みんなが使っているタックル

2020年05月06日 更新 ANGLERSの使い方

みんなが使っているタックル

こんにちわ、ANGLERS藤井です。
おかげさまでたくさんの方に釣果を登録いただいております。
本当にありがとうございます。

ちなみにANGLERSで登録できるものは釣果だけではありません。
たくさんの方に、使われているロッドやリール、ライン、ルアーなんかも登録してもらっています。

今後、このマガジンを通してエリアごとに実際に使われているタックルランキングなんかを発表していきます。

ANGLERSだからこそできる

現在(2020/05)、アプリとウェブの両方をあわせて月に約60万人の方に利用いただいております。

みなさんのおかげでここまで大きくなりました。
本当にありがとうございます。

釣果が集まってくると、使われているタックルも集まります。

  • 自分のエリアで人気のメーカーはどこだろう。
  • ブラックバス用のスピナーベイト用のロッドで人気の番手は何番手だろう。
  • ネイティブトラウトで使われているロッドの長さは何フィートだろう。

なんていうものに、ANGLERSならではの視点でアドバイスできればと思っています。

ANGLERSはみなさんのおかげで運営できています。
少しでも釣りにおける有益な情報を還元できるようにサービスを通じて運用していきます。

タックル登録のメリット

みなさん、タックルは登録されているでしょうか。
事前にアプリやウェブを通じてタックルを登録してみてください。

タックル登録するとメリットがたくさんあります。

タックル登録しておくと釣果登録が楽

釣果を正確に登録しておきたい方は、その魚がどんなタックルで釣れたのかを登録しておきましょう。

ANGLERSではカメラ機能で写真を撮影するだけで時間や位置情報などを自動補完しますが、タックルは登録しないといけません。

その際に、毎回登録するのはかなりしんどいです。
事前に登録しておくと、自分のタックルボックスから選択するだけなので便利です。

リールに巻いてあるライン

事前に登録しておくことで、これが1番メリットがあるかもしれません。

特に複数のリールをお持ちの方、リールに巻いてあるラインはどこのメーカーのどの太さか覚えていますか?
これって案外覚えていない方、間違って覚えている方が多いと思います。

ANGLERSでのタックル登録では、どのリールにどのラインが巻いてあるかを記録できます。
しかも、いつ巻いたのかまで記録します。

この機能は、かなり便利です。
忘れてしまうことありませんか?これならば、忘れても大丈夫です。
忘れてしまっていて、劣化していることに気づかずに魚を掛けたらラインブレイクなんてしたら目も当てられませんよね。

タックル公開に乞うご期待

今後は、利用者の多いエリアや魚種から、もっとも使われているタックルをランキングにして公開していく予定です。

今現在で公開していく予定のランキングはこんな感じ。

  • 琵琶湖のオカッパリで使われているロッドランキング
  • 琵琶湖のボートで使われているリールランキング
  • ネイティブトラウトで使われているロッドランキング
  • ネイティブトラウトで使われているリールランキング
  • 2019年度の10〜12月のボートシーバスで使われているルアー一覧
  • 東京湾タチウオで使われているジグの重さランキング
  • 2019年度のロックフィッシュで使われていたルアーカラーランキング
  • エリアトラウト用スプーン人気メーカー一覧及び、人気ルアー一覧
  • アジング用ジグ単、ワームカラー人気一覧

などなどです。

これらはあくまでもANGLERSでの利用率ですから、参考程度に考えてください。

ただ、こういうランキングは偏見が強いですが、あくまでもANGLERSでは実績値から出しますので安心してください。

マガジンでは、常にご意見募集中です。
知りたいランキングなどがあれば、ご意見いただけますと参考にします。

それではお楽しみに!


ANGLERS 藤井
ANGLERSの中で最も釣り好きな人

小学4年生のときにバスフィッシングにどっぷりハマり、大学は滋賀へ。
大学生時代は琵琶湖でずっとバスばかりやっていました。

就職のタイミングで関東にいき、バスからソルトに転身!
今はネイティブトラウトとハタゲーム、GTにハマり中。

記事一覧を見る

ANGLERSの使い方の関連記事

【タックルデータベース】とはなにか
2020年05月04日 ANGLERSの使い方 NEW!
【タックルデータベース】とはなにか
こんにちわ、ANGLERS藤井です。みなさん、釣具を買うときに何を決め手にして購入していますか?多くの人が、お店の人やプロの人、もしくは友人の勧めであったり、ブログなどの記事を参考にしてる人が多いと思います。 しかし、もっとたくさんの不特定多数の意見は聞きたくないでしょうか。今日はそれを可能にするお話。 もくじ タックルデータベースとは タックルデータベースでできること 他のサイトとの違い 選ぶ際の参考にしてみて #{ad1} タックルデータベースとは ANGLERSの中にはロッドやリールなどを登録する機能があります。登録できる釣具はロッド、リール、ライン、ルアーの合計で現時点(2020/05)で25000個以上あります。ちなみにロッドは7,912本、リールは2,323個になります。 釣具全般は、一般的にタックルと呼ばれています。タックルは基本ロッド、リール、ライン、ルアーなどです。 ちなみに古いのだと、95ステラがあったりします。まだ使われている名機です!古いロッドやリールから最新のタックルまで国内で売られたものはほぼ登録があるかと思います。 そもそもこのタックル機能は、みなさんが持たれているものを事前に登録いただき、釣果を残す際に簡単に登録できるようにしようというのが始まりでした。 ただ、これだけ多くのタックル情報があるのだから、使っている人に感想を聞きたくなりましてね。実際に使っている人の感想だから、良いも悪いもかなり参考になる意見が出るのではないかと思ったのがタックルデータベースの始まりになります。 タックルデータベースでできること 新規タックルの登録はもちろんのこと、写真登録、レビュー登録ができます。もちろん登録されたものは誰でも閲覧することができます。 では、実際に閲覧してみましょう。 タックルデータベースのページにいくと、タックルを検索できます。 ロッドかリールを選択し、キーワードに入力 今回は、シマノの17エクスセンスDCの左ハンドルを調べてみます。 リールを押して、【エクスセンスDC】と入力します。 タックルデータベースに登録されているエクスセンスDCは、初代(12年モデル)のもので左ハンドル、右ハンドル、また17年度製の左ハンドル、右ハンドルと4つが候補に出てきました。 選択し、詳細を見よう ここでは、17年度製のエクスセンスDCの左ハンドルを見てみます。登録されていればスペックの詳細が出てきます。またメーカーさんのHPへのリンクもあるので、シマノさんのホームページへいくこともできます。 スペックだけなら、ホームページで見れますよね。ただ、タックルデータベースでは使用した人のレビューや釣果などが見れます。 レビューをみてみよう 実はまだリリース直後のため、レビューが少ないです。今後このマガジンを読んだ方がお使いのタックルのレビュー書いていただければ助かります。 ちなみに17エクスセンスDCは【ひよちゃん】さんが、レビューを2020/5/3に書いてくださっています。なるほど、書いていただいている内容がかなり熟練者ですね。 実際の内容を書きますと、 『DCブレーキの為夜間でもバックラッシュしにくく、PEラインのバックラッシュも幅狭スプールの為すぐほどけます。 ソルト仕様ですが毎回洗っても塩がみしていきます。またカタログ値のラインキャパの90%が最大と考えた方が良いです。』(原文ママ) さすがDCブレーキです。バックラッシュがしないわけではありませんが、万が一トラブルが起きても大丈夫そうですね。また、ラインの巻く量も参考になります。 他のサイトとの違い アングラーズが行っているタックルデータベースは、現時点(2020/05)ではログインが必要になります。 それは、タックルのレビューを書いている人が実際に使っている人だとある程度の担保をもたせることで、信ぴょう性が増します。 またその方の釣果があれば、その人のレビューは、その人が【どんなエリア】で【どんな魚種】を【どういう釣り方】でしているのかが参考になります。 釣りにはいろんな釣り方があり、いろんな魚がいて、それはエリアによっても変わります。 ANGLERSには素晴らしい釣り人がたくさんいます。そんな方が、実際に使っているタックルをレビューしている。これほど参考になるタックルレビューは他にはないと思っています。 選ぶ際の参考にしてみて 是非とも、次に購入する際に用途やメーカー等を比較して参考にしてみてください。 特に使う場所がボートなのかオカッパリなのか。魚種はなにか。狙うサイズは。この当たりを参考にして購入する手助けができればと思います。 今後もより釣り人に好まれるサービスを目指して、たくさんのアップデートをしていきますので是非ともご利用いただけますと助かります。 同じタックルを持っている人たちでコミュニティを作成したり、特定のタックルにたいしてメーカーさんに希望を出したりできるようになるといいなぁ。 #{snippet[3]}
ANGLERSでできること【アプリ】
2020年05月01日 ANGLERSの使い方
ANGLERSでできること【アプリ】
こんにちわ、ANGLERS藤井です。 今回は、アプリを使った釣果登録について説明します。ちなみに釣果登録は現段階(2020/4/15)ではアプリからしかできませんので注意です! もくじ アプリのインストール カメラボタンを押してみよう ギャラリーから登録しよう 記憶だけにしないで記録しよう #{ad1} アプリのインストール とりあえずアプリをインストールしちゃいましょう。現時点ではApp Store(iOS)とGoogle Play(Android)にのみ対応しております。他の端末はごめんなさい今の所(2020/3/15)はできません。 上記のボタンをスマートフォンで見てる方は押すだけでインストールのページまで飛びます。PC等、他の端末の方はアプリの紹介ページに飛ぶと思います。 ちなみにもちろん無料ですので安心してください。インストール無料、使用に関しても基本すべて無料です。(※2020/4/15時点、イベント参加に関しては一部有料もあります。) カメラボタンを押してみよう インストールが終わったら、立ち上げてください。その後、説明がありますが割愛して、右下の【はじめる】を押してみてください。 アプリの初期画面はこんな感じ。左下【探す】の場所がデフォルトになっています。 それでは、釣果登録の説明をしますので、画面下の中央にあるカメラボタンを押しちゃいましょうか。 カメラボタンを押すと、上記画面のようにカメラが起動します。(※画面は端末を机に置いているのでぼやけてます) 今回は画面左下のギャラリーを押してみましょう。 ギャラリーから登録しよう みなさんの端末に釣果写真があり、その釣果写真を撮影したときに【位置情報】【日付】が許可されていたら、登録したときにこんな画面になります。 なぜ、位置情報や日付について注意したかというと、アングラーズでは釣った場所や日付、時間からタイドグラフや気象情報を自動で取得するからです。 今登録した釣果を見てみてください。タイドグラフや天候、風速、風向など入っていませんか?もし端末において許可していなかったら、いますぐに許可しておいてください。 位置情報や日付が自動で入らない場合や、写真を撮った日付が違ったり、位置情報がおかしい場合は、その画像に位置情報や日付がそもそも入っていないことになります。 しっかりと位置情報等が入っていると下記の画像のように、自動で補完されます。 記憶だけにしないで記録しよう あとは、完了を押せば、登録は終わりです。 ちなみにアプリの登録の際に次のページにあった【みんなの釣果】についてはすっごく長いのでいつか説明します。みんなの釣果に登録しない限りは、誰にも何も公開されませんので安心してください。 そもそもこのサービスを作った1つの経緯としては、僕の記憶が曖昧だったことがあります。 琵琶湖にハマりにハマってた20代前半のときに、バスの師匠である先輩とよく釣りに行きました。3年以上行くにつれてお互いの記憶が違ったことがありまして、その回答を写真から判断したのです。僕の間違いでした。 ただ、誰かに話せば話すほど、あのときの魚が違うときの魚と一緒になるのです。本当は夏の暑い日に北湖にてダンクで釣った59cm。これが記憶の中では晩秋に米プラ沖で釣ったと思っていたのです。 記憶はマジで曖昧です。是非、大切な魚との出会いを記憶じゃなく記録しておいてください。 #{snippet[3]}
ANGLERSの使い方【WEB検索】
2020年05月01日 ANGLERSの使い方
ANGLERSの使い方【WEB検索】
こんにちわ、渓流解禁しているのに全然いけてないANGLERS藤井です。 こんな時期にこそ、少しでも釣りの楽しさを知ってもらいたいと思いマガジンを不定期に行っております。 今回は、WEBでの釣果検索について書きますね! もくじ トップページ 検索窓に入力してみよう 検索できること 補足 #{ad1} トップページ 検索してみたほうが早い!ということで下のボタンもしくは、Googleやyahooにて【アングラーズ 釣果】で検索してみてください。 ANGLERSはこちらから 下の画像のような、一番上に表示されているかと思います。 タップ(クリック)すると下記の画面になりますね。これがトップページです。ここから始めます。 ちなみにトップページの画像やデザインは、高頻度に変わる可能性がありますので認識しておいてくださいね。 検索窓に入力してみよう 画面の右上に【みんなの釣果】があると思います。そこを押すと下記のような画面になります。 ここに並んでいる釣果は、『新着順』になります。目的があって訪れている人からすれば、新着順の釣果は目的の可能性は低いですね。 では検索してみましょう。画面左上の検索窓に目的の魚を入力します。じゃあ、わかりやすいように『ブラックバス』と入れましょうか。 こんな感じで【ブラックバスの釣果が新着順】で表示されました。これが最も基本的なアングラーズの使い方です。こんなものは説明しなくてもわかるわ!って方もたくさんいるかと思いますが、基本からね! この新着順というのは釣果が登録された新着です。なので、画像を見てもらえればわかりますが、釣果の中には古い時期のものがある可能性があります。 新着なのに古い?と思った方、これは、過去の釣果を登録したのが、今なのです。あくまでも登録された順番だと思ってください。 検索できること ブラックバスなどの魚種名での検索はもちろんのこと、それ以外には『日付』、『エリア』なんてのがあります。同じように、検索窓に『琵琶湖』と入れてみてください。 こんな感じで琵琶湖の釣果のみになります。琵琶湖ですので、ブラックバスの釣果が多いですね。 自分のマイエリアでの釣果を検索してみてください。初心者の方は是非そこで、マイエリアのプロフェッショナルの方をみつけてください。その方の釣り方などを勉強することこそが、上達の近道だと思います。 補足 ここまで書いて、一部の方はわかっているかと思いますが、アングラーズには、独自のエリアを持っています。 例えば、さっき『琵琶湖』で検索しましたよね。釣果一覧をみると『由美浜』『瀬田川上流』『彦根新港』なんてエリアが出ています。アングラーズは、釣り人が検索しやすいように、エリアに親子関係をもたせています。 例えば、親エリア『琵琶湖』、小エリア『瀬田川上流』『彦根新港』なんていう感じ。他にも小エリア『下物』『赤野井』『貝捨て場』なんていうのもありますよ。 このエリアの親子関係があるので、琵琶湖と検索したときに琵琶湖の少エリアも表示できるようになりました。 他にも、親エリア『東京湾』、小エリア『木更津沖』や、親エリア『中禅寺湖』、小エリア『八丁出島』なんていうのもあります。 ご自身で色々と検索してみて自分のほしい情報がないか確認してみてくださいね。それではまた!! #{snippet[3]}