渓流のすゝめについての釣りに関する記事を公開中!

新着の記事

渓流のすゝめ⑩ 虫よけスプレーの作り方
渓流のすゝめ⑩ 虫よけスプレーの作り方
2020年05月26日 更新 渓流のすゝめ

毎年、梅雨入り前から悩むことがあります。それは渓流に害虫がたくさん湧くこと。特に神奈川や静岡は、ヤマビル、蚊、アブ、なんかよくわからない顔の周りを目まぐるしく回る虫とたくさんの虫が邪魔をしてきます。 同じ悩みを持っている人は少なからずいるはず!とのことで今回は、自作!虫除けスプレーの話をします。 もくじ 用意するもの 虫除けスプレーの作り方 100ml分作る理由 メリットとデメリット ハッカ油スプレーはオススメ #{ad1} 用意するもの 用意するものはこれだけになります。 ハッカ油 無水エタノール 精製水 スプレー容器(※ポリスチレン以外) スプレー容器以外はすべて一般的なドラッグストアで揃いました。特に問題なく売っているものだと思います。 1番高かったのは、無水エタノールで500mlで約1,500円ほどしました。ハッカ油は20mlで500円もしません。同じように精製水は200円ぐらい、スプレー容器は100円ショップで購入しました。  ここで1番重要なことは、スプレー容器です。僕は100円ショップで購入したのですが、初めに用意したものが「ポリスチレン製」だったために、容器が変形しました。無水エタノールがポリスチレンを溶かすようです。必ず、買う前にその容器が「ポリエチレン製」であることを確認しましょう。ポリスチレンじゃないですよ!ポリエチレンですよ! ちなみに、ガラスや陶器でも良いそうですが、渓流などでは落とす可能性があり、割れるリスクを考えるとオススメできません。探せばポリエチレン製のスプレー容器はありますから、必ずそっちを用意してください。 虫除けスプレーの作り方 順番が大事ですので、絶対にその順番で作るようにしてください。またスプレー容器にメモリとなるラインを書くことで2回目以降はより簡単になります。 スプレー容器を平面に置き、無水エタノールを先に入れる。(100ml作成の場合は10ml) 無水エタノールの入ったスプレー容器にハッカ油を入れる。(100ml作成の場合は8滴) めちゃくちゃ振る。これでもかというぐらい振る。 精製水を入れる。(100ml作成の場合は90ml) めちゃくちゃ振る。振れるだけ振る。 以上です。イメージは無水エタノールでハッカ油を溶かし、精製水で薄めるということです。 また今回は100ml分を作る分量を書きましたが、割合として1(無水エタノール):9(精製水)であれば大丈夫です。 ハッカ油ですが、僕は8滴程度いれますが少し多めに入れても僕はあまり違いはありませんでした。この辺りは自己責任にはなりますが、自分の最適な分量入れても良いのかもしれません。 100ml分作る理由 僕の渓流における1釣行辺りの時間は平均して約4,5時間です。この釣行ペースで100mlというのは、ギリギリ余る量になります。 もちろん、自分の釣行にあわせてスプレー容器を購入することをオススメします。4時間程度であれば100mlで充分だと思います。 ちなみに効き目は約2時間でなくなると言われていますが、虫が多くなる時期は汗をかくため、2時間もたないと思います。よって大体1時間半ぐらいに1回は体全体にスプレーします。そんな感じで使用していて大体100mlで4、5時間使えると思ってください。 メリットとデメリット この自作ハッカ油スプレーにはメリットとデメリットがあります。みんながみんな効くかわからないし、メリットも人によってはデメリットになるかもしれません。しっかりと読んで各自判断してくださいね。 メリット 市販のスプレーより体に優しいと思います。だって入っているもの3つなんですから。精製水を水とした場合は、ハッカ油と無水エタノールの2つになりますね。 僕はこのスプレーで肌が荒れたり、問題が起きたことはありません。ただ、人によっては肌に合わないこともあるかもしれません。 またもう一つのメリットとしては、市販のスプレーより圧倒的に安いと思います。先程揃えたものは合計で2,300円ほどですが、精製水だけ補充すれば、約5,000ml以上のスプレーが作れます。 精製水は比較的安いものなので、かなり安価にスプレーを作ることができます。 デメリット 一度作ったら、使用期限が1週間ほどしかありません。そもそも僕の場合は1度の釣行でなくなってしまうので、問題ないと言えば問題ないのですが毎回入渓点で作るのは面倒といえば面倒ですね。それに比べて市販のものはできてますからね。そりゃ楽ですね! ハッカ油スプレーはオススメ あなたのマイフィールドに害虫はいませんか?害虫がいる場合、是非ハッカ油で虫除けスプレーを作ってみてはいかがでしょうか。 特に梅雨明けから夏場は、害虫がわんさか増えて釣りどころではなくなることもあります。そんな煩わしさから開放されるかもしれません。されないかもしれませんけどね。 ちなみに作る時に毎回分量を量るとか超面倒!!とか言うあなたには、写真のようにメモリをマジックなんかで書いておくことをオススメします。その容器における無水エタノールを入れる量がわかれば、他に量る必要はありませんので。 #{snippet[3]}

渓流のすゝめ⑨、偏光グラスの重要性
渓流のすゝめ⑨、偏光グラスの重要性
2020年05月25日 更新 渓流のすゝめ

みなさんこんにちは。ANGLERS藤井です。みなさんは釣りに偏光レンズのついたサングラス、俗に言う「偏光グラス」は使っていますか。 ほぼ屋外でする魚釣りには欠かせないアイテムです。ただ、渓流においてはこれがないと渓流の魅力が半分以下になるアイテムと言っても過言ではありません。 そんな必須アイテムの偏光グラスでも、特にオススメとなるレンズを紹介します。 もくじ 偏光グラスとは 渓流では特に必要 オススメNO.1 他のレンズと比較 渓流はイーズグリーン #{ad1} 偏光グラスとは 釣りをされるみなさんは、もちろん偏光グラスを付けていますよね。みんな付けている偏光グラス、そもそも偏光とは何なのかは知っていますか。 特に屋外においては、いろんな方向からの強い光が入ってきます。上からも下からも、斜めからもいろんな方向からです。 その中でも水面に立ってみると、水面から反射する光が届きます。その光のせいで水面が鏡のようになり、水中をみることが困難になるのです。 偏光レンズは前後左右、斜めなどのいろんな方向から入ってくる光を偏らせ、自分の見ている方向の光を積極的に取り入れ、他の光を大幅に遮ることができます。結果的に水面のギラツキなどがなくなり、水中がくっきりと見えることができるのです。 少しわかりにくいかもしれませんが、画面中央の水中にある大きな石が偏光グラスがないと半分しか見えません。偏光グラスのおかげで石の実態をみることができます。ただ、偏光グラスのメリットはそれだけではありません。多くの偏光レンズにはUVカット機能があり、紫外線から目を守ります。また、物理的なものからも目を守ることが出来ます。例えば、ルアーが目に向かって飛んできた状況で偏光グラスがあったから助かったなんてこともよく聞きます。 渓流では特に必要 そんな偏光グラスですが、渓流では必需品になります。荷物の多い渓流は、僕は大概のものは忘れたことに気づいてもそのまま釣りしますが、偏光グラスを忘れた場合は面倒ですが車に取りに帰ります。 これは「バイトシーンが見れる釣りだから」だけでなく、「移動の際に不安定な岩場や石の上を移動するため、足元が見えないと危ないから」でもあります。 下の画像のように、渓流は深さがわからなかったり、足場が岩だらけだったりと、足元が見えないことは本当に危険です。 実際に滑ったり、ハマったりして、最悪沈んだりします。よって偏光グラスは渓流においてはウェーダーと同じぐらい重要なアイテムになります。 オススメNO.1 偏光グラスのフレーム部分はお好きなものを選んでいただければ良いとして、重要なものはレンズの部分です。 偏光であれば何でもいいんでしょ?とお思いの方、それは違います。レンズの中でもカラーに大きな違いがあるのです。このレンズカラーは光量、対象物の見え方なんかで変えたほうが良いと思います。 イーズグリーン(EASE GREEN) 結論から言いますと渓流でのオススメNO.1はこちらです。 渓流は天気に関わらず比較的光量が少ないです。それは木々が生い茂っている場所を歩くこと、山は比較的天気が不安定なことが多いことに関係します。レンズの色が濃かったりすると、光量の少ない場所では大変見にくくなるのです。 このイーズグリーンは、光量が少ないところでこそしっかりと見えるように作られています。光量の少ない渓流でも明るくみることができ、足元の確認や魚がチェイスしてきたところなどをバッチリ確認することができます。 ※TALEXさん HPから 他のレンズと比較 TALEXレンズを使用している多くの方が持っているのがこの「トゥルービュースポーツ」ではないでしょうか。 もちろん、僕も持っているので実際に渓流にいき見え方の違いを撮影してきました。それがこちら。当日は曇天で光量が少ない日を選びました。 全く同じ場所、同じ時間で撮影しています。光量の少ない渓流だからこそこれだけの見え方の違いがでます。 ちなみに僕は海でのルアーフィッシングもやるので渓流以外の釣りではトゥルービュースポーツか、アクションコパーを使用しています。釣りや環境によってレンズを変えると、違った発見が見つかるかもしれません。 渓流はイーズグリーン 結果として、僕の中で渓流用のレンズはイーズグリーン1択です。それは唯一の欠点である本当の色で見えないことを差し引いてもメリットが勝つからです。そのぐらいイーズグリーンは渓流において最適だと思っています。 ちなみに今回は釣り人とって最も有名なレンズメーカーTALEXさんのレンズで説明しました。渓流用にレンズを使い分けて、より渓流を楽しんで見てください。 #{snippet[3]}

渓流のすゝめ⑧ キャスティング
渓流のすゝめ⑧ キャスティング
2020年05月20日 更新 渓流のすゝめ

みなさんは上の写真の奥の淵にルアーをアプローチするときどうやって投げますか?こんにちは、ANGLERS藤井です。 渓流は他の釣りでは味わえない魅力があります。たくさんの魅力の中で、不自由なキャスティングを強いられることもそのひとつ。 今日はその特殊なキャスティング方法について説明します。 もくじ オーバーヘッドはほぼしない 重要なのは低弾道 メインに使うのは コツは上下に振ること フリップキャストをマスターしよう #{ad1} オーバーヘッドはほぼしない 僕のよく行く渓流ではまったくしません。オーバーヘッドで入れたいような場所がないからです。例えば、上のトップ画像のような大きな木。投げ入れたいのはその木の奥の淵です。もうわかるかと思いますが、オーバーヘッドでは入れることができません。 ちなみに全然関係ないですが、え?木の上に石が乗っている?こんなことは渓流ではよくあること。人為的に乗せた訳ではありませんよ。 遠くに投げる必要がない 釣りにおいて、キャスティング方法はいくつかあります。その中でもオーバーヘッドは最も遠くに飛ばせる方法ではないでしょうか。ブラックバスでも1番使用する投げ方ですし、乗り合いではない青物やマグロでも1番使います。 ただ、渓流においては遠くに投げる必要がありません。それよりも正確に静かにアプローチする方が圧倒的に重要です。 そのため、オーバーヘッドで投げることがないのです。 低弾道になりにくい また、オーバーヘッドはどうしても描く軌道がフワッとなり、大きな放物線になりがちです。 放物線の曲線が大きれば大きいほど着水時の音も大きくなりがちで、静かなアプローチとは正反対になります。 結果、オーバーヘッドのメリットがないのです。 重要なのは低弾道 先程の説明にでてきたように、重要なのは「正確に静かにアプローチする」こと。そのためにはルアーが描くキャスト時の軌道は、低いものでないといけません。 トップ画像や上の画像など、渓流においては、 投げにくい場所 投げ入れにくい場所 がたくさんあります。前者は、そもそもキャストする本人が投げにくい場所です。後者は投げやすいが、かなりのピンスポットに入れないといけない場所です。 ちなみに投げにくいし、投げ入れにくい場所もあります。ただ、そういった場所にこそ魚は潜んでいますし、釣れる確率は高いのです。 そんな場所は、目で見ている直線上の軌道しかルアーをいれることができないと思ってください。そうなると結局、低弾道になるのです。 メインに使うのは そこで登場する投げ方が「フリップキャスト」です。渓流で使うメインの投げ方と言ってもいいでしょう。ちなみにイメージしやすいように言うと、バスのピッチングに似ていると思います。 ただ、いろんなサイトなどでフリップキャストの説明を見ると、ロッドの長さ分のラインの垂らしをいれてルアーを持ってキャストしているものがあります。それって完全にバスのピッチングだと思うんですが、僕はルアーを反対の手でもってキャストしたことは渓流では一度もありません。あくまでもバスのピッチングに似ているだけで、ピッチングではありませんので。 実際に僕が行っているのが、下の辺見さんの動画にあるようなフリップキャストです。 ルアーを手に持つことはありませんし、振り幅は左右でなく下から目の前までなので左右や真上に障害物などがありロッドが振れないときでも投げることができます。 コツは上下に振ること この投げ方は少しコツが入ります。初めてやってできるものではないと思います。また、ロッドが硬いともちろん出来ません。渓流用でティップの硬いロッドを使っている人はいないと思いますが、硬いとやりにくいというか出来ないと思います。また、イメージはティップで投げることです。 左右でなく手元で上下に振る ルアーを投げるとき、どんな投げ方でもロッドのしなりを利用して投げていると思います。この投げ方も同じ。ロッドのしなりを利用します。 違うのは、ロッドをしならせる場所が左右でもなく頭の上でもないということ。目の前で上下にしならせて投げます。 そもそも、真上にも左右にも障害物がありロッドを振れない場所で初めはやっていました。ただ、そのルアーの飛んでいく軌道が簡単に低弾道になるため、どんな場所でも使用するようになってしまったのです。 力は要らないロッドのしなりだけ この投げ方に力は要りません。ロッドのしなりだけ、ティップの反動だけで飛んでいきます。 しかもキャスト時のリリースポイントが上でもなく左右でもなく下にあるため、自動で低弾道になって飛んでいくのです。 垂らしは要らない 投げるときのルアーの位置ですが、ティップとルアーがくっつくぐらいの垂らし0が1番投げやすいです。 これはもちろんロッド次第で折れに繋がりますので無理はしないでください。ただ垂らしがないと圧倒的に操作しやすく投げやすいのは事実です。 フリップキャストをマスターしよう 渓流を初めるにあたってはフリップキャストは絶対にマスターしましょう。もちろんオーバーヘッドやサイドだけでも釣れます。 釣れますが、そのキャスト1つで釣れる確率が簡単に上下するのが渓流の世界。なるべく静かに、且つ正確な場所にアプローチ出来たほうが、より釣れる確率が上がるのは明白です。 どんな場所でも正確な場所に静かにアプローチできるフリップキャストを是非マスターして渓流釣りを楽しみましょう。 #{snippet[3]}

渓流のすゝめ⑦、ベイトタックルのすゝめ
渓流のすゝめ⑦、ベイトタックルのすゝめ
2020年05月15日 更新 渓流のすゝめ

渓流のすゝめをご覧のみなさんこんにちは。ANGLERS藤井です。このシリーズを読まれている方は気づいているかと思いますが、僕はベイトタックルで渓流に行っています。 俗にいうベイトフィネスです。僕はそこまでフィネスな釣り(繊細な釣り)をしているとは思っていませんので単純にベイトタックルと言いますが、渓流こそベイトタックルを使うべきだと思っています。これを読んだらあなたもベイトにしたくなる! もくじ 渓流はスピニングが多い 手返しが圧倒的に早い 狙ったところに入る サミングがしやすい 僕は断然ベイト推し #{ad1} 渓流はスピニングが多い 渓流で釣りをしていると、僕の周りでは7:3ぐらいの割合でスピニングを使っている人の方が多いと思います。以前よりかは、かなり増えてきたとは思いますが、それでもスピニングの人の方が多い。 確かにスピニングの方がトラブルが少ないとは思いますが、ベイトを使うメリットの方が圧倒的にあると思います。 すごい偏見で話しますけど、ベイトを使っていない人は慣れていないだけで食わず嫌い的な人が多いかなと思っています。たしかに慣れるまでは都度バックラッシュしていたら、釣りにならないですし、そりゃストレス溜まりますよね。 ただ、一度慣れるまで使ってみたら手放せなくなると思いますよ。 手返しが圧倒的に良い 初めから最大のメリットを言います。スピニングより圧倒的に手返しが良いです。 誰がなんと言おうとスピニングより手返しが良い。異論は認めません。(強気です!w) 釣りにおける「手返し」とは、「投げる」→「巻く」→「投げる」→「巻く」という一連の動作のことを言います。 スピニングの場合はどうしても投げる前や投げた後に、ベールの上げ下げがあります。これのおかげでテンポが遅れて、手返しが悪くなります。 ベイトにも投げる前にクラッチがありますが、すべて片手でできるので手間になりません。スピニングの場合、ベールを上げたり下げたりするのに両手を使わないといけないので、そこで時間がかかるんですよね。 こういう話をすると「ABUのカーディナルは下げなくてもいい」とか言われそうですが、投げる前にベールを上げることは必要なので却下します! 狙ったところに入る スピニングでも入るわ!と言われそうですが、ベイトの方がキャスタビリティ(すぐに釣り人は難しい言葉を使うな)が高いと思っています。 もちろん上手な人は、ベイトでもスピニングでも狙ったところに一発で決めることができるでしょう。ただ、客観的にどちらが投げやすいか、ポイントに一発で入れやすいかと聞かれたらどうでしょうか。僕はベイトだと答えます。 ロッドの下にリールのあるスピニングより、ロッドの上にリールのあるベイトの方が、投げるときにタックル全体がブレにくいと思っています。 結果として安定してキャストできる。つまり狙いやすい。実際にシーバスの穴撃ちにおいてもベイトを使う人が多いように、ベイトリールは狭いポイントへの繊細なキャストに向いています。 渓流においてはそのキャスタビリティがかなり重要なため、ベイトタックルの方が渓流に向いていると思っています。 サミングがしやすい これもスピニングでできるわ!と言われそう。 サミングとは、指でスプールを抑えてラインの放出を制限することです。放出を制限することで投げたルアーをコントロールすることができます。これがなぜ必要かというと、水面にルアーを投げると必ず着水時に音がしますよね。 サミングせずに投げっぱなしだと、そのときの着水音は「ボチャン!!」と大きな音を立てて、そこの魚は警戒します。 サミングをすることでその着水音を少し下げることができるのです。これができるかできないかで釣果に大きく差が出ます。ベイトリールはスプールの面が上を向いているためすごくサミングしやすいです。 これもスピニングでもできることですが、客観的にしやすい方はどちらかと言われるとベイトのため、ベイトタックルに分があると思っています。 僕は断然ベイト推し 結論から言うと、好きな方で釣りしてくださいとなるんですが、オススメはどちらか聞かれたらベイトタックルと答えます。 初めての人はスピニングの方が設定はないし、トラブルも少ないので選ぶかと思います。ただ、このようにベイトタックルの方がメリットが多く、渓流に向いていると思います。 僕はもう5年以上ベイトタックルで渓流を楽しんでいます。是非、渓流を初める方はベイトタックルで初めてみてはいかがでしょうか。一度ベイトタックルを使うともう戻れません。 #{snippet[3]}

渓流のすゝめ⑥ 渓流のモラルを守れ
渓流のすゝめ⑥ 渓流のモラルを守れ
2020年05月15日 更新 渓流のすゝめ

今回この「渓流のすゝめ」シリーズを書きはじめた理由は、この「渓流のモラル、ルール」にあります。 タックルや渓流のブログは数あれど、モラルやルールをしっかりと書いている人がそこまでいなかったので説明しようと思ったのが始まりです。 河川によってルールは違うので自分のいく河川を調べてから行ってほしいのですが、ここで書く内容は初歩的な当たり前のことです。特にこれから初める方はしっかりと読んでください。 もくじ 先行者優先です いろんな釣りをしている人がいる 私有地に入るな 駐車場なんてない 河川にはルールがある 僕の意見 #{ad1} 先行者優先です 渓流において、人が入った後は魚がめっきりと釣れなくなります。それは警戒心の強い魚達は人の影や雰囲気、違和感を感じると岩陰に潜み、一切口を使わなくなるからです。 結果、先行者が釣りしていた後はほぼ釣れません。 釣りができるところは有限です。渓流は先行者優先です。 追い抜く行為 退渓して少し上流から入渓する行為 このような行為は、絶対してはいけません。 本当にやめてください。僕は何度もやられたことがありますがいい気はしません。 もし先行者がいた場合は、退渓して違う渓にいきなさい。 いろんな釣りをしている人がいる 渓流で釣りをしている人はルアーフィッシングだけではありません。餌釣り、テンカラ、フライフィッシングと釣りの仕方が大きく違います。 結果、その釣り方次第で進む速度が違います。 例えば、餌の方はルアーよりも比較的、進む速度が遅く、狙うポイントも違います。 だからといって、抜いていいとはなりません。何度も言いますが、渓魚は警戒心が強いです。 あなたが抜いたことで先行者が釣れなくなります。 どんな釣り方であれ、先行者優先です。あなたの前に人がいたなら、渓を変えるかおとなしく帰りましょう。 私有地に入るな 第四回では入渓点、退渓点の話をしました。渓流はどこからでも入れて、どこからでも出れるわけではありません。 入れる場所は限られているし、それは出るときも同じです。渓に入るとき、出るときに私有地に入るのをやめましょう。 それは不法侵入です。最悪、捕まります。もし万が一仕方のない状況のときは、所有者の方に確認をとりましょう。間違っても無言で立ち去ったりしないように!! 駐車場なんてない 渓流に行くときは多くの方が車で移動すると思います。何度も言いますが、入渓点はどこにでもありません。つまり都合よく駐車場なんてありません。 しっかりとした駐車場なんて、ほぼありません。停めるなら道路交通法に抵触しない場所で且つ、誰にも迷惑にならない場所に停めましょう。 間違っても私有地に勝手に停めたりするのは絶対にやめてください。それは、自分たちで釣り場をなくす行為です。大人なのに自分がよければいいと思っている時点で恥ずかしいですよ。 河川にはルールがある ここまで話した内容は、あくまでも一般的な話です。最低限これだけは守りましょう。 ただ、河川には河川のルールがあります。例えば、とある河川は入渓する前に自分がどこから入るのかをマグネットで申告します。 この場合、先行者が優先ではなく、マグネットで申告したものが優先になります。結構、稀有な河川ですが、しっかりと運用できているため素晴らしいと思いました。 あくまでもその河川のルールに従い、皆さん楽しく気持ちよく渓流釣りをしましょう。 僕の意見 最後ですが、一般論ではなく僕個人の意見を言います。 僕は移動中などの先行者の釣りを邪魔しない範囲では、先行者に声をかけるのがマナーだと思っています。その際に、先行者がどこまで釣り上がるのかを聞く、もしくは上流の特定場所から入ってもいいかを聞いたりすることは問題ないと思っています。 もちろん、先行者の方が難しい表情をされたら入ってはいけません。こういった情報収集はお互いに有益で、仲良くなれば釣り友達になれる可能性すらあります。実際に身近にてそのようなことは何度もあります。 ただ、狭い世界だからこそよほど親密にならない限りは、釣果情報を事細かく話すのはやめましょう。渓流の魅力は自分の足で渓を探しポイントを探し、魚を探すところにもあります。手当たり次第に情報を漏らすと自分の首をしめることになりますよ。 たくさんの渓に通い、みんなが楽しく渓流釣りを楽しんでください。あわよくば趣味を共有できる仲間をみつかるかもしれませんよ。 #{snippet[3]}

渓流のすゝめ⑤、釣れる魚はこれだ
渓流のすゝめ⑤、釣れる魚はこれだ
2020年05月15日 更新 渓流のすゝめ

そもそもの話を忘れていました。初めて渓流に行く人からすると、そもそも何が釣れるのかわかりませんよね。すみません、説明していなかったです。 みなさん、こんにちは。ANGLERS藤井です。今回はマイエリアである山梨、長野、神奈川、静岡をメインとした釣れる魚を紹介します。 もくじ ざっと2種類 アマゴという魚 ヤマトイワナという魚 その他に釣れる魚 #{ad1} ざっと2種類 僕のいくエリアで対象にしている渓流魚は大きく2種類です。そう、ヤマメとイワナです。 ヤマメとイワナは棲み分けが出来ていて、イワナの方が比較的上流部だと言われています。 ただ、そんなこと関係なしに、とある渓Aではイワナしか釣れない。とある渓Bではヤマメしか釣れない。なんてことが頻繁にあるので、あくまでも一般論の話です。 結局、放流という形で人の手が入ってしまっているので、棲み分けのバランスは崩れているのかなとは思います。 僕は大学で生物学を学んだ過去があります。そういった意味で話すと今回話す内容は僕が勝手に定義しているものが含まれます。遺伝子とかそういう観点で調べていないので全く参考になりません! あくまでも、こう思って釣りをしているというだけであって正解だとは思っていません。そのぐらいトラウトという魚は比較的、亜種間や他種間で交配が行われやすく、環境や個体差でわからなくなるんですよね。 ヤマメ 比較的、放流されている魚です。もちろん天然のネイティブな魚もたくさんいます。日本海側と、静岡より東側の太平洋側に流れ出る河川にいます。 僕はヤマメはイワナより警戒心のある魚だと思っています。賢いしかわいいです。(すごい偏見まみれ!) 寿命は約3年と言われていますが、4年目の個体もいると思っています。体の大きさは餌の量や質、あとは川の規模に起因すると思っていますが、40cmを超えるヤマメは4年以上生きている魚だと思っています。 イワナ イワナと言われる魚の多くは、ニッコウイワナと言う魚です。パーマークももちろんありますが、全体に特徴的な白点(斑)があります。 大きくなると50cmも超えてきます。イワナの寿命は7年とか言われていますから、まぁそのぐらいにはなるのでしょう。 比較的源流域に棲み、渓と渓を移動します。水のないところも移動してなんとかするタイプです。 あとイワナは三角形なんですよね。なので撮影するときに下の画像のように、横にならず立ってしまい、撮影をさせてくれないときが多々あります。 余談ですが、イワナって見た目が蛇っぽいですよね。僕がヤマメとイワナならヤマメの方が好きな理由はここにあるような気がします。 アマゴという魚 実はヤマメよりアマゴの方が好きです。生息域が全国でみるとヤマメより少なかったり、朱点が圧倒的に綺麗なためです。 ヤマメとアマゴの違いは、この朱点があるかないかです。ただそれだけなのですが、その違いで僕は一喜一憂できます。 棲んでいる地域が九州と四国、また本州は西は山口から、東は静岡や山梨の一部河川までになります。ちょうど僕が行くエリアがアマゴとヤマメの境界線になると言われています。 と、言われてますが釣りをしてるとアマゴとヤマメの混在している川や、放流によってごちゃごちゃになっている河川があります。実際の境界線って違うのではないかと僕は思っていますが、詳細はどうなのかはわかりません。ちなみに神奈川にも天然のアマゴがいる河川があります。 ヤマトイワナという魚 さきほど説明したイワナは正式にはニッコウイワナといいますが、僕のエリアにはヤマトイワナという魚が存在します。 何度も言いますが、遺伝子等を解析しない限りは純粋なヤマトイワナなんて見た目で特定できないと思っています。結果、この画像のヤマトイワナもニッコウイワナかもしれません。 ヤマトイワナの特徴は、ニッコウイワナと違い白点(白斑)がなく赤色や朱色、黄色の点(斑)があります。 イワナの亜種ってたくさんいますよね。ヤマトイワナが少ないように見えている理由は、ただ特徴が発現していないだけかなと思います。なので、実は純粋なやつはどちらも同じようにいないんじゃないかと思います。純粋なニッコウイワナもそんなにいないのではないかと。そのぐらいトラウトって亜種や他種と交配するんですよね。 その他に釣れる魚 日本全国を見れば、他にもゴリとか、アメマスとかニジマス、ブルックトラウトなど渓流で釣れる魚はたくさんいます。トラウトに絞らなければ、ウグイとかカワムツとか釣れたりします。 僕のエリア今回説明したヤマメ、イワナ、アマゴがメインですね。渓流によって個体差にかなり特徴があるので、その違いを楽しんでみてください。渓が違うだけで、全然体が違いますから。 #{snippet[3]}

渓流のすゝめ④ 知らなかった渓流用語
渓流のすゝめ④ 知らなかった渓流用語
2020年05月14日 更新 渓流のすゝめ

こんにちは、ANGLERS藤井です。いつもご覧いただきありがとうございます。おかげさまで読んでいただける方が増えてきました。この「渓流のすゝめ」はこれで4回目になります。初めての人は第一回から順に読んでくださいね。 前回はタックルの話をしました。これで準備は万端です。次に、色々と探し初めると聞き馴染みのない渓流用語が聞こえてきます。そんな話。 もくじ 渓流用語一覧 他にもまだまだある #{ad1} 渓流用語一覧 渓流のルアーフィッシングを始めたときは、たくさんのブログや友人から様々なことを教わりました。ただ、その中には知らない言葉もたくさんあったんです。 今回はその中から、僕が聞いてわからなかったもの、教えてもらったものだけを説明します。一般的な釣り用語は書いていません。あくまでも渓流で知った言葉ですのでご了承ください。 もしかしたら僕も間違って解釈している言葉があるかもしれません。そんなときはご指摘を。 入渓点と退渓点(にゅうけいてん、たいけいてん) 渓流をはじめるとすぐにこの言葉を使うようになります。渓流ってどこからでも入れる、どこからでも出れるなんてことありません。 釣りあがって5時間先にしか出れるところがない。なんてこともあります。 入渓点は、渓流に入る場所、退渓点は渓流から出る場所のことを言います。人によっては退渓点を脱渓点という人もいますが、意味は同じですのでどちらでもいいのではないでしょうか。 アップとダウン 釣り上がることをアップ、釣り下がることをダウン。もしくは、上流に向かってルアーを投げることをアップ、下流に向かってルアーを投げることをダウンといいます。反対岸の上流に向かって投げたらアップクロス、下流に投げたらダウンクロスなんて言い方しますね。 ちなみに、僕は釣り上がることがマナーだと認識しています。ただし、場所によっては釣り下がることが当たり前の場所もあったりします。超有名な場所で奥日光の湯川があります。ここは釣り下がる人がかなりいました。場所によってルールが変わるので、ちゃんと調べてから行くことをオススメします。 まぁ、僕は湯川以外で釣り下がってくる人はみたことないですので釣り上がりが普通だと思いますけどね。 成魚放流(せいぎょほうりゅう) 有名な河川ほど漁協が解禁中に魚の放流を行っています。経験を積むとその魚が放流魚なのか、天然の魚なのかを体を見ればわかるようになります。 成魚放流とは、その名の通り成魚(大人の魚)を放流することを言います。 こういう言い方があるということは、放流魚は基本的には稚魚や小さい魚を放流していることなのだろうか。 ボサ 初めて聞いたときは全く何のことかわかりませんでした。草木が大きく茂っていて、水面まで被さるぐらいの状態だと思っています。特にボサ川などと言って、草木が水面まで覆い被さっている状態の川を言ったりします。 てかボサってなんなんだろうね。マジで。 ゴルジュ帯 両岸が大きな岩などによって狭まっている場所です。結構好きな風景なんですが、泳がないと進めない可能性があるので嫌と言えば嫌な場所でもあります。 そりゃ同じ水量で川幅がなくなれば、水深で稼ぐしかないわけだから深くなるのは当たり前ですけどね。しかも両岸が垂直な岩だったら泳ぐしかないよね。 あとすみません、ゴルジュのいい写真がみつからなかった。もう少し、両岸の岩の距離が近いと雰囲気最高です。 パーマーク 渓流魚についている小判型のマークのことです。 わかりやすいのはヤマメやアマゴでしょうか。特徴的なマークなのですぐにわかると思います。 下の写真の楕円のマークがパーマークですよ。 渓相(けいそう) 以前に話しましたがこれって造語なんですね。いい言葉ですよね。 ざっくり言うと、その渓流の風景や様子です。渓相はいろんな要素で決まるので、言葉で説明するとなんと難しいことか。 余談ですが僕は渓相をなんとなく使っているのですが、渓流の雰囲気だったり様子だったりで考えていて、自分の好きな渓相を良い渓相だとかと思っていたのですが、調べると釣果に関係して良い渓相、悪い渓相って言うらしいです。知らなかった。 釣れたら良い渓相、釣れなかったら悪い渓相?そんな現金な! 銀化(ぎんけ) 餌の数って無限ではありません。特に上流に行けばいくほど、餌は少なくなります。となると魚達同士での競争が始まります。 ではその競争に負けたやつって死ぬのでしょうか。いいえ!そんなやつらは、餌を求めて下流にいきます。 下流に降ろうと意識したら、渓流魚の特徴でもあるパーマークが消えたり、薄くなったりします。これを銀化といいます。 サツキマスとかサクラマスとかそれに当たりますね。 渓流の目標のひとつに、パーマークの消えていない40cmオーバーのオスのアマゴを釣るというのがあります。パーマークはなくても綺麗なのですが、やはりあったほうがより綺麗だなと思っています。 砂防ダム、砂防堰堤(さぼうだむ、さぼうえんてい) 名前のままなんですが、初めて聞いたときは普通のダムと何が違うのかわからなかった自分がいました。 渓流にある小さなダムは砂防ダムだと思って問題ないかと思います。水を緩やかにすることで川の氾濫を防ぐために作られた災害防止用の仕組みなんですが、いつかは砂に埋もれることが約束された、なんか考えれると少し悲しくなる仕組みです。 ただ、砂防ダムはその下流はもちろん、(砂に埋まっていなければ)上流側もアングラーにとっては打ちたくなること間違いなしです。 砂防ダムの釣りは渓流ではない!と言っている友人がいますが、その友人は砂防ダムがあれば必ず打つ姿を見て、人間は欲には勝てないのだなと実感した経験があります。 チャラ瀬(ちゃらせ) 水深が30cmまでの浅い瀬で、水面は軽く波立つ程度"らしい"です。 軽いイメージでチャラ瀬と言っている自分がいました。こんな決まりがあったなんて。時期によっては、淵よりもこのチャラ瀬に魚がついていることがあります。体感ではチャラ瀬の魚は食い気が強いイメージがあります。 てか、なにがチャラいんやろ。しかもそう思っていても、いつまで経ってもその答えを探そうともしないこの現状。 鉄砲水(てっぽうみず) これマジで気をつけてください。川をなめているとマジで死にます。 下流は天気が良くても、山頂部分は豪雨のときがあります。そんなとき思いもよらない水が押し寄せてきます。 大量の水の原因はたくさんあるかと思いますが、途中の堰が決壊したときはマジでやばい!!本当に気をつけてください。 さすがに鉄砲水の画像って経験したことないので、持っていませんでした。まぁ経験していても持っていないでしょう! ちなみに、みなさんご存知かもしれませんが、玄倉川という河川での事故が有名かと思います。この事故はみたときにかなり衝撃を受けました。見る人は自己責任でお願いします。リンクも貼りません。 渡渉(としょう) 川を渡って反対側の岸にいくことです。 最低限の学はあるつもりですが、渓流やるまではこんな言葉聞いたことなかったので少しびっくりしたことを覚えています。 まぁ意味は漢字のままなんですけど。 滑滝(なめたき) 滝ってイメージするのは、傾斜が70〜90度ぐらいのものをイメージするじゃないですか。なんなら水は完全に落下しているものを。 滑滝って傾斜がゆるい滝を言います。今ざっと調べたら45度以下のものを言うらしい。この辺りは正確に決まっているのでしょうか。僕はザックリと傾斜の緩やかな滝をイメージしていました。 すみません、滑滝の画像を持っていませんでした。気になる方は調べてください。 ビバーク テントを張らないで野営することを言います。僕のいくところでは基本的にキャンプは禁止の場所が多いので、キャンプ跡(焚き火跡)なんかを見るとビバークかなと思っています。 あくまでも緊急的なイメージです。初めからテント張る気満々の人はそれはキャンプです。 他にもまだまだある 渓流用語は他にもまだまだありますが、たくさんありすぎて説明するにも限界があるのでこの辺りで終わり。 今回の内容は知っておくと、また釣りが楽しくなります。特に渓流は釣りの中でもかなり近くで自然と触れ合うことができます。 同じ渓でも季節や天気、時間によって全然違う顔を見せるんですよ。少しでも渓流について興味を持っていただければ、これ幸い! #{snippet[3]}

渓流のすゝめ③ 使用しているルアーを公開します。
渓流のすゝめ③ 使用しているルアーを公開します。
2020年05月12日 更新 渓流のすゝめ

こんにちは、ANGLERS藤井です。前回の渓流に続きまして今回は渓流用ルアーについて話します。 話せるほどの経験も知識もありませんが、6年以上使ってると自分なりに癖だとか使いやすさを考えるようになります。一個人の意見として聞いてもらえたら助かります。 もくじ 使用するロッドで全然違う 持っていくルアーの数 良いルアーは下手でも動く オススメルアー もくじ5 #{ad1} 使用するロッドで全然違う 僕がこれから話す内容は、僕の今のタックル「ツララ:クプアス48」での話です。 他のタックルでは同じようになりません。また紹介するルアーでもクプアスで使いにくいものもあります。 ただね、1本しか持っていけないので仕方ないんですよ。バスみたいに10本とか持っていけたらどれだけいいかと思います。邪魔だけど。 この状況で、いかに不自由さを楽しみ、魚を掛けるかということも渓流の魅力です。自分のタックルではどのルアーが使いやすいかを考えながら釣りするのも楽しいですよ。 持っていくルアーの数 僕が普段持っていくルアーの数は、タックルボックス1つにつき大体12個はいるので、そのボックスが4つで合計48個+αになります。 自分で書いていて、え?そんなに持っていってるの?とびっくりしました。毎回使用するの10個ぐらいなのに。 割合としてはミノーが40個以上、スプーン3個ぐらい、スピナー5個ぐらいです。リバーシブルのケースなので1つにつき表と裏で合計12個はいります。 良いルアーは下手でも動く 自分が下手くそだと言っているようなものですがね、良いルアーって雑に動かしても動いてくれるんですよ。 この動いてくれるっていう表現なんですが、どういうことかと言うと魚に違和感を与えないように動いてくれることだと思っています。つまり、違和感が出にくいのが良いルアーの特徴だと思っています。また良いルアーは思ったように動いてくれることもありますね。 ちなみに僕のエリアではアマゴやヤマメが1番警戒心が強いです。いつもその小さな違和感で見切って去って行かれます。 オススメルアー スミス:Dコンタクト【04.TS/20.チャート/43.グリーンゴールド】 誰もが知っているDコンタクト。僕はほぼノーマルしか使いません。 また、基本上記3色をメインに回します。たまに07のTSレーザーも使いますが。 クプアス48というロッドってDコンタクト専用ロッドなのでは?と思うぐらいしっかり違和感なく泳ぎます。 飛距離、トゥイッチ、沈下速度など僕のいく渓流では最も使用するルアーです。ちなみに63mmも使いますが、淵などの水深が50cm以上あるところでしか63は使いません。 スミス:Dコンパクト45【03.グリーンG】 これ餌です。持っていくルアーの中で餌認定しているうちの1つ。圧倒的に口を使わせます。 このカラーが良いんです。なんなら小規模河川ならこれ1つでもいいのではと思うぐらいです。 ちなみにコンパクトは38mmもありますが、僕は全く使いません。45mm一択です。家にこのカラーだけストック5つあります! 欠点は、クプアス48ではキャストにコツがいることです。ルアーチェンジの前にHOBOの68とか使用していてこれに替えたらバックラッシュ不可避! イトウクラフト:Bowie 50s【GG/YMG/AU】 言わずとしれたバルサミノーの定番です。渓流でネイティブトラウトやっている人なら1つは持っているのでは。 思うように動いてくれるのがBowieの良さだと思います。ティップだけでトゥイッチすると、ダート幅が小さく体勢が変わらない動きだし、ベリーから大きく動かすと体勢を崩す大きなダートになります。 ちなみにBowie42sもありますが、僕には難しすぎたためあまり使用していません。 本当はカラーにBTも入れたいんですが、先日ロストしたため写真撮れず。。。 ここまで定番しか書いてないやんけ!と思ったあなた、だって実際に良いルアーなんですもの。以下は、今紹介したもの同様に、僕のタックルボックスに入っているルアーです。 ウォーターランド:Jerk Sonic55 カラーは使い分けが出来ていないのでどのカラーがオススメとは書けず申し訳ないです。 実際はそこまで大きくもないし、重くもないのですが、その体積の大きさからなのか僕は大きく感じるし重く感じました。 それなのに沈下速度が体積の関係でそこまで早くなくゆっくり沈む。だけど泳ぎがキビキビするしジャークソニックていう名前なのにただ巻きが1番安定している不思議なルアー。 ただ、このただ巻きが他のルアーには出せない泳ぎ。追っては来るが食わない魚にこのルアーのただ巻きで食わせたときにタックルボックス入りが確定しました。 Anglo and Company:HOBO68 HOBO68って名称合っているのでしょうか。僕が使っているのがHOBOの68mmで8gのもの。 去年初めてHOBOを手に入れてから深場でかなりお世話になっています。主に淵でしか使いませんが、さきほどのジャークソニックと違い、8gあるのにボディが小さいので水抵抗が少なくしっかり沈みます。 欠点は売っていないことですかね。店舗が世田谷にあるらしいのですが問い合わせしたけど音信不通。。。 Wilderness:Ho-ki minnow HK 50s こちらは2020年度の大阪でのイベントにて購入しました。恥ずかしながらメーカー名ともにその時初めて知りました。 今年の解禁から使用しています。特徴は、リップ角度が浅く、リップが長いことですね。結果、潜りすぎず簡単に左右に体を振ります。 ただ、これが良いときと悪い時があるんですよね。極端に嫌う魚もいれば、猛烈にアタックしてくる魚もいました。 まだまだ僕の使用回数が少ないのがいけないのですが、このルアーにしか出せない動きがあると思っています。 自分のロッドにあったルアーを ここまで紹介したルアーはあくまでも僕自身のタックルで使いやすいルアーです。ロッドや場所が変われば、使いやすさは変わりますので注意が必要です。 今はこれらを使って、渓流に行っていますが結構入れ替わりが激しいのでオススメルアーがあればすぐに紹介します。ちなみに途中に出てきた【もはや餌】はあと2つあります。そちらはまた紹介します。 次回は渓流用語(造語など)を含め、僕なりの釣り場の探し方を案内できればと思います。 #{snippet[3]}

渓流のすゝめ②、必要なタックルを揃えよう。
渓流のすゝめ②、必要なタックルを揃えよう。
2020年05月12日 更新 渓流のすゝめ

こんにちは、ANGLERS藤井です。今回は渓流のタックルを話します。 僕が持っていくものを全部さらけ出しますので必要なものがあればメモしてくださいね。ちなみに源流ではないのでザイルやメットは持っていきませんよ。 もくじ 持っていくもの 初めての人へ 装備を紹介します その他のアイテム #{ad1} 持っていくもの それでは必ず持っていくものから書きます。 ロッド リール ライン(替えライン含む) タックルボックス ウェーダー(ソックスタイプ) シューズ 帽子 偏光グラス フィッシングベスト ランディングネット フォーセップ ラインカッター メジャー スナップ スプリットリング 水温計 ライター 根がかり外し 熊鈴 熊笛 ピストル タオル プライヤー 虫除けスプレー ドリンクホルダー(飲み物) こんな感じです。下の画像は実際の装備になります。 重要なことは「両手をフリーにする」です。渓流は足場が悪く、転倒することもあります。極力手に持たなくてもいいように装備をまとめることが重要です。 普段の移動は、片手にロッドを持っていますが、必要であればロッドもフィッシングベストに収納します。 使用しているColumbiaのPFGのフィッシングベストは本当に優秀です。上記に書いたもの、すべてフィッシングベストに収まるのは当たり前で、チャックの位置、ロッドの収納など細かい便利な箇所がたくさんあります。 ちなみにロッドやウェーダー以外の小物を全部収納するとこんな感じになります。 初めての人へ 上記のタックルの中で初めての人に僕なりのオススメを書きます。たくさんありますが、重要なことだけを掻い摘んで話します。 ウェーダーはソックスタイプのものを選ぼう サーフなどでウェーディングする人ならわかると思いますが、ウェーダーにはシューズと一体型になっているシューズ一体型と、シューズを別に用意するソックスタイプとあります。必ず後者のシューズを別に用意するソックスタイプを買いましょう。 僕は3回目まではサーフで使っていたシューズ一体型のウェーダーで渓流に行っていました。その3回の釣行時間が長かったからかもしれませんが、毎回途中で歩けなくなるぐらい疲労しました。 ちなみに終わってから3時間ほどすると、ガチで疲れて歩けなくなったり、足が攣ったりしてました。ソックスタイプにしてからはその疲れが格段に減りました。また怪我をする確率も下がりますし、かなり楽になります。 シューズのソールはフェルトソールを選ぼう 渓流用シューズのソールには大きく2種類あります。1つはフェルトソール、1つはラジアルソールです。初めての人はフェルトソールをオススメします。 慣れている人であれば問題ないのですが、ビブラム含めラジアルソールは、苔のついた石の上はフェルトに比べると断然滑ります。苔の付いた石の上を移動することが大半なので、フェルトの方が安心だと思います。ただし、フェルトソールは落ち葉の上などは恐ろしく滑りますからそこだけご注意を! ロッドは5ftまでの長さで 僕が普段いく河川だと、川幅は3mぐらいがほとんどです。長くても5mぐらい。短いと1mなかったりします。 渓流においてロングロッドはメリットが全くと言っていいほどないと思っています。僕の行くような場所では4ft前半が1番使いやすいと思います。 偏光グラスは必須 渓流の楽しみはバイトシーンが見えることでもあります。物陰からすごい早さで追ってくる魚を見ると興奮します。 そんなときバイトが見えないのは何しに釣りにきたんや!ってなるかもしれません。また足場が不安定のため、石が滑ったり急に深いところなんかがあります。少しでも危険を回避するために、必ず偏光グラスをしましょう。 偏光グラスのレンズの種類についても触れたいところですが、ここでは長くなりますのでまた次回以降に説明します。 #{ad2} 装備を紹介します 僕が使っているルアー以外のタックルを紹介します。ルアーは長くなるので次回以降にまとめて紹介しますね。 ロッド:ツララ「クプアス48」 渓流ロッド5本目です。どちらかと言うと僕がロッドに合わせにいってる感もありますが、今まで使ってきた中で、圧倒的に使いやすいです。よく、エンドグリップが長いから渓流向きではないとか言われますが、それはクプアス48を使ったことない人の意見でしょう。ロッドエンドが長いからこそリールとのバランスが取れていてリールが重いのに全くその重さを感じません。 また、ロッド自体は4ft8inchですが、エンドグリップが長いため実用ftは4ft前半になります。そこも良いところなんですよね。 リール:シマノ「カルカッタコンクエストBFS HG」 はっきり言って、他のベイトフィネスのリールより圧倒的に重いです。200gですよ200g!アルデバランBFS XGが確か130gぐらいですから、その重さわかるはず。 しかし僕はそのアルデバランからカルコンにしました。クプアス48にはカルコンの方が合っていると判断したからです。またXGじゃなくHGのギア比も大変使いやすい。あとはぶっちゃけ所有欲が強いかな。 ちなみにクプアス48の重心は下方気味にあります。一度クプアス48にカルカッタコンクエストBFS HGを付けて使ってみたらわかりますよ。このタッグは、本当にベストだと思っています。 ライン:PE0.6号+リーダー6lb これこそ人によって差が出る話ですが、僕は0.6号を30mほどしか巻いていません。要らないからです。 またリーダーはフロロ6lbです。今までは7lb使っていましたが6lbに変更しました。まぁこの辺りは頻繁に変わるので6lbか7lbで。 よくラインが太いのでは?とか言われますが、魚のことより根がかり時のことを考えてこの太さです。今までラインの太さのせいで釣れなかったと思う経験がありません。ルアーで見切られたことは何回かありますが。 6lbあれば岩場に擦れてもそうそう切れませんし、僕の行く渓流であればこのラインがベストかと思います。 その他のアイテム 季節や場所によって使ったり、使わなかったりするアイテムを紹介します。 フィッシンググローブ 必ず持っていく方にいれようか迷ったのですが、僕が必ずしているわけではないので外しました。 場所によってグロープするときとしないときがありますが、その判断はどれだけ藪こぎをするかです。 何度も言いますが足場が悪いところを何時間も移動します。あら不思議、気づくと手のひらっていつの間にか切れてるんですよね。 グローブはあったほうが絶対に安心です。なのになんでいつもしないかというと忘れてしまうのです。これまた不思議。 サポートベルト 腰痛持ちの人は必須だと思います。釣行時間が長いと7時間超えの渓流は、足腰にかなりきます。 場所によってはキャストの姿勢や巻くときの姿勢が腰に大きく負担をかけます。 その日はよくても次の日にかなりきます。今は良くてもいつの間にか来るでしょう。 友舟 友舟ってDAIWAさんの商品名なのかな、SHIMANOさんは引舟らしいです。 もうこの当たりから実用性というか趣味の話になりますが、友舟があるとこんな感じの写真が撮れます。 そうその日の釣果をまとめて撮影できるのです。僕は持ち帰らないので食べる目的はありません。移動に関しては、もちろん同じ河川だけにしてくださいね。移動させないように! レッグガード こいつの出番はそんなにありません。時期的に茨が生い茂っている場所に行くときに使用します。 その理由は、ウェーダーに穴をあけたくないから。茨のおかげで何回穴を補修したか。 これのおかげで防げたのかどうかは謎ですが、レッグガードをしているときにあいたことは今までありません。 こんな感じです。マジで持っていくものが多いでしょう。これらをほぼフィッシングベストに入れて移動します。 それでは次回はルアーの詳細を話します。偏見だらけのルアー紹介をお楽しみに。 #{snippet[3]}

渓流のすゝめ①、渓流でネイティブトラウトを始めよう。
渓流のすゝめ①、渓流でネイティブトラウトを始めよう。
2020年05月14日 更新 渓流のすゝめ

こんにちは、ANGLERS藤井です。今日から連続で渓流の話をします。少しでも渓流に興味をもってくださいますと「嬉しい反面」と「嬉しくない反面」が入り混じった複雑気持ちになります。では話さないほうがええやん。となりますが、この機会に渓流のルールやモラルを知ってもらいたい、また釣り人を増やすことが僕の仕事だと思っているので書きたいと思います。 ちなみにANGLERSに登録されている釣果の多さではトラウトは2020年5月時点で第5位です。エリアトラウト(管理釣り場)の釣果もかなりはいっているので、すべてが渓流の釣果ではありませんがね。 もくじ 【重要】前提 この写真を綺麗だなと思ったら 凛とした姿 禁漁期間がある 装備は次回 #{ad1} 【重要】前提 ここ、1番読んでくださいね。僕は主に【山梨、神奈川、長野、静岡】の渓流をメインにルアーフィッシングをしています。渓流のネイティブトラウトを初めて今年で7年目になります。昨年度の年間釣行日数は38日なので、大体週一ペースになりますかね。 これから話す内容においては、基本的に河川名は出しません。出しても誰もが知っている河川です。また、極力すでに渓流釣りをされている方が不利益を生じるようなことは言わないように気をつけます。特に掲載する写真から場所がわかったり、入渓点がわかるようなことはしないので安心してください。 渓流と源流、本流は全然違う 僕は渓流しかやったことありません。ですのでこれからの話は、渓流の話であって源流や本流では当てはまりません。正確に言うと当てはまらない部分が多々あるだろうなと思います。 その違いですが、ざっくりいうと水深だったり川幅だったり、狙う魚が違ったりします。結果として、使うロッドの長さが極端に変わったり、ラインの太さやルアーの大きさが変わります。 この当たりの線引って結構大雑把に分かれているので、僕の話はザックリと渓流の話なんだなって思ってください。間違っても、源流や本流でも当たり前だとは思わないでくださいね。 地域でルールが全然違う 僕は、先程説明したエリア【山梨、神奈川、長野、静岡】の渓流で釣りしています。他のエリアは同様のルールではありません。なんなら、河川によって全くルールが違います。 僕の話す内容は、【山梨、神奈川、長野、静岡】での大雑把な河川のルールと思ってください。詳細は個別の河川のルールに従ってください。 ルアーフィッシング 僕は原則ルアーでしかやりません。渓流は餌釣り、フライフィッシング、テンカラ、ルアーの人がいます。特に餌釣りにはなりますが、フライやテンカラの人も含めてこれからの話は参考にならないかもしれません。 これからの渓流の話はすべてルアーフィッシングの話だと思って聞いてくださいまし。 この写真を綺麗だなと思ったら まずは写真から見てください。 この写真を綺麗だなと思ったら、もうあなたは渓流に虜です。左下の小さな淵にルアーを入れたいと思ったあなたはすでに病気です。 渓流の魅力の1つは、その渓相にあります。(※渓相って釣り人の造語なんですね。書いた後に調べたら、そんな言葉はないことがわかりました。) ちなみに僕は日の出の時間帯が1番好きです。わかりにくいですが、そこに住む生き物すべてが目覚める感じがするから。 また特に僕のエリアでは5月が1番良いですね。新緑が最高です。その理由は緑はすごく綺麗なのに他の草が成長していないし、虫が少ないからです。釣りがしやすいわけです。9月の終わりも好きなんですが、紅葉もはじまってもいないし草木が成長しきっていて藪こぎが大変なんだわ。特にボサ川にいくときなんて進めない可能性すらあります。 凛とした姿 風景も最高ですが、そもそも魚が綺麗なんです。パーマークやヒレピン、魚体の色相だったりと容作るパーツ1つ1つが素晴らしい。 だけどね、どれだけ大きくても、どれだけ綺麗でもトラウトの1番の魅力って顔つき、特に目だと思うんです。めちゃめちゃ凛としていませんか。 ネイティブトラウトがきれいな理由は、常に死を感じて生きていることかなと思っています。 今日餌がとれなかったら死ぬかもしれない。いつ敵が襲ってくるかわからない状態だと認識している。常に死と隣合わせに生きていることを実感して毎日を過ごしている。 これが顔つきに出ています。その姿が凛としているようにみえるのだと思っています。 警戒心とか半端ないですからね。1チェイスどころか、一瞬魚っぽいものが見えたで終わり。とかザラです。 この凛とした顔つきが、僕が渓流でのネイティブトラウトに夢中になる理由だと思います。 禁漁期間がある ちなみに渓流の釣りにあって、他の釣りにはあまりないことに「禁漁期間」があります。もちろん渓流以外にも禁漁期間のある釣り場はたくさんあります。だけど、一般的には禁漁期間のない釣りの方が多いですね。 禁漁期間は地域差もありますが、だいたい10/1〜2月末までになります。つまり釣りをしてもいい期間は3/1〜9/30までになります。ちなみに長野県南部は2/16から9/30まで、神奈川県の一部は3/から10/16までだったりと場所によって様々です。 また、漁協の人kら確認等が来たら拒否せずに従いましょう。 ちなみにこちらは僕が去年買った、関東でも最も有名な河川のひとつ【桂川漁協の年券】です。4,200円ってことは回数で割ると1回あたり100円強ですね。 ちなみに、遊漁券は日券と年券があります。絶対年券の方がお得です。また日券はコンビニでも売っていることが多いですので、買ってから渓流にいくことをオススメします。 装備は次回 渓流の釣りは、装備が本当に大事です。特に釣り道具以外の道具が本当に大事です。 次回は道具の話をしますが、【絶対に必要なもの】【あったほうがいいもの】【あってもなくてもいいもの】を順に書きます。 渓流、というか山は本当に危ないです。装備が足りないから、怪我をしたり、最悪命を落とします。絶対に必要なものは、必ず持っていくようにしましょう。絶対に必要です!! #{snippet[3]}