釣りの醍醐味を語る① フッキングして乗った瞬間に勝るものはない。

2020年10月04日 公開 藤井の戯言

釣りの醍醐味を語る① フッキングして乗った瞬間に勝るものはない。

僕がアングラーズをやっていて一番の使命は『たくさんの人に釣りの醍醐味を伝えること』だと思っています。

釣りは初めようと思っても、何をしたらいいのかわからない、何を揃えればいいのかわからない、どこにいけばいいのかわからない。
もしくは、然るべきモノを持ってその場所で1日釣りしても、釣れなかった場合はそれが合っているのかわからない。何がダメだったのかわからない。

こんな不確定要素がたくさんある釣りを少しでも、自分の中で解決できるようにしたいと思ってアングラーズをやっています。

今回はその1歩手前の釣りに興味を持ってほしいと思い、少しでも熱量が伝わればいいなと思います。

そもそも『フッキング』とは

フッキング、釣り針が魚の口に掛かることですが、釣り人は『魚の口に針をしっかりと掛けること』を指していると思います。

針は尖っているため簡単に刺さる。と思いきや魚の口は案外硬い!
その上、フッキングした魚は暴れるので【簡単に口から針が外れます。】

フックが簡単に外れないようにするため、しっかりと針を掛けることが必要になります。
これをフッキングと言います。

このフッキングがとても重要で、一部の釣りではフッキングですべてが決まるものもあるとかないとか。

フッキングは魚の口に釣り針が掛かると同時に、初めて魚の生命感が手元に伝わる瞬間でもあります。

つまり、その瞬間に頭の中にアドレナリンが流れます。
僕はこの瞬間のために釣りをしていると言っても過言ではありません。

ブラックバスフッキング

釣りはフッキングが最も重要!?

どれだけ重要かと言うと、フッキングしないと絶対に魚は釣れないと思ってください。

もちろん使用しているタックルや釣る魚にもよりますが、基本釣りにはフッキングが必要です。

フッキングせずとも釣れる場合は、魚が小さかったり、針が掛かってないのに釣れてしまった、もしくは針を飲んでしまったときなどです。
ただ、それでもフッキングしないと釣れないと言って問題ないと思います。

ちなみに余談ですが、僕は過去に針なしで釣れたことが3回あります。
単に付け忘れただけなんですが、そのときは針要らないんじゃね?って思いました。

ただ、そんなのある意味奇跡なのでね。
フッキングは絶対に必要ですよ。

ブラックバスフッキング

向こう合わせが嫌い

かなり偏見のあるフッキングの話をします。

フッキングは自分から掛けるからこそ楽しいのであって、相手に掛けさせる向こう合わせの釣りは楽しくないと僕は考えています。/p>

例にすると、タイラバの釣りですかね。
勝手に掛かるというか、巻いていれば自動で釣れているというか。
こういった釣りが好きではないのです。

ロッドで言うとソリッドのものが好きではありません、僕の持っているロッドはすべてチューブラーです。
自分から掛けたいんです。
ロッドに伝わる重みを感じる要因を自分からつくりたいんです。

かなりの機会損失だと思っているんですけどね、そのせいで釣れる魚を逃していると思っていますから。
ただ、釣りは好きなようにやればいいと思っているのでこれでいいと思います。

ちなみにタイラバは誘われれば参加しますが、そのときみんなはタイラバですが僕はライトジギングで真鯛を狙っています。
釣れればいいのではなく、どうやって釣りたいかを考えて釣りしてますね。
また、向こう合わせじゃない、フッキングするタイラバもあるそうなのですが、タイラバ=向こう合わせの釣りのイメージが強いためやっていません。
すみません、少し脱線しましたね。

琵琶湖の風景

ロングワームのフッキングこそ理想

では、どんな釣りが僕にとって楽しい釣りなのか。
それはテキサスやフリーリグの釣りです。

僕の釣りは小学生から始まっていますが、基礎ができたのは大学生活に琵琶湖で培ったブラックバスです。

今はわかりませんが、当時は13インチのワームを使う釣りが一部で流行っていまして、僕も漏れなく使っていました。

ただ、ロングワームはボディサイズに比べ使用するフックが小さい。
そうなると、魚がワームを咥えても、フックまでいってないかもしれない。

使用しているワームの大きさからして琵琶湖のバスに限った話なのかもしれませんが、当たりがあっても即合わせせずに数秒待つわけです。
フックまでいかないと釣れませんから。

【当たっているから早く合わせたい欲求】と【フックまで行ってないからすっぽ抜けるから我慢】の2つの気持ちが右往左往するんです。

この焦れったさが入り交じる時間が本当に長い。
長いと5秒以上待つこともあります。

ただ待ってからフッキングして、そのときに魚が乗った感覚は何事にも代えがたい快感があります。
本当に快感です!
この瞬間のために釣りをしていると言っても過言ではない!(2回目!)

この内容、わからない人いると思います。
ここで紹介するものはロングワームだけではありませんが、いろんな方の動画がありますから是非みてみて!!
フッキングのイメージができるといいなぁ。

『夏のカナダモ攻略 ~ビッグフィッシュ連発!5本12キロオーバー 冨本タケル』11:00辺りからどうぞ!

『EG EXTREME Vol.7 下野正希×琵琶湖・南湖浚渫エリア』10:20辺りからどうぞ!

僕は色んな人の動画をよく見ますが、富本さんと下野さんの動画結構好きです。

釣り最高!!

もちろんフッキングした後のファイト中も楽しいんですが、このフッキングが快感なんだよなぁ。

また、よくバラす人(僕)は特にフッキングに注意して釣りをしてみてください。

フッキングを意識するだけで、バラす確率が下がると思います。
集中していないときによくバラすのは、フッキングが決まっていないからかもしれませんよ。

琵琶湖の風景

ANGLERS 藤井

アングラーズの運営をしています。
釣りはブラックバスに始まり、今はルアーで釣れるものはとりあえず遠征メインで何でもやってます。

2020年は特にネイティブトラウトとハタゲーム、GT、マグロにハマり中です。

記事一覧に戻る

藤井の戯言の関連記事

村上晴彦さんの動画、『一魚一会』を見つけたら即バイト必須!
2020年10月27日 藤井の戯言 NEW!
村上晴彦さんの動画、『一魚一会』を見つけたら即バイト必須!
最近、いろんな方(特に釣り業界の人)から、【媚びへつらっていない点が良い】と言われますアングラーズ藤井です。 今回は、僕が釣りにハマったきっかけとなった『村上晴彦』さんの動画について紹介します。 僕が18歳〜22歳ぐらいの頃、大学生なのに学校よりも琵琶湖に行っていた頃、最もよく見た動画は村上さんの動画でした。ここで紹介するDVDを見たことない人は是非見てほしい。 もくじ 村上晴彦さん 今の村上さんを見たいなら 忖度ありません #{ad1} 村上晴彦さん バスフィッシングをしたことある人なら、誰でも知っているぐらいの有名人。釣具メーカー『一誠(issei)』の顔であり、ダイワのハートランドの生みの親でもあります。 当時の僕が最もハマっていたのは、『一魚一会』と『ナチュラルトリッパー』。この2つの動画はすべて買いましたし、何度も何度も、何度も見ました。 また、ホームページはありますが今は商品が出ていない常吉のDVD、『波壊力』『釣能力』『斬投力』はすごく見ましたね。特に『波壊力』のウオデスの釣果がやばかった印象があります。 ※常吉ホームページより 一魚一会 第二章 20年ぐらい前の動画を紹介して、誰の得になるのか?とか言われそうだけど、僕の釣り人生においてこのDVDを紹介しないと気がすまない。 このDVDを見ていた当時の僕は、大学2回生で釣りと言えば琵琶湖のブラックバス。それ以外は、釣りの経験があまりありませんでした。 そのときに出会ったのが、この『一魚一会第二章』です。このDVDには、茨城県の小貝川が舞台となる場面があり、まだプロトだったハートランドの震斬(スピニング)というロッドが登場します。 今ではパワーフィネスとか言うジャンルがありますが、当時はそんな言葉もジャンルもありません。スピニングでテキサスやスピナーベイトを使ってると聞いても、今ではあまり違和感ありませんが、この動画を見た当時の僕には違和感しかありません。 小貝川で震斬(スペックは274MFS)を使って、スピナーベイトでバスを釣りまくる村上さんは本当に衝撃でしたね。 実際に、震斬とセルテート2500番(確かスプールはRCS2508だった)の1つのタックルだけで、ハンハンジグ、ライトテキサス、スピナーベイト、トップウォーターなどをすべて使いこなしていました。 当時の僕は、このDVDに衝撃を受けましたね。だって、スピナーベイトはベイトタックルで使うものって固定概念があったわけですから。 この『一魚一会第二章』は、僕の中の釣りの固定概念をぶっ壊してくれました。釣りの楽しさ、アレンジの仕方を教えてくれたDVDなんです。 このDVDを見て、もちろん『震斬』『セルテート2500』『RCSスプール』は買いましたよ。すぐに買いに行きました。ちなみに震斬に関しては今も所持しています。また、詳細までは言えませんが今も使用している僕個人のメールアドレスはこの震斬のスペックになっています。そのぐらい、僕の中で特別なDVDなんです。 どこかで見つけたら、特にこの『一魚一会第二章』は買って、見てほしい。このDVD1つで村上さんのファンになります。村上さんの本質が知れると言っても過言ではない。 (追記)読者さんから教えてもらったんですが、もしかして内外出版社さんのサイトで買うことができるかも。 ウオデスの凄さ 恥ずかしながら、DVDのタイトルを忘れてしまったのですが、とある河川でウオデスを使って爆釣するDVDがあるんです。(正確なルアー名は『ウオデス 乙型小々』だった気がします。) 僕の記憶では、このDVDは『波壊力』だったと思ったんですが、もしかしたら違うかもしれない。たくさんのDVDを所有していたのでどれだったか忘れてしまいました。。。ちなみにそのDVDの中でライギョも釣っていたんです。そこで村上さんは『ライギョ爆弾』か、『ライギョ魚雷?地雷?』的なことを言っていました。(だれかこの情報だけでDVD名を教えて下さい) とりあえず、常吉ファイルのどれかですwウオデスが炸裂するんです。 今はいろんなスイムベイトがありますが、これも当時は革新的だったなぁ。ワーム素材なのにハードプラグのように使うんです。わかりますか?ハードプラグなのに柔らかいんですよ。 今では当たり前かもしれませんが、当時は画期的だったんです。もちろん、これも即買いに行きましたね。 ※常吉ホームページより 今の村上さんを見たいなら 僕は当時の村上さんの釣りも好きですが、もちろん今の村上さんの釣りも好きです。今もよくyoutubeの『isseiのチャンネル』を見ています。 枠にとらわれない釣りをするからいいんですよね。あと、良いものは良いと言い、悪いものは悪いと言う。そんな伝え方も村上さんらしくて、とてもわかりやすいんです。 また、最近では赤松さんとのコンビも面白いですね。是非、『isseiのチャンネル』を見てみてください。一瞬でファンになると思います。 最近は、赤松さんがブラックバス担当、村上さんがソルト対応みたいになっていますよね。 村上さんはマグロをバスタックルで釣ったりしています。見てない人は是非見てほしい。面白いから。 忖度ありません 僕の話は、企業案件でもなければ、忖度もありません。 ただ、僕が好きなものを紹介するだけの話です。もし企業案件であれば先にそう言います。このマガジンについては、ただの個人の意見だと受け取ってもらえれば助かります。 最後になりますが、知らない人もいると思いますので説明しますね。今では普通になっているダウンショットリグ、ネコリグ、フワ釣り、これらの釣り方を世に知らしめたのは村上さんです。 当時はダウンショットとは言わずに、常吉リグと言っていました。さすがに各社、常吉リグとは言えないためダウンショットと名前が変わりましたね。 それまでは、テキサスとかジグヘッドとかそういったリグがメインでしたので、ダウンショットをやっている人はいませんでした。(名古屋釣法なんて特殊なのはありましたけどw) だから、ネコもダウンショットも当時は本当に革命でした。だってめちゃくちゃ釣れるもん。おかしいぐらい釣れるもん。 アイデア満載の型にはまらない釣りをする村上さん、だから面白いのだと思います。 すみません、動画を紹介するつもりが村上さんを紹介するマガジンになってしまいましたね。 いないかもしれませんが、もし村上さんを初めて知った方がいれば、是非YouTubeをご覧になってください。あなたもすぐにファンになりますよ。 #{snippet[3]}
魚達は毎年賢くなっている?僕はそうは思わないけどなぁ。
2020年10月23日 藤井の戯言 NEW!
魚達は毎年賢くなっている?僕はそうは思わないけどなぁ。
実は、結構読まれている【藤井の戯言】のコーナーです。 今までの戯言では、『フックをつけないで釣りしたら結構釣れた話』や、『ルアーにおける目の話』、『ラインがなければ魚はもっと釣れる』とかいい加減な話ばかりしてきました。 誠に申し訳ないですが、今回もいい加減な話です。何も根拠はありません。適当に読んでいただければと思います。なんなら寝転がって読んでください。 もくじ 経験を伝達させる? 他人(他魚)が釣られている状態 17時になったら急に釣れだす 慎重なバスが残っただけ 戯言は続きます #{ad1} 経験を伝達させる? 毎年琵琶湖ではバスが賢くなっているとか、ますます釣れなくなったという話をよく聞きます。 ますます釣れなくなってきたのは事実でしょうけど、冷静に考えてみてバスって賢くなるんでしょうか。もちろん、一度釣られたことがあるバスに関しては釣られたという経験があるので、慎重に行動するようになるでしょう。そういった意味では警戒心が強くなったというのは正しいのかもしれません。ただ、すべてのバスが賢くなりますかね? また、とある人は小バスも賢いという。昔は小バスももっと釣れたという。 絶対数の減少はどうみてもあると思う。少なくなれば、相対的に釣れなくなるのは当たり前だと思います。ただ、そのとある人は『小バスも賢くなった。』と言うんです。 これはどう考えても親の経験を子が引き継いでいないかい?そんなことあるんですかね。もしくは、前世の記憶が残っているとか、そういうこと? 他人(他魚)が釣られている状態 僕の考えを言っておくと、年々釣れなくなっていることには賛成です。20年前の琵琶湖とか恐ろしく釣れましたから。 ただ、小バスが賢くなったということには、疑問があります。 このことについて1つ考えれるとしたら、他人(この場合、他魚というのか?)が釣られた状態を見て学び、ルアーというものに警戒心を覚えたということか。この場合は釣られた経験がなくても、警戒心が強くなるのかもしれない。 ただ、他人(他魚)を見て覚えるのかなぁ。釣られている他のバスを見て、やば!!あれ食ったらあかんわ!とか考えるのでしょうか。例えば、1匹のバスを釣ったら、その釣られたバスの傍にたくさんのバスが付いてくることがありますよね。これって周りの魚は釣られていることに気づいているのでしょうか。僕の意見は、『他魚が釣られていることを認識して救おうとかしている』わけではなく、『オコボレ頂戴』と考えているヤツのほうが多いと思っています。 この理由は過去に何度かその状態でフックアウトしたことがあったんですが、外れた瞬間に付いてきたバスがそのルアーの取り合いをしたからです。 他人(他魚)が釣られているということを認識していたら、ルアーを食うことはないのではないでしょうか。 17時になったら急に釣れだす もう一つこんな経験があります。 今はどうなのかわかりませんが、とある湖では17時になったらチャイムが鳴るんです。 そしてそのタイミングで、それまで全く釣れなかった湖が急に釣れ始めるんです。もうボコボコです。 日の入り時間とか雨とか、そういうことは関係ありません。17時のチャイムが鳴ったら釣れ始めるんです。 チャイムが鳴るのはちょっと例外でしょうけど、同じような経験が他の場所でもあります。多くは16時とか17時とかの時間にその現象は起きます。 その時間を見つけるのは簡単で、その時間までレンタルボートが使える場所が多いんです。バスはレンタルボートが撤退する時間を知っているということに。 慎重なバスが残っただけ これだけ書きましたが、僕の結論はバスは賢くなっていないと思います。 バスが賢くなっているというよりかは『慎重なバスが増えた』、もしくは『賢くないバスが淘汰されていった』ため釣りにくくなっただけだと思います。 このことを賢いバスが増えたというのは少し強引すぎるかなと。ただ単に、慎重さが欠けているバスは釣られる可能性が高く、釣られたら死ぬ可能性が高い。結果、慎重さが足りないバスはどんどん減っていく。その結果、元々いた慎重なバスが相対的に多くなっただけ。記憶は継承しないが、性格は継承すると思います。 つまり、バスが賢くなっているわけではなく、慎重なバスが多く残っている結果で釣れにくくなってきたというのが僕の今の所の答えです。 だって、賢くなっているなら17時のチャイムで毎回バコバコ釣れるなんてこともないと思うんですよね。もっと考えて行動すると思いますよ。 戯言は続きます 予め言っておきますけど、この話って答えはないですよ。 いい加減な『藤井の戯言』ですから。 ただ、おかしなことを経験しちゃうと考えてしまいますよね。なんで釣れないんだろうとか、なんで急に釣れ始めるんだとか。 この想像力と考察量が、釣りをもっと面白くすると思いますよ。釣りに答えなんて、なくていいんです。 #{snippet[3]}
釣りの醍醐味を語る② 好きなバイトシーンを集めてみた!
2020年10月07日 藤井の戯言 NEW!
釣りの醍醐味を語る② 好きなバイトシーンを集めてみた!
多くの方に魚釣りの魅力を伝えたいと思っていますANGLERS藤井です。 前回は、フッキングの瞬間の魅力を伝えました。だがしかし、フッキングって初めての人にわかるわけない話だったかと思い、少し反省しています。 釣りにおいて誰もが興奮するものはなにか。を考えたときに『もう映像で見せた方が早いんじゃないか』と思い、今までに見てきたたくさんの動画から興奮したバイトシーンを一部集めてみました。 紹介する動画を見たことある人もいるかも知れない、ただ、全部の動画は知らないんじゃないかな。興奮するものばかりだから、見てみてね! もくじ ジャンルは多岐に渡る バイトシーンの動画紹介 これは例外ですが 動画はわかりやすい #{ad1} ジャンルは多岐に渡る 最もわかりやすいのはブラックバスのバイトシーンでしょうか。ただ、アングラーズは色んな人に使用いただいています。そのためバスに限らず、色んなジャンルを集めてみました。 古い動画もたくさんありますが、すべて素晴らしい瞬間のものばかりです。この瞬間を撮影しようと思ったらどれだけの時間がかかるのでしょうか。ある意味、撮影できたのは奇跡としか言えないものが多いです。 すべての動画に、オススメのシーンの秒数を記載してあります。時間のない方はその時間から見てください。できれば、全部しっかりと見てほしいところではあります。 バイトシーンの動画紹介 それでは、紹介します。ジャンルはバラバラですが、すべて素晴らしい瞬間をおさめています。動画の再生ボタンを押すとオススメの秒数から再生するように設定してあります。1から見たい人は面倒ですがシークバーを戻して閲覧ください。 ライザーベイト未公開映像 一挙公開‼ / 秦拓馬 ジャッカル(4:48) 夏の3大メソッド<フロッグ・パンチング・ラバージグ>木村建太・琵琶湖(5:12) ただ巻きルアーにデカアオハタが襲いかかる!衝撃のルアー捕食シーン!(2:43) アオリイカがエギにフッキングするまで~(2:03) トラウトのチェイス&バイトシーン一挙紹介!第2弾 北海道(5:04) 【衝撃バイトシーン連発】トップウォーターにヌシ級の怪物が喰らいつく(3:34) これは例外ですが 今回のマガジンの内容はあくまでも『ルアーへのバイトシーン』を紹介していますが、当時この動画を見たときにえらく興奮しまして。 ルアーへのバイトシーンではありませんが、『バイトシーン』と言えばこの動画を紹介しないといけないと思い、例外ですが紹介します。 簡単に言うとただのGTのバイトシーンです。ただの、と付けると語弊があるかもしれませんが。 【衝撃バイトシーン連発】トップウォーターにヌシ級の怪物が喰らいつく(3:34) 当時、この動画を見たときは興奮しまして、再生し直したりして30分ぐらい見てましたね。そのぐらい素晴らしい動画です。 動画はわかりやすい 初めからこの動画から紹介しておけば、釣りの魅力を簡単に伝えられたと思いました。 フッキングの魅力の話をしても、わからないですよね。ある程度魚を釣らないとそもそもバイトや違和感にすら気づくことができませんからね。 今回の動画で見ていないものがあれば、お気に入りに登録しておくことをオススメします!多くの釣り人はバイトシーンに興奮し、その瞬間を経験したいがために釣りに行く人も多いと思います。 この動画を見て少しでも興奮された方は、釣りにハマる素質がありますよ! #{snippet[3]}
どれだけ買っても結果的に使うルアーは絞られてくる。だったら得意なものを1つ見つければいい。
2020年10月05日 藤井の戯言 NEW!
どれだけ買っても結果的に使うルアーは絞られてくる。だったら得意なものを1つ見つければいい。
賛否両論あると思います。あくまでも僕が勝手に思っていることですから、サラッと聞いてくださいね。 自慢でも何でもなく、僕の家では1部屋(8帖)すべてが釣具用の物置です。 ロッドは80本近くあり、リールも同じくらいあります。ただ、それって全部使っているの?と聞かれると全部使っている、わけないですね。むしろ把握できていないし、結局使っているルアーっていつも同じなんです。 みなさんにはこんな風にならないように、今回は1つのアドバイスを送りたいと思います。とりあえず信用のおけるルアーだけを買いましょう。 もくじ メーカーさんに怒られる話 好きなルアーを見つけよう そもそも見つけるまでは買うしかない? 一部の参考ルアー(2020/10/05時点) あくまでも僕のオススメ #{ad1} メーカーさんに怒られる話 釣り業界にいてこんなことを話すと、懇意にしていただいているメーカーさんからは怒られそう。釣りを初めて30年以上経ちますが、最近になって新製品に手を出すのをやめている自分がいました。 なぜ買わなくなったのかと言うと、もちろん新製品の中にも素晴らしいルアーはたくさんあると思います。ただ、それでも既存のルアーが素晴らしすぎて既存ルアーで大体罷(まか)り通ってしまうことに気づいたからです。 例えば、以前のマガジンで話したように、僕はスピナーベイトといえば『Dゾーン』しか使いませんし、クランクベイトは『ワイルドハンチ』がメインです。ミノーは基本『ルドラ』で、カーリーテールは『デスアダーカーリー』、大きめのカーリーテールは『オールドモンスター』です。 こんな感じで、自分の信用している僕の中での実績の高いルアーしか使いません。というか、使わなくなってしまった。結局そうなってしまったんです。 もちろん、新製品やら既存のルアーをすべて使ったわけではありませんので、新製品がすべて良くないルアーとは口が裂けても言いません。そもそも、僕の腕が下手すぎて、そのルアーの何が良くて何が悪いのかわかっていないケースが99.9%だと思います。 ただ、どれだけ使っても僕の腕ではわからないものはわからないんです。結果、買ったけど使わなくなったりしてたくさんの製品が僕の家の中に埋まっている状態になってしまっています。 好きなルアーを見つけよう そこで今回、僕が提案するのがこちらです。『1つのジャンルにおいて1つの信用できるルアーを見つけよう。』 手当り次第買うのではなく、自分が信用できるルアーを見つけてそれだけを買い、それだけを使うようにしてみてはいかがでしょう。 新製品やら持っていないルアーをたくさん買うと、結局使わなくなるものが多く出ます。その結果が、今の僕の状態です。 釣り場に行っても、結局投げるルアーって偏ってきませんか?持っていったけど使っていないルアーって結構ありませんか?そもそも持っていかないルアーって結構ありませんか?そのルアー達は今後使うのでしょうか。 そんなふうに思ってしまったので、最近は1ジャンル1ルアーに絞って持っていく(※基本バスに限る)ようにしています。 そもそも見つけるまでは買うしかない? まてまて、そもそもどれが信用できるルアーになるのかわからない。信用できるルアーが見つかるまでは結局たくさん買わないといけないじゃないか。 そんな人はとりあえず見つけるまでは、友人からの推薦ルアーでいかがでしょうか。回りの友人がよく使っているルアーを1つ1つ自分に合うかどうか試してみる。もしくは、あなたの釣りの師匠が使っているルアーを1つずつ試してみましょう。それでいいと思います。 もし、回りにそのジャンルの師匠が居ない人のために、僕からも以下にオススメを伝えておきます。是非、参考にしてみてください。 一部の参考ルアー(2020/10/04時点) ポッパー(ブラックバス)…ポップX ※メーカーホームページより参照 ビッグベイト(ブラックバス)…ジョインテッドクロー178 ※メーカーホームページより参照 ジャークベイト(ブラックバス)…ルドラ130 ※メーカーホームページより参照 スイミングジグ(ブラックバス)…スイミングマスター3/8oz ※メーカーホームページより参照 ネコリグ(ブラックバス)…スワンプクローラー ※メーカーホームページより参照 ポッパー(GT)…ビッグマウス ※メーカーホームページより参照 ダイビングペンシル(GT)…ヘッドディップ175F ※メーカーホームページより参照 ポッパー(マグロ)…ダムセル ※メーカーホームページより参照 沈むルアー(マグロ)…オズマHW180 ※メーカーホームページより参照 エギ(ティップラン)…アントラージュ ※メーカーホームページより参照 エギ(エギング)…エギ王K ※メーカーホームページより参照 ジグ単(アジング)…バーニー ※メーカーホームページより参照 シンキングミノー(渓流)…蝦夷1st タイプ2 ※メーカーホームページより参照 シンキングミノー(サワラ)…ピンテールチューン40貫通 ※メーカーホームページより参照 ジグ(ライトジギング)…TGベイト ※メーカーホームページより参照 ジグ(ジギング)…CB.マサムネ ※メーカーホームページより参照 ジグ(ショアジギ)…闘魂ジグ ※メーカーホームページより参照 フリーリグ(ハタゲーム)…バグアンツ ※メーカーホームページより参照 ジグヘッド(ハタゲーム)…イサナ4.8 ※メーカーホームページより参照 あくまでも僕のオススメ 補足ですが、これしか持っていかないというわけではありません。特にエギングやジギングなんかはこれ以外にかなりの数のルアーを持っていきます。 とりあえず、絶対に持っていくのはどれか?と聞かれたらこれらを言うようにしています。このルアー達は僕が釣りをして来た上でかなりの魚を釣ってきてくれました。 ちなみに今回紹介したルアーは、すべての場所や条件でオールマイティーに使えるものではないので、注意してください。使うタックルや使用する場所や条件に応じて、適材適所でルアーを変更しましょう。 じゃあ結局たくさんのルアーが必要かと言えばそうでもなく、ある程度の経験で、持っていくルアーは最小限になります。 何度も言いますが、このルアー達は僕の中ではかなりの実績があり、信用しているルアー達です。もしこれから、特定ジャンルのルアーフィッシングを始めようと思っている方がいれば、手当たり次第ルアーを買うのではなくとりあえず上記のルアーを購入してみてはいかがでしょうか。 使ってみて経験を積めば、自ずと釣りの経験値があがり、色々な条件に適応できるようになると思いますよ。 #{snippet[3]}
琵琶湖のバスって本当にキレイ。そもそも別の魚だとすら思う。
2020年10月01日 藤井の戯言 NEW!
琵琶湖のバスって本当にキレイ。そもそも別の魚だとすら思う。
このバス、ヤバすぎでしょう。この写真は2018年に僕が琵琶湖で釣ったバスです。体長はそこまで大きくないですが、見るべきはこの体高と顔の小ささ! 琵琶湖のバスの美しさを少しでも知ってもらいたく、マガジンにすることにしました。 もくじ 琵琶湖は異質なフィールド 頭が小さく、体高がある 特にこの魚が素晴らしい ヒレピンはあたり前? 天国ではありませんから #{ad1} 琵琶湖は異質なフィールド 僕はページ最下部のプロフィールにも書いてあるように、小学生のときからバスフィッシングにハマっています。 当時は近くの野池から始まり、大学を期に18歳から24歳までずっと琵琶湖でバスを釣っていました。 色んな場所でバスを釣ると、模様や顔が違うことに気づくものです。その中でも特徴的なのが琵琶湖のバスです。なんていうか、違う魚に見えませんか。野池のバスとは違うと思いませんか。 今回のマガジンを見て、少しでも琵琶湖に興味を持ってもらえればと思います。 頭が小さく、体高がある 僕が思う琵琶湖のバスの特徴は、頭が小さく体高があることです。頭が小さいから体高があるように見えるのかもしれません。 なんにせよ、こんな姿をしたバスが多いのは事実です。 イメージはバラマンディ?とかアカメ?ですかね。この2つの魚とは鱗もヒレも全く違いますが、フォルムを形容するとこれらに似ているかと思います。 なんにせよ、美しい魚!! 特にこの魚が素晴らしい トップ画像にもしたこの魚、本当にキレイだと思いませんか。 できれば、この魚が60upになったときに出会いたかった。人間に例えるなら、アスリートとでも言いましょうか。 体力と自信に満ちあふれていると思いませんか。琵琶湖にはこんな魚が数多くいるんです。また見た目だけではありません。恐ろしく引きます。他のフィールドのものさしで測ると痛い目にあいます。例えば、違うフィールドで50upを沢山釣っている人がいるとします。その人が琵琶湖で釣りをして、魚を掛けました。引きを体感して、上がってくる魚が50はあると確信するでしょう。でもないんです。琵琶湖の40upは、他地域の50ぐらい引くんです。イメージはそのぐらい違うと思います。また変なこと言うと、琵琶湖でも北の魚と南の魚で全然違います。僕の体感では、南湖の55upが北湖の50upでしょうか。北の魚の方が引く魚が多い気がします。 ヒレピンはあたり前? 健康を示す特徴に、ヒレの綺麗さがあると思います。 魚も人間と同じで、普段の生活や食生活などがそのまま身体に出ますから、魚だって同じです。 琵琶湖の魚は、アフタースポーンではない限りは、基本いつ釣ってもヒレピンが多いです。良いものを食べているんでしょう、たくさん食べているんでしょう、ストレスの少ない生活をしているのでしょう、尾ビレ、胸ビレ、背ビレ、腹ビレどれを見てもとってもキレイです。 天国ではありませんから これだけ琵琶湖のバスを褒め称えてから落とす感じになりますが、琵琶湖は天国ではありません。 過去、幾度となく地獄を味わっています。なんならここ10回ぐらい地獄です。過去を美化する気はありませんが、年々地獄です。はい。 僕が下手なだけでしょうけど、10時間琵琶湖に浮いて当たり1回ショートバイトのみだったことがあります。 バイトがあるだけマシで、10時間以上バイトが1回もないこともあります。その時は雨ではなく雪が降っていましたね。 それでも琵琶湖にポテンシャルを感じて、通ってしまうのです。1匹だけでも素晴らしい魚に出会えると思う釣りにいくのです。琵琶湖でしかできない経験があると思うと釣りに行ってしまうのです。 そんな琵琶湖クラスのポテンシャルのあるフィールドを関東に求む!!と言って今回は終わり。 あ、そうそう、琵琶湖の魚は遺伝子が違うから大きくなって当たり前とか言う人いると思いますが、遺伝子だけでは琵琶湖のバスはあそこまで育ちません。それプラス、あの環境があるからこそ琵琶湖のバスは大きくなるんだと思います。琵琶湖最高!滋賀県最高! #{snippet[3]}
釣りにおいては、結果よりも仮説を考える準備期間の方が大事な要素かもしれない。
2020年09月23日 藤井の戯言
釣りにおいては、結果よりも仮説を考える準備期間の方が大事な要素かもしれない。
今回の話は負け惜しみとかそういうのではありません。釣りにおいては、【準備の時間や仮説検証】、つまり過程が重要だという話です。 このことをしっかり言っておかないと、藤井は負け惜しみをマガジンで言っている人とか言われそうなので初めに言いました。僕の中では【結果】と同じぐらい【釣りに行く前の準備や仮説】に時間をかけています。だって、結果だけの魚って記憶からすぐにいなくなるじゃないですか。 もくじ 釣りには過程と結果がある 釣った魚と釣れた魚 過程の大きさは時間に比例する アカメもビワコオオナマズも釣れていない 満足行く魚は1匹も釣っていない #{ad1} 釣りには過程と結果がある あなたには追い求めている魚がいますか? 僕の釣りは、ブラックバスに熱中しその後にシーバス、ロックゲーム、マグロ、GT、アマゴとたくさんの魚に熱中してきました。また一部の魚は、現在進行形で熱中しています。 僕はどの魚でも釣りに行く前に事前にできるだけの情報を集めます。また、その事前情報などから仮説を作り頭の中でイメージしてから、釣りに行くようにしています。それは小学生のときから変わりません。当時はそんな仮説なんていう仰々しい感じではありませんでしたが、どこに釣りに行こうかとか、どんな釣りをしようかとか学校でワクワクしながら過ごしていた記憶があります。 この仮説は、検証するタイミングが少ない魚ほど考える時間が長いです。例えば、アカメやビワコオオナマズ、GTなんかがまさにそれに当てはまり、釣行の1ヶ月以上前から準備が楽しくなります。この辺の魚って移動だったり季節の問題でそう簡単に毎週のように釣りにいけるものではありません。結果、より時間をかけて考えてしまうんですよね。 釣りにおいては、この準備の時間こそ重要なものだと思います。『ラインの太さは大丈夫か』とか『持っていくルアーはこれでいいのか』、『当日狙う水深や時間』、『ルアーカラーのローテーション』なんかを天気やタイドグラフなどの情報と照らし合わせながら考えます。すべて想像の世界なんですけど、 この時間ってめちゃくちゃ楽しくないですか?感覚的には遠足に似ています。遠足の最中ももちろん楽しい、ただ準備している時間ってそれと同じくらい楽しい。遠足当日を1日としたら準備している期間は3日とかになります。もちろん3日かけて準備をしているわけではなく、3日かけて当日を想像しワクワクしています。なんなら1週間前から遠足が待ち遠しいときだってあったかもしれない。遠足は1日でも、遠足のことを考えているのは1週間以上。この準備期間が長いほど、当日の印象って記憶に残るんです。 釣りも全く同じでその魚のことを考えているときにすでに楽しく、仮説を何個も立てて釣りにいく準備をします。当日、その仮説通りに釣れたらめちゃくちゃ嬉しい。自分のイメージと重なったわけですから。準備期間が少ない状態で釣れたときも、もちろん嬉しいです。ただ、その嬉しさは準備期間の長さに比例して大きくなるものだと思っています。 釣った魚と釣れた魚 事前に釣るイメージをして自分の思い描いたように釣った魚と、釣りに行ったらなんか釣れてしまった魚。 僕は記憶に残るのは圧倒的に前者だと思っています。例えば、アカジン(スジアラ)という魚がいます。主に沖縄や鹿児島にいるこの魚は、一部の釣り人では憧れの対象魚です。 以前、宮古島に釣りに行ったときに遊びでジギングをしていたら、サクッと釣れてしまったことがあります。そんなときのアカジンは嬉しさは特になく、こういう魚がいるんだなと知った程度でした。 その数年後に本格的にアカジンを狙いにいったことがあります。その時は、狙い方(水深、潮流、レンジなど)やルアーバリエーション、カラーローテーションなどを意識し、タックルを5つ持ち込みました。 そのときに釣れたアカジンは今でも覚えています。本当に嬉しかった。初めて釣ったアカジンとは比較にならないほど嬉しい魚になりました。ちなみに、その翌年にはトップで1本釣ることを目標にし、しっかりと1本のアカジンをトップで釣りました。 これらの準備期間や仮説検証は、苦労とは努力とかとは全く思っていません。逆にワクワクしている時間なので、楽しくて仕方ない。むしろ釣れなかったほうが仮説検証がたくさんできるので、良かったとすら思えます。仮説と検証を繰り返して何度も挑戦し、たくさんの時間をかけて釣った魚って本当に嬉しいものじゃないですか。釣りにおいて重要なのはこの仮説検証の過程でもあり、それこそ釣りの醍醐味だと思います。 過程の大きさは時間に比例する この準備する期間=過程が長いと、なぜ釣ったときに嬉しいのか。やはり、その魚について考える時間が長いと愛着も湧くし、何より楽しいからではないでしょうか。常日頃からその魚のことだけを考える。そんな幸せなことはないと思います。そんな気持ちにさせてくれる釣りって趣味は最高の趣味だと思いませんか。なんか恋愛の初期に似ているような気がしてきました。恋愛も初めのうちは特に、何気ないときに相手のことを考えているかと思います。ということは、僕は魚に恋をしているのかもしれない。魚脳になっているのかもしれませんね。 アカメもビワコオオナマズも釣れていない これだけ話した後に僕が言いたいことは、釣れなかったから幸せだということもあるということ。 僕はアカメは2年目、ビワコオオナマズは今年からはじめました。どちらもまだ釣れていません。何度も挑戦しているGTも小さいのは釣ったことがあるけど、GTと呼んでいい魚は釣ったことがありません。 仮説が間違っているのかもしれません、そもそも検証自体が少ないのも原因だと思います。どちらにせよ、それらはまだ釣ったことはありません。 でもだからといって、やめようと思ったことはもちろんないし、知り合いが釣ったのを聞いても悔しくもありません。 『楽しみの時間がまた増えた』と思っています。だって、フラッと誘われてサクッと釣れてしまった魚ってその時点で自分の中で価値が下がりませんか。逆に思い入れも少なく、これらの魚を釣ってしまったら僕の中でその程度の魚と印象づいてしまうかもしれないのです。初めてから何回かは、釣れなくていいとすら思ってしまう。 ちなみに、10年琵琶湖に通っていますが59cmまでは数多く釣ってきても、60upはまだ釣ったことがありません。11年目に釣れた60upと釣り1年目でなぜか釣れた60up。どっちが嬉しいでしょうか。絶対に前者だとおもうなぁ。 そういうことで、僕のブラックバスの記録は8年以上琵琶湖に通って59.8cmです。50upは数え切れないほど釣ってますが、60upないんですよね。 満足行く魚は1匹も釣っていない 思い返してみると、夢中になった魚は何一つ満足いく魚を釣っていないのかもしれません。思い通りに釣れないから夢中になっていると言っていいのかもしれない。 釣れないおかげでこれからもワクワクできる時間あります。その魚について考える時間があります。 あ、初めに言いましたが、負け惜しみではありませんよ。僕の釣り人生は、これからも楽しめるわけです。 ちなみに僕が夢中になれる魚の条件に、大きさは関係ありません。条件を改めて考えてみると、希少性や特殊性、難易度の高さと色んなことが思いつきますが、一番は魚体がキレイなことでしょうか。 美しいと思える魚を狙って釣りたい。これが釣りにおける最大の魅力です。 日本だけでも、まだまだ狙ったことない魚がたくさんいます。そんな魚のことを考えるだけで、みなさんもワクワクしますよね!! #{snippet[3]}
釣果記録アングラーズ

どこで何が釣れている!
がわかる釣果記録アプリ