アングラーズに登録されているメーカー⑤

2020年07月25日 公開 アングラーズアプリ

アングラーズに登録されているメーカー⑤

今回で5回目!
アングラーズに登録されているメーカーを紹介するコーナーです。

5回目になりまして、やっともう少しですべてを紹介できます。
今回紹介するメーカーさんはメーカーさんの頭文字がPからSまでのものです。

1回目は、数字から始まるメーカーとA〜Bから始まるメーカー、及びCから始まるメーカーの一部を紹介しました。
2回目は、Cから始まるメーカーの一部からGまでを紹介しました。
3回目は、Gから始まるメーカーの一部からLまでを紹介しました。
4回目は、Lから始まるメーカーの一部からPまでを紹介しました。

今回はその続きになります。

ここで紹介する釣り具メーカーの定義は、日本国内にてロッド、リール、ライン、ルアーのどれかを販売していることです。
今後、釣具を買う際の参考にしてみてください。

アングラーズに登録のあるメーカー241〜300社

今回も一気にいきます。
何度も言いますが日本国内で釣具を販売している、もしくはしたことがあるメーカーになります。

中には、小売店もあれば出版社もあります。
またすでに廃業しているメーカーさんもあります。
並び順は、アルファベット順です。
もしも知らなかったメーカーさんがあれば、メーカー名を押せば詳細に飛ぶことが出来ますので確認してみてください!

最近よくみる海外製品

この仕事をしていると色んな釣り人からアングラーズに連絡がきます。
その度に驚かされることが多いのですが、海外製のメーカーが多くなってきているように思えます。

例えば、今回紹介したメーカーの中に【QUANTUM】というメーカーがあります。
初めに利用者さんから連絡来たときにそんなメーカーあるの?と疑問に思いました。
調べると、かなり古いメーカーさんで1980年代に創業されていました。

ただ僕が知らなかっただけなのかもしれませんが、アマゾンのおかげで以前より簡単に海外製のロッドやリールが手に入ります。
製品を使ったことがないのでわかりませんが、一度使ってみても面白いかもしれません。

アングラーズを利用している9割5分以上の人がリールは、シマノかダイワかアブガルシアです。
もちろん性能面で言えばこの3社には勝てないかもしれませんが、まずは使ってみてどんな感じなのか確認するのも良いかも知れませんね。

ちなみに【QUANTUM】以外にも、【KASTKING】、【PISCIFUN】、【Zebco】なんかもリールをつくっていますよ!

ANGLERSですべて確認できる

今回の内容はANGLERSでも確認できます。
もちろん、アプリでもウェブでもどちらでも確認ができます。

また登録されている製品一覧もANGLERSで確認できます。
知らないメーカーさんがあれば、ぜひともタックルを確認してみてください。

アプリで確認するメーカー一覧

次回は301社から紹介します

おそらく次回ですべて公開できると思います。

是非とも気になるメーカーを見つけていただき、ホームページや製品の紹介を読んでみて下さいね。


ANGLERS 藤井
ANGLERSの中で最も釣り好きな人

小学4年生のときにバスフィッシングにどっぷりハマり、大学から滋賀県に。
大学生のときは琵琶湖でずっとバスばかりやっていました。

就職のタイミングで関東にいき、バスだけでなくそれ以外にも手を出すようになったのが地獄の始まり!
今はネイティブトラウトとハタゲーム、GT、マグロにハマり中。

記事一覧を見る

アングラーズアプリの関連記事

【大会参加者必読】釣果における位置情報について
2020年08月10日 アングラーズアプリ NEW!
【大会参加者必読】釣果における位置情報について
アングラーズでは釣果の記録の際に位置情報を付けることができます。カメラの撮影時に位置情報を取得しに行くのですが、正確な位置は端末に依存します。 今回は特にイベントや大会時によくある位置情報の問題を解決する方法とともに位置情報について説明します。 もくじ 位置情報の許可をする 位置がズレる時がある 微妙なズレは直してください 当たり前だが手動取得はダメ どうしてもズレる場合は #{ad1} 位置情報の許可をする GPSを使った位置情報の説明の前に、各々の端末における位置情報の許可が必要になります。アプリを初めて開いた方やカメラボタンを初めて押したときには、下の画像の様に、【位置情報の許可】を求められます。ここでは【Appの使用中は許可】を選んでください。 これを許可をしないと、自動で位置情報が入りません。イベントや大会に投稿しない限りはどちらでも構いませんが、イベントや大会においての投稿は、位置情報がなければ無効となりますし、後から手動で入力した場合も無効になります。 なぜ無効になるかというと、すべてのイベントにエリアの指定があります。もし手動で入れた場合は、例えばブラックバスのイベントの場合、琵琶湖で釣ったものを関東大会に投稿できてしまうためです。イベントの公平な審査のために、自動入力のみ有効としています。 位置がズレる時がある これから話す内容は、位置情報を許可している状況で自動で位置情報が入ったときに起こる不具合になります。イベントや大会の審査をしているときによくあるのが、普通に自動登録しただけなのに位置情報が大きく変わります。 この原因は、①位置情報の取得に失敗しているか、②以前取得した位置情報を一時的に保存している場合などがあります。 ①位置情報の取得に失敗している もし位置情報が取得できていないとわかった場合は、その端末(ここではスマートフォン)の処理が遅い、ネットワーク環境の問題、それ以外の問題といろいろありますが、とりあえずは一度アプリのタスクを切ってもう一度アプリを立ち上げてください。 また、できればその後にグーグルマップやヤフーマップを立ち上げて正確な位置情報を取得されることをオススメします。 位置情報の取得については完全に端末に依存しますので、いつまで経っても位置情報が更新されない場合もありますのでもし一向に良くならない場合は他の位置情報を使うアプリをお試しください。 ②以前取得した位置情報を一時的に保存している場合 稀にあるのがこの場合です。以前聞いた話では家が埼玉の方が、出張で岡山にいった際グーグルマップを利用した。その後に埼玉に帰り釣りをしたが、位置情報は岡山で登録された。という問題。 このケースは本当に稀(3年前にあった話でそれ以来は聞いたことない)ですが、実際に以前取得した位置情報を参考にすることはある(あった)そうです。今はあるかわかりませんが、同じような現象はあるのかもしれません。 そんなときも一度位置情報を使うアプリを立ち上げ(アングラーズでも良い)位置情報の再取得を試みてください。おそらく改善します。結局は一度アプリを切って、もう一度立ち上げてみましょう。ということですね! 微妙なズレは直してください 位置情報の取得に関して、微妙にズレることはよくあること。それでも小規模なエリアでは大きく変わってしまいます。 例えば、本当は河川の東側で釣れた魚なのに、西側(対岸)に記録されることは後から見直したときに自分の記憶を疑ってしまいます。 アングラーズを利用されている方の大半は、みんなの釣果に共有をせず自分の自己管理に使用してもらっています。これは自分自身の腕を磨くためであると僕は判断しており、その釣果の内容が正しくないことは決して良いことではありません。 ただ、このズレの原因の1つは端末依存の影響も強いために、ズレはどうしても発生してしまいます。もし違うことがわかればその場で直しましょう。 またイベント、大会における釣果においても多少のズレを修正することは全く問題ありません。ただし、大きなズレは問題になりますので大会釣果の修正は慎重に行ってください。 当たり前だが手動取得はダメ これは当たり前の話ですが、位置情報を手動で取得された釣果はイベント、大会での釣果としては無効になります。 どこで釣れたのかわからない釣果になるので参考にならないからです。関東エリアでのイベントのはずが、実は九州の釣果かもしれないですから。 特に問題なければ、位置情報の取得に関しては【自動】で行ってください。自動で取得することで、撮影と同時にタイドグラフや気温なども自動ではいります。是非アングラーズを利用してみて自動登録の楽しさを確認してみてください。 どうしてもズレる場合は どれだけ再起動しても、インストールをし直しても改善されない場合は端末の問題が大きいかもしれません。 スマートフォンは常に最新のものがどんどんと出てきています。2年に一度のサイクルは早すぎるのかもしれませんが、新しいスマートフォンはその位置情報の精度も高いです。 何をしても直らない場合は、スマートフォンの変更も検討してみてください。アプリではどうにもならないものもスマートフォンの変更で良くなるかも知れません。 釣果情報はとても貴重な情報です。是非極力、精度の高いものを記録して自分の釣りに活かせるようにアングラーズを楽しんでみてください。 #{snippet[3]}
【みんなの釣果】におけるエリアについて〜海水エリア〜
2020年08月03日 アングラーズアプリ NEW!
【みんなの釣果】におけるエリアについて〜海水エリア〜
みなさん、こんにちわ。アングラーズを運営しております藤井です。最近は冒頭で挨拶をしていなかったので、久しぶりに挨拶をしてみました。 お陰様で、1投稿で平均1,000人〜1,500人の方に見ていただけるようになりました。本当にありがとうございます。 釣りにおけるマガジンは多いですが、他のブログのように魚種ターゲットを1つに絞ればいいのですが、いろんな釣り人が集まるアングラーズではそんなことができません。そのために、人によっては興味のないジャンルについても話すことが多いのですが、是非寛容な心で読んでいただければ幸いです。もし、やったことない釣りがあれば、マガジンを読んで少しでも興味を持っていただければ嬉しいです。 では、今回は前回に続きアングラーズのエリアについて話します。淡水エリアについて読んでいなければこちらをどうぞ。では、海水エリアについて。 もくじ すべてのエリアがあるわけではない エリアの分け方 親子関係がある 釣り禁止に対する対応 すぐに問い合わせを #{ad1} すべてのエリアがあるわけではない 前回と同じ説明になりますが、アングラーズは手当たり次第エリアを登録していることはありません。アングラーズは独自に決めたルールに基づいてエリア分けをしています。 淡水エリアと海水エリアで大きく違うところは、海水エリアの半分以上が、漁港と海岸(サーフ)になります。また海釣り公園も多いです。 あと、海水エリアは閉鎖されているところが淡水の2倍以上あります。閉鎖理由で一番多いのが、漁師さんおよび漁港関係者と揉めているパターンですね。ゴミの問題と立ち入り禁止への侵入問題です。釣り人のみなさんは、漁港等を使わせてもらっている立場です。是非、これ以上釣り場がなくならないようにみなさんで協力しましょう。 エリアの分け方 海水エリアには大きくわけて以下のエリアがあります。 〇〇灘、〇〇湾 具体例を言いますと、灘は鹿島灘、備後灘、播磨灘、玄界灘などがあります。湾は相模湾、伊勢湾、大村湾、鹿児島湾とかです。 灘に比べると湾の方が小さいイメージです。アングラーズの海水エリアで、もっとも大きいエリア分布は灘か湾ですね。 〇〇沖 次に大きいエリアは〇〇沖です。例えば、セントレア沖、日立沖、久里浜沖、剣崎沖などでしょうか。 ここまでのエリアは、かなり広くほぼボートや船でないと行くことも出来ない場所です。 〇〇漁港、〇〇港 最も釣り禁止になりやすいエリアです。また、登録数もかなり多いエリアになります。漁港と港の使い分けは特に決まっておらず、その周辺の釣り人が使用している呼称に合わせています。正式名称は〇〇漁港でも、その周辺の釣り人が〇〇港と呼んでいれば〇〇港にしています。 〇〇サーフ、〇〇海岸 港と違い、海岸が釣り禁止になった例はそこまで聞きません。アングラーズでは、有名な海岸はほぼ登録されているはずです。多くはショアジギをメインに行う人達が、釣果を残してくださっています。釣れる魚もヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュか青物が多く、釣り場の活気や釣れる魚の推移が釣果の更新頻度を見ればわかると思います。 海岸の釣果は結構動くので、頻繁に見ていると青物が入ってきたかどうかがわかったりしますよ。ちなみに、イナダ(ブリの幼魚)やカツオなどの魚が釣れ始めていれば、釣れているうちに行くことをおすすめします。青物はすぐに居なくなりますから。 ちなみに、海岸とサーフの呼称の使い分けも、港と同様に特にありません。その周辺の釣り人が使っている名称に合わせています。 親子関係がある 淡水エリアと同様に、海水エリアにも親子関係があります。例えば、東京湾(親)の中にある本牧海釣り施設(子)は、親子関係が成立します。 これは『東京湾』と検索したときに、本牧海釣り施設の釣果も表示することを目的としています。さきほどの説明にある〇〇灘、〇〇湾などは多くのエリアが親となっており、〇〇港や〇〇海岸なんかは多くのエリアが子になっています。 みんな釣果にて、東京湾と検索してみてください。そこには『東京湾』という名称以外のエリアがたくさん表示されています。これは東京湾を親としている子エリアがすべて出ているためです。大きなエリアほど子の数も多く、釣果の数も比例します。相模湾で検索するとかなりたくさんのエリア名が出てきます。親エリア(ここでは相模湾)が大きすぎるため、子エリアが100件以上あるためです。ちなみに、エリア名がわからなければ『エリアから探す』とわかりやすいかと思います。 釣り禁止に対する対応 アングラーズでは釣り人からの意見を元に、釣り禁止エリアを設定しています。昨今のウイルスの影響でもたくさんのエリアが釣り禁止、もしくは立入禁止となりました。 ただ、これは単にウイルスのせいなのでしょうか。きっかけがこのウイルスだっただけで、もともと釣り禁止にしようか現場の責任者は悩んでいたのではないでしょうか。多くの釣り場は、釣り人が原因のトラブルを持っています。今までも禁止にしようかどうか悩んでいたところ、このウイルスがきっかけで踏み切ったところが多いのではないでしょうか。 釣り場を増やすのも減らすのも釣り人です。これ以上釣り場がなくならないように、自分本位の意見ではなく地域のことを考えて行動してもらえると助かります。 9割以上の釣り人は守っていると思っていますが、ルールを守らない人が1割いる時点で釣り禁止エリアって増えてしまうんですよね。自分が釣れればいいやではなく、使わせてもらっているという意識を忘れずに釣りを楽しんでくださると助かります。ちなみにこの話は港だけではなく、山や川、もしくは湖だってそう、自然環境全体の話です。ゴミは絶対に持ち帰りましょうね。 すぐに問い合わせを 釣り禁止エリアがあった場合はすぐに報告をください。また自分のホームエリアがない場合も報告をお願いします。どちらもアングラーズで調査をした後に対応できるものは対応していきます。 アングラーズは従業員含め少数で運営しておりますので、みなさんの報告がすべてです。是非ご協力をお願いします! #{snippet[3]}
【みんなの釣果】のエリアについての問い合わせが多い件。
2020年08月02日 アングラーズアプリ NEW!
【みんなの釣果】のエリアについての問い合わせが多い件。
昨今のウイルスが理由で、釣り場が釣り禁止になるパターンが本当に多いです。もちろん、中にはウイルスは関係なく禁止になったエリアもあるかと思いますが、この影響は無視できません。 実は、釣り禁止の内容も含めてアングラーズへの問い合わせが増えています。利用者さんが増えているので必然に問い合わせ量も増えるのですが、問い合わせる前にこのマガジンで少しでも解決できるようになればいいと思って書きたいと思います。 もくじ エリアについての問い合わせ 釣り禁止エリアがあったら報告 エリアの登録は慎重です #{ad1} エリアについての問い合わせ エリアについて、疑問や質問があります方はこちらからお問い合わせください。ちなみに、問い合わせ内容で多いのはこんな感じです。 エリアがないので追加してほしい 釣り禁止エリアが登録されている エリア名(〇〇)の詳細な場所を教えてほしい 海外の釣果の登録方法 エリアを非公開で登録したい エリアがないので追加してほしい こちらは、エリア名とできるだけわかりやすく詳細の場所を教えていただければ追加します。追加する際には、こちらで調査し問題ないかを確認してからの対応になりますので、いただいたものすべてが登録できるわけではありません。 エリアの登録におけるご要望ですが、できる限り詳細の情報もお伝えください。【〇〇県〇〇市にあります〜】とか、なんなら釣り場の住所を教えてもらっても構いません。 過去にあったのが、【大川】とか、【飯田漁港】だけの問い合わせ内容です。これだと複数の場所があるので『どこの大川』なのかわかりません。すべての大川を検索し調査するのも大変です。問い合わせの際は、できる限り詳細な情報もお伝え下さいね。 釣り禁止エリアが登録されている アングラーズは基本的に利用者さんの声で成り立っています。もし釣り禁止エリアがあった場合は、ご連絡いただけますと助かります。 そのエリアを登録した際は釣りがOKでも、途中から釣り禁止になるパターンがあります。アングラーズのエリアはすごい数あるので、すべての釣り場をこちらで管理するのが難しく、釣り人の声が頼りになります。是非ともご協力をお願いします。 エリア名(〇〇)の詳細な場所を教えてほしい 申し訳ありませんが、これはお教えできません。ご自身でお調べください。としか言えないのです。 アングラーズに登録されているエリアは、ほぼインターネットで検索すると釣り場情報が公開されています。もちろん中には少しマニアックな場所があるかもしれませんが大概は出てきます。ご自身でお調べして、釣り場の情報を得てください。 海外の釣果の登録方法 こちらご不便をおかけしております。今のところ(2020年8月)は、海外のエリアはすべて『海外』という表示になってしまっています。タイで釣っても、アメリカで釣っても、ヨーロッパで釣っても海外の表記になります。 こちらは今後の課題であがっていますので、徐々に対応していきます!お時間いただけますと助かります。 エリアを非公開で登録したい 非公開でのエリア登録はできません。非公開の場合は自身の釣果の記録管理となりますので、詳細な場所がピンで表示されています。 エリアはあくまでも【みんなの釣果】に使われている場所を表す名称のため使用できません。ただ、釣行設定画面にて釣りした場所を記録することはできます。自分の好きな名称をつけることができるので、是非好きな場所名で登録してみてください。 釣り禁止エリアがあったら報告 何度も説明してしまいますが、もし登録されているエリアに釣り禁止エリアがあった場合は、問い合わせよりご連絡ください。 こちらで確認後になりますが、報告のあったエリアを釣り禁止設定し釣果を登録できないようにします。これは本当にみなさんのご指摘が頼りになります。現場のリアルタイムの状況を知っているのは釣り人だけですから。 エリアの登録は慎重です 実は、かなり慎重に判断しています。あれもこれも登録していては、釣った場所がわかってしまうかもしれません。・利用者が、この範囲なら登録してもいいと思える範囲・閲覧者が、有意義なエリアだと思う範囲での表示を心がけています。利用者の中には、登録してほしくないエリアもあるでしょうから、本当に慎重に気をつけて行っています。この辺り、ご理解いただけますと助かります。また何でも良いので、登録されているエリア等にご質問がありましたらご連絡ください。エリア分けについてはこちらをご確認ください。 #{snippet[3]}
【みんなの釣果】におけるエリアについて〜淡水エリア〜
2020年07月30日 アングラーズアプリ NEW!
【みんなの釣果】におけるエリアについて〜淡水エリア〜
いつもご利用ありがとうございます。ご存知かと思いますがアングラーズにはエリアという概念があります。このエリアは、【みんなの釣果】で公開する場所を決めるために使われている名称です。エリア以外には、場所を表す名称にフィールドがありますが、エリアとフィールドは全く違うものなので、今回はエリアの考え方だけを説明したいと思います。 実はアングラーズで一番見られているのがこのエリアページなんです。是非自分のホームのエリアがあるかどうか探してみてください。もしマイホームのエリアがない場合は問い合わせからご連絡いただければ、追加できるものは対応しますのでご連絡ください。 もくじ すべてのエリアがあるわけではない エリアの分け方 例外の地域がある 淡水と海水の違い #{ad1} すべてのエリアがあるわけではない 前提として、手当たり次第エリアを登録していることはありません。アングラーズは独自に決めたルールに基づいてエリア分けをしています。 私有地の池だったり、釣り禁止のエリア、また小さすぎるエリアなどはエリア登録していません。そのためにエリアが登録されていない場所で釣果を残した場合は、【〇〇県△△市近辺】と表示されます。 例えば、二級以下の河川や野池なんかは登録がありません。これはトラブルを防ぐために行っており、これからも追加する予定はありません。ただ、二級河川の中でも大きく有名な河川であったり、野池でも有名な野池はエリア登録されています。具体的にいうと、入鹿池とか登録されています。入鹿池って野池扱いなのかわかりませんが、池なのに登録されている稀有な例ですね。 エリアの分け方 それではエリアの分け方を湖、河川ごとに説明します。 湖について 誰もが知っているメジャーフィールドで、且つ湖の場合は大エリア、中エリア、小エリアの3つに分けて登録できるようにしています。 それでは具体的に誰もが知っているメジャーフィールドの琵琶湖で説明します。今回は、彦根市にある旧彦根港で魚を釣ったとします。この場合、まず大エリアが【琵琶湖】という名称になり、【琵琶湖】で公開ができます。琵琶湖のどこで釣れたのかを言いたくない人はこの名称を選ぶと良いかも知れません。 ただ、琵琶湖って大きすぎますよね。そんなときは、中エリアを選びましょう。旧彦根港で言うと、中エリアは【琵琶湖北湖】になります。琵琶湖が大きすぎるので、もう少し公開してもいいと思う方は、この【琵琶湖北湖】を選択しましょう。 最後に小エリアですが、【旧彦根港】を選択することができます。【旧彦根港】も範囲がまだ大きいので問題なければこちらを選択して公開してください。これより小さいエリアでの公開はできません。それはもう釣った場所そのものになってしまいます。 ちなみに釣った場所からエリアを出すので、位置情報が間違っている場合は選択肢に出てこない場合があります。そのために以下のように近くのエリアはすべて選択できるようになっていますので、自分がそこだと思うエリアを選択して公開してくださいね。 河川について 河川も湖同様に大エリアと中エリア、小エリアがあります。では同じように具体的に説明します。 僕の地元、愛知県岡崎市に【矢作川】という一級河川があります。河川の場合の大エリアは【〇〇川】つまり、ここでいう【矢作川】という河川の名称そのものになります。ちなみにこの川の名前は【やはぎがわ】と読みます。よく【やさくがわ】と間違えられますけどね。 河川の場合の中エリアは【〇〇川上流】【〇〇川中流】【〇〇川下流】【〇〇川河口】の4つになります。川の規模が小さい場合は【中流】がなかったりしますが、基本このルールは変わりません。 また小エリアは、ポイント名になります。【矢作川】については【水源公園】があったりします。地元の人は誰でも知っていて釣り禁止ではないエリアを小エリアとして登録されています。ただ、河川については小エリアがない河川の方が多いです。それはまだすべてのエリアの登録が終わっていないからであり、順番に登録しているのでご容赦ください。 もし、マイホームの河川に小エリアがない場合は、問い合わせからご連絡いただければ優先的に登録します。こちらが登録しても問題ないエリアと判断すればの話になりますが。 例外の地域がある ここまでの説明は基本的な話です。実は淡水のエリアでは今までのルールに属さない例外のエリア名があります。これは岐阜県と長野県のエリア分けの話です。 岐阜県と長野県は、【岐阜県北部】【岐阜県南部】【長野県北部】【長野県南部】というエリアがあります。これは、規模が小さい河川が多くどの河川もエリア名での登録はできません。エリア登録ができないのでどこで釣っても【岐阜県〇〇郡】と表示されます。ただ、【岐阜県〇〇郡】と表示されると困る場合があるんです。 例えば、【岐阜県〇〇郡】に川が1つしかないとします。そうなると、【岐阜県〇〇郡】と記載があれば、その川だと特定することができてしまうのです。これは河川名を表示しているのと同意義のため、エリアを作るしか方法がありませんでした。その結果、岐阜県と長野県に関しては、北部と南部の地域分けをすることになりました。 もし、同じような県がある場合はこちらもご連絡ください。すべての県をこのようにわけることはできませんが、問い合わせいただければ検討します。 タイドグラフの表示について よく利用されている人はわかっていると思いますが、淡水エリアと海水エリアで表示されている内容が違います。 アングラーズが淡水エリアとしているフィールドは水位が表示されています。海水エリアとしているフィールドはタイドグラフが表示されています。これは位置情報から自動で取得していて、そこから一番近いフィールド情報を取得します。もしタイドグラフが必要なときに表示されなかった場合は、フィールドを選択し直してみてください。これが【エリア】と【フィールド】の違いになります。 実はこのマガジンでは淡水エリアを説明していると思いきや、1点だけ海水エリアを説明しています。それは【〇〇川河口】と表示されているエリアです。もちろん【上流、中流、下流】に関しては淡水なのですが、同じ河川なのにややこしくなると思い、一緒に説明しました。 具体的に説明すると、【矢作川上流〜矢作川中流〜矢作川下流】は淡水エリアのため、川の水位が表示されます。 【矢作川河口】は海水エリアのため、タイドグラフが表示されます。これだけの違いです。 次回は海水エリアの分け方です 淡水エリアの分け方はこんな感じです。表示名はナイーブな話なので、場所がバレたくない方は大エリアを選択するのが無難かと思います。 ただ、大エリアは基本的に大きすぎるエリアなので、中エリアにしても差し支えないとは思います。その辺は釣果を登録される方の感覚にお任せします。 次は海水エリアについて説明しますのでお楽しみに。またマイホームのエリアがない方は、こちらからお問い合わせくださいね。 #{snippet[3]}
アングラーズに登録されているメーカー⑥
2020年07月27日 アングラーズアプリ NEW!
アングラーズに登録されているメーカー⑥
これで最後!アングラーズに登録されているメーカーを紹介するコーナーです。 今回は最後なので紹介するメーカー数が多くなります。全部で78社になります。 1回目は、数字から始まるメーカーとA〜Bから始まるメーカー、及びCから始まるメーカーの一部を紹介しました。2回目は、Cから始まるメーカーの一部からGまでを紹介しました。3回目は、Gから始まるメーカーの一部からLまでを紹介しました。4回目は、Lから始まるメーカーの一部からPまでを紹介しました。5回目は、Pから始まるメーカーの一部からSまでを紹介しました。ここで紹介する釣り具メーカーの定義は、日本国内にてロッド、リール、ライン、ルアーのどれかを販売していることです。今後、釣具を買う際の参考にしてみてください。 もくじ アングラーズに登録のあるメーカー301社からすべて 個人的に使用しているロッド ANGLERSですべて確認できる なかったメーカーがあればご連絡ください #{ad1} アングラーズに登録のあるメーカー301社からすべて 何度も言いますがここで紹介しているメーカーは日本国内で釣具を販売している、もしくはしたことがあるメーカーになります。中には、小売店もあれば出版社もあります。またすでに廃業しているメーカーさんもあります。並び順は、アルファベット順です。もしも知らなかったメーカーさんがあれば、メーカー名を押せば詳細に飛ぶことが出来ますので確認してみてください! Super Strike Supplies Supremo SWELLS TACKLE HOUSE tailwalk Takamitechnos TAKAMIYA Tama.TV TANAJIG TAPER&SHAPE TENRYU THE HITMAN LURES TICT TIEMCO Tohmath lure TopRange TORAY TRIGGER X Trinity Custom Baits TRUTH JAPAN Try-Angle tsunekichi TSURUGIYA TULALA Turing Monkey UNITIKA uroco UZU SPORTS FISHING lab. VAGABOND Valkein Valleyhill VARIVAS W-WAVE WangNuangJun-Fishing WaterLand whiplash factory WILD GAMBLER Wilderness X CALIBUR XESTA XⅡ YAMAGA Blanks Yamashita&Maria YAMATOYO YAMBAL ARTCRAFT YGKよつあみ YO-ZURI YUM ZacT craft ZAPPU Zeake Zebco ZENAQ ZENITH ZERO DRAGON ZIP BAITS ZOOM(ZBC) ZPI イナムラルアー サンヨーナイロン ミハシ工房 メロン屋工房 中山工房 宇崎日新 山ジグ 工房青嶋 春漁 林釣漁具製作所 玄海LURES 脇漁具製作所 蛙Spoon 西岡遊漁 誠ジグ 貝田ルアー 道楽 驀進ルアーデザインズ 魚じゃらし工房 個人的に使用しているロッド 僕はTULALAというメーカーのロッドを複数本所有しています。メーカーを知ったのは6年ぐらい前だったかと思います。 当時は、グリップ部分が古いものを使用しているロッドだなという印象しかありませんでした。ただ、縁あることに1本のロッド(モンストロ71)を使用したことがきっかけで何本も購入することになります。 正直、感度とか軽さとかそういう類のこととは無縁かと思います。狙っている魚がそもそも大きいものをメインとしている為か、曲がらない、重い、感度ないという感じのものが多く今どきのロッドとは反対方向に行っているなぁと感じることもあります。(全部が全部そうではないと思いますよ) ただ、僕の釣り方に合っているんですよね。圧倒的パワーというか、このロッドで獲れなかったら仕方なしと諦めれるというか。そんなロッドが多いです。 釣りには、個人のスタイルがあると思っています。ライトリグが得意な方もいれば、ビッグベイトしか投げない人もいるでしょう。サーフでもメタルジグが嫌いな人もいれば好きな人もいる。渓流でもスプーンやスピナーを使わない人だっている。 僕はそれでいいと思っています。人や自然に迷惑をかけない範囲で好きなようにやればいいと思います。TULALAは僕にとって好きなようにできるメーカーだと思っています。みなさんも自分が信用する好きなメーカー、もしくは好きな製品に出会えるともっと釣りが好きになるはずです。 ANGLERSですべて確認できる 今回の内容はANGLERSでも確認できます。もちろん、アプリでもウェブでもどちらでも確認ができます。 また登録されている製品一覧もANGLERSで確認できます。知らないメーカーさんがあれば、ぜひともタックルを確認してみてください。 なかったメーカーがあればご連絡ください これで382社のメーカーを紹介しました。もし紹介されなかったメーカーがあれば、是非こちらからご連絡ください。 すごく小さいメーカーさんでもホームページ等がないメーカーさんでもこちらで確認が取れれば登録させていただきます。それでは良い釣りライフを! #{snippet[3]}
アングラーズに登録されているメーカー④
2020年07月24日 アングラーズアプリ NEW!
アングラーズに登録されているメーカー④
今回で4回目になりますね。アングラーズに登録されているメーカーを紹介するコーナーです。4回目になりましたけどやっと折返し地点です。そのぐらいたくさんのメーカーが日本国内で釣具を販売しています。なんていっても現時点で382社もあるんですからね。今回紹介するメーカーさんはメーカーさんの頭文字がLからPまでのものです。 1回目は、数字から始まるメーカーとA〜Bから始まるメーカー、及びCから始まるメーカーの一部を紹介しました。2回目は、Cから始まるメーカーの一部からGまでを紹介しました。3回目は、Gから始まるメーカーの一部からLまでを紹介しています。今回はその続きになります。 ここで紹介する釣り具メーカーの定義は、日本国内にてロッド、リール、ライン、ルアーのどれかを販売していることです。今後、釣具を買う際の参考にしてみてください。 もくじ アングラーズに登録のあるメーカー181〜240社 ネイティブワークスというメーカー ANGLERSですべて確認できる 次回は241社目からです #{ad1} アングラーズに登録のあるメーカー181〜240社 今回も一気にいきます。何度も言いますが日本国内で釣具を販売している、もしくはしたことがあるメーカーになります。中には、小売店もあれば出版社もあります。またすでに廃業しているメーカーさんもあります。並び順は、アルファベット順です。もしも知らなかったメーカーさんがあれば、メーカー名を押せば詳細に飛ぶことが出来ますので確認してみてください! LUKIA LUMICA LURE-REP M&N CORPORATION MADNESS madotachi MAGBITE MajorCraft MANGROVE JACK Mangrove Studio Marez factory MARINE BAIT Mark White Lures MARO LURE PRODUCT MARS MARUJIN MC works' megabass Mg-CRAFT mibro mogami釣具 molix Monster Kiss MORRIS Mukai-Fishing MUSTAD nadar NAKAZIMA Native-Works Nature Boys naturum NEIS NEOSTYLE NETBAIT NOIKE NORIES NORIES OCEAN NORMAN NORTH CRAFT NORTH FORK COMPOSITES O.S.P OBASSLIVE Ocean Ruler OCEAN SEALS oceanfreaks office eucalyptus OFT OGOMORI OLYMPIC Orurudo OSAMUS FACTORY OWNER OZ P.T.G PALMS passions PAY FORWARD Pazdesign PENN Phat Lab ネイティブワークスというメーカー 今回紹介したメーカーの中で特筆すべきはネイティブワークスでしょうか。主にオフショア用ルアーを作っているメーカーさんで有名なルアーにナパームやラトラーがあります。GTやマグロをやられている方で知らない人はいないのではないでしょうか。 超人気があるため、2020年時点で普通に買うことができません。そもそも小売店に陳列されているのを見たことがありません。そのぐらい人気なため、ヤフオクなどではナパームの人気サイズは定価の3倍以上の金額で売り買いされています。どのジャンルでも人気なメーカーはあるものです。その理由は様々ですが、人気があるのには理由があります。今回紹介したメーカーの中にも人気のメーカーは多々あります。興味を持っていただき、手に入ればラッキーです! ANGLERSですべて確認できる 今回の内容はANGLERSでも確認できます。もちろん、アプリでもウェブでもどちらでも確認ができます。 また登録されている製品一覧もANGLERSで確認できます。知らないメーカーさんがあれば、ぜひともタックルを確認してみてください。 次回は241社から紹介します まだまだ長いですね。釣具メーカーは、本当に多い。 是非とも気になるメーカーを見つけていただき、ホームページや製品の紹介を読んでみて下さいね。では次回は241社から300社までを紹介します! #{snippet[3]}