ANGLERSだからできる7月前半に釣れた魚達

2020年07月19日 公開 定期レポート

ANGLERSだからできる7月前半に釣れた魚達

定期的に公開しているこのコーナー!【7月前半(7/1〜15)に釣れた魚を紹介】します!

今年は空前のマダコの年ですが、まだ釣れているのでしょうか。
もしくは違う魚がもっと釣れ始めているのか。

淡水より海水の魚が多い結果になると思いますが、遅いところも含めて鮎が全国でシーズンインしました。
また、この時期は多くの魚種が一番釣れる時期と言っても過言ではありません。
それでは調べてみましょう!

調査方法について

それでは毎度おなじみの調査方法を説明します。
釣りは季節の影響をかなり受けますので、同じ時期つまり昨年度の釣果から、今年はどれだけ釣れているのかを計算します。

例えば、昨年度の7月のブラックバスの釣果が10,000本だとして、今年の7月の釣果が15,000本だったとします。
となると、1.5倍に増えていますので値は1.5として考えます。
つまり去年の同じ時期と比べて、釣果が何倍になっているのかを全魚種で計算します。

昨年よりも利用者がかなり増えていますので、実際には多くの魚種が1を超えます
ただ、魚種に対する割合はそんなに変わりませんので、値は信用できるものになっていると思います。
それでは、発表します。

Analytics

7月前半ランキング

1位:イナダ(3.22)

関東ではイナダ、関西ではハマチ、九州ではヤズ。
これ以外にもサイズによって名前が変わるので、魚の中でもっとも呼び名が多い魚ではないでしょうか。

ちょうど、40cm〜60cm辺りのブリの幼魚(イナダ)が去年より3倍近く釣果に残っています。
比較的ショアからでも狙いやすく、他の青物より数が多いため釣りやすい対象魚ですね。

僕は元々バスしかやっていなかったので、ソルトを初めたときにこの呼び名にはかなり疑問を持っていました。
当時、イナダクラスのブリを釣ったときに友人に見せたら、ワカシ(イナダより小さいサイズ)だねと。

いや、もう何でもよくないか?とブリの幼魚なんだからブリでも良くないかと。
どうして、ソルトの人たちは呼び名のこだわりが強いのか。
ブリはブリで良くない?と思っていました。

だが時は経ち、キハダを釣った友人に『それはキメジだね』と言っている自分がいましたね。
キハダは20kg以上なんです。(人によってはこの境界線は前後しますけど)
なんなんだろう、この感じ。
わかるあなたは、すでに釣りに侵されています(*´∀`*)

イナダ

2位:キビレ(2.77)

正式名称は、キチヌと呼ぶそうです。
僕は関西に10年近く住んでいましたからキビレの方がしっくりきます。
チヌと狙い方や釣り場所がほぼ同じ、なんなら魚の違いも見た目(キビレは鰭の色が黄色い)ぐらいですねか。

本格的にキビレを狙ったことが数えるくらいしかありませんので、僕の中ではチヌとキビレの関係はヤマメとアマゴの関係みたいな親戚のイメージです。

これを書いていて、もしかしたら味が違うのかも知れないと思ったので、ちょっと釣りに行って食べてみようと思います。

キビレ

3位:ヒラメ(2.36)

正確にいうと『ヒラメ』の登録よりも『ソゲ』の登録が多かったです。
この結果はソゲとヒラメを合わせた釣果数から計算しています。

先程のブリの名前の話ではありませんが、ソゲとヒラメの境界線ってしっかり決まっていないじゃないですか。
僕からしたらヒラメだと思う魚もソゲと申告されている方が多く、謙虚な方が多いのかなと思いました。
ヒラメを追われているアングラーの方は、しっかりとした定義がありそうですね。

サイズでいうと50cmが境界線でしょうか。
この辺り、その道のプロの方にしっかりと定義してもらえないかな。
ソゲとヒラメの境界線と、ヒラメと座布団の境界線を誰か教えて下さい。

ヒラメ

4位:ニジマス(2.14)

調べたとき、ニジマスってことは管理釣り場(エリアトラウト)かなと思いましたが、違いました。
6割以上がネイティブの釣果です。

北海道や本州の一部で、たくさんのネイティブのニジマスが釣果にあがっています。

ニジマスは外来魚ですが、かなりたくさん放流していますよね。
あれは繁殖能力が低いから良いそうですが、北海道や本州の一部ではしっかりと繁殖してしまっています。

今回の釣果もすごくキレイなニジマスが多く、こんなキレイなニジマスを釣ってみたいと検索していて思いました。

ちなみに、ニジマスを釣るには管理釣り場(エリアトラウト)でも釣ることができます。
このマガジンを読まれている方でまだ魚を釣ったことない方やルアーフィッシングがどんなものかわからない方がいたら、まずはエリアトラウトに行かれることをオススメします。
ルアーフィッシングで初めての1匹を釣りやすいのはエリアトラウトでしょう。

ちなみに以前、トラウトキングという大会で地方なのか全国なのかで優勝したことある人と一緒にエリアトラウトにいってコテンパンにやられた経験があります。
その人は僕が2匹釣る間に10匹釣っていました。
経験の違いを思い知らされ、一時期エリアトラウトから距離を置いた苦い記憶があります(;・∀・)

ニジマス

5位:マダコ(1.82)

もういいんじゃないですか。
2020年はマダコの年ということで。

釣れ続けているし、何度もマガジンで書いているのでこれ以上タコについて言うこともなくなってきていますが、『釣れています!』

マダコは旨い、買うと高い、料理が簡単!と三拍子揃っているので釣ったことない人は是非釣りに行きましょう。
ただ、持って帰るときは要注意です。

クーラーボックスにそのまま入れると開けた時に出てきます。
また、蓋が空いているともちろん脱走します。
持ち帰るときは本当に気をつけましょうね!

マダコ

ランキングをみて釣行計画しましょう

約2週間変わるだけでしっかりと釣果が変わってくるのが面白いところですね。
釣り人にとって釣果情報はナマモノと同じでかなり足がはやいです。
1週間前の情報はもう古くなっていることもありますし、昨日は釣れてたけど。。
なんてこともよくあります。

行く前にしっかりと情報収集してから、釣りに行きましょう。
それでは、このコーナーはまた8月頭に更新しますね!!


ANGLERS 藤井
ANGLERSの中で最も釣り好きな人

小学4年生のときにバスフィッシングにどっぷりハマり、大学から滋賀県に。
大学生のときは琵琶湖でずっとバスばかりやっていました。

就職のタイミングで関東にいき、バスだけでなくそれ以外にも手を出すようになったのが地獄の始まり!
今はネイティブトラウトとハタゲーム、GT、マグロにハマり中。

記事一覧を見る

定期レポートの関連記事

ANGLERSだからできる7月後半に釣れた魚達
2020年08月09日 定期レポート NEW!
ANGLERSだからできる7月後半に釣れた魚達
定期的に公開しているこのコーナー!今回は【7月後半(7/16〜31)に釣れていた魚を紹介】します! 今年は色んな意味で異常事態です。昨今のウイルスも然り、梅雨時期の長さも然り、結果的に人の移動の少なさも然り。これらが原因なのかどうかはわかりませんが、釣れている魚が去年の同じ時期とかなり違ってきています。ちなみに7月前半の結果はこちらからご確認を!それでは調査してみましたので、結果を公開します。 もくじ 調査方法について 7月後半ランキング アングラーズで釣行計画を #{ad1} 調査方法について 何度も同じ解説になりますが、おなじみの調査方法を説明します。釣りは季節の影響をかなり受けますので、同じ時期で調査をするようにしています。1ヶ月経つだけで釣れる魚がガラッと変わりますから。つまり、昨年度の同じ時期(今回は7月16日〜31日)の釣果から、今年の釣果(7月16日〜31日)を比較して数値を出します。 例えば、昨年度の7月のブラックバスの釣果が10,000本だとして、今年の7月の釣果が15,000本だったとします。となると、1.5倍に増えていますので値は1.5として考えます。つまり去年の同じ時期と比べて、釣果が何倍になっているのかを全魚種で計算します。 昨年よりも利用者がかなり増えていますので、実際には多くの魚種が1を超えます。ただ、魚種に対する割合はそんなに変わりませんので、値は信用できるものになっていると思います。 7月後半ランキング 1位:ブリの幼魚(5.78) 去年より約6倍の釣果が上がっております。今まで調査してきて最大の跳ね率!! 念の為、ここで引っかかる魚をすべて出しますと イナダ ワカシ ツバス ハマチ フクラギ モジャコ メジロ ワラサ サンパク などが当てはまります。ちなみにこの釣果にはブリは入れていません。そもそもブリの定義が各エリアや個々人で曖昧なため、外してみました。母数も少ないしね。 ※YFCのしんちゃんさんの2020/07/16の釣果 2位:サバ(3.12) サバの中に含まれる魚は、マサバ、ゴマサバになります。 この2つのサバの違いは、お腹の白い部分にゴマ模様があるかないかの違いだけだと思っていて、厳密に食べ比べしたことはありませんが味の違いはないのかなと思います。もしサバに興味あれば、マサバとゴマサバの違いについてネットで調べてみていただければと思います。 サバは夏に釣れるメジャーな魚だと思っていますが、別に夏だろうか、冬だろうか釣ろうと思えば釣れる魚でもあります。ただ、相模湾では夏の方が比較的浅い場所に居たりしますね。 以前も話したかとおもいますが、僕は旬の魚=美味しい魚とは思っていません。例えば、タチウオの旬って夏ですけど、冬のほうが美味しくないですか? このサバも同じで、夏によく釣れますけど、食べて美味しいのは冬ではないでしょうか。旬ってなんだろうね。 ※たつやさんさんの2020/07/29の釣果 3位:キビレ(2.91) 最近は、キビレやチヌをメインで釣る方が増えていますね。俗に言う、チニング。また、ライトチニングというものも流行っているようでたくさんの方がやっています。 多くの方は専用のタックルよりもバスタックルを使ってやられていますね。その手軽さも受けている理由でしょう。 またこの時期は特に比較的簡単に釣れるイメージがあります。場所によっては食べても美味しいキビレやチヌを狙ってみてはいかがでしょうか。 ちなみにチヌの順位は、数値1.79で15位でした。チヌよりキビレの方が数が多いんでしょうか。 ※Tetsunさんの2020/07/30の釣果 4位:マゴチ(2.56) 今年、マダコよりも安定して釣れているのはマゴチではなかろうか。日本全国で安定してマゴチが釣れていますし、5月ぐらいからずっと釣れています。 僕は、年間で10回ほどしかサーフには行きませんので、あまり多くを語れるレベルではありませんが最近サーフにベイトタックルで挑む人が多くないですか?この前も湘南のサーフにいったときに2人見ました。うち1人はDC音が鳴っていたのでかなり目立ちましたね。 バスフィッシングでメインに使われていたベイトタックルがシーバスや渓流でも使われるようになり、今やサーフやショアジギでも使われているんだなと少しびっくりしました。 まぁ100mぐらい飛ばせれると思うので全然問題ないですよね。今度やってみようと思いました。 ※ルアー大好きマンさんの2020/07/30の釣果 5位:ヒラメ(2.31) マゴチに続きましてヒラメ。ヒラメは釣るのが難しい魚だと思うんですが、何かメソッドが確立したのでしょうか。たくさんの方が釣ってきています。 ちなみに、僕はサーフに釣りに行き14回連続でヒラメが釣れなかった経験があります。その間に、カスザメ、マゴチ、アカエイ、ウシノシタなどは釣れてますので完全に坊主というわけではありませんでしたが、その経験からヒラメには苦手意識があります。実際、マゴチよりは釣れていないところを見ると難易度はヒラメの方が上なのでしょう。もし、マイホームでヒラメしか釣ってこない人がいれば、そのフィールドで釣り方をマスターしていると思います。そんな人を師匠として、釣りを真似されると上達するかと思いますよ。 ※いーだこさんの2020/07/21の釣果 アングラーズで釣行計画を 7月の上旬の結果が気になる方はこちらからご確認ください。 自分のマイホーム、マイエリアで今何が釣れているのか。どんなルアーで釣れているのか。釣れている魚のサイズはどのぐらいなのか。この辺りを参考に釣りの計画を立てていただければと思います。 またこのご時世、釣りに行く場合はウイルスなどの感染症以外にも熱中症にも気をつけましょう。釣り場で事故や病気にかからないよう、みなさんの健康を祈っております。 #{snippet[3]}
【定期レポート】6月中に最も読まれた記事一覧はこちら
2020年07月22日 定期レポート
【定期レポート】6月中に最も読まれた記事一覧はこちら
いつもご覧いただきましてありがとうございます。ANGLERS藤井です。原則毎日12時に1マガジンを投稿しています。 マガジンを書きはじめて3ヶ月目に突入しました。少しでもたくさんの方の役に立つものを書こうとは思っていますが、ジャンルが多すぎて全員が楽しめるものは中々難しい状況です。それでもユーザーさんから読んでますよと声をいただけるのは嬉しいものですね。 とある方から更新頻度をあげてほしいと言われましたが、他にも行うことがたくさんあるので1日1話が限界です。昼休みにでも軽く読む程度のもので、お楽しみください。 もくじ 6月に読まれたマガジン ランキング一覧 数値を参考にマガジン書きます #{ad1} 6月に読まれたマガジン 今回のマガジンは6月に読まれたものをランキングにしたものです。読み忘れたものがあれば是非読んでみてください。ちなみに、6月のマガジンは【陸王関係】も複数ありましたので、参加されない方にとって関心が低いかもしれませんね。 ランキング一覧 今回のランキングは全統計ではなく、6月中に読まれた回数が多いものからランキングにしています。上の画像にある、マガジンのトップにある【人気の記事】とは違いますのでご注意ください。またマガジン名を押せば、そのマガジンに飛びますので、読んでいないものがあれば押して読んでみてください。 1位:2020年6月前半、今何が釣れているのか【ANGLERS解析】 圧倒的な数値でした。やはり、今何が釣れているのかを知りたいと思う方が多いのでしょう。去年と今年の同じ時期の釣果から算出した結果が最も読まれていました。 こういった内容の記事は定期的にレポートしていくつもりです。また、もしも知りたい内容のものが他にもあればお問い合わせいただければ検討します。 2位:釣りにおける『殺気』について個人的な見解を話します。殺気はある! このマガジンを書く時は、殺気と呼ぶか、気配と呼ぶかで最後まで迷いました。釣りって意識が飛ぶと釣れると思いませんか?ずっと緊張している状態で当たりがないのに、ふと気を抜いたら釣れる。同じボートに乗っていて30分間集中して釣れない状態が続いたのに、話しかけたら話しかけられた側に釣れる。 ここ重要で、話しかけられた側が釣れるのです。話しかけた側は釣れないのです!たまたまと思えばそうなのですが、殺気と考えると面白い。釣りはまだまだ奥が深いですね! 3位:【ANGLERS解析】2020年6月後半、今、何が釣れているのか 3位も釣果レポートですね。それだけみなさん釣果に関心が強いということですね。 今は全国のすべての釣果で行っておりますが、淡水と海水で分けても面白いかもしれません。またブラックバスとシーバスをメインにやられている方は、釣れていようが釣れていない状況だろうが、マイホームに行くと思います。そこで有名エリアごとの最大魚と平均サイズを書いても良いかも知れませんね。 4位:自分の中の最高のロッド。このロッドなくして僕の釣り人生は語れない。 もう中古でしか買えないのですが、持っていない人は是非とも手に入れてほしい。ハートランドは大好きなロッドで、色んな名作がありますがそれでもNo.1はこのロッドでしょう。 当時はテキサスでもスピナーベイトでも、フロッグでもこれ1本で行っていました。ビッグベイトだって問題なく投げれると思います。バーサタイルという言葉が当時はなかったのですが、その言葉が一番当てはまるロッドです! 5位:色が変わる?実は、定番にはならなかった特殊なワームカラーがある。 このカラーは、あまり見かけないものだというところもポイントです。カラー名すら知らなかった人も多いのではないでしょうか。是非、見つけたら買ってみてください。 光の透過で色の変わる不思議なカラー!メーカーさんがこのマガジン読んでいたら、このカラーで作ってくれないかな。少し期待。 数値を参考にマガジン書きます 書いても読まれないと意味がないと思っています。『知られてないサービスはないのと同じ。』と昔、とある投資家さんに言われたことがありまして、まずは読んでもらえるようにマガジンを書いています。 『釣り人のためになること』『多くの人に読まれること』を考え、『他にはない突っ込んだ内容』『データを活かした内容』が書けるようにこれからもマガジンを更新していきます。暇なときにでも片手間に読んでください。 #{snippet[3]}