【サーフゲーム】サーフでおすすめのルアー、ワーム編

2021年05月20日 公開 魚種や釣り方

【サーフゲーム】サーフでおすすめのルアー、ワーム編

前回のサーフ釣行は案の定ボーズ(笑)でした。
少し前の話になりますが、3月の宮城のサーフはようやく海水温10℃前後になりましたが、まだまだ厳しい状況です。

どうも東北三浦イーグルスです。皆様お変わりなくお過ごしですか。

地元宮城のサーフを中心に、土日メインですが竿を振っております。
基本激混みなのでポイントに入れば同じ箇所に投げっぱなしの回遊待ち修行スタイルです(笑)

自身の体験談を交え、読者の皆様が少しでも楽しんで頂けるような、そして怪我や事故防止に繋がる記事を書いていこうと思います。

今回はサーフゲームでオススメするルアーの中でも、まずはワームについて紹介します。

ワームについて

右は伝説のエコギアストレート未開封(笑)

バス釣りやロックゲームではおなじみのワームですが、サーフでもまず最初にキャストする事をおすすめ致します。
ワームの特性でもあるナチュラルな動きとマテリアルのソフトな感じが、魚はそこにいるのだけどスレてて中々口を使わない激混みサーフでは有効です。

様々なサイトや参考書で、「色々試して駄目ならワーム」といった記事を多く目にします。
これは「いろいろやってみて駄目なら最終的にワームを使った超フィネスな釣りをする」という考え方だと思います。
そもそも激戦区ではパイロットルアーとして最初から、その釣り場で1番客でもワームでチェックしていくっていうのも全然ありです。 ちなみに私の初ヒラメ(ソゲ)も初マゴチもいずれもワームによる釣果でした。

初ヒラメ(ソゲ)はジグヘッドチョンチョンメソッドでした。

初マゴチはメタルドライブただ巻きでした。
では、サーフゲームでワームを使う際のメリットとデメリットについて説明します。

【ワームのメリット】

他のルアーにはないソフトマテリアルが生み出す効果。シャッドテールやカーリーテール等、水を受けて発生する波動が魚を強く引きつけます。ソフトで重量感がなく、泳ぐ見た目もいきた小魚等に見えやすく、自然に魚へアピールできます。

また種類やカラー、サイズも豊富なのでアピールの釣りにも◎。

他、言うまでもなく経済的です。フックとシンカーごとロストとなっても損失200円ぐらいでしょうか。

【デメリット】

ワームやシンカーの重さや種類にもよりますが、キャスト中の風の影響を受けやすく飛び辛いです。
メタルジグのように100m以上飛ばす事が出来ればサーフ最強ルアーになるんですがね。。(笑)デメリットはそれぐらいでしょうか。

あえて言うとすれば、混雑しているハイプレッシャーエリアでは、皆でワームばかりの釣りになりやすく、そういう状況で同じようにワームを使っても結果が出づらいぐらいです。

各リグのサーフでの使い方

次にリグについて説明します。

【ジグヘッドリグ】

スイ厶姿勢が命のジグヘッドリグです。ジグヘッドさえ用意できれば簡単にセットできます。

ワームに針を刺す前に、フックとワームを重ねてフックが出るポイントを確認するのが重要です。綺麗にまっすぐ刺さないと特に釣果に影響するので注意が必要です。

タイプによってはお好みでアシストフックの追加も可能です。
ある程度早巻きでの、ただ巻き※1やストップ&ゴー※2での横の釣り、他リフト&フォール※3等、キャストできる範囲であれば華麗なスイミングアクションで手返しよく誘えます。

【テキサスリグ】

バス釣りではカバー打ち等で有効なテキサスリグですが、形状的に地形感度が良くボトムチェックに向いており、サーフでももちろん有効です。

リーダにシンカーを通し、お好みでビーズ等を追加してフックに結束します。スイベル(サルカン)不要なのでシンプル。根がかりの無いサーフではストレートフック又はオフセットの針出しセッティングでOKです。

サーフではストップ&ゴー、リフト&フォールがメイン。爆風や潮流が早い際には重めのシンカーで対応可能です。

【キャロライナリグ】

リーダーにシンカー(バレットタイプやタル型オモリ、ナス型オモリ)等を通した後にスナップやサルカン(スイベル)等へ結束します。そこからさらに1m前後ハリス(リーダー)をとりフックと結束します。

キャストの事を考えますとPEからのリーダーの長さは70〜80cm位、ハリス部分も70〜80cm位だとバランスが良いです。

スローな底ズル引き※4やストップ&ゴーがおすすめ。重量のあるオモリである程度の遠投がきき、かつ底をよりナチュラルにゆっくり漂わせる事ができます。他に胴突仕掛けで三又サルカンを使用した三又キャロ等もあります。

【市販のセット物】

各メーカーからワームのセット品が多数でています。少し値段が高いのが難点ですが、安定したスイム姿勢とトレブルフックがついてフッキング性能に優れるのが魅力です。

ヘッド部とワーム部で別々にカラーや形状を細かく組み合わせ出来ます。アクションやイメージはジグヘッドリグと同様です。ヘッドやワームでバラ売りもされています。

【シンカーの重さについて】

あくまで宮城の遠浅サーフでの個人的基準ですが、基本は20g前後を使います。手前のブレイク周りをよりフィネスに攻めたければ14g以下、悪天候や遠投したい際は30g〜40gのシンカーを使用します。

個人的オススメワーム

【Berkley パワーベイト パルスワーム】

問答無用!持ってて損は無し!

【エコギア バルト】

硬めのアイ付きで600円前後で買えます。泳ぎも波動もよし!

【ハイドアップ スタッガー】

ちょいと高めですが宮城のソルトゲームでは色々と伝説のワームです(笑)。出る波動が大物に効きやすいと言われてます。

【Buddy Works フラッグシャッド・フラッググラブ・99ヘッド・45ヘッド】

カラーとサイズが豊富で何故かどんどんストックが増えてしまうワーム(笑)サーフゲー厶では間違い無しのシリーズ。

【Blue Blue ジョルディ】

この手のシリーズで最も飛距離がでます。魅力的なカラーが豊富です。店頭では手に入りにくいですが、ONLINEストアにて1400円ぐらいで購入できます。

体験談編

【体験談1.カラー選択は重要】

サーフでの釣りを覚えたての頃でした。

次から次へと、一人だけ爆釣している方がいたので気になって話しかけて見ると「今日はピンクにしか反応しないね」との事。すぐにベスト内のBOXを確認すると。。

「ピンク無いっすね。。(;´∩`;)」

少しの沈黙の後、私を見かねたその方は親切にもパルスワームのピンクカラーを恵んでくださいました。
すぐさま頂いたピンクカラーのワームへ変更。何時間も釣れなかったのが嘘のように変更一投目でマゴチを釣り上げる事ができました。その後馬鹿の1つ覚えでピンク系のワームを買いあさりましたが。。(笑)

他にも地域によって強いカラーがあったり、天候等でもベストなカラーは変わってきます。バス釣りでもそうですが、サーフ釣りにおいてもアピール系カラーとナチュラル系カラーで何種類かは持ち合わせたほうが良いです。

パルスワームピンク体験談が後の釣果に繋がった(笑)

【体験談2.ワーム使わないしばり】

一昨年の阿武隈川河口はマゴチが絶好調で河口には3m感覚で人がビッシリ。。地元の釣具店では三又キャロにワームでの釣りが題材的に紹介され、釣場につき周りを見てみると皆三又ヘビキャロでちょんちょん(笑)皆と同じようにちょんちょんして釣れても面白いとは思えず、あえてスプーン型のメタルジグでリトリーブ&フォールの釣りを選択。結果は一人だけ爆釣でシーバス5匹以上、マゴチ10匹以上、ダツにシマフグ、最後にモンスターマゴチと、入れ食い状態でした。

ワームの釣りって基本間違いないと思うんですが。。皆がワームしか使わなければ魚もワームにスレます。混雑してスレた状況では、ワームでナチュラルにスローに、サイズダウン、竿抜けポイントへ〜なんていいますけど、それよりも周りとは違うルアーで他と差がでるアクションで狙うのも1つの手段ですね。

ワーム使わないシバリした結果(笑)

終わりに

今回はワーム編でしたが、次回は自称得意分野のメタルジグ編を書かせて頂きます。(笑)

最近は無駄にamazonやら楽天で、消耗品やらルアーやら買い漁る日々。
気づけばpeラインだけで5個ぐらいポチったり、シリコンコーティング新しいのを2個ポチってみたり。。釣具屋にいかなくても結局散財。。いったいこの現象は何なんでしょうか。。?(笑)

最近はボーズが多いので、何か魚が釣りたくて久しぶりに牡鹿方面でブッコミ釣りしてみたらクリガニ釣れてめちゃ美味でした(^^)

読者様に素晴らしい釣果が訪れますように

今回も最後まで読んで頂きまして、誠にありがとうございました。


東北三浦イーグルス

父・おじに釣りを教わり小学生5年生の頃からバス釣りに熱中しました。高校受験前に父に竿を全て折られ早々に引退。。。

30代に突入しロック、SLJ等に挑戦も高所恐怖症・巨像恐怖症がつきまといます。今は食べて美味しいサーフゲームに目覚め、安心安全を第1にヒラメ・マゴチ等を求めて地元サーフで竿を降っています!

記事全体に戻る

魚種や釣り方の関連記事

【ライトゲーム】魚はルアーをどこから食うか
2021年09月20日 魚種や釣り方 NEW!
【ライトゲーム】魚はルアーをどこから食うか
こんにちは。ルアーでいろんな魚を釣るぞー!です。 ライターを始めて釣りと同時にたくさんの写真を撮ることが必要になってきました。 ある日の釣果の画像を見ていたのですが、釣った魚の口から出ているワームの方向に傾向があったので、今回はそれを画像で示しながら話題にしたいと思います。 もくじ 釣った魚の画像から分かること 頭からバイトしてきていたものとその考察 横からバイトしてきていたものとその考察 後方からバイトしてきていたものとその考察 振り返って #{ad1} 釣った魚の画像から分かること この日は合計43匹のカサゴをキャッチできました。 画像として残っているのが37枚。ワームが外れてしまったものもあるので、バイトの方向が見て分かる物は決して多くはありませんでしたが、明確なものは以下の通りです。 頭から:1枚 横から:9枚 後方から:8枚 以下、バイトしてきた方向から提示し考察してみます。 頭からバイトしてきていたものとその考察 この日の釣果ではたった1枚でした。 考察 ジグヘッドの形状から考えても頭から食ってきてヒットするケースは少ないと思いますが、それにしてもたった1枚とは…。 確かに食う側からしたらターゲットが正面から近づけば相手も気づきやすく食べる側からのメリットは少ないですが…。 正面衝突的な出会い頭ということでしょうか。 横からバイトしてきていたものとその考察 9枚でした。ワーム後方からバイトして口からはみ出たということもあるかとは思いますが…。 考察 こうやって画像として見ると不意を突いて、魚の急所である腹にアタックしているように私には見えてしまいました。 もしそうなら魚に見せるためにルアーを引く(泳がせる)ことは重要だということになります。やはりフィッシュイーターですね!  後方からバイトしていたものとその考察 8枚ありました。 活性が高い日でしたので丸呑みも含めて多かったですが、テール部分からバイトする魚がこれほど多いとは思いませんでした。 まぁ、横からのバイトの画像も後方からのバイトだったのにファイト中に口からこぼれた可能性もありますが…。 考察 この日のヒットパターンは、ちょい投げ、底をとる、リールを2〜3回巻く、底をとる、2〜3回巻く、この繰り返しでした。 ゆえに後方からバイトしやすくなりヒットも多くなったように思います。 通り過ぎていくルアーに興味を示し後方からアタックしたということならこまめに底をとったことがカサゴに食わせる間をつくることになり良かったのかもしれませんね。 振り返って 横からと後ろからがダントツの結果になりました。 確かにアタックする魚の気持ちを考えたら当然とも言える結果だと思います。このことから2つのことが言えるように思います。 1.腹へのバイトを考えてルアーをきちんと泳がせてターゲットルアーを魚に見せること 2.背後からのバイトを考え、ルアーを泳がせるスピードも考えること。また食いつかせる間をつくること。 ※長い(大きい)ワームはバイトがあっても即合わせしない。 後ろからバイトしてきた時にフックまでかかってない可能性があるから。そーっと聴いてみて重みが乗ればヒットです。 ルアーを引くときの参考になればと思います。まあ、今回はカサゴオンリーですのでそれ以外の魚種に対応するかは不明ですが…笑 釣るたびに写真をとっていると正直、釣りに集中できない時もあり苦労もあります…(_ _).。o○ ところが、写真を多く撮ることで気づくこともあるのですね。そんなお話でした。   それではまた。 #{snippet[12]}
【伝統釣法】「かぶせ釣り」で堤防の巨影に迫る-餌確保編-
2021年09月15日 魚種や釣り方 NEW!
【伝統釣法】「かぶせ釣り」で堤防の巨影に迫る-餌確保編-
どうも皆さんこんにちは! 普段はスーツやジャージで過ごす私。釣りの時だけは10代のようなファッション、【夕凪】と申します!! さて、今回でかぶせ釣り3回目となります。今回はハッキリ言って最大の難関・ポイントといっても過言ではない【餌確保】編です。 私の知る限り、かぶせ釣りの餌の確保について詳しく書かれた記事や動画はかなり少ないので。貴重な話となるかも知れません。 もくじ はじめに 使用する餌の種類 牡蠣の確保法 餌の保存方法 おわりに #{ad1} はじめに 私がかぶせ釣りに入門する際に1番悩んだのが餌の確保です。 かぶせ釣りは多種多様な魚種、中でもイシダイやコブダイといった大物まで狙える万能釣法なのですが、それがあまり普及しない要因の1つに餌の確保があると思います。 裏を返せば、餌さえ効率よく確保できれば大物への近道はひらかれたも同然です。 いまでは、私はかぶせ釣りに出かけて90%以上の確率でコブダイをキャッチしています! 使用する餌の種類 かぶせ釣りで使用する餌は、二枚貝です。 ですが、二枚貝にこだわらず様々な貝餌を使うといった自由な発想の方が、より釣りを楽しくさせてくれますよね! これまでに私が使用したものを紹介していきますね!念のため注意点も記載しておきます。 ※地域により異なります。 ※購入の場合の金額も考慮しています。 ※確保難易度は★が少ないほど簡単です。 以下、エントリー形式で餌たちを紹介します! エントリーNo.①牡蠣 確保難易度★★ 広島発祥のかぶせ釣り。広島県といえば、かぶせ釣りといえば、牡蠣ですね! 汁や匂いが強く撒き餌としても最高だと感じます。 付け餌としても様々な魚種がキャッチできます! エントリーNo.②イガイ(ムール貝、カラス貝) 確保難易度★★★ かぶせ釣りにおいて、牡蠣の次に名前があがるのがイガイではないでしょうか。 牡蠣よりも少し餌もちがよいです。でも少しだけ沈下速度が遅いです。早く沈めたい時は砂を詰めるという方法もありますよ。 私の住んでいる地域では、確保が少し難しいため星3つです。 イシダイやイシガキダイを狙うのならば、個人的にはイガイが良いと感じています。 エントリーNo.③ハマグリ 参照:https://www.irasutoya.com/2013/04/blog-post_9.html 確保難易度★ 大体どの時期でもスーパーで入手できるハマグリはなかなか便利です。立派なハマグリでなく、1パック数百円や半額のもので十分ですよ。 エントリーNo.④サザエ 確保難易度★★ 二枚貝ではありませんが、様々な魚種が好反応を示します。私の住んでいる地域では小型のサザエが千円以内で10個程度買え、半額ということもしばしば。 少し自分で食べてもいいですよね! ※ほぼ全ての海で勝手な採取は禁止されています。 エントリーNo.⑤ウニ 参照:https://www.irasutoya.com/2013/10/blog-post_8404.html 確保難易度★★★★★ 高額な上に、海で勝手に採取してはいけません。私の住んでいる地域ではキロ3000円以上はします。 時折、漁師さんに頂くことがあり使用しています。撒き餌としてもよく、ウニ通しでウニの口部分に針をかけます。 コブダイ、イシダイ、イシガキダイも反応が良いです! エントリーNo.⑥バナメイエビ 確保難易度★ もはや、コブダイを狙うタンコブゲームでお馴染みのバナメイエビ。どこのスーパーでも数百円で購入できます。 ハッキリ言って貝餌よりも反応はよくありませんが、付餌の入手が難しかった時に購入にします。 貝の撒き餌と合わせて使うことで反応が良くなる印象ではあります。 牡蠣の確保法 私がかぶせ釣りを始める際に最も悩んだのが、牡蠣の確保です。 スーパーでお金をかければ、立派な牡蠣を入手することはできますが、毎回数千円の出費があっては継続が難しくなりますよね。 私が実践している牡蠣の入手方法をご紹介します。 ①堤防・磯・汽水域周辺で採取する 自ら採取する方法です。 採取には、【ハンマー・マイナスドライバー・園芸用グローブか軍手・餌を入れる用のバッカン・長靴】を用意するのがオススメです。家にあるもので十分ですよ。 さて、どこで1番牡蠣が取れるか知っていますか? 漁師町出身の私は牡蠣がどこに付いているか知っていました。小学生の頃から、牡蠣を使ってカサゴなどを釣っていたほどです。 磯にも牡蠣は付いていますが、意外にも磯は牡蠣の採取効率がよくありません。 実は堤防に牡蠣は大量に付いていることがしばしばです。 これらを採取することは基本的に問題ないはずですが、漁港の看板などは確認しましょうね。 また、船の上げ下ろしを行う周辺には、漁師さんが船底の掃除で牡蠣やイガイを海に落としていることがあります。 一言声をかければ、大抵「好きなだけ持っていっていいよ。」と言ってくれます。 採取は時間がかかるかもしれませんが、採取する時間も楽しいものですよ。採取から準備してキャッチした魚は格別です★ ②スーパーやオンラインで購入する 仕事で時間がなかったり、土地勘が無かったりと、効率よく採取できる人ばかりではないはずです。 そうした場合には、やはり購入が最も手っ取り早いです。 購入できる主な場所としては、【スーパー・牡蠣小屋・道の駅・ネット】など、です。 キロ千円くらいが相場ではないかと思います。 最近オススメなのがネットでの購入です。牡蠣やイガイを釣り餌用として販売しています。冷凍の場合がありますが、餌としては十分だと思います。 ③もらう なかなか難しい方法ですが、知り合いに漁師さんや船を持っている人がいるのであれば、貰うという方法は凄く効率が良いです。 というのも、立派な牡蠣やイガイは船や係留ロープに付いていることがよくあります。 そして、漁師さんはまず必要としていません。知り合いがいるのであれば譲ってもらってはいかがでしょうか? 保存方法 さて、入手した餌は1日程度であればバッカンなどにいれて涼しい場所での保管で問題ありません。 貝が生きているのであれば、海水に入れた方が良いですが、なくても1日程度は問題ありません。 とはいえ夏場は海水がないと腐ってしまうかもしれませんね。 冷凍されている餌は、釣り場で海水につけてあげればすぐに解凍されますよ。 おわりに 今回は、かぶせ釣りで最も肝となるであろう【餌確保編】でした。 個人的には、餌の採取から楽しむことが好きです。海で貝をとっていると小学生の頃をよく思い出します。 そして、何歳になっても釣りと海が好きだなぁと黄昏ています。 餌の準備して、が大変そう、、、と感じたかもしれませんが、入手した貝は自分で食べてもいいわけですし、採取にしろ購入にしろ、準備の段階から釣りを楽しむことが私は大事だと思います★ 最後までありがとうございました。またお会いしましょう。よい釣りを☆ #{snippet[21]}
【チニング】フッキングのお話
2021年09月14日 魚種や釣り方 NEW!
【チニング】フッキングのお話
皆様こんにちは!Chininger SANE です! チニングにおいてフッキングってかなり重要ですよね。 せっかくアタリがあったのにアワセを失敗して結局釣れなかった、となると本当に泣きたくなりますよね。 そして友人の隣で「来たァ」と叫んで巻き途中にバラすなど…恥ずかしいにも程があるッ。 そこで、今回は絶対に失敗しないフッキングのコツを紹介していきます!どうぞ宜しくお願い致します。 もくじ なぜバレるのか チヌの状態 最後に おまけ:ワームレビュー #{ad1} なぜバレるのか ちゃんと合わせたの(はずなの)に途中でバレる、ちゃんとシャくったのに乗らない。 それは何故か、ちゃんと合わせたのに途中でバレる原因は主に二つあります。 フッキングが甘い、つまりしっかり針がかりしていないのと、魚に主導権を握られていることです。 しっかり食い込ましたりしないと針が浅いところにかかったり(皮一枚など)、乗ったと思ってもすぐにバレることが多いです。 そして魚に主導権を握られているとはどういうことかというと、例えばドラグ設定を緩くし過ぎて、遊びまくってるということです。魚をコントロール出来ていない状態です。 チヌの引きってツッコミが凄く、クセになりますよね。だからといってドラグを緩くし過ぎたり、強くし過ぎたりすると、チヌがガンガン暴れた衝撃で外れることが多いです。 私は始めたばかりの頃、チヌの引きが楽しすぎてドラグユルユルにして遊んでたらバレた経験があります。 この場合はしっかりフッキングされていなかったと思います。 バラさないのも実力なので私はまだまだ未熟ですね。(笑) チヌの状態 アタリがある時のチヌの状態は ①ワームのテールを齧っている ②興味本位出つついている ③思いっきりガブ! この3つのパターンが多いと思います。 ③の場合ならすぐ合わせてもしっかりかかると思いますが、完全にワームを咥えたかどうかは分からないと思います。(でも分かる様になりたいです) そこで多くの人は一呼吸置いて合わせると言います。それも悪くないんですが、一呼吸置いてもチョンチョン突いている場合、合わせてもフッキングしませんよね。 そこで私は合わせる時に一呼吸置くのでは無く、チョンチョン長いアタリの場合ゆっくりキス釣りレベルの遅さでほんの少し引きずります。 するとチヌは逃げられると感じ、そのまま思いっきりかぶりつくか、逃げるかのどちらかの行動にでます。 逃げると言っても自分の経験上、だいたいそのままかぶりつくのが多かったです。 アタリの形はゴゴゴッと当たり、0,5秒後くらいにゴゴゴゴゴと引っ張られるのでそこ出合わせると良いでしょう。 もしここで失敗し、スコーンとなると… こうなりますww 右から2つ目と4つ目、合わせミスの証拠です。 合わせに失敗しないことが僕の目標の一つでもあります。 最後に フッキングが上手く行くと嬉しいですよね! バラしが多い方はフッキングにこだわっては如何でしょうか。 フッキング率が上がると当然釣果も増えます。沢山釣ることによって経験が溜まりさらに釣ることができるようになります! まだまだ未熟者の私ですが経験を貯めていきながら新しい発見などこれからもマガジンに書かせていただきますので、よろしくお願い致します! おまけ:ワームレビュー 今回ご紹介するワームは今年8月から発売されたDAIWAのシルバーウルフシリーズのアーバンクローラーというワームです! ケイテックのクレイジーフラッパーよりアピール力は劣りますが逆に程よいアピール力があるワームの方が釣れるということもよくあります。 そしてチヌが咥えたあともアミノx配合でそのまましっかり食い込むでしょう。 パッケージの所にナチュラル度、アピールなどの特徴が書かれたグラフがあります。のでそれを見て自分に合うワームを選びましょう。 このワームで、アタリも多くキビレも釣れたのでレギュラー入り決定です! #{snippet[26]}
【伝統釣法】「かぶせ釣り」で堤防の巨影に迫る-タックル編-
2021年09月11日 魚種や釣り方 NEW!
【伝統釣法】「かぶせ釣り」で堤防の巨影に迫る-タックル編-
どうも、皆さんこんにちは! まだまだ暑い日々、「熱中症が心配なこの季節だけは釣りをオフシーズンにしよう!」と心に決めても、3日後くらいに前言撤回してしまう【夕凪】と申します! 今回でかぶせ釣りマガジン2回目となります。 「かぶせ釣りを始めてみたい!」「コブダイやイシダイを釣ってみたい!!」というアングラーさんのための、「かぶせ釣り」で堤防の巨影に迫る【タックル編】です。 それではどうぞよろしくお願いします。 もくじ はじめに 仕掛け ロッドについて リールとラインについて タックルまとめ #{ad1} はじめに かぶせ釣り1回目では、【狙える魚種とシーズン】についてお話しました。 「かぶせ釣りは初耳だ。」という方は、前回の記事を先に読んでみてくださいね。 「始めてみたいけど、一から道具を揃える余裕なんてないよ。」という方に是非お伝えしたい! かぶせ釣りは入門するだけであれば、専用ではなく他魚種の釣り具の流用が可能ですよ! 個人的な見解が多いですが、かぶせ釣りタックル編、よろしければ最後まで読んでみてください。 ちなみに下の写真は最近の私のかぶせ釣りスタイルです。 仕掛け かぶせ釣りの仕掛けはこれ以上にないほどシンプルです。 おそらく、竿、リールを使う釣りで、かぶせ釣り以上にシンプルな仕掛けはまず存在しないでしょう。 なぜならば、準備する仕掛けはこちら。 <釣り針> 、、、以上! 冗談? いいえ!冗談ではありません。仕掛けの全体図はこちらです! 参照:高品質の無料イラスト素材集のイラサポフリー ライン直結の釣り針のみで行います。 針については真鯛針、チヌ針、グレ針など(私は、がま磯を使っています)、サイズは10~12号くらいが良いと思います。 狙う魚種のサイズによって針の形状やサイズは変更してくださいね。紹介している針とサイズは個人的には万能だと思います。 お好みで管付き針を使っても問題ないかと思います。ラインについては、後ほどリールと一緒に紹介いたします。 ロッドについて かぶせ釣りのロッドについてお話します。以前少しだけお話しましたが、かぶせ釣りは【イカダ竿】を使うことがほとんどです。 とはいうものの、イカダ竿でなくとも入門は十分可能です。実際に私も安価なシーバスタックルで入門しました。カサゴ、ベラ、イラを始め、大型のコブダイまでキャッチすることができました。 しかし、イカダ竿を使用しだしてからは、以前のシーバスタックルよりも釣果が2倍以上にアップしました。 釣果アップの背景には、イカダ竿最大の特徴でもある、極めて柔らかい穂先にあります。 この穂先が抜群の目感度を生み出します。その他にもイカダ竿を使うメリットはまだまだあります。 以下に数点まとめます! ①柔らかい穂先でカワハギなどの小さなアタリにまで気づくことができる ②フォール時のアタリも目で確認できる ③柔らかい穂先が貝餌を落とし込む際の衝撃を吸収して、貝餌が千切れづらくなる ④イカダ竿は大抵2m程度の竿であるため取り回しが容易である ⑤バットパワーがあるため、小型から大型の魚までロッドを交換せずに対応が可能である ⑥穂先が折れてしまった際には穂先の交換が可能(各種メーカーで異なる) などです。 また、他のジャンルの釣り竿に比べると比較的安価であるという点も見逃せないメリットではないでしょうか? でも、「どのイカダ竿が良いのかわからない。」という方も少なくないはずです。 私も当然その一人でした。 【勉強→実践→思考→買い直す※リピート】という、得意の散財パターンを繰り返しながら、コブダイとイシダイを狙うなら、ということで現在のタックルに落ち着きました。 以下が私の現在のタックルです。 ・かぶせ鬼彩210 ・ツインパワーXD4000 ちょっと写真が見づらいですね。すいません。 それでは、私が個人的にお勧めするイカダ竿を【入門】、【ほぼ専用】、【専用】というように3分類して3本ご紹介いたします。 【入門】ダイワ(DAIWA) イカダ・カセ・チヌ専用竿 飛竜イカダ・V 210・V 釣り竿 参照:フィッシング遊  【ほぼ専用ロッド】宇崎日新 ロッド プロスペック 海上釣堀 際釣 (並継) 参照:宇崎日新 ロッド プロスペック 海上釣堀 際釣 (並継) 【専用】宇崎日新(NISSIN) クロニクル カブセ遠投 鬼彩 イカダ竿 コブダイ チヌ 参照:宇崎日新 以上の3本はいずれも、繊細な穂先と十分なバットパワーを兼ね備えており、70㎝前後のコブダイを問題なくキャッチすることができています。 また、amazon参考価格ですと、いずれも15000円前後で購入することができます。 比較的安価で手を出しやすいですよね。中古釣り具屋さんでは5000円程度で売られていることもありますよ。 ですが、おそらく日本唯一のかぶせ釣り専用竿である【宇崎日清・鬼彩】は2021年8月現在も品薄状態で、フリマサイトでは高値で取引されるほど人気商品です。 リールについて さて、次にかぶせ釣りで使用するリールについてです。 私は、シマノ(SHIMANO) スピニングリール 17 ツインパワー XD /4000XGを使っています。 私は主にコブダイを狙っているために4000番台を好んで使っていますが、狙う魚種に合わせてリールとラインを変えることをお勧めします。 あくまで目安ですが以下にまとめてみました。 以上のように紹介していますが、実際にはリールもラインもアングラーさんの好みで構わないと思います。 「コブダイを狙うなら、フロロカーボンの10号位。」なんて紹介もあるくらいですが、実際に私はどんどんラインを細くして、基本的にナイロンライン4号を愛用しています。 ただし、イシダイやコブダイを狙うのであれば、パワーファイトが待っています。 リールはドラグパワーに余裕がないと、強烈なツッコミに対応できないこともあるでしょう。 ライトタックル大好きな私でさえコブダイを狙うときには、SHIMANOの4000番を選んでいます。 上記の表が参考になりましたら幸いです! タックルまとめ かぶせ釣り2回目タックル編、いかがでしたか? タックルを準備するという点に関していえば、流用が可能なこと、仕掛けが極めてシンプルなことを考えると比較的入門しやすいジャンルであるとも感じます。 次回、3回目では、かぶせ釣りをやる上で最もキーポイントとなる【餌の確保】をお話ししようと思います! では最後までご覧いただきありがとうございました! アングラーの皆さんが最高の一匹に出会えますように!またお会いしましょう☆ #{snippet[21]}
【サーフゲーム】サーフゲームにもおすすめキャロライナリグ
2021年09月08日 魚種や釣り方 NEW!
【サーフゲーム】サーフゲームにもおすすめキャロライナリグ
皆さん初めまして、アングラーHMです。 初めてのマガジン投稿なのでいろいろ至らない事があるかもしれませんが、皆さんにマガジンをキッカケにより、釣りの楽しさ、面白さを共感してもらえたら嬉しいです。 それでは本題ですが、サーフゲームには、いろんな種類のルアーがあります。 知ってる方も多いと思いますがその中で、今回はワームの釣り、サーフゲームで使う人は意外と少ない?キャロライナリグについて、僕なりに紹介させていただきます。 もくじ キャロライナリグとは キャロライナリグのメリット、デメリット キャロライナリグとジグヘッドリグの比較 準備するもの セッティング まとめ #{ad1} キャロライナリグとは キャロライナリグ(キャロ)は、基本バス釣りで使っている方がほとんどだと思います。 ざっくり、簡単に説明させてもらうとワームにフックをつけて、そのフックにリーダーをつけ、その先にシンカー(オモリ)をつけたリグ(仕掛け)の名前になります。 そんな、キャロライナリグをサーフゲームで使う、メリット、デメリット、魅力等について紹介します。 キャロライナリグのメリット、デメリット キャロライナリグをサーフで使うメリットは3つあります。 1つは、海底(ボトム)の変化が分かりやすい事です。 シンカーがボトムに触れることにより、どこがブレイクか、ブレイクが何箇所あるか、他のルアーを使うより分かりやすいと思います。 ブレイクには、魚がついてる可能性が高い為、釣れる確率が上がりますし、やみくもにキャストして探るより、ボトムを考えながらサーフの釣りをすると、より一層楽しめますよ笑。 2つ目は、誰でもただ巻きで簡単にボトム付近を攻められる事です。 サーフのメインターゲットである、ヒラメ、マゴチはボトム付近にいるので、当然ですが、ボトムを攻める事ができれば、釣果に繋がります。 イメージ的には、直リグでチニングしてる感覚に似てます。リーリングスピードがチニングより早い感じです。 3つ目は、飛距離が出ることです。 遠くへ飛ばせれば、それだけ広範囲を攻めれますね。サーフゲームに限らず、ショアからのルアーゲームは大体、飛距離が正義ですよね笑。 一方、キャロライナリグのデメリットは、仕掛けが長くなる分、投げにくさが多少あります。風の強い日だと狙ったポイントにキャストするのは煽られて、なかなか難しいです。 なので、風が強く隣の人との距離が近い時は、オマツリを避ける為に僕はキャロは使わず、正確にキャストしやすい、メタルジグを使ってます。 それと、仕掛けのセッティングが必要な事(後ほど、準備するもので説明します)だと思います。 キャロライナリグとジグヘッドリグの比較 サーフで一番よく見る、ジグヘッドリグとキャロライナリグを下記の表で◯✖️で比較してみました。参考になればと思います。 準備するもの 僕が、普段キャロライナリグのセッティングで、準備するものは、6点です。 1.シンカー(オモリ) 遠浅のサーフならだいたい20g前後のもので、潮の流れと水深に合わせて必ず、ボトムをとれる重さに変更して下さい。20g〜30g前後のシンカーが3種類くらいあれば、問題ないかと思います。 2.スプリットリング #3か#4くらいがちょうどいいと思います。 3.スイベル(サルカン) 強度が20kgくらいあれば問題ないです。最悪なくても、大丈夫です。 4.リーダー 20lbくらいのフロロかナイロンです。 5.フック ワームのサイズに合ったオフセットフック。 6.ワーム 3〜5インチのシャッドテールかグラブ。アピールの強いシャッドテールの方がサーフゲームにおすすめです。 セッティング 先ほどあげた、6点のものを下記のように、セットします。 1.シンカーにスプリットリングをつける 2.スプリットリングにスイベルをつける 3.スイベルにリーダーを結ぶ 4.リーダーにフックを結ぶ 5.フックにワームを装着 セッティングの流れは、こんな感じです。 ポイントとしては、スイベルからフックまでのリーダーの長さは50cm前後にしておいた方が、キャスト時にストレスなくキャストできます。 僕は、いつも、10ftのロッドでリーダー長さ50cm、長くても70cm位までとしています。このくらいであればトラブルなくかっ飛ばせてます笑。 まとめ キャロライナリグは、ワームで飛距離が出せて、簡単にボトムをしっかり探れる為ブレイクの場所が分かりやすいです。 もし良かったら、1つの選択肢としてキャロライナリグを、サーフゲームで使ってみてください。 ちなみに僕の、キャロの釣果を思いだすとヒラメよりマゴチ率が高いです。 初めてキャロで釣れた魚もマゴチでした。なので、マゴチ狙いの方も、ぜひ使ってみてください。 最後まで、読んでいただきありがとうございました。 皆さんが、素晴らしい魚に出会えますように。 #{snippet[25]}
【ロックゲーム】最新版・磯ロックの攻略法-リグ・誘い方-
2021年09月06日 魚種や釣り方 NEW!
【ロックゲーム】最新版・磯ロックの攻略法-リグ・誘い方-
アングラーズの皆さんこんにちは! ロックフィッシュ大好き人間の闇です! 季節は段々と夏から秋へと移り変わる時期ですね。 海水温が上がり渋い状況が続き、なかなか釣果が出ない…なんて悔しい思いをしているアングラーも多いのではないでしょうか?ショアからだと特に‪…(泣)‬ 私のようなサンデーアングラーも多数居るかと思いますが、天気や風に…そして今現在のこのご時世…その他の理由で思うような釣りができない方も多いかと思います。 行きたい気持ちを抑え、高ぶる気持ちを抑えるためにリールをクルクル無駄に回し続けているそこの貴方…。 仲間ですw('A`)人('A`)ナカーマ 自分本位での話となる部分が多いかもしれないので、少しでも参考になればと思いマガジンを書かせていただきます。最後まで見ていただけると幸いです。 もくじ 主な使用リグ、誘い方、場面に合わせた活用 磯では嫌われ者?ジグヘッド&ブレーテッドリグの使用 まとめ #{ad1} 主な使用リグ、誘い方、場面に合わせた活用 自分が初めて書かせていただいたマガジンでチラッと触れてはいたのですが、今回はリグのお話です。(やっとかよ!って突っ込んでくれた方ありがとう) ロックフィッシュを釣る上で、最も多く使用されているであろうリグが【テキサスリグ】という名のリグだと思います。 誘導式のシンカー(主にバレットシンカー)+オフセットフック+ワームのリグですね。 状況に合わせてシンカーストッパーやビーズを挟み使うのですが、私の場合だとシンカー、ビーズ、フックの組み合わせがメインです。 ※この写真ではナツメ型のブラスシンカー使用 主なアクションとしては、大きくロッドを立ててリグを持ち上げ、その後落としてボトムを取る…を交互に繰り返す 【リフト&フォール】(状況に合わせて大きく、小さく臨機応変に) となるのですが、エリアによりゴロタ石が多い場所だとその石の隙間にバレットシンカーが挟まりやすく根掛かり回避が難しい点があります。 仮にラインにテンションを少し掛けて弾くなどの根掛かりを外す行為をしても、がっちり岩などの隙間に挟まってしまったシンカーが誘導式シンカーなため、その弾いた力が加わりにくく外れにくい…という難点があります。 しかし、このシンカーは形が違うだけでリグの呼び名も変わるのですが、種類・形状も多々あり、根掛かりを最小限に抑える為のシンカーもあるので、何処でもいつでもこのシンカー!ではなく臨機応変にそのエリアに特化したシンカーを選ぶことも釣果アップに繋がる大事なポイントです。 この画像で使用しているのはジャングルジムさんから販売されている【ビーンズシンカー】という物になります。 ビー・フリー・テキサスリグ…略してビフテキリグと美味しそうな名前のリグですね。名前につられて食べたことはありません。本当です。 この形のシンカーを通しただけでリグの名前が変わっていますが、基本的には通常のテキサスリグと同じアクションで使用します。 では何が違うのか?というと、このシンカーは斜めにラインが通してあるので重心の位置が下になるとこの様な形で巻いて来る形になります。(画面右方向へ巻く形) 生命線が短いのは気にしたら負けです。 どの様な利点があるかというと、通常のバレットシンカーより重心の位置が後方に寄るため、ラインが上方向を向きやすく、最初にシンカーの腹が石に当たりやすいという点です。 通常のバレットシンカーだと頭から隙間に刺さりやすい形になるのに対し、こちらは腹から当たってラインを引く方向は上方向と、回避性能が高めになっています。 これを活かす手法としてはズル引きやボトムギリギリをリーリングしてくる巻きの釣り。根掛かり回避性能が高いのが利点として挙げられます。 コツコツ手元に伝わるシンカー腹部へとボトムの感覚を感じながらの巻きの釣りをしたいエリアではこのシンカーがおすすめですね。 次に紹介するのはスイベルシンカーです。 画像の物はバークレイさんから販売されているスイベルシンカーです。 細長いシルエットを持つこのシンカーですが、そのままラインに通して使えば【フリーリグ】となり、フックにリングを使って付ければ【直リグ】として使えます。 フリーリグに関して言うならば、アクションはリフト&フォールが強みとなります。その理由としては水の抵抗が少ない分、シンカーが沈むのが速いので、水深があるほどその先に結ばれたワームが【フリー】な状態、自然に最も近い艶めかしさで揺れ動く状態になるためです。 その状態を最も多く取れる場面はキャスト後の最初のフォールです。 着水から着底までの間に魅せることに特化したこのリグ。 通常のテキサスリグの様にボトムを取ったらすぐリフト〜…ではなく、シンカー着底の感触を取ったらその後に追従しているワームが漂う時間を多く取るイメージで使うのがこのリグです。 シンカーが細長いシルエットなため、点でボトムを捉えるためボトム感知も高めなのも利点のひとつです。 なので、同じリフト&フォールでも、魅せる時間を長く取ることを考えて大きめなリフト、魅せる長めのフォールをイメージして使用すると良いかもしれません。 そして直リグですが、この様な海藻が多いエリアでは最強の武器となること間違いなしです。 海藻の下や根元まで沈めてやりたい…だけど通常のテキサスリグだとシンカーだけが沈み、ワームが海藻に引っかかり落ちていかない…。 シンカーストッパーを使ったバレットシンカーでもその根元の岩やスリットにシンカーが挟まり根掛かりしやすい… などの場所では迷わずこの細長いシルエットを持つスイベルシンカーを使っての直リグ! フックに直接リングでシンカーが付いているので海藻の隙間を縫って共に海藻地帯を貫通してその下やボトムを攻めることに特化したリグです。 もちろん合わせるフックもオフセットフックな訳ですから、針先をワームに隠してあるため海藻に干渉することなく攻めることができますね。 海藻地帯のジャングルから大物を釣り上げたいそこの貴方!これで怖いもの無しですね! 磯では嫌われ者?ジグヘッド&ブレーテッドリグの使用 画像のジグヘッドはフジワラさんから販売されているムゲンヘッドという物です。 ジグヘッド…と聞くと、針が剥き出しだから根が荒く多い磯場だと根掛かりが多くダメなのでは? …と思う方も居るかと思いますが、私個人としてはそんな風には思ったことは無く、過去の釣果を振り返ると、磯場ではジグヘッドを使用した釣果が結構あります。 それは、漁港エリアと同じく磯場にもちゃんとオープンエリアがあるという点です。 何処も彼処も荒々しい岩や起伏が激しい地形かといえばそれは違います。 もちろんそのエリアにもよるのでしょうが、水深がそれなりにあって、地形も安定している磯場ではジグヘッドとワームを使用しての巻きの釣りも可能なんです。 仮に根掛かりをしたとしてもシンカーとフックが一体型なので、ラインを持って弾くとその反動の力が加わりやすく、結構な確率ですぐ外すことができるのも利点のひとつです。 海藻が多いエリアやゴミが多く浮いている場所ではフックが剥き出しなためゴミが付きやすく向いていない場合もあります。 ですが、その様な場合を除きジグヘッドは磯場では立派な武器となります。 テキサスリグで攻め倒した場所でも、ジグヘッドに変えてからバイトが出た!という経験は多数。 テキサスリグでは出せないダート感、フォールの姿勢、ジグヘッドにしかない持ち味 恐れるなかれ…使えばわかるさ…ありがとぉ!! そしてこれは個人的に最近使い始めた物になるのですが、ブレーテッドリグという物です。 私が使っているのはベビーフェイスさんから販売されている重さ40gのBFチャターという物です。 【チャターベイト】 この名で言うと聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか? ジグヘッド状の物の先にブレードが付いたリグです。 このブレードの形は主に五角形の様な形の物が多く、大きさ重さも様々あり、ブレード一体型の物もあります。 使い方としては巻きがメインになるのですが、このブレーテッドリグの強みはブレードに当たる水の抵抗で左右にブルブルと魅せる揺れる動き、その動きから出す波動、そしてブレードに光が当たり反射するフラッシング効果です。 使える場面こそ選ぶ物になりますが、条件さえ整っていればこれも強力な武器になると思います。 私はまだ使ったことがありませんがスピナーベイトで楽しむ方も多いようですね♪♪ こちらも使って大物を釣ってみたいですね! まとめ 今回のマガジン如何でしたか? 個人的に多く使用するリグの紹介となりましたが、まだ使用したことがないリグや、使ってみたいと思えたリグはありましたか? 私もまだまだ修行の身なので知識が足りない所が目立つかもしれませんが、ロックフィッシュを始めて楽しんでる方のほんの少しだけでも力になれたらなと思います♪♪ 最後まで読んでいただきありがとうございました! 安全第一で無理なく元気に帰るまでが釣り♪♪ ٩(.^∀^.)งLet's Rock Fishing!! #{snippet[4]}

アプリで
釣果・釣り場を
サクサク検索。
記録もできる。

今すぐアプリを
ダウンロード