【サーフゲーム】マナーを守れば釣果アップにつながる!

2021年05月27日 公開
2021年05月27日 更新 魚種や釣り方

【サーフゲーム】マナーを守れば釣果アップにつながる!

こんにちは。東北三浦イーグルスです。主に地元宮城のサーフで土日メインですが竿を振っております。基本激混みなので場所に入れば同じ箇所に投げっぱなしの回遊待ち修行スタイルです(笑)。

5月に入りようやくヒラメとマゴチを無事釣り上げる事ができました。

夏に向け、魚と釣り人の活性が上がるサーフですが、混雑サーフではお互いにマナーを守りあって皆で気持ちよく釣りをしたいものです。

今回はサーフの釣りマナーに絞って思う事を書かせて頂きます。

サーフでの駐車について

多くの釣りで、特におかっぱりの釣りの問題で多いのは、まず駐車についてです。

きちんとした駐車場が完備されていれば問題ないのですが、サーフの釣りでは駐車場がない場合が多いです。

宮城サーフのケースではほとんどが防潮堤の手前に駐車します。トラブルを避ける為にも、当たり前ではありますが止める際には大きな車でも通れるスペースを確保しましょう。

また、車の通り道は踏み硬められて硬いのですが、防潮堤のそばは柔らかい砂がモッソリと多い部分があるのでスタックする危険があります。こちらにも注意が必要です。

河口付近などでは、私道や通常の車道のすぐそばなど駐車禁止のケースが多いので必ず事前に確認しましょう。

サーフに立つまで

【日中入るケース】

先行者が複数いる場合ですが、両サイドの先行者さんの間に入る場合は特に注意が必要です。

「入れそう」

「ちょっと間隔広いから行けそう」

とりあえずあなたは無事に間に入れました。次には早速キャストを始めたとします。

でもちょっと待って下さい!!それはあなた自身の感覚なんです。

両サイドの先行者さん方はあなたに対して

「隙間に割り込んできた」

「邪魔」

「妨害された」

こう思うかも知れません。あなたにその気はなくても、無意識割込みアングラーになってしまう可能性があるのです。間隔の距離感は人それぞれなので判断が難しいですね。

そこで、割り込みされたとみなされてトラブルにならない為にひとつの行動をおすすめします。

ソレは声がけのすすめです。

「こんにちは。向こうの人にも確認してOKでしたら間に入っても大丈夫ですか?」

ここまでかしこまらなくても

「間に入らせてもらっても大丈夫ですか?」

この一言でいいと思います。両サイドの先行者さんに声がけを行いOKをもらいましょう。この声がけを行えば割込みアングラーにはなりません。

ただ、「ちょっと狭いのでごめんなさい」ってケースもあると思います。声がけすればOKって事ではあリませんので間違わないでください。

最初に声がけをする事が良い雰囲気につながり、釣れれば互いに賛称し合えたり、知らない者同士でも楽しい釣りの時間を過ごす事ができます。

【暗い時間に入るケース】

暗い時間の釣りでは、ヘッドライトの扱いに注意が必要になります。ヘッドライトの明かりは足元を灯し安全に釣り場までを導いてくれます。しかし、先行者さんがいる前での使用、先行者さんの周りを照らした場合はどうでしょうか。

「手前の表層探ってんのに照らされた」

「魚が逃げる」

「眩しい」

無意識喧嘩売りギラギラアングラーの出来上がりです。

そうならない為にも、先行者さんが見えたら周りを含めて絶対に照らさないようにしましょう。(到着時の確認で一瞬照らしてしまう事はしょうがないです。)

ヘッドライトも200ルーメン以下の物が望ましいです。

また、暗い中での釣りは周りに1人でも人がいたらライトをつけっぱなしでの釣りは厳禁です。気をつけようと思ってもキャストの際や、ふと横を見た際に無意識に相手を照らしてしまっています。

ルアーチェンジの際には波の来ない所まで下がって海に背を向けてライトを使用しましょう。

サーフでのキャスティング

声がけもしてなんとか両立サイドの先行者さんの間に入り、魚を求めていよいよキャスティング体制に入り振りかぶります。

でもちょっと待って下さい!!

やみくもに投げてはいけません。

自分の投げたルアーのトレース上に他人のルアーが被さってきたらどうでしょうか?

当然トラブル(おまつり)になります。

無意識おまつりアングラーの出来上がりです。

投げる前には周囲を良く確認し、後ろに人がいないかも確認するのは当然ですが、自分が入った場所の隣の釣り人がどの方向に向かって投げているかも必ず確認をしてください。

具体的には、先行者さんのルアー着水地点の確認、竿とラインの方向で判断していく事になります。

横に流れがある河口や、横風が吹いている時には特に注意が必要です。

横に流れがある場合は、流れの上流側にあえてキャスティングして流れに乗せながらルアーをトレースしてくるケースが多いです。わかっている人達だとその辺の判断はしっかりしていて、皆で上流側に向かってキャストする、タイミングをずらす等で他人のトレース上に被らないように互いに気を配りながら釣りをしています。

キャストの前には周囲の確認(人がいないか、隣のトレース上に被らないか)を必ず行い、ノートラブルな釣りを心掛けましょう。

ゴミ・吸い殻等

これも当たり前ですがゴミは必ず持ち帰りましょう。

ベストの背面ポケット等にビニール袋やゴミ袋を携帯しておくと良いです。喫煙される方は携帯灰皿が必須となります。

浜辺では流れてきたものも含めプラごみや空き缶、駐車スペースでは処理したラインや吸い殻、ルアーのパッケージ等を毎度のように見かけます。

ゴミが増えれば環境破壊はもちろん、最悪釣り禁止等になり、結局釣り人に悪い結果として返ってきます。釣り人全員でゴミを出さない意識を持って、綺麗な釣り場になるよう努めましょう。

上記はtwitterでお世話になってるカボッコさんのツイートのです。

いつも釣行後に「一袋運動」として訪れた釣り場のゴミ拾いをされています。こういった素晴らしい活動をされている方もたくさんいらっしゃいます。

魚のキープ(持ち帰り)

無事にランディングに成功したらサイズや釣り針でのダメージ等を確認し、キープするかしないかきちんと判断しましょう。

キープしないと決めたら、直前素手で触らずにすぐに針を外しサッと写真記録等を済ませ、波際で蘇生して引波になるタイミングでリリースを行います。

キープに関しては食べる分だけキープしてほしいものです。釣れた魚を大なり小なり全てキープして一斉に並べて写真を取るとかは控えましょう。

持ち帰りサイズは人それぞれあると思うので強く言えませんが、私はヒラメもマゴチも50cm以上のサイズがあり、食べたいと思う時、エラや個体を酷く傷つけてしまった時のみキープしています。

終わりに

マナーについてでしたがいかがでしょうか。無意識のうちにマナー違反となってしまうのは避けたいですね。

初めてサーフに立つ方や、すでにトラブルになり注意された事のある方、経験者の方も含め今一度マナーについて考えて釣りをして頂きたいと思います。

釣り場でマナートラブルが起ると自分も周囲も本当に嫌な気持ちになり、本来楽しいはずの釣りがまったく楽しくなくなってしまいます。

マナーを守れば自然と釣りもうまくなり釣果の向上にも繋がります。

今回も最後まで読んで頂き誠にありがとうございました。

読者様に素晴らしい釣果が訪れますように。


東北三浦イーグルス

父・おじに釣りを教わり小学生5年生の頃からバス釣りに熱中しました。高校受験前に父に竿を全て折られ早々に引退。。。

30代に突入しロック、SLJ等に挑戦も高所恐怖症・巨像恐怖症がつきまといます。今は食べて美味しいサーフゲームに目覚め、安心安全を第1にヒラメ・マゴチ等を求めて地元サーフで竿を降っています!

記事全体に戻る

魚種や釣り方の関連記事

【オフショア】はじめてのオフショアゲーム-ディープジギングの回②-
2021年08月03日 魚種や釣り方 NEW!
【オフショア】はじめてのオフショアゲーム-ディープジギングの回②-
みなさんこんにちは、t.onumaと申します。 オフショアゲームを本格的に始めてしまったのはここ3年ほどですので、まだまだ駆け出しです。そして「ゲーム」と言いましても、「これってもしかして罰ゲーム?」というくらいに釣りに苦しめられております。 これからオフショアゲームを始めてみたい方がそうした苦しみを味合わぬよう、初心者が気になるところについて、お伝えしていこうと思います。 今回はディープジギングについての二回目です。どうぞよろしくお願いします。 もくじ ロッドについて ラインについて リールについて おわりに #{ad1} ロッドについて 200m以深で、水深≒のジグを使うため、200-500gくらいのジグを操作できるロッドが必要になります。 ただ、この「操作できる」というポイントが、この釣りでのロッド選択を非常に難しいものにしております。この「難しくしている」点について例をあげてみますね。 ・ラインが伸びる、思いの外伸びる ナイロンなどに比べ、PEは伸び率が低いとはいうものの、数パーセントは伸びるようです。 仮に1%伸びるとすると、50mラインを出している状態では50cmと誤差のようなものですが、300mラインを出せば3mとなります。 3mラインがたるんでいる状態で、船の上下も加わると、例えば魚がヒットしたりしても、何かが起きても何が起きているのかわからないと思います。 重複してしまいますが、輪ゴムで釣りをしているような感じでしょうね。ぼくもいまだに何が起きているのかわからない時があります。 こんな感じです。ロッドがしなり始めるのとラインが伸び始めるのが同じタイミングで発生するのであればまさに輪ゴム、です。輪じゃないけど!! ・水圧がかかる ラインは細いものを使っていても、潮受けするのか水圧による抵抗が凄まじいです。ラインへの水圧による引き抵抗だけでも相当なものです。 実際にやるとなると、ラインへの水圧に加え、ルアーの重さ、ルアーの形状によりかかる水圧も加算されるので、1ジャークするのもなかなかの力仕事となります。 この水圧とラインの伸びが掛け算となり僕たちを鋭く襲うこととなりますので、ディープジギングを始めたばかりの方は、どんなにそれまで釣りの経験が豊富でも戸惑うことが多いと思います。 釣り方の項目で「スローピッチ」と書きましたが、もしかしたらハイピッチでも釣れるかもしれません。が、思うようにジグを動かすのは難しいと思います。一生懸命ジャークしててもジグには何も起きていない、というケースがあるんじゃないですかね。 この二点の困難を乗り越えて、操作し魚をかける、という難作業をこなしてくれるロッドを見つけなければならないのですが、これは結構簡単です。 なぜならこんな釣りをしている人は非常に少なく、市場性が乏しいためか、候補となるロッドが少ないのです。 経済条件を抜きにして、まず一本というのであれば、エバーグリーンのスロージャーカー、これ一択なようです。 出自:www.evergreen-fishing.com 高価ですが、折れるまで、あるいは折れても修理すれば永遠に使えるのではないでしょうか。 あるいはこちら。 出自:fish.shimano.com スロージャーカーよりは安価ながら評判がいいようです。問題はどちらも僕が使ったことがないという。。。 ちなみにですが、ぼくはダイワのソルティガSJの5、ソルティガSJAGS3、トランスセンデンスのイータクワトロ、のどれかを使っています。 とりあえず釣りを成立させて、なんらかの深海魚をディープジギングで仕留める、というのであれば条件は以下でしょうか。 1.バットパワーがある 2.ベリーからバットは硬め≒強め。なんならティップまで硬くても可 1.には上級者からの異論もないと思いますが、2.に関しては諸説あるかもわかりません。 ただ、始めたばかりの頃に感じたのは、ジグを動かしている感覚がさっぱりわからない、ということでした。 理由は詳述したラインの伸びと水圧だと思います。いずれも「こういうものなんだ」という感覚をつかむのが先決で、ジグの動かし方については永遠の課題となるかと思います。 上記の2本は魚をかけるまで≒ジグの動かし方、に特化しているようで、性能として万全なようです。 ロッド界の問題は、もっと安価で、とりあえずやってみようかという方向けのものが少ないことでしょうか。 シマノのスローJでも躊躇するというか、とりあえずやってみたいけど新しい道具はやってみてから、という方であれば、レンタルするか、手持ちで一番硬い竿で試してみるのがいいかと思います。 ラインについて 水深300m、となるとルアーが着底するまでの道中、潮に流されたりして余分に出る分を考えると最低350、トラブルがあってラインを100mロストしたりすることも考慮しますと、400から500mは巻いておきたいところです。 加えて、水圧による抵抗を考えると細い方がよく、そうなると途端に選択肢が減ります。PE1.0前後で600mという分量で売っている銘柄が少ないのです。現状、世間で知られている「良い」と言われるラインは2銘柄です。 スーパーファイヤーラインとサンラインのソルティメイト PEジガーULTの二つです。 出自:https://www.purefishing.jp/product/berkley/super-fireline.html スーパーファイヤーラインは、従来のPEは繊維を編み込んで生成するのと異なり、縦方向に数本の繊維を接着して生成しているようです。ゆえに、従来型よりも伸びが少ない特質があるようです。 出自:https://fishing.sunline.co.jp/line/271/ ソルティメイトはマーカーの入り方が細かく、タナを刻むのに適しているようです。 この2銘柄に限らず、600mで買おうとするとなかなかいい値段がします。 スーパーファイヤーライン ソルティメイト 出自:https://kakaku.com/ よつあみは少しリーズナブルですね。 なんらかのノットで200mを連結するのもナシではないのかもしれませんが、トラブル回避を考えると、つなぎ目はない方がいい気がします。 リールについて シマノのオシアジガーやダイワのソルティガ、アキュレート、アベット、シグラーあたりがジギングリールとしてポピュラーかと思います。 出自:https://gear-lab.com/i/accurate-bv 見た目は抜群にかっこいいですね。名前もチョコレートに語感が似てていい感じです。 リールを選ぶ際は通常、ハイギア、ローギアのどちらかから選ぶ形になると思いますが、アキュレート、アベットは一体でハイギアとローギアの切り替えができる面白いリールです。ボタンで選択できます。 ただ、これらはいずれもレベルワインダーが付いていないため、リーリングの際に均して巻くためには指ワインダーが必要になります。指ワインダーって?となるかとおもいますが、自身の指でラインを動かし巻きつけるのです。 個人的な意見ですが、釣りは針と糸があれば成立するものだと思いますので、このリールでなければ釣れない、ということはほぼ無いと思います。とりあえず始めてみようか、という初心者の方であれば、1号を600m程度巻ける糸巻き量が確保できるレベルワインダー付きのリールの方が、糸さばきに気を取られず、釣りに集中できると思います。 その際、シマノならオシアコンクエスト、カルカッタコンクエスト、ダイワならソルティガ、キャタリナなどの金属ボディの方がリーリング時にたわみが少なく使いやすいと思います。 と、ここまでは真面目に話しましたが、実際のところ、ディープジギングの何が大変かというと回収巻きです。魚がかかっていないのに300m巻き上げる作業。。。これを繰り返すことでいつか釣れる(はず)なのだと思うのですが、何回も繰り返すと辛くて辛くて心が千々に乱れ砕け散りそうになると思います。 というより、心が砕け散る前に腕が、手首が、肩が悲鳴をあげます。 ですので、糸巻き量+巻き上げが楽、という観点で行くと電動リールもアリだと個人的には思います。 電動リールのデメリットは2つです。 ・手巻きでの巻き心地がとてもよろしくない(ものがある) ・魚をかけても電気のチカラを借りて楽したいという誘惑がある 巻き心地はルアーの操作の際にノイズにな魚がかかってから電動で巻き上げると、テンションが手巻きに比べてわかりづらく、バラシの要因になると思います。 多少のゴリ感は気にせずに、魚をかけてからは手巻きでやれる、という鋼鉄の意志をお持ちの方は電動でもいいのではないでしょうか。僕はとうふのように柔らかく砕けやすいハートですが電動を使っています。魚がかかってからも電動で巻き上げてしまいます。 おわりに お疲れ様でした。おそらくですが、ますますやる気を無くしてしまったことかと思います。 いやいや、ルアーの話を聞いてから判断してください。というわけで次回はルアーの話です。引き続きどうぞよろしくお願いします。 #{snippet[19]}
【シーバス】爆釣!秋の東京湾攻略タックル
2021年08月02日 魚種や釣り方 NEW!
【シーバス】爆釣!秋の東京湾攻略タックル
皆様こんにちは!釣りが好きなんですです! 今回は東京湾名物、9月中旬から始まる秋のシーバス最強爆釣パターンであるコノシロパターンについて書いていきたいと思います。 「えっ?まだ8月だよ?早くない?」と思いの方もいると思いますが、近年増加する新規アングラーや、今年からコノシロパターンに挑戦する方のために早めの対策をと紹介に至りました。 私ごとですが、去年は事前情報無しで10月まで鶴見や川崎で釣れない青物を追いかけていました。しかし、10月半ばに、ふと気分転換に行ったふだんあまり釣れない場所で簡単に釣れてしまいました。 そうです、とっくにコノシロパターンが始まっていて、完全に出遅れてしまったのです。 早ければ9月あたりから始まります。今からでも間に合うので準備を始めましょう。 私自身、今年は初ビッグベイト挑戦でランカーを獲るべく5月の終わりくらいから準備しています(笑) もくじ コノシロパターンとは? 釣れる時間帯 釣れる場所 おすすめルアー おすすめタックル おわりに #{ad1} コノシロパターンとは? シーバス釣りには、パターンが存在します。 有名どころでは、バチ抜け、マイクロベイトパターンなど多数あります。 その中でもコノシロパターンが一番爆発力があり、ランカーサイズも珍しくありません。 こちらが秋の東京湾の主役!!コノシロちゃんです!!スレ掛かりしまくります。 15センチから25センチくらいの大型サイズがシーバスにバコバコ捕食されています。 冬に入るとシーバスは産卵のために沖に出てしまいます。そのための体力作りに、大量発生している大型コノシロがメインベイトになります。 釣れる時間帯 基本どの時間帯でも釣れるようになります。 去年の私のメイン活動時間は、21時~2時でした。しかし流石最強ハイシーズン!時々、朝マズメや日中釣行も何回か行きましたが、ボウズはありませんでした。 時間帯に関しては、皆さんの行ける時間に行って、いい反応が得られるはずです。 私の経験上、潮もあまり関係なかったです。去年は10月半ばから11月半ばまで週3~4釣行を1ヶ月続けましたが、全ていい結果でした。 日中でもいいサイズ。ハイシーズンでハイチャンス!! 釣れる場所 基本的に、コノシロがいる湾奥ならどこでもチャンスがあると思ってください。 この準備期間に、グーグルマップや、ネット情報、更に可能であれば現地の調査を行っておきましょう。 基本人気スポットは人でごった返しています。と思えば、普段、場所はいいけど釣れないポイントがコノシロパターンでは大爆釣の人気スポットに早変わりします。 私がメイン場にしている場所も秋までは10人いれば多いいところ、秋には30人くらいに増えます。(近年の釣りブームで、そんな不人気スポットも普段から賑わうようになりました。) おすすめルアー スピニングタックル50g以下部門 まず、今年からシーバスを始めた方で、コノシロパターン未経験な方に!! ダイワ モアザンシリーズから。 スイッチヒッター120S+R セットアッパー125S+DR この2つを超オススメいたします。 オススメする理由は3つです。 1:圧倒的飛距離 この2つはとにかくよく飛びます。スイッチヒッター30g、セットアッパー26gで、どっちも初心者が投げても40〜50mは飛ぶんじゃないでしょうか? 私がスイッチヒッターを本気で投げたら70〜80mは飛びます。(詳しいシステムは興味を持っていただけたら調べて下さい) 私が他の記事でもよく上げてるシーバスで飛距離は正義です(笑) 2:簡単操作 両ルアー共ただ巻きでほぼ全て完結します。 スイッチヒッターは表層から30センチのレンジをS字でゆっくり流します。 セットアッパーはシンキングで、30センチから下を攻められるのでレンジを変えてただ巻きします。 時々ステイさせ、喰わせの間を入れると下からシーバス突き上げて来ます。 3:今なら比較的手に入り易い 8〜9月までは各カラーが店頭でも比較的入手し易いです。 10月入ったら人気カラーのチャートコノシロなどのカラーは絶滅します。場合によってはスイッチヒッターは12月まで店頭からいなくなります。今のうちに是非! 上記2つは去年私のエースでした。 スイッチヒッターに至っては、10月の半月で35匹釣らせていただきました。バラシを合わせれば50ヒット以上しています。 https://youtu.be/hMG6769YKJo 始めたての人や、気軽に釣りたい方に是非オススメです。 チャートコノシロは今しか店頭にないですよ! ベイトタックルビッグベイト部門 こちらは今私が初ビッグベイトで挑む為に揃えているルアーからオススメを紹介します。 ジャッカルダウズスイマー220SF113g 180SF 60g YouTube俺達の秦拓馬氏プロデュース!!シーバスの飲み物でお馴染みですね。 定期的にあの動画を見てモチベーションを高めています(笑) 3連ジョイントからなる超S字アクションは実際使うと驚愕の一言です。 そして抜群の飛距離です。まだ練習中ですが、220のジョイントルアーが40メートル以上飛ぶとかやばいです。 こちらも今なら店頭でたまに見かけます。 ハイシーズンが近づくに釣れて、入手困難になる品物です。 欲しかったらフリマサイトしかありません。ハイシーズンは大体定価プラス1500円はします。クソ高いです。適正価格購入なら今しかありません。 シマノ別注平政 220フラッシュブースト114g、160フラッシュブースト 60g こちらの品は、店舗から無くなると私も困るルアーです。 紹介ちょっと躊躇しました(笑) コノシロペンシルは平政用をシーバス用に改造したそうですが、こちらは完全平政用です。 しかし、シーバスでも充分使えます。 160サイズは自重60gで比較的軽いので投げ易いです!そしてめっちゃ飛びます! シマノでお馴染みAR-Cは未搭載ながら圧倒的飛距離です。 AR-Cが未搭載なのが理由かわかりませんが、他のビッグベイトと比べると安いです!キャスティングだと2300円位で160フラッシュブーストが買えます。 フラッシュブーストめっちゃでかいです。 こちらの動画は私が練習中に初めてバイトを経験した瞬間です。 https://youtu.be/v_JqZcNbhKc おすすめタックル ここでは、私が使用したことのあるタックルからオススメを紹介して行きたいと思います。 上記で紹介した50g以下のルアーを投げれるスピニングタックル 【ロッド】シマノディアルーナS96ML 中堅クラス最強No. 1ロッド!!(私の場合) 8〜45gまでの幅広いルアーを投げられるロッドです。上記で紹介したルアーを全てカバーできます。 更にシマノ技術特性、ハイパワーX、スパイラルX等により、圧倒的飛距離、パワー!なのによく曲がり合わせもしっかり決まりバラシ軽減と良いことしかないスーパーロッドです! 見た目も最高です!シマノミドルエンドといえばこれ!!(写真は806mlです) 【リール】シマノ20ツインパワー3000MHG、4000MHG ハイエンドクラスから最も手に取り易い価格のパワーリール!! 金属ローターの剛性が素晴らしい! 汎用スピニングリールでは、ステラとこの20ツインパワーだけ! 半プラボディ?そんなの関係ないぜ!! ドラグ音がキンキンで気持ちいいぜ!! 見た目がかっこいいぜ!! ステラを買うお金で2台買えるぜ!! ツインパワーについて語ったら長くなるからこれくらいにしといてやるぜ!!(笑) っと、言うわけで、私はツインパワーをオススメ致します。 理由は秋のパワフルシーバスを相手にしても金属ローターの恩恵で全く歪まず、安心したファイトを約束してくれるからですね。 半プラボディが気になる方!全く気にしなくていいです。1mのスレ掛の鯉でも強引に引き寄せても大丈夫ですよ!(真似はしないほうがいい) とにかくかっこいいです!パワフルな秋シーバスでも安定したファイト! ビッグベイト用ベイトタックル 紹介したビッグベイトを投げれるロッドで比較的安く買えるロッドがこちら。 【ロッド】アブガルシアホーネットスティンガープラス744X こちらはモバイルロッドです。そのパワーはシーバスやるにはオーバースペックじゃない?と思わせるくらい硬いです。 MAX4オンスまで投げられるので、ダウズスイマーも普通に投げられます。下は20gくらいでしょうか。 問題は硬すぎるので小さいサイズが掛かったらバレ易いです、、、 とはいえ、なんと言っても、見た目よし、4オンスまで投げれる、そして安い!大体1万〜1万2千円で購入出来ます。 ガイドがマイクロガイドシステムなので、大口径派と好みが分かれます。 シーバスは基本ただ巻きの釣りです。グリップエンドが長く、脇に挟みながら釣ります。 「バスロッドってグリップエンドが短くて脇に挟みづらいし使い辛い!」 ご安心下さい!! こちらのロッドは、他のバスロッドと比べてグリップエンドが長く、脇に挟みながら快適な釣りができますよ。 セミハードケースも付いてGOOD!! 【リール】シマノアンタレスDCMD 世界で闘う最強のアンタレス!! はい、ビッグベイトと言えばこのリール! ビッグベイトはPE2号以上を使用します。20lb100mでPE3号なら物によりますが、大体140m巻けますので、太糸をたっぷり巻けます。 ハガネギア、ハガネボディ等各技術特性によって剛性感あります。 ビッグベイトモードにより、でかいルアーがかっ飛んで行きます。 ビッグベイトゲームやるならいつかは使っていただきたいリールNo.1です。 ハイエンドの所有感と使用感は素晴らしいです。 【リール】シマノエクスセンスDC SS iDC4搭載エクスセンスチューン搭載シーバス専用ベイトリール!! こちらはアンタレスDCMDの半分以下の値段で買えるシーバス用ベイトリールです。 2オンスまでのビッグベイトなら快適に扱えますよ。 2オンスくらいまでのビッグベイトゲームを始めようと考えている方には1番にオススメ致します。 ビッグベイトエントリーならこれ一択! 【リール】アブガルシアロキサーニパワーシューター 安価でお馴染みアブガルシアです。 こちらのリールは、フリマサイトなら8千円から、ネット販売なら1万円台から手に入る超ハイコスパリールです。 見た目は大変かっこよく素晴らしいです。 太糸使用もどんと来い!糸巻き量はなんとアンタレスDCMDと一緒です。 ブレーキシステムは、遠心とマグネットのハイブリッドであるインフィニティブレーキで自分好みの通な設定が出来ますよ。 ボディも金属製で問題なし! ハンドルは95ミリのロングハンドルにEVAパワーハンドル標準装備!! なんでこんな安いんやろか? 安い!見た目よし!ラインキャパよし! おわりに という事で、今回はもうそこまで迫ってきた秋の東京湾ハイシーズンに向けてと言うことで書いてきました。 このシーズンは、シーバスアングラーだけでなく全ての釣り人が待ちに待った季節です! 今から万全の準備をして大爆釣をめざしましょう!! 今回紹介しきれなかったルアーは別で記事上げますのでご期待下さい! 秋のデイゲームはより一層楽しいですよ( ̄∀ ̄) #{snippet[14]}
【オフショア】はじめてのオフショアゲーム-ディープジギングの回①-
2021年08月01日 魚種や釣り方 NEW!
【オフショア】はじめてのオフショアゲーム-ディープジギングの回①-
みなさんこんにちは、t.onumaと申します。 オフショアゲームを本格的に始めてしまったのはここ3年ほどですので、まだまだ駆け出しです。そして「ゲーム」と言いましても、「これってもしかして罰ゲーム?」というくらいに釣りに苦しめられております。 これからオフショアゲームを始めてみたい方がそうした苦しみを味合わぬよう、初心者が気になるところについて、お伝えしていこうと思います。 今回はディープジギングについて、です。どうぞよろしくお願いします。 もくじ ディープジギングとは 何が釣れるのか 釣り方 おわりに #{ad1} まずディープジギングとは?ですが、文字通りディープな場所、水深の深いところでのジギングです。 以前お伝えしたSLJでは「SLJの「ライト」とはどの程度ライトなのか?」が焦眉の問題となったことと同じく、今回は「どの程度ディープなのか」が最初に解決すべき問題となります。 人によっては水深50mでもディープかもしれませんし、100mでもディープではないかもしれません。諸説あると思いますが、ここでは一つの基準として、200m以深をディープとよび、200m前後〜で執り行う釣りをディープジギング、と呼ぶこととします。 なぜ200mかというと、株式会社平凡社世界大百科事典第2版では深海を 海洋生物学では深海deep‐seaとは,水深200m以深をいい と、定義しているからですね。まぁ曖昧ですよね。 と、曖昧ですが、これを一つの基準として説明してみます。ただ、場合によっては水深150mとかそのくらいの水深もディープジギングとして取り扱います。 やればやるほど巨大なジグが増え続けることもこの釣りの特徴です。 以降、少々矛盾したり、定義が曖昧だったりすることもあるかと思いますが、フワッとした部分はご容赦ください。 何が釣れるのか そして、本稿のディープジギング、曖昧ではありますが、200mくらいの深いところで、重たいジグを使い釣る手法です。 釣れる魚は普段お目にかかれないような魚が多いです。これまで釣ったことがあるのは、アラ、ムツ、クロムツ、シロムツ、キンメダイ、ギンメダイ、タチウオモドキ、あたりです。 アラです。こどもなのでコアラ、と呼ばれます。 もちろん、場所にもよりけりなのでしょうが、かの有名なアカムツやカンパチ、アラ(クエのことを九州ではアラといいますが、アラという種類です、でもクエも釣れるみたいです)、オニカサゴなどの高級魚や、メダイ、クロシビカマス、バラムツ、アブラソコムツ、アブラボウズなどの見慣れない魚もターゲットとなります。 200mどころではなく、500m以深ではメヌケなども釣れるようです。 釣り方 おおよそですが、水深の数字と同じ程度の重さを目安としたジグ、300mなら300gといったような重さ、で釣ります。 ジギングですね。ディープジギング、って言ってるもんね。それを、深いところで、ジグをゆっくり動かして釣る、スローピッチジギング、いわゆるスロージギングです。 ロッドにジグの重みをかけつつジグをぐーっと持ち上げてジグを動かし、フォールさせてバイトを引き出す、というのが一般的なメソッドです。イメージは以下です。 ロッドにルアーの重みを感じつつ、ある程度引き上げるとテンションが抜け、ルアーはスライドあるいはグライド・フォールを開始します。以下のイメージです。 1:ジャーク等の距離あるいは力の強さが、2:スライド・グライド・フォールに関係してきます。これを1セットとし、スライドが止まった地点でジャークを再スタート、この横の動きを複数層で繰り返すわけです。 再スタートする位置をどこにするかはリールのハンドルを巻く回数で決めます。Aの位置で再スタートするのか、あるいはCなのかは、水中でルアーにどういう動きをさせるかイメージしながら動かします。 A.スライド幅を狭く、縦の動きを少なく縦を広範囲に探りたい場合 →ジャーク少なめあるいは弱め・リール回転少なめ B.スライド幅を広く、縦の動きを長く横・縦とも広範囲に探りたい場合 →ジャーク多めあるいは強め・リールは2回転 といった具合です。 水深が深いだけで、他のジギングと変わりませんよ、と言いたいところなのですが、水深というのは思いの外、さまざまな影響があるのですね。 僕自身、ちゃんとやり始めてまだ1年も経ってないのでわからないことや、研究課題が多数あります、というよりは毎回が勉強です。 最初にやってみて感じたのが「何がおきているのかわからない」でした。 水深が300mって、東京タワー(333m)の一番上からジグを落としているようなものですもんね。 底質にもよりけりでしょうけども、まず着底がわかりづらいです。次にバイトがわからないケースもあります。これはバイトしてきた魚が極小のユメカサゴだったり、という理由が大きいかもしれません。 加えて、掛かった後も相当サイズが大きくなければ引きません。何がおきているのかわからないどころか、なぜこんな釣りをしているのかわからなくなりそうでした。釣り糸じゃなくて輪ゴムとかで釣りをしている感じでしょうか。楽しいのか、これは?と。 ですので、やってみたはいいものの、大半の人は、二度とやるまい、と思うのではないでしょうか。「よくわからないけどもう一回くらいは。。」と思えるようであれば、その後も取り組めるようになるかもしれません。そんな釣りであることを最初に覚えておいてください。 おわりに 初回からとてもつまらなそうな感じですね。 でも、なかなかどうして、ディープジギングは水深ばかりでなく趣深いところもありますよ。 ヘンテコな魚が頻繁に釣れるのが特徴です。 次回はタックルについて解説します。引き続きどうぞよろしくお願いします。 #{snippet[19]}
【オフショア】はじめてのオフショアゲーム-SLJの回⑥-
2021年07月31日 魚種や釣り方 NEW!
【オフショア】はじめてのオフショアゲーム-SLJの回⑥-
みなさんこんにちは、t.onumaと申します。 オフショアゲームを本格的に始めてしまったのはここ3年ほどですので、まだまだ駆け出しです。そして「ゲーム」と言いましても、「これってもしかして罰ゲーム?」というくらいに釣りに苦しめられております。 これからオフショアゲームを始めてみたい方がそうした苦しみを味合わぬよう、初心者が気になるところについて、お伝えしていこうと思います。 全国的に大人気のSLJについて、最終回の今回はようやくフックセッティングの注意事項などについて解説します。長くなってきましたので、これまでの目次を作っておきますね。興味ある方はリンクからどうぞ。 -- 1回目:SLJ総論 2回目:釣り方について:メソッド、ジグのアクション 3回目:SLJのタックルについて:ロッド、リール 4回目:タックルチョイスとジギングリールについて 5回目:ジグについて、フックについて -- では今回もどうぞよろしくお願いします。 もくじ フックのセッティング位置について おすすめアシストフック 最適なフック形状について フロントフックの取り付け位置のこだわり おわりに #{ad1} フックのセッティング位置について そして再びフックです。フックセッティングに関してですが、これは永遠に結論の出ないテーマで、考えれば考えるほど、そして試せば試すほど正解から遠ざかる気もしております。 そんな深みがあるフックの微調整ですが、いくつか注意すべき論点を取り上げてみます。 まず、セッティングですが、フック+アシストライン+スプリットリング+(場合によっては)スイベルの全長がジグ本体の2/5くらいの長さにしてセットするのが妥当かと思います。 このくらい。フロント、リアのフックが絡まない長さです。 おすすめアシストフック フックそのものですが、SLJのジグの場合、最初から付いているケースもあるので、変に変えたりすることなく、そのまま使うのが良いと思います。 ただ、トラブルがあって、フックだけがなくなったりする場合もあると思います。その場合は別途用意する必要があります。 別売りフックでぼくがよく使うのはいくつかあります。 基本のフックはこちらを使います。#8ですが、60gのジグなら#14がよいようです。 小技つき。ジグをあまり動かしたくないけどアピールしたい場合、あるいはくっそド派手にアピールしたい場合これを使います。 最適なフック形状について こっから先は少々心が病んでいないと立ち入れない領域かと思いますが、ついでなので書いておきます。ここも、いくつか論点があります。 フォール中心に釣りたい場合 針先がほんの少し内向きで勝手に刺さるタイプ。 ストレートタイプよりも根掛りがし難い(気持ちの問題?)という利点もあります。逆に、巻き上げで釣りたいような場合で根掛りの恐れがない場合はストレートを選択します。 ロングジグの場合 出来合いのアシストフックだと上記ジグ長の2/5を満たすことのできるものがなかったりします。 あるいは「これだ!」と思う長さのフックがない場合も自作せざるを得なくなります。 また、魚種によってアタックの仕方が変わります。バイトの出方としては、ルアーを吸い込む系と齧る系に大別されると思います。吸い込む系の代表はヒラマサや青物、齧る系は歯が鋭い魚、マグロとか黒ムツ、大型のハタあたりですね。 吸い込む系の場合、大抵頭から吸い込むような気がします。実際にキープして捌く際に、胃を見るとベイトの頭は奥を向いていますので、間違いないと思います。 ですので、フックはフロントのみにつけておけばよろしいかと思います。また、丸呑みされている都合上、ロッドを煽ってフッキングしておく方が無難な気がします。 一方、齧る系は頭からくる場合もありますし、テールの方から丸かじりする場合、テールなので丸か尻、ですね、その両方があると思います。 ですので、齧る系を狙う場合、リアフックがリーダーを巻き込む(テーリング、エビる、なとどいいます)ことがないギリギリの長さにアシストラインを設定するのが良いと思います。 図のように、フロント1に対してリア1.5〜2くらいの長さのバランスです。フロントが4cmならリア6cm〜8cmといったバランス。 ここで問題になるのが、20cmくらいのロングジグの場合です。リアフックを長めにしたくてもアシストラインが6cmを超えるようなフックって見たことがないのですよね。。。 なので自作、となります。 自作する場合、個人的には専らシーフロアコントロールJAMアシストラインを使うことが多いです。理由は、たまたま持っていたから、というと身も蓋もないのですが、中芯としてフロロラインが入っており、張りがあるものの結束しやすいから、です。 ただ、ここで記載した問題は主にディープジギングの際の問題でして、大型魚のジギングの場合は改めて研究せねばならないのが現状です。 他の自作フック ついでに記載しときますと、自作フックって結構メリットがあります。フックサイズ、アシストラインの長さの調整はもちろんのこと、ティンセルやしもり玉の追加等、考えうる限りの卑怯な、いや、男らしく勇敢な「知恵」をフル装備したフックシステムを開発できるのですげー楽しいですよ!! 出自:https://www.hayabusa.co.jp/hayabusa/products/BS305/ これとか、針そのものにホロが組み込まれていて、ていうかシールが貼ってあるだけですが、空前絶後の姑息さというか、何周か回って逆にむしろ勇敢な感じで、戦慄せざるを得ません。自作ならこういうのも使えるんだよ。使ってるし!! フロントフックの取り付け位置のこだわり ジグですが、巻いてる時やジャークしている時はラインの結節点が上向きになると思います。 これであればなんら問題ありません。 問題はフォール時点です。フォール時、魚がどこからバイトしてくるかで、取り付け位置を変えた方がいいと思うのです。 どこにすべきか。。。結節方法にもよるのですが、上記のようなジギング用のスイベルを使うと、フロントフックの取り付け位置候補は4箇所になり、加えて左右あるいは上下の問題もあるので、取り付け方法は8パターン発生してしまいます。 この8つのなかから、少しでも魚がバイトする際に、魚に近い位置に取り付けたいものですが、正解はあるのでしょうか。。。 以下、それほど根拠は強くないものの、現状でぼくが考えていることです。 前提として、フックは溶接リング+スプリットリングで接続するとします。そうなると、上記ジギング用のスイベルであれば、接続位置は他の金属部品との干渉が一番少なそうな4の1択となります。 ノーマルのスイベルを使うのであれば、3がなくなるので4で大丈夫ですね。 ではどちら向きにつけるべきか、上記4の場合、手前側に接続するのか、奥側に接続するのか、これが頭を悩ます問題となります。 このジグの場合であれば、左右対称ですので、おそらくこの姿勢のままフォールしていきます。なので4の手前・奥のどちらでもいいと思います。 問題は左右非対称のものです。フォール姿勢がわからないのです。 こういうやつ。 どこから見てもとても非対称です。どう落ちているのでしょうか? というのが、フォールの際、下向きになる面の方が、頭から食べに来る魚への位置関係としては近いと想定できます。近い方にフックがあった方がいいと思います。 こうなってる気がします。 そうなると、フックは少しでも下部にある方が有利に思えます。問題は左右非対称ジグの場合どちらが下向きでフォールするのかがわかりづらい点、「でした」。過去形なのはわかっちゃったからです。 タイニーレクターです。 4匹ばかり釣ったら失明しました。おそらくですが、アイが下向きでフォール、つまり平らな面が多い方を下にしてフォールしていたようです。 いずれもフォール中のバイト(かさご)でしたので、下からバイトしてきている、はず。 そしてこの時点のセッティングは先ほどの位置関係で言うと4の手前側、です。つまり、より魚に近い位置、でした。 ですので、ジグによりけりな部分は多いとも思いますが、フォールの際、水底に近い面、多くは水の抵抗を受けやすい平らな面、の方向にフックをセッティングするのが妥当かと思います。 アイ(目)が片面にしか付いていないジグは、アイが付いている面が下向きになるケースが多いかと思います。 ただ、フォールの際も回転している可能性もありますし、魚も下からと見せかけて回り込んで上からバイト、とかもあるかもしれませんので、取り付け位置の上下あるいは左右については、バイトはむちゃくちゃあるのにフッキングしないようなケースの最後の調整の一つかもしれません。 また、蛇足ながらもう一点。左右非対称のみならず、上下非対称の場合です。TGベイトやトウキチロウですね。 よく見ると、フロントの頭上でなく、顎側の塗装が削れています。 これも上記1-4の位置で言うと4の手前でいいと思いますが、バイトの方向の想像がつけば、取り付け位置もイメージしやすくなるかと思います。 おわりに 全6回にわたって解説してきたSLJ、全て読まれた方はほぼおられないかと思いますが、知っている限りの知識と経験を残すことが出来ました。 お読みいただけた方、お疲れ様でした、そしてありがとうございます。 実際に釣ってみて、悩んだ際は情報を整理して、基本に立ち戻ったり、新しい手法を試すことで上達に繋がると思います。 釣りって本来、針と糸があれば成立するゲームなはずなのですが、やれコマセカゴだ、てんびんだ、等々、釣るための工夫がなされればなされるほど複雑になってしまい、本来の姿からは離れすぎてるきらいもある気がします。 その点ジギングって、ぴょいっと落としたらガーンっと美味しい魚が釣れて、仕掛けというかリグもシンプルでわかりやすくていいですよね。 遠くない将来に重りを叩いて伸ばして自作ジグを作ってしまいそうな気もするのですが、まったり調査と研究を重ねていこうと思います。 #{snippet[19]}
【シーバス】夏の鉄板バイブゲーム
2021年07月30日 魚種や釣り方 NEW!
【シーバス】夏の鉄板バイブゲーム
皆様こんにちは!釣りが好きなんですです! 今回は夏の鉄板バイブゲームについて書いていきます! 7.8月と夏も近づき魚の回遊が盛んになる季節です。 シーバスも活性が上がり朝マズメが非常に熱い!! 去年の同時期朝マズメの経験を元に少しでも皆さんの為になれば幸いです! さあ皆さんひたすら鉄板投げましょう! もくじ とにかくマズメだ! とにかく遠投だ! とにかく早巻だ! とにかく周りを観察だ! 終わりに #{ad1} とにかくマズメだ! とにかくマズメだ!!マズメは逃してはいけません。 7、8月と日中でも鉄板バイブで釣りやすくはなってきます。 ですが、やはりマズメの瞬発力には敵いません。 ハイシーズンのマズメはヤル気あるシーバスがいたら答えは早いです! こちらは夏ハイシーズンのシーバス!!なんと開始一投目で釣れました!! 状況動画ありますのでよろしければ是非!! https://youtu.be/0Nz_04LDF_8 とにかく遠投だ! さて場所も取れた朝マズメだ! 後はとにかく遠投だ! 短い朝マズメの地合い、とにかく広範囲に探りましょう。人気スポットですと4〜5メーター間隔に人がいるので横に探れません。 飛距離こそが全てです!(笑) YouTubeにてペンデュラムキャストのやり方を紹介しています。マスターすれば飛距離アップ間違いなし! https://youtu.be/3KRQ_Rnrp8Y また、こちらの動画でも紹介しているオススメメタルバイブがこちら。 上州屋やキャスティングで激安で販売されているあのメタルバイブです! 他のルアーの半額、または高いやつに比べれば三分の一です。 飛距離は他のお高いルアーと遜色なくかっ飛びます! 魚も普通に釣れます!(去年周りの1500円台の有名鉄板バイブより大爆発しています!) 多少塗装剥げが激しいけどそれは値段相応期待してはいけない。 塗装とフック錆強度は、激安中華ルアー以上国内メーカー以下です。 私は鉄板バイブはこれしか使いません! 上記のとにかくマズメだ!の動画に登場するのもこの鉄板バイブです! とにかく早巻だ! 全レンジを意識しながらとにかく早巻して下さい。基本デイゲームなので普通に巻いても見切られます。 この時期のシーバスはハイギアの高速リトリーブなんて余裕で追い付きます。見切られる前に喰わせましょう! とにかく周りを観察だ! 朝マズメ時にひたすらキャストしつつ大事なのはまわりの様子も観察しましょう。 釣れている人のカラーやサイズ、ヒット位置、更には水面で追われているベイトはいないか、レンジはどこかと、探れば情報はいくらでもあります! 実談ですが、去年のハイシーズン時に、周りは50〜60Mの範囲で鉄板バイブを巻いていましたが誰もヒットせずにいました。 それを見た飛距離こそ正義な私は75〜85Mの遠投をした結果地合い開始と同時に私だけヒット祭りになりました。(バラシ祭りも同時に経験(笑) 周りの様子を見て釣果アップを! 終わりに さあ、今回は夏の鉄板ゲームについて紹介してきました。 シーバスだけでなくアングラーの活性も高くなり、熱い日々が続きます! 皆様も熱中症には充分注意して楽しい釣行を!! 個人的には気温上がる前の朝マズメで安全に! #{snippet[14]}
【オフショア】はじめてのオフショアゲーム-SLJの回⑤-
2021年07月29日 魚種や釣り方 NEW!
【オフショア】はじめてのオフショアゲーム-SLJの回⑤-
みなさんこんにちは、t.onumaと申します。 オフショアゲームを本格的に始めてしまったのはここ3年ほどですので、まだまだ駆け出しです。そして「ゲーム」と言いましても、「これってもしかして罰ゲーム?」というくらいに釣りに苦しめられております。 これからオフショアゲームを始めてみたい方がそうした苦しみを味合わぬよう、初心者が気になるところについて、お伝えしていこうと思います。 全国的に大人気のSLJについて、5回目の今回はようやくジグについてコメントします。長くなってきましたので、これまでの目次を作っておきますね。興味ある方はリンクからどうぞ。 -- 1回目:SLJ総論 2回目:釣り方について:メソッド、ジグのアクション 3回目:SLJのタックルについて:ロッド、リール 4回目:タックルチョイスとジギングリールについて -- では今回もどうぞよろしくお願いします。 もくじ SLJ用のジグについて ラインについて フックについて おわりに #{ad1} SLJ用のジグについて 満場一致でダイワのTGベイトは必携ルアーになると思います。 タングステン素材のジグです。 ところでTGベイトの「TG」。タングステンの略か何かだと思ってたら、スリルゲームの頭文字らしいですね。スリルゲーム・ベイト。エサ釣り、ってことでしょうかね。。。 これは本体の質量が高いので、シルエットが小さく、鉛より硬くなります。 これにより何が起きるのかというと、まずシルエットが小さいので水の抵抗が少なくなります。次に感度がよくなります。柔らかいものよりも硬いものを叩いた場合の方が音が伝わりやすい原理かと思います。 つまり、タングステンを使うと、鉛や鉄よりも早く沈み、アタリや底を取りやすくなります。 ターゲットが、餌となる小魚を積極的に追いかけているような状況では非常に強いと思います。逆に餌となる小魚のサイズが大きいような場合は、同じ重さであれば鉛が有利な状況もあります。 使い分けの手法としては、潮が速く、ベイトが小さい時は迷わずタングステン、たるい潮でふわふわフォールさせた方がアピールが良い時は鉄や鉛で打開策を見つける、といったところでしょうか。実際、現場に出てみて判断ですね。 個人的な見解でありますが、SLJに関して言えば、必要なルアーは3つプラス1くらいかと思います。一つ目はまず上記のTGベイト、二つ目と三つ目はBOZLESというメーカーのトウキチロウとイエヤス、プラス1はTGベイトのスリムかBOZLESのノブナガ、あるいは鉛製のものの幾つかからチョイス。 上からTGベイト、トウキチロウ、イエヤス、ウォブリンS、タイニーレクター、フレック、です。 名前をあげた3つのタングステンルアーのそれぞれの違いですが、動きが一番派手なのがトウキチロウ、中間がTGベイト、動かないのがイエヤス、となります。TGベイトのスリムとノブナガはフォール中のバイトが多いように感じます。 TGベイトスリムです。なかなか釣れます。使う順番はお好みでいいと思っていますが、過去の実績として、何をやってもダメな場合にイエヤスで釣れた、ということは何度かありました。 その時点のベイトのシルエットに寄せていくのが近道なのは当たり前として、釣れたジグによってその時点のベイトが何であるのかが想定できたりもしますので、なかなか奥深い遊びだと思います。 基本はこの3+1として、「良い」と言われているジグを用意する感じでしょうか。他、個人的に良いと思うジグが以下のものです。 ・ハヤブサ ジャックアイスロー(ラインアップは60-300g) ・シーフロアコントロール タイニーレクター(ラインアップは40、60g) ・スミス ウォブリンS(7-185gと幅広い品揃え) ・ダイワ 鏡牙(ラインアップは100-180gで複数種類がある。少し重い) ・ディープライナー各種(30-1500gと盤石のバリーション) いずれもタングステンジグに比べれば、比較的安価です。が、無くすとイタイので、根掛かりには気を付けましょう。 ラインについて SLJなら、というか釣り全般に言えること、PEラインを使用する前提ですが、ラインは極限まで細い方が、潮の抵抗がなく釣りをしてて楽チンです。 太糸が必要なのは、根や船底で擦る危険性がある場合です。 前回のどてら流しの例であれば、ルアーが寄ってくる場合は船底で擦る可能性があるので念のため太糸を、離れていくような場合は細糸の方が力が要らず楽チンだと思います。 なんともぼんやりとした書き方ですが、SLJなら0.6-1号程度で良いと思います。 銘柄は切れなければなんでもいいと思います。 が、Amazonあたりでよく見かける格安PEは表示号数よりもだいぶ太いケースがありますので、安すぎるものは要注意です。100mあたり1,000円前後のものを選んでおけば問題は発生しないかと思います。 出自:https://www.seaguar.ne.jp/lineup/fune/fune_11.html シーガーのx8あたりがいいんじゃないでしょうか。値段、入手のしやすさ、性能のバランスがいいと思います。 フックについて 基本、ジグの大きさに合わせてフックサイズを選ぶのですが、正解はないと思います。 無事釣れたら、それは暫定的に正解、でいいんじゃないですか?この見解で不満はありますでしょうか?ありそうだな。。。ならもう少し書くか。 細かく言うと、釣る魚と釣り方によって、針自体の幅(ゲイブ)と長さ(シャンク)およびアシストラインの長さも変えた方がいいと思います。 フックの場所の名称です。 フックサイズ、アシストラインの長さの調整で釣り方は変わる!はず。。。 ルアーにアタックされている感じはあるのにフッキングしないような場合はフックのサイズが合っていないこともあると思いますので、デカくするあるいは小さくする、という対応が必要ですね。 また、フッキングはしたもののフックアウトするような場合もあります。その時点でダブルのアシストフックを使っているのならシングルに変えてみたり、力強くフッキングしてみたり、刺さりが悪いのかもなので針の軸を細くしてみたり、逆に太くしたり軸の形状を変えてみたりと微調整が必要かと思います。 ケースバイケースですが、結論、複数種類用意しておいた方がよろしいと思います。真面目にやるならね。 フックの個別銘柄やセッティングについてですが、使うジグによる、という点が多いので、後述します。 おわりに 5回目になってようやく道具の説明が終わりました。。。長々とすみません。 次回は(「まだあんの!!」と言われそうですがw)フックのセッティングや微調整について解説します。引き続きどうぞよろしくお願いします。 #{snippet[19]}

アプリで
釣果・釣り場を
サクサク検索。
記録もできる。

今すぐアプリを
ダウンロード