参加人数がどんどん多くなっています。しかも今回は今までにない【ロックフィッシュ】というジャンルを追加しています。ロックフィッシュに自信のある方がいましたら、是非とも参加してみてください。 エントリーは店舗に行って 今回のイシグロのイベントは、他のイベントとは大きく違う点があります。それは、エントリーコードが必要な点です。 普段のイベントは、エントリーボタンを押すだけでエントリーが可能になります。ただ、このイベントはエントリーボタンを押した後にエントリーコードを聞かれます。 エントリーコードを入力して初めてエントリーが完了になるのですが、エントリーコードは店舗にいかないとわかりません。 そのため、エントリーするためには一度店舗にいかないといけない点だけご了承ください。 中間結果を店舗にて発表中 今回の本題はココです。 イベントページの賞品欄にも記載がありますが、本日(11/28)にイシグロの各店舗にて中間発表(各部門上位3名)をしています。 【え?アプリの結果を見れば中間結果はわかるのでは?】と思う方も多いかと思いますが、イシグロの店舗で発表されているのは、なんと審査済の結果です。 アプリで表示されているランキングは、あくまでも未審査のものです。つまり、自己申告のランキングです。 何度も言いますが、イシグロの店舗で行われている中間結果は(11/24時点の)審査済の上位3名の結果発表です。 上位に食い込んでいる方はもちろんのこと、まだ1ヶ月以上あるイベントにこれから参加される方も上位の結果を把握するためには、一度店舗に行ってみましょう。 ルールをしっかり読んで もし、アプリのランキングにて上位なのに中間結果を見に行ったら上位に入っていなかった方がいたら、一度ルールをしっかりと読んでみましょう。 一番多いのは、対象魚じゃない魚を投稿している方です。 例えば、ロックフィッシュのイベント対象魚は【メバル】【ガシラ】【タケノコメバル】が対象魚ですが、クロソイやキジハタなどが混じってました。また、フラットフィッシュのイベント対象魚は、もちろん【ヒラメ】【マゴチ】ですが、青物やシーバスが混じってました。 ルールにしっかりと記載がありますので、特に対象魚とエリアをしっかりと把握して釣果をあげてくださいね。 それではイシグロ店舗にて本日(11/28)から行われている中間結果をお楽しみに!! 各イベントはこちらから(画像を押すとイベントページに飛ぶことができます) #{snippet[3]}
あの大好評イベントが帰ってきました!『アジングビンゴ2020』
2020年11月25日 イベント
あの大好評イベントが帰ってきました!『アジングビンゴ2020』
いつもご利用いただき、ありがとうございます。アングラーズを運営しております藤井です。 本日は、昨年にかなりの人気のあった企画『アジングビンゴ』を今年も行うため、告知したいと思います。 もくじ 少し仄めかしていた 登録できるのは15釣果まで ビンゴマスの説明 優勝はロッド、発送はDUOから ピタリ賞もあります #{ad1} 少し仄めかしていた 以前のマガジンで唐突にライトゲームの話をしました。 内容はメバルが釣れているとかウルトラライトゲームが熱いとか、そういった内容でしたがこのときにはすでにDUOさんとのイベントが決まっていたわけです。 今年もアジングビンゴができますよ!去年できなかった人も、去年充分楽しんだ人も、是非ご参加ください。ちなみに昨年のアジングビンゴ2019は、たくさんの記録を持っています。例えば、 1大会当たりの釣果数1位 ちょうど一年前の2019年12月に行いました『アジングビンゴ12月』は、単月当たりの釣果数が2,069匹と過去最大でした。 ちなみにこの数値は未だに抜かれていません。 2019年度の10月に行いました『アジングビンゴ10月』ですでに1,000釣果を優に超えていましたが、さすがに2,000匹は釣りすぎですね。 ただ、今年は1人当たり15釣果までの特殊ルールがあるので、さすがにこの記録を超えることはないかと思います。それでは、そのルールについて説明します。 登録できるのは15釣果まで 前回のイベント内容でもかなり盛りだくさんのものでしたが、なにかゲーム性を追加したかったので考え悩んだ結果、とあるルールを思いつきました。 その追加ルールは、『1人15釣果までしか登録できないこと』このルールを追加することで、もっとテクニカルに釣りをしてもらえるのではないかと思ったわけです。 1匹1匹、選んで釣果を残してほしい。ゲーム性を追求した結果、このようにしました。ちなみに登録しようと思えば、100釣果でも200釣果でも登録は可能ですのでご安心ください。しかし、アジングビンゴは以前から達成者全員に賞品がもらえるわけではありませんよね。つまりは達成者が多い場合は、その中から抽選になるわけです。その際に、16釣果以上登録している人は不利になるとお伝えしておきます。 釣れたアジの釣果を手当たり次第登録するのではなく、達成していないビンゴマスと自分の釣果数を考えながら登録していく。 追加された新しいゲーム性はここです。アジングというテクニカルなゲームを、よりテクニカルにするにはどうしたらいいのか。その結果、生まれた新ルール。 ちなみに不評だったら、次回からは省きますので。 ビンゴマスの説明 今回のビンゴマスはこちらになります。 それでは1つ1つ説明します。 ワームカラー指定 指定カラーは3種類です。 UVアカアミっこ/UVムラムラっこ/シャインマスカットの3種類。ワームの指定はありませんので、ピピン、バーニー、チョップ、メガロパのどれかを使ってください。 僕のおすすめはバーニーです。もちろんこの4種のワームはすべて使っていますが、個人的にツインテールが圧倒的に強いと思っています。他のワームにはない艶めかしさ、リアルさがあるんです。 時間指定 時間指定は2種類です。 デイチャレンジは12時〜15時。ナイトチャレンジは18時〜21時です。そのままですね。 アジ以外 こちらもそのままです。 ピピン、バーニー、チョップ、メガロパを使用してアジ以外の釣果を残してください。 メバルでも良いですし、カマスでも良い。ガシラでも良いし、アイナメでも良いですよ。 スマイル 前回もありました。顔出し案件です。 ただ、DUOさんのイベントでは『歯が見える笑顔』が必須になります。 歯が見えないとカウントしませんのでご注意を。 ゴミ拾い こちらも前回もありました。おそらくアジングビンゴでは、これからもずっとあるマスだと思います。 下記の写真は、去年のゴミ拾いマスを達成した釣果です。参考にしてみてください。 調理 今回初めてのビンゴマスです。 大会選択画像ではいつものように、釣果を選択しましょう。その後、家に帰ってからアジを調理して、その写真を釣果の2枚目に追加しておきましょう。 ちなみに、料理内容は問いません。刺身でもナメロウでも、つみれでも構いません。ただ、つみれって原型ないので特定するの難しそうですね。 優勝は限定ロッド、発送はDUOから 前回と同じように、ビンゴを達成した方から抽選で賞品がありますが、それ以外に単体での賞品もあります。 例えば、『豆アジ賞』や『尺アジ賞』がこれに当たります。ビンゴを達成していなくても、『豆アジ賞』ならば、最も小さいアジを釣った方に。『尺アジ賞』なら、30cm以上のアジを釣った方から抽選で賞品が当たります。 ちなみに、今回の賞品にはDUOさんのアジング専用ロッド『React』のスペシャルロッド(仮)があります。 条件は、ルールにも記載がありますがオールビンゴは当たり前。オールビンゴされた人の中から、釣果の登録日が7日以上ある人から選びます。 つまり、期間内に7日以上は釣りに行ってくださいね。1日ですべてのビンゴが達成してしまった場合は、もらえないかもね。 今回の賞品の発送はDUOさんより行いますので、入賞者の方は個人情報の受け渡しを許可していただく必要があります。 流れは、結果発表後に入賞者の方にアプリのお知らせを送ります。 そのお知らせの返信に発送先を記入いただき、その発送先をアングラーズが責任もってDUOさんに渡します。その際に個人情報の受け渡しに許可をいただけなければ、もちろん発送することができませんので、ご理解ください。 ピタリ賞もあります 実は今回のイベントはちょっと特殊な賞があります。 DUOには、プロスタッフ兼テトラワークスの責任者に『萩原トオル』さんがいます。 萩原さんは、今回のアジングビンゴに参加します。 参加すると言っても、釣果を残すのは1度きり。ピタリ賞は、萩原トオルさんが登録した釣果のサイズと、同サイズのアジの釣果を登録している人にプレゼントというものです。 いつ釣果を残すかはわかりませんので、常にチェックしておいてください。 前回のアジングビンゴと同条件であれば、10cmから30cmぐらいまでの釣果をすべて登録しておけばおそらく当たるでしょうね。 ただ、今回のイベントでは、原則15釣果しか登録できません。ということは、、、、考えて釣果を登録してみてくださいね。 テトラワークスブランドの責任者兼ドラッグメタル責任者 『いつも笑顔をもっとうに、楽しく釣りを楽しんでいます。 全国のフィールドの情報をお伝えして行きます。年間釣行200日。あ〜幸せ〜』 ANGLERアカウント名:TETRAWORKER Toru.H(アカウントはコチラから) DUOアジング専用ロッド『React』はこちら イベントはこちらから #{snippet[3]}
Dゾーン20周年記念イベントの結果は明日(11/6)に発表します。
2020年11月05日 イベント
Dゾーン20周年記念イベントの結果は明日(11/6)に発表します。
たくさんのみなさんにご参加いただいた【Dゾーン20周年記念イベント】も11/1に無事に終了しました。 おかげさまで本当にたくさんの参加と、本当にたくさんの釣果を登録していただきました。ありがとうございます! 結果発表は2020/11/6(金)の18時を予定しておりますが、ここで一部の釣果を紹介したいと思います。 もくじ 741名参加、1412釣果! 一部釣果を紹介 結果発表は11/6(金)に #{ad1} 741名参加、1412釣果! 何度も言いますが、本当にたくさんの参加人数と釣果数でした。 これだけの人がこれだけの釣果を集めてくださった結果、長寸イベントを除き、過去最大のイベントとなりました。本当にありがとうございます! ちなみに賞に関わることを話しますと、一番釣果を残された方は100釣果を超えて、なんと119釣果!! その次の方が65釣果、その次が63釣果と続きました。 これでまた一つ、Dゾーンが如何に釣れるルアーなのかを数値で表すことができました。 そもそも、119釣果とかやりすぎです。どれだけ釣れるんですか!!w 一部釣果を紹介 ここで、紹介する釣果はあくまでも顔出しされた釣果から一部を抜粋しています。 もしかしたら、ここで紹介されていれば賞の該当もあるかもしれません。 結果発表は11/6(金)に 自分の釣果はありましたか? すでに審査は終わっており、あとは結果発表を待つだけになっています。 もし、Dゾーンを持っていない、もしくは使ったことないという方がいらっしゃいましたら、この結果を元に(参考になるかわかりませんが)僕の書いたマガジンを読んで、Dゾーンを使ってみてください。 Dゾーンを使うことで、みなさんの釣りがもっと楽しくなると思います。 では、結果発表をお楽しみに!2020/11/6(金)の18時にイベントページにて公開予定です。 Dゾーンを紹介したマガジンはこちらから イベントページはこちらから #{snippet[3]}
陸王ダービー決勝戦で、アングラーズ藤井が感じたこと②
2020年11月01日 イベント
陸王ダービー決勝戦で、アングラーズ藤井が感じたこと②
陸王ダービー2020の決勝に、実際に当日現場にいたアングラーズ藤井です。 このマガジンを読む前に、当日のスケジュールや開催地、また選手についてはこちらを先に読んでください。 今回のマガジンでは、当日にあったことをアングラーズ藤井目線で書きたいと思います。是非、来年以降の陸王ダービーの参考にしてくださいね。 もくじ 出発の順番決め 開始1投目で 午前中はNOB-RCさんの独壇場 現場の雰囲気が伝わる写真 ここでしか得られない経験値 #{ad1} 出発の順番決め 開会式が終わってからは、選手4名でじゃんけんをして出発する順番を決めます。 じゃんけんで勝った人から出発するのですが、このじゃんけんが結構厄介。 一概に1番が良いというわけでもなく、1番だと誰がどっちに向かったのかがわからない。むしろ後発組の方が、どのエリアに誰が向かったのかを知ることができるため、作戦を立てやすいのかもしれない。 つまりは、すでにじゃんけんから大会は始まっているわけです。 ちなみに今回、1番に出発できるのはCブロック代表の【NOB-RC】さん。喜ぶかと思えば、1番は引きたくなかったと言っていました。 移動に関しては、各自の車で自由に移動する形にはなりますが、その移動車に内外出版社の記者も同乗します。つまり、自分だけが移動したくても記者を乗せないと移動できないわけです。 記者が足を引っ張ることはないとは思うけど、こういったルールは現地での大会ならではだと思いました。そもそも、1人に付き1人の記者が常に付いてくれるって豪華なことです。 陸王ダービー2020の決勝戦が、どれだけすごいことなのかがわかりますね。 開始1投目で 当日の結果は、内外出版社さんの『ルアマガプラス』ですでに公開されているのでサラッと話します。6時30分になって、選手のみなさんが各々の目指す場所に移動したので、さて僕らも移動しようかとなったとき、ふと目の前にBブロック代表の【保坂】さんがいました。 保坂さんはスタート地点からほぼ動かずに釣りをされていましたが、かなりびっくりしたのがそのルアー。アラバマでした。 普段僕はブラックバスをあまりやりません。そのため、『アラバマ=琵琶湖』みたいなイメージが付いていて、『オカッパリでアラバマ=なんかすごい』みたいに感じました。 もう、この『アラバマ=琵琶湖』の発想が古いんですよね。これは、後で選手のみなさんから聞いたのですが、その使った理由を聞くと『たしかにアラバマはアリだな。』と感じることになりました。むしろ、朝一のこのタイミングではこの選択はベストだと納得しましたよ。 ひとしきり保坂さんの釣りをみて、では他の選手を見に行こうと移動しようとしたところ、『1投目に釣れた選手がいると』連絡が入りました。 なんと釣り場についてマジで1投目で釣れたらしい。釣ったのは、じゃんけんに勝って1番最初に移動できた【NOB-RC】さん。 もちろん釣れた瞬間は僕らは見ていないのですが、とりあえず行ってみようと。しかも向かう途中にもう1本釣っているじゃないですか。 そのとき僕が思ったのは、『え?長良川楽勝なの?』とか呑気なことを思っていました。全然楽勝じゃないのに。 ちなみにこのときの釣果は『ルアマガプラス』をご確認ください。特に2匹目は、今回のキッカーフィッシュになりましたから。 独特な緊張感と焦りが伝わる 結局、【NOB-RC】さんがもう一本追加の合計3本、Aブロック代表の【piro19】さんが2本釣って午前中は終了となりました。 この大会の模様や釣果や結果については、すべて公開されているのでそちらを見ていただくとして、僕がみなさんに伝えたいのは現場の雰囲気です。 この緊張感は現場でしか味わうことができません。ここでは僕が感じたものを少しでもお伝えできればと思います。 プラは約1週間前から始まっている 一番びっくりしたのはこれかもしれない。 僕が知っている中で一番早くプラクティスを初めた選手はなんと5日前から。 決勝戦は10/25の日曜に行われたので、10/20の火曜からプラをやっている選手がいたことに。さすがにこの熱量は凄くないですか? しかも、長良川がホームの選手は1人もいないはずなので、遠方から来て泊まっているわけです。陸王ダービーがどれだけ特別な大会なのかがわかりますよね。 ちなみに水曜からプラクティスやっている選手もいましたが、途中土曜に仕事で一度帰ったそうです。それもまたすごい。 移動はダッシュで その場所から移動すると決めた時は、車までダッシュで移動していました。 少しでも時間を無駄にしたくない。ちょっとでも釣りをしていたい。1匹でも多くの魚を釣りたい。 そんな気持ちからでしょうか。ただ、記者さんはクタクタの状態でした。 閉会式の緊張感がヤバい この写真は、最後の結果発表前の一場面。 今回の決勝戦はリアルタイムで公開されていましたが、選手はお互いの結果を知りません。 逐一、同乗の記者が自分の選手の結果を公開していってますが、他の選手の結果を自分の選手に教えることはありません。 そのためにこの場面の選手たちは自分がどれだけ釣っていても、不安と期待が入り混じった特別な気持ちになっているのです。 いやーこの瞬間やばかったね。参加していない僕が緊張してましたからね。なんか僕が少し泣きそうでしたからね。この瞬間は、下記に動画があるので是非見てみてね。 現場の雰囲気が伝わる写真 ここでは僕が撮った、陸王ダービー2020の決勝の雰囲気が伝わる写真を公開します。 大きなフィールドでも、戦略が近いと現場で選手同士が出会うこともしばしば。そのときの動画がこちら。 今回、優勝された【NOB-RC】さんがキッカーフィッシュを釣ったタックル。ワームはカエスのイサナ6.5ノーシンカー。 ここでしか得られない経験値 僕の中で未だに忘れられない場面が1つ。 それは、保坂さんが2匹目を釣ったときの場面。反転流のある場所でジャークベイトで釣った瞬間でした。ちょうど僕たち3人が、保坂さんのいる場所に行った時に、保坂さんが言いました。 『この経験は陸王ならでは。他では味わえない。』と。そのあとすぐの写真がこれ。 僕は最高の場面にいたね。サイズはどうあれ、知識と経験を絞り出し、狙ってとった価値ある1本。あぁ今でも泣きそう。 こんな経験ができるのも、オフラインならでは。みなさんも経験したくなってきましたよね。では、来年の陸王ダービー2021ご参加お待ちしておりますよ。 #{snippet[3]}
陸王ダービー決勝戦で、アングラーズ藤井が感じたこと①
2020年10月31日 イベント
陸王ダービー決勝戦で、アングラーズ藤井が感じたこと①
今年、初めての陸王ダービーが開催されました。主催はもちろん、内外出版社さん。予選はご存知の通り、アングラーズが行いました。 今回、その陸王ダービーの決勝戦が長良川で行われましたので、その内容をアングラーズ目線で公開したいと思います。このマガジンは1回では説明することができませんので、何回かにわけて説明したいと思います。ちなみに結果はすでに内外出版社さんの『ルアマガプラス』にて公開されていますので、早く結果を知りたい人はコチラから! 来年陸王ダービーに参加しようと思っている人、今年は決勝まで残れなかったけど来年こそはと思っている人、将来釣り業界で働きたいと思っている人、絶対読むべし。 もくじ はじめに 出場選手の紹介 開催フィールド 当日の流れ 水野さんとマイケルさんと一緒に #{ad1} はじめに 陸王ダービーは、日本全国をAブロックからDブロックまでの4ブロックに分け、各ブロックの上位1名のみが決勝戦に進むことができます。 今回の予選は、昨今のウイルスの影響から日程変更がありましたが、予定通り3ヶ月間(7、8、9月)行われました。 予選の結果については、各ランキングを見ていただければすぐにわかりますのでこちらの画像をタップしてください。 予選はオンラインで行われましたが、この決勝戦は現地で競うイベントとなります。 この決勝戦が始まる約3週間前に、日程と開催フィールドが出場者には告知されています。問題は、いかに短期間で決勝のフィールドの特徴を掴むか。そして如何に大きいバスを誰よりも沢山釣るか、ただそれだけ。 その中に大きなドラマがあるのです。 出場選手の紹介 今回、各ブロックを勝ち抜いたのは以下の4選手。 Aブロック…piro19さん 1つ目の激戦区、霞ヶ浦北浦のフィールドで勝ち残った強者。 Aブロックは、参加人数が最も多いブロックで最も最後まで混戦だったブロックです。しかも話を聞いたら、Aブロックの上位陣は知り合いが多いそうで。陸王ダービーを通してコミュニティが生まれつつあるのかな。 Bブロック…保坂 勇太さん 全ブロックで全ての月を1位通過したのは、保坂さん唯1人。点数はもちろん、最高得点の150点満点。 僕は今回の決勝で、保坂さんがどんな釣りをするのか、かなり楽しみでした。だって【河口湖、西湖、五三川、大江川】のBブロックですべて1位通過ですよ。 そりゃ気になりますよ。この長良川のフィールドと、普段釣りをされている河口湖の釣りをどうマッチさせるのか。 Cブロック…NOB-RCさん ロデオクラフトのテスターさんらしい。聞いたところによると最近、トラキン(エリアトラウトの大会)でも優勝されたとか。 のりにのっているノブさん。マジで期待大です。 Dブロック…りょうrjさん 決勝進出者の中で最年少!しかも超混戦Dブロックの優勝者。 しかも、Dブロックは【府中湖、旧吉野川、波介川、遠賀川、日指ダム】のブロックですが、なんとその中でも旧吉野川で勝ち残った人。 各エリアの平均サイズを見てもらえればわかりますが、旧吉野川で勝ち残るのは相当難しいこと。ダークホース的存在! こんな感じで参加者は出揃いました。 開催フィールド 決勝戦に選ばれた舞台は、岐阜県にある【長良川の下流部】 このフィールドが選ばれた理由は、 予選のフィールドにはないこと すべての選手が集まりやすい場所であること 一定数の釣果が見込めること などが挙げられます。その長良川の中でも、大会範囲はおおよそ下記に見える範囲です。 これね、かなり広かったんですわ。大会当日の前々日に大雨が降ったのですが、その雨の影響で上流部と下流部では同じ川とは思えないぐらい範囲が広かった。結果を言うと、濁りと水深、風を読んで攻略できれば釣果が付いてきた感じでしたが、 正直、『ワカルワケナイネ』 と一言で言えるぐらい、難しい釣り場だと僕は思いました。長良川、そんな簡単なフィールドではないぜ。 当日の流れ それでは、当日の流れから説明します。 僕が集合したのは、5時にとあるホテル前。 参加者の4名と主催である内外出版社のスタッフのみなさん、また今回の陸王ダービー決勝のアドバイザーであるジャッカルプロスタッフの水野さんはそのホテルに泊まっていました。 ホテルに集合し朝食、昼食をコンビニで購入し、現地に向かいます。ザックリとしたスケジュールは以下の通りです。 
 時間 内容 5:00 ホテル前に集合 6:00 開会の挨拶及び順番決め 6:30 開始(出発) 9:00 15分の休憩(移動なし) 12:00 1時間の休憩(移動あり) 15:00 15分の休憩(移動なし) 16:30 終了(各自の釣り場) 18:00 会議室を借りて閉会式 釣りができるのは、休憩入れて約10時間。当日の天気はこれでもないぐらいの快晴で、釣りはしやすい環境でした。 問題は濁りで、上流部はクリアだったのですが、下流部は濁りが取れていなくて同じ河川とは思えないぐらい変化のある状況。これが吉とでるか凶と出るのか。 あと水位がすごく下がっていました。これは、下の写真を見たらわかるほど。 ちなみに、途中の15分の小休憩では移動は禁止。またもちろん釣りも禁止。たとえ目の前でボイルが起きていても釣りをすることはできません。 昼休憩の1時間は、どこか店舗で食べてもいいし事前に買ったもので済ませてもいい感じでした。もちろん、僕らは食べにいきましたけどね。 水野さんとマイケルさんと一緒に ちなみに当日の僕は何をしていたのかというと、水野さんの車で内外出版社のマイケルさんと3人で行動していました。 選手達には1人ずつ、内外出版社の記者が付いています。 内外出版社の記者4名とマイケルさんは位置情報を共有しているため、どの選手が今どこにいるのかがわかります。 よって僕ら3人は、選手たちの状況をみながら大きな大会範囲をグルグルまわるのでした。 自分のことですが、今回の決勝戦では僕は幸せだったと思う。だって、水野さんから今日の長良川の状況とポイントを、選手の行動を見ながら一つ一つ教えてもらえるんだから。 このポイントはこういうときに釣果が出るとか、今の時間帯ならこの場所が良いとか。しかもその理由が的確。この時期のベイトや水量、濁りからどういった場所がチャンスなのかが本当にわかりやすかった。 『ただで聞いてて良いのかな?』と思うぐらいの情報量でした。僕は長良川で釣りをしたことがありませんが、説明が全部終わった頃には、まるでマイフィールドかのように感じることができました。このマガジンは次回に続きます。では! #{snippet[3]}
釣果記録アングラーズ

どこで何が釣れている!
がわかる釣果記録アプリ