エギング大全についての釣りに関する記事を公開中!

新着の記事

【エギング】 DAIWA 2021年の新商品をご紹介!
【エギング】 DAIWA 2021年の新商品をご紹介!
2021年02月26日 更新 エギング大全

皆さん、こんにちは!DAIWA大好きDAIWAマンです! 本年は新型コロナウィルスの影響をうけ、急遽オンラインでの開催となった「釣りフェスティバル2021」。 その中でとびっきりの情報がありました! それはDAIWAエギングタックルの大きな進歩・飛躍を予感させるものでした。 本日はこれらの新商品の中で気になるものを紹介していきます。 もくじ エメラルダスに新シリーズ登場 ラインナップは4機種 新型エギ エメラルダス ピーク カラーラインナップは全30色 詳細はDAIWA HPとヤマラッピちゃんねるで #{ad1} エメラルダスに新シリーズ登場 ※ヤマラッピちゃんねる参照 エメラルダス ストイストシリーズに新たなモデルが登場します。 その名もエメラルダス ストイスト レーシングチューン。 まずはその見た目から。 現行のストイストシリーズはエメラルドを主張したデザインでしたが、 今回からは「レッド」がメインとなりました。カッコいいですよね。 ※ヤマラッピちゃんねる参照 そして次にスペックですが、ラインナップはこちら。 ※DAIWA HP 特設サイト参照 アウトガイド3本にインターライン1本の計4本です。 この表を見てまず目が点になりました。 全機種、自重が80g台! 私が今持っているストイスト79MMHでも約100g、そこから約15gの軽量化。 15gの軽量化ってとんでもないですよね。 劇的な軽さです。 ここまで軽量化された理由は素材にあるようです。 ※ヤマラッピちゃんねる参照 SVFコンパイルXナノプラスという超高弾性低レジンのカーボン素材によって、現行よりも軽量で反発力が強いロッドになっているようです。 <p class="mb-4 ">監修した山田ヒロヒトプロが求める、「細く、強く、鋭く、パワー」のあるロッド、それを実現するためにダイワの技術が注ぎ込まれているのでしょうね。 ※ヤマラッピちゃんねる参照 さらにVーJOINTαを採用し、逆並継にすることでバット部分から細く強く、それでいてもより自然な曲がりになるようなロッドとなっているようですね。 他にも多くのダイワテクノロジーが惜しみなく採用されていますがここでは割愛します。 このDAIWA技術全てが揃い、ビシ!っとパリ!っと、そして細くしたことによって風抵抗低減! まさにレーシングマシーンのような最高のロッド仕上がっているのではないかと思います。 興奮してきましたね! ラインナップは4機種 それぞれの特性についてまとめてみました! (※DAIWAの商品紹介を元にした、DAIWAマンの使用前のインプレッションです。) ※DAIWA 特設サイト参照 88ML 秋イカメイン。小型エギ用でしなやか且つ柔軟なロッド。 ロングでありながらも84gの驚異的な軽さ。 秋イカメインではあるが産卵時のスローな釣りにも適しており、春イカとバイトする十分なパワーも新カーボン素材でカバーできている一本。 84M レーシングチューンを直接感じられる。まさに代表作。 3.5号を中心に小型大型エギともに偏ることなく年中使用可能 。 同じく84gの軽さであり、悩んだらまずはこの一本。 76MMH シリーズ1のガチガチパワーロッド! 最重量エギであるステイもなんなく吹っ飛ばせるパワー! レッドモンスターや大型春イカ専用とも言えるが、ティップは繊細でしなやかさももち合わせる。 パワフルロッドのため肉厚なイメージはあるがシリーズ最軽量の矛盾を打破した一本。 IL81M シリーズ唯一のインターラインロッド。 一本であるには意味がある。山田ヒロヒト氏がILにこだわる理由。 ILならではの最高感度をさらに飛躍させるため、現行ストイストをベースに考えられたロッド。 感度・反発力は今までにないものとなっている。 まだILを使ったことがない人また、初めてのILの購入を考えている人にはまさにドンピシャ。 IL無しでは今後エギングは成立しないと思わせるような一本。 と、言ったようなイメージを持っています。 ちなみには私は「84」と「88」で悩んでいます。 皆さんはどれを買いますか? 4月発売予定とのことです。ゆっくり悩みましょう。 新型エギ エメラルダス ピーク ロッドの次はエギです。 もう待ち遠しい人がたくさんいるのではないですか? 私はすでに、購入予定のエギは選び終わってます。笑 ※ヤマラッピちゃんねる参照 このエギ、見た目は他のエギと然程変わりませんが、これにもテクノロジーが詰まっているようですね。 ■エメラルダス ピークのスペック タ イ プ :ダート系 号  数:3.5号 ウエイト:19.5g 沈下速度:3.75秒/m 色  数:30種類(ラトル15種類、ノンラトル15種類) 今回のこのエギは、現行の「エメラルダス ラトル」の後継エギのようなものですが、形状・シンカー全てを0から考え直されているようです。 私が一番魅力に感じるのは、「重く飛距離が出る、なのに沈下スピードはノーマル」ということです。 現行のものと比較すると ピーク・・・・・・・3.5号 19.5g 3.75秒/m ラトル・・・・・・・3.5号 18.5g 3.75秒/m ラトルタイプR・・・3.5号 19.5g 2.75秒/m タイプRのような早く沈むために重くしたエギと同等の重量なのにラトル(ノーマル)と同じ沈下速度なんです。 タイプRと比較すると沈下速度は、1秒/mもの差。 1メートル沈むのに1秒の差があるっていうのは、底を取ったり、食わせの間を取ったりするにはとても大きな差になると思います。 さらに今回のエギ、シンカーにも特徴があります。 ※ヤマラッピちゃんねる参照 この新設計のシンカーが、潮の流れを捉えて抵抗を生む設計となっているんです。 その抵抗が沈下速度もスローにすることができた理由なんですよね。 エギングにおいて、エギから潮を感じられることはとても大切で重要です。 早く使って感じてみたいですね。 他にもまだまだテクノロジーが詰まっていますが、長くなるので一先ずは、ここまでとしますね。 カラーラインナップは全30色 今回用意されているカラーはこちら。 ■ラトル 15種類 ■ノンラトル 15種類 ※ヤマラッピちゃんねる参照 第一印象は…毒々しい。笑 ただ個人的に毒々しいデザインは大好きです。 今回もデザインはとことん考えられたとのことで、今までにはない奇抜なデザインなものが多くあります。 さらに、今回は、夜光の色にも変化点を出したとのことで、普段は夜光が光れば青緑色の発光をしますが、一部赤色に発光されるものがラインナップされています。 いろんなパターンのエギを持っておくことで、今まで以上にエギングの幅が増えますね! 私は、追々「毒々シリーズ」で大人買い予定です。 皆さんはもうどのエギを買うか決めていますか? 多分ですが、今回も各店舗争奪戦となり、発売当日は中々手にすることが難しくなるのではないかと予想します。 皆様!早めの決断・早めの予約をオススメします! 詳細はDAIWA HPとヤマラッピちゃんねるで ここまで最新ロッド・最新エギの先どり情報をまとめてみました。 まだまだ言い足りないことがたくさんありますが、DAIWA HP、エメラルダス特設サイトとyoutubeのヤマラッピちゃんねるなどを見ていただければと思います 春までもう少し。皆さん!しっかりと準備をしておきましょうね。笑 それでは次回までさよなら。 ※ヤマラッピちゃんねる参照 その他のエギングの記事、エギング大全はこちら #{snippet[5]}

【エギング】「潮選び」について考えてみた。
【エギング】「潮選び」について考えてみた。
2021年02月09日 公開 エギング大全

皆さん、こんにちは!DAIWA大好きDAIWAマンです! 冬真っ只中!エギンガーの皆さんはいかがお過ごしですか? 春に向けて冬眠中ですか?それとも新たな出会いのために冬エギングに出かけていますか? 私はというとこのマガジンが出るころには、メバリング・アジングに没頭していると思われます。笑 しかし、平行して春イカエギングに向けて少しずつ準備もしていることでしょう。 そこで、今回は春イカシーズンに向けて、エギングの最重要課題である「潮」について話そうかと思います。 文末に「とても参考になる資料」を添付しておきました。最後まで読んだ方がいいかと思いますよ。 もくじ よい潮の見極めはむずかしい 潮汐の基本的知識 実際の潮の動きはとても複雑 マズメに重なる潮止まり前後が狙い目 究極の参考資料 「潮」と「月」を合わせて考えよう #{ad1} よい潮の見極めはむずかしい エギンガーの皆さんは、普段どのタイミングでエギングに出かけますか? 釣り人であればよく聞く言葉である「潮を視る」という言葉。 そんなもん知っとるわ!と思いますよね!笑 でも、実際「どの潮」で「どのタイミング」なのかって難しいですよね。 そこで私の少ない経験をもとに、普段狙っている「潮」の「タイミング」などについて話し、最後に私も度肝を抜かれたものを添付しておきます。 潮汐の基本的知識 基本知識として、潮は、月の引力が要因で、このような潮の動きがあります。 大潮・・・干満の差が大きく、新月・満月の前後数日間 中潮・・・大潮の前後数日間 小潮・・・干満の差が小さい。半月の前後数日間 長潮・・・干満差が緩やかで、小潮後のだらだらな潮 若潮・・・大潮に向かって潮が若返る、長潮後の潮 概ね15日周期で大潮がくるというイメージをもってください。 実際の潮の動きはとても複雑 私がエギングをやり始めたころ、よく「潮が動いている時を狙え!」と見聞きしたのですが、正直頭でそれが分かっていても、どのタイミングがよく潮が動いているのかっていうのが本当に分からなかったんですよね。 ただ、ここ数年は潮を考えてエギングをしてきました。感じたことは、「タイドグラフのようななめらかな下潮・上潮は発生しない」ということです。 どういうことかと言いますと、普段皆さんは潮見表やタイドグラフアプリを参考にしているかと思います。概ねこのようなものですよね。 このタイドグラフだと、「6時」から「14時」がこの日一番の干潮となっていますのでこの間であればいつでも潮は動いてると思われがちですが、実際自然の干満の動きというのは、このようなものではなく、 このように、「止まる」「下がる」「ちょっと止まる」「めちゃ下がる」と言ったようにすごく不規則なんですよね。 場合によっては、1、2時間ほとんど動かないなんてこともありました。 これは、潮が大きく動くと言われる「大潮」でももちろん発生します。 「今日大潮で、今上潮なんだけどなあ、全く動かない…。」 なんてことも私はよくありました。多分、上記のような不規則な動きがあったのでしょう! ですから、大潮だから「よく潮が動く」ではなく、大潮でも「時間的」「場所的」「タイミング的」に当てはまらないと良い潮の動きはしないものなんだなと思いました。 特に大潮は「当たり外れが顕著に表れる」というのがエギングをやっていて本当に感じていることです。 それでは、どのタイミングを狙うかについてですが・・・! マズメに重なる潮止まり前後が狙い目 私が個人的に狙っているのは、 「干潮満潮の潮止まり前後1時間」です! 理由は簡単で単純です。 先ほども言いましたように、タイドグラフ中の「下げ途中」もしくは「上げ途中」の潮は不規則で全くもって予測不可能です・・・。 しかし、多少前後はあるでしょうけど、「潮止まり」というのは少なからずほぼ確実な潮の一つの動きであることには変わりありません。 ということは、「止まる」の前後は「動く」であることもほぼ間違いないでしょう。 潮の動くタイミングを予想しやすいということですね。 さらに、この潮止まり前後1時間以内で、「日出没」が絡む日は、特に狙っていきます。 「潮が動く」「朝・夕マヅメの光量変化」「ベイトの活性化の可能性大」 などなど釣りをする上での好条件が上乗せされるからです。 これらの自分の中でのベストの日を見定め捕らえたのが、11月18日に出した1200グラムのオスです。 この時のタイドグラフは、こんな感じでした。 日  没 16:57 釣果時刻 17:21 満  潮 18:19 まさに先ほど申し上げたような好条件が揃った日没後すぐで、背景からも分かるとおり「薄暮」の時間帯でした。 実際、このタイミングを狙ってこの港に訪れていたので、釣行時間は「30分程度」でした。 タイミングさえ合えば、秋でもキロアップは出せるということですね。 このタイミングというのはそう何度も訪れるものではなくて、本当に「限りなく」「少なく」「短い」ものですが、しっかりと見定めて、人があまり入っていない、もしくは劇的にこの年釣果が良いような場所に入ることができれば、最高の1杯を手にすることができると思っています。 究極の参考資料 これまで私なりに、短いエギング経験から学んだ、微々たる「考え」から出た「釣果」で少しは自信はあったのですが、先日、このエギングに関する「潮の考え」について、とんでもない記事が投稿されました。 これの著者は、DAIWAプロスタッフの「ヤマラッピ」こと山田ヒロヒトさんです。 今現在、日本のエギング界の頂点に立たれている1人で、年中全国を飛び回り、エギングをしているまさに「真のエギンガー」です。 もう何も言いません。 兎にも角にも、時間のある方は、下のリンクからひとまず一読してください。 この「考え方」には、本当に度肝を抜かれます。笑 ※山田ヒロヒトが超解説「晩秋から冬のオカッパリエギング!潮回り見極め法」参照 「潮」と「月」を合わせて考えよう 読まれましたね。イカがでした? まさか、「月!」を、まさか「月のあれ!」をまで考えられているとは・・・。 本当にプロの方ってのはすごいなあと、ただただ、思います!!! 本当に勉強になります。笑 月がイカに及ぼす影響というのは本当に大きく、モンスターを手にするには、「月」や「潮」を蔑ろにしてはいけないとつくづく思いました。 すでにこれらを考慮されて釣行されているアングラーの方々もおられると思いますが、最近始めたばかりの方などは、今後少しでも「月」や「潮」について考え、日を狙って釣行されてはいかがでしょうか? その考えが当てはまった時、もしかすると、とんでもないモンスターが現れるかもしれませんよ!笑 潮を制し、エギングを制し、価値ある1杯を手に入れましょう。 本年も、皆様にとって最高のエギングライフとなりますようお祈り申し上げます。 今年も「釣り」に「マガジン」に頑張りますのでよろしくお願いします。 その他のエギングの記事、エギング大全はこちら #{snippet[5]}

【エギング】DAIWAマンCooking 第1弾〜冬の味覚をこの味で〜
【エギング】DAIWAマンCooking 第1弾〜冬の味覚をこの味で〜
2021年02月03日 更新 エギング大全

皆様、こんにちは!DAIWA大好きDAIWAマンです! 前回のマガジンで予告していましたが、本投稿より料理について話そうと思います。 釣った「イカ・魚」に感謝しつつ、美味しくいただくコーナー!その名も「DAIWAマンCooking!」今宵、アングラーズマガジンでスタートです! さあ、本日の食材/料理は何かしら・・3分ではできませんので悪しからず!笑ちなみに表紙画像の料理は「沖漬け」ではございません!!! もくじ 本日の食材 材料(2人分) では作りましょう 盛り付けですべてが決まる みなさんもやってみて #{ad1} 本日の食材 DAIWAマン Cooking!本日の食材はこちらです。 先日釣り上げた「ヤリイカ」です!(※島根県では別名「手なしイカ」と言います。触腕が細く短いことから) さあて、今宵はこのヤリイカをどのように料理していきましょうかね。間違いなく「酒の肴」になること間違いなし! 至って簡単な料理ですので、ぜひ皆さんもやってみてください。 前回のマガジン(ヤリイカの釣り方)を見逃した方は、こちらも見ていない方は先にご覧いただければと思います!それでは、スタート! 材料(2人分) 本日の料理は、「イカユッケ』! 聞いたことありますか?たぶんあんまりないと思います!しかし、これが美味しいんですよ。皆さんもぜひ試してみてください! では、材料です。 イカの胴体とエンペラ ・・・1杯分 卵(黄身のみ) ・・・・・・1個分 醤油 ・・・・・・・・・・・小さじ1 酒 ・・・・・・・・・・・・小さじ1 砂糖 ・・・・・・・・・・・小さじ1 ごま油 ・・・・・・・・・・小さじ1 コチュジャン ・・・・・・・適量 おろしニンニク ・・・・・・適量 いりごま ・・・・・・・・・少々 ※1 味は 醤油で調整!濃口・薄口を調合すると旨さアップ!※2 汁だく好きの方は醤油・酒・砂糖・ごま油を大さじ1へ!※3 コチュジャン・おろしニンニクで本格的な味に! では作りましょう まずは醤油・酒・砂糖・ごま油・コチュジャン・おろしニンニクを合わせて混ぜましょう! 次にヤリイカを捌いていきましょう! っとその前に軽く観察してみます。 触腕が細くて短いですねえええ これが「手なしイカ」の由来です。 手がないくらい触腕が小さい!! はい!ではざざっと捌いて、胴体のみ! からの、これが大切! 薄皮とりは、必ずやりましょう。これをするかしないかでは食感が格段に違います。 この一手間が美味しさに繋がります。 そして、人差し指くらいの長さになるくらいでカットしてからの、細切りです。 次にエンペラです。あんまりこの料理には使わないのですが、私は少しの食感を出すために入れます。 硬い軟骨部分は取り除きましょう! そしてこれも薄皮とりを。 エンペラも細切りにして、胴体の細切りと合わせて、タレへGO! そして、しっかりと。 ちょっと一本味見します。 うまい!うまいうまい、うまい!!! だけど、タレが身に染み込んでいない! そのため、できるなら半日から一晩冷蔵庫で寝かせましょう! 盛り付けですべてが決まる 寝かせた後は、さあ、盛り付けです。 黄身をのせて、いりごまを振りかければ、ほら完成!!! DAIWAマン特製「イカユッケ」。 参考までに、大葉を敷くと色合いもGOODになり、お店のような1品になりますよ✨味も申し分なく、しっかりとタレが身に染み込んでいます。 あぁ、コチュジャンが欲しい!笑子供用だから甘めに作りましたが、子供は大喜び✨本日は釣ったカサゴを刺身にしていっしょに!(だしポン酢(もみじおろし付)) ユッケも刺身もほんの数分で完食でした✨(味わえよ!・・・。笑) みなさんもやってみて イカがでしたか?私は食べた後なのに、すでにヨダレが出てきました…🤤 基本的にリリースの私ですが、たまには食べたくなるんですよね。 しかも、ヤリイカは身が薄くて柔らかいため、この料理に合うんです。 でも冬しかできない、冬しか食べれないんですよ。皆さん今だけですよ。 そして何よりも、アングラーは命で遊ばせてもらっているので、食べる時は、感謝の気持ちをもって、美味しく食べるというのが大切で、その姿勢を見ている子供には釣りを通して良い教育にもなるのではないかと思っています。 はい、それでは本日も読んでいただきありがとうございました!次回も良い投稿ができるようがんばりますのでよろしくお願いします! その他のエギングの記事、エギング大全はこちら #{snippet[5]}

【エギング】冬本番!邪道エギングで冬の絶品をゲットしよう!
【エギング】冬本番!邪道エギングで冬の絶品をゲットしよう!
2021年02月02日 更新 エギング大全

皆さん、こんにちは!DAIWA大好きDAIWAマンです! いやあ、今年は昨年とは違いとても寒いですね💦しかし、冬といえば!あれですよ!あ・れ! 今回は邪道エギングで狙える美味しい「あれ!」の釣り方を紹介します! この釣りも、なかなかおもしろいものですので最後まで読んでいただければと思います。 もくじ はじめに ターゲットについて 邪道エギングとは 狙うポイント 誘い方 おわりに #{ad1} ノーマルエギングとは違う 雪にも負けず!寒さにも負けず!そして「嫁」にも負けず! 寒くなればなるほど燃える私ですが、今回は私が普段、メバリングの合間を縫ってやっている釣りをご紹介します! それは、邪道エギングで狙う「ヤリイカ」エギングです!(※島根県では別名「手なしイカ」。触腕が細く短いことから!) 群れにあたれば、数も釣れ、そして美味しいヤリイカ!地域にもよると思いますが、日本海側の冬の海では定番! ぜひ皆様にもやっていただきたいなと思い今回投稿させていただきました。それでは参りましょう!!! ターゲットについて ターゲットのヤリイカについて簡単にご説明しますね。 まず名前の由来ですが、身体全体が槍のように細長く尖っている見栄えからこの名前がつけられたとのこと。 基本的に沖縄を除くほぼ全ての日本近海に生息していますが、ヤリイカはアオリイカとは違い低水温を好みます。 また、春の産卵に控えるため、水温の下がった冬には日本各地の沿岸に接岸してきます。(※とは言っても日本海側がほぼメインとなります) 狙う時間帯としては、日暮れから日の出の間のまさに「夜間」になります。山陰では、日暮れとともにどこからともなく現れたヤリイカ釣り師が岸壁を埋め尽くしていきます!笑 ヤリイカのサイズは雌20〜30センチ、雄30〜40センチと大小様々な大きさのものが釣れ、味も非常に美味です! 一部では高級なイカとして取り扱われるほど。さらには数も釣れる!!! どうですか?興味が湧いてきましたか???笑 邪道エギングとは 別名餌巻きエギング! 簡単に説明すると、エギの背中に塩漬けササミやキビナゴなどの餌をワイヤーで巻きつけて狙う釣法です! (※タックルは普段エギングで使用しているもので十分です!) エギングとはそもそも疑似餌(ルアー)でイカを狙うもの。それなのに疑似餌に生餌を巻きつけるなんて、疑似餌一筋アングラーからすればまさに邪道!!! そう!だから邪道エギングです!笑(たぶん・・・。) まあ、たまには良いではないですか!笑 今では邪道エギング専用のエギも市販されているくらいですからね! この墨族から販売されている「ONBU(オンブ)」にあっては、手間であるワイヤー巻きつけ作業をなくすため、背中に取り付けられたワイヤーにエサを貫通させ、固定するというもの 非常に便利なエギですね! もちろんエサなしでも釣れますよ!ただ釣果は言わずとも・・・ですよね!笑 その理由、実は、臭いや視覚で誘っているのではなく、イカが抱きつき噛み付いた時に、エサから滲み出てくるアミノ酸エキスでイカに本物の餌だと認識させ、抱く時間を長く取るためなんですよね! ヤリイカのほとんどは、居食い(その場で抱きつくこと)なのでアタリに気が付かないこともしばしばあります。だからこそ、少しでも長く抱きつかせておくためにも餌巻き仕掛けにします!!! ヤリイカ釣りの本気組にあっては、さらにこんな専用仕掛けを使っています!その名も「テーラー仕掛け」です! ※YAMASHITA HP参照 電気ウキに専用のエギ(テーラー)をセットしたものです。 地域によっては、イルミネーションの如く、夥しい数の電気ウキが闇夜の海面に浮き、冬の到来を告げる風物詩の1つとなります。 さあ、道具の準備ができました。次はポイントについてです! 狙うポイント 常夜灯がある 人工物が多くある 潮通しが良い 要は、常夜灯が煌々と海面を照らしている外洋に面した防波堤が好ポイントです! ヤリイカの産卵場所は、アオリイカのような藻場とは違い、岩礁帯や砂地などの基盤が安定しているところであり、人工物(テトラ・橋桁など)にも産卵すると言われています。ですから、まずヤリイカが外洋から入りやすく、さらにプランクトンなどが集まりやすい光の届く場所が好ポイントとなります。 もちろん光のない暗闇のポイントでも潮通しがよく、群れが通れば爆釣することもしばしば! ただ、夜釣りに慣れていない方や子供釣れの方にあっては、光のある防波堤などが圧倒的に安全です!釣果よりも安全を優先で!!! 誘い方 とにかく遠投 誘いは、引っ張るようなシャクリ 基本は放置 アオリイカエギングのように、ビシバシ!しゃくる必要はありません! もしシャクって誘うのであれば、竿を持ち上げるような、エギを引っ張るようなシャクリ方にしましょう!! ヤリイカは非常に獰猛なイカでガンガンアタックしてきますが、激しい動きのエギには反応がイマイチです!(※捕食行動が苦手なのかな??) ですから、私は遠投後はほとんど放置します。釣れなければほぼ置き竿です! もうエギングじゃなくて餌釣りですね!笑(餌巻いてますけど!!) しかし、置き竿だからといって油断は禁物!この時ティップを注視です! ヤリイカのアタリは繊細ため、気づかないことがしばしば。時折、ティップが「クイッ」と曲がればイカが抱いた合図です! 慌てずゆっくり巻き上げましょう!!!すると・・・! デデエェェェェェェン!!! 胴長30センチオーバーのナイスヤリイカ参上です!!! この日はさらに胴長40センチクラスの大剣サイズも出まして、数は出ないもののサイズがあった大寒前夜でした! 私の地域では、この釣りは春先まで可能ですよ。興味がある方はいかがでしょうか。 冬でもできるエギング投稿でした✨ 次回は料理を! イカがでしたか?アオリイカエギングとは全く別の釣り方ですが、冬しかできない、冬だからこそできる特殊なエギングです!これもまた面白いものですよ! さあ、そうなると次に気になるのはヤリイカの「味」ですよね!!!近日このヤリイカを食材に、『DAIWAマンcooking 第1弾』を投稿しようかと思います! なかなか見たことない!聞いたことない!でも美味しくて誰でも簡単に作れる1品をご紹介します! それでは次回までさよなら🦑 #{snippet[5]}

【エギング】アオリイカの生態と特徴ついて
【エギング】アオリイカの生態と特徴ついて
2021年02月02日 更新 エギング大全

皆さん、こんにちは!DAIWA大好きDAIWAマンです! これまでに投稿したマガジンでは、ちょくちょくアオリイカの生態や特徴などを載せてきましたが、そのすべてをまとめてみました。 今回の内容を知っておくことで、エギングの幅がさらに広がります。一読して損はなしだと思います。 あとは、エギングをやらないアングラーの方も「イカ」の生態や特殊能力に驚かれると思います。話のネタの一つとして読んでもいいかもしれません。 少し文章が長いですが、とても大切な話ですので、是非読んでみてください。それでは参りましょう! もくじ アオリイカの種類 アオリイカの雌雄判別 アオリイカの寿命と行動 アオリイカの五感 アオリイカの大きさの違い #{ad1} アオリイカの種類 そもそも、アオリイカは骨のない無脊椎動物で、頭から足が生えている頭足網(とうそくもう)という一見おかしな体の作りをしています。 このおかしな体を持っているアオリイカは、日本近海には3種類生息しています。 シロイカ型 皆さん馴染みのあるアオリイカです。唯一、この型は日本全国に生息していて、浅場から深場まで広く行動します。 最大で約4kgくらいまで大きくなる種です。 クワイカ型 最大300グラムほどの小型のイカ。体が黒く「クアクア」と泣く説からクワイカとのことです。 基本的に南国の沖縄周辺に生息していて、北に上れば上るほど出会う可能性が低くなります。比較的浅場に生息している種です。 ※沖縄で釣れた!謎の「クワイカ」を食べてみた参照 アカイカ型 アオリイカ最大の種です。体全体が赤く、大きもので約6キログラムを超え、レッドモンスターの異名を持ちます。 生息域は、南西諸島付近をはじめ、黒潮に沿う和歌山までの沿岸部と考えられており、昼間は最大水深約100メートルまでに生息し、夜間になると捕食のために浅瀬に接岸します。 ※LURE NEWS R参照 アオリイカの雌雄判別 アオリイカにも、もちろん雄雌があります。 それを判断する方法は、アオリイカの『胴体(背中)にある模様』です。 『胴体の模様が斑点なのか、白線なのか』で雌雄判別をします! 【雄(白線)】 【雌(斑点)】 明らかに違いますよね! 模様が斑点であれば「雌」、白線であれば「雄」と言われています。 また、春は(産卵)ペアリングしていることが多いので、「雌」が釣れれば、近くにさらに大きい「雄」がいる可能性が高いです。1キロの雌を釣ったのであれば、近くに2キロ超えの雄がいるなんてことはよくあることです。 ただアオリイカにとっては、春は産卵を控えた大切な時期です。乱獲はせずに、できる限り雌は傷つけずにリリースしてあげてくださいね🦑💦 アオリイカの寿命と行動 アオリイカの寿命は約1年だと研究結果から出ています。 その1年を簡潔に説明しますと、 春 産卵のため浅場に接岸しパートナーを見つけ、産卵するまでは捕食しますが、無理な捕食はしません。 そのため、春イカのエギングはスローに待つ釣りが基本です。 産卵を意識し、藻場で産卵し始めるともうエギには見向きもしません。そんなイカを見つけたら、子孫繁栄のためそっとしておいてあげましょう! 夏 海水温は25度を超えることもしばしばですが、アオリイカにとっては好都合です。 この時期が一年で一番元気と言っても過言ではありません。 夏は、産卵遅れのビッグアオリイカや早生まれの夏イカが釣れる時期になります。 秋 春に産み落とされた小イカが一斉に孵化し、早生まれのイカと混じりながら数釣りが楽しめる時期です! エギングを始めたい方は、この時期からのスタートがおすすめです! 冬 冬の始めは、大きくなったキロアップの新子が釣れます! ただ、一年を通して一番エギングが難しい時期であるのも事実です。 南紀エリアにあっては、レッドモンスターが開幕し、エギンガーにあっては熱い時期となります。 ※LURE NEWS R参照 次に、日本海側のイカと太平洋側のイカの違いについてですが、これも研究によりある程度のことが判明しています。 日本海側のイカ 成熟したイカは水温の上昇とともに北上し、道中交接・産卵を行います。孵化した新子で、能登半島以南で生まれたイカは水温低下とともに、南下します。 能登半島以北で生まれた新子も南下しますが富山湾に留まります。ちなみに移動距離は、100kmを超えるとの結果もあります。 太平洋側のイカ 春に産卵のため接岸し、冬には水温の低下とともに深場に移動します。 日本海側と同じように思えますが、太平洋側は黒潮の影響か水温も安定し、日本海側に比べて暖かいため、深場に行く必要もなければ、南下し大移動する必要もないことから、近くの深場(深くても30メートル)で一生を終えるとのことです。 また、遺伝子を調べたところ、まさかの違う種だったとのこと! 遺伝子で分けると日本海側グループと太平洋側グループになるらしい。ということは、そもそもイカの好みも違えば、狙い方も違うかもしれないということですよね! すっご!!!笑 アオリイカの五感 アオリイカの感覚器官については、以前お話ししました。ただ、とても重要なのでイラストと共に内容を追加し、もう一度復習します。 色覚 色を識別する細胞はないものの、優れた視力により、形状を認識し、白黒の濃淡、奥行は十分理解できているものと思われる)中でも、494ナノメー トルという色の波長(青緑色)が特に見やすい色だとされています。 視覚 研究結果から視力は0.64ほどです。アカイカ型にあっては0.94になります。 嗅覚 水を吐く「ろうと」付近に様々な臭いを検知する嗅覚器官があります。 触覚 全身で水中の様々な刺激を検知します。 味覚 各吸盤と口周辺に大量の味覚受容器官をもち、接触で味がわかります。 この触覚と味覚で「触るだけでそれがどんなものかわかる」という特殊能力を持っていて、さらには、賢い頭脳に、素晴らしい目を備え持ちます。私の中では生物界最強だと思っています。 ちなみにイカは、目の配置などからほぼ全ての角度を見渡せるのですが、私たちと同じように一番物が見えやすい角度というものが存在します。 それは、「斜め下」の角度です! サイトエギングをしていればわかりますが、イカが捕食する際はエギの真後ろかつ少し上に概ね配置します。見やすい場所に移動してから捕食します。 そのため、捕食には少し時間がかかります。そのために、エギを動かした後は「しっかりと止める」ことを意識し、食わせの間を確実に取りましょう!!! ず〜〜〜っとシャクってる人はいませんかぁぁ???笑 アオリイカの大きさの違い エギングをしていると春なのに小さいイカが、秋なのに大きいイカが釣れることってよくありませんか? これには様々な理由があります。「捕食量」や「遅生まれ・早生まれ」はもちろんあるのですが、実はそれ以外にも理由がありました。 結論(ある研究結果)から言うと、「水温が下がれば捕食量も減り成長しない」、「成長は概ね半年で止まる」です。 早春に生まれれば、温度の高い半年間はずっと捕食し成長していきます。ただ、夏終わりの遅生まれは半年で成長が止まるどころか、水温がどんどん下がっていくので捕食量も減っていき成長せずに成熟するみたいなんです。 つまり、生まれた時点で生涯の大きさが決まっていると言っても過言ではないと言うことです。 さらに、イカは同時期に生まれた同級生同士の群れで独立するみたいなので、大きい個体が出るポイントは同じサイズのイカがいる可能性が高いと言うことなんですね。なるへそ!笑 イカがでしたか? もう研究と実験でアオリイカの生態が解明されてきています。アオリイカってとても興味深い生物ですよね! 今回話した内容は実は一部です。さらに詳細なことはこちらに記載されています。 ※成山堂書店参照 2000円ほどですが、エギ3個我慢すれば買えますよね!笑 本を買い、学ぶことも時として重要であり、これが自己投資に繋がると思っています。自分への投資のためなら惜しみなく‼️笑 イカに限らず、ターゲットの生態を知識として得れば、間違いなく釣りに活かせると思っています!技術も知識もしっかり身につけ、価値ある一杯を手に入れましょう! #{snippet[5]}

【エギング】殺気を消すのも技術の一つ? 集中切れ時は休憩を!
【エギング】殺気を消すのも技術の一つ? 集中切れ時は休憩を!
2021年02月02日 更新 エギング大全

皆さん、こんにちは!DAIWA大好きDAIWAマンです! 最近エギングネタが多いマガジンですが、エギングはシーズンが限られてしまうのでシーズン中にみなさんにお伝えできるように連続で投稿しています。 イカを釣りたい!モンスターを仕留めたい!!という気持ちはエギンガーなら誰しもある想いですよね!私ももちろんそうです。 ただ、その強い想い。。。実はそれこそがイカが釣れない原因の一つだったりして。 今回は、イカの内部構造とアングラーの強い想いが関係している釣れない原因と集中切れが引き起こすリスクについて、私の経験から話しします! この話はエギングのみならず、他の釣りにも共通するかと思いますよ! もくじ 【殺気】だしてません? 内部構造から解る殺気の危険性 集中が切れたら一度休憩 楽しむ気持ちを忘れずに #{ad1} 【殺気】だしてません? イカを釣りたいと願うばかりに、エギングでやってはいけないことや強い想いからくる殺気が及ぼすイカへの影響。 そして、集中力が切れた時のリスクなど、こんなことを話します。釣れなかったときにふと思い出してみましょう。 私は、イカを釣りたいという強い想いからくる気持ちが、実は殺気となって、また殺気が「ある行動」となってあらわれると思っています。 それは、エギのフォール中やシャクる時、グリップを必要以上に【強く握りしめる】ということ。 なぜこれがダメなんでしょうか。理由として、以下のことがあげられます。 感度がとてつもなく落ちる 必要以上な力でしゃくることにより、エギ本来の綺麗なダートがしなくなる 無駄な力(殺気)がイカに伝わる 掛けてからのやりとりを除いて、ロッドを強く握りしめるという行為はエギングにおいて感度の低下は避けられません。 また力んだ状態でのキャストやシャクリも、飛距離やダートの質の低下に繋がります。 もし該当するアングラーの方がいらっしゃいましたら、一度気持ちを抑えてグリップを握った手を一度開いてみましょう!はい!リラックス!!! こうすることにより、フォール中のエギに無駄な力が伝わることなく、よりナチュラルに誘うことができるでしょう。 グリップの握り方については、以前のマガジンで話しましたので、そちらをご確認ください。 イカは、食欲旺盛なハンターだとしても、自然界ではまだまだベイト(食べられる側)の部類です。つまり、毎日弱肉強食の世界で怯えながら警戒しながら、食事をしているはずです。 エギングは、イカとの綱引きです。イカからすれば命を賭けた綱引きとなるはずです。そうであれば、イカはエギからこちらの状態(つまり違和感)を敏感に感じとると予想されますよね。 だからこそ気持ちを抑えて、力まずリラックスすることが大事だと思います。 内部構造から解る殺気の危険性 イカの体(ここではアオリイカについて話しています)は、簡単にいうと太い神経の集合体のような構造らしく、特に目の裏にそれが集中しているので、とりわけ目が良いとのこと。 とある研究結果では視力が0.6を超え、深いところに生息するアカイカ型のイカは脅威の0.9超えという研究結果もあります! さらに、イカは研究結果から以下のビックリな能力が判明しています。 嗅覚(水を吐く「ろうと」付近に様々な臭いを検知する嗅覚器官がある) 触覚(皮膚「全身」で水中の様々な刺激を検知する) 味覚(各吸盤と口周辺に大量の味覚受容器官をもち、接触で味がわかる) この触覚と味覚で「触るだけでそれがどんなものかわかる」という人間にはない特殊能力を持っています。さらには、賢い頭脳に素晴らしい目を備え持つ。 ある意味、生物界最強!!!笑これが「イカ」ですよ!イメージ変わりません? そして、何よりも以前のマガジンで、「イカローション(ヌルヌル)のついたエギはすぐに交換するべき」と言った理由がここにもあります!皆さん、納得していただけましたか? さらにさらに、これらのイカの特殊能力は【エギに触れた途端に餌でないと判断されやすいということ】に繋がりますので、アタリかな?と思った時には、しっかりとフッキングをしないといけないという以前の別のマガジン「フッキングの必要性」の理由がここにもあります! 私の書いたこれまでのマガジンの内容がすべてつながってきましたね! 話は少し脱線しましたが、これだけ「敏感」な生き物なので、釣り人の殺気は容易に伝わると思って間違いないのではないでしょうか。 だからこそ、殺気を消してリラックス!これも技術の一つだと思います。そして何よりも、「イカ」を釣りたければ「イカを知るべし!」このことは、エギングだけでなく釣りをするにはとても大切なことだと思っています。 集中が切れたら一度休憩 集中が切れた時のリスクを私の経験をもとにまとめてみました。 エギのロストが増える ラインの摩耗が増加する アングラー自身が怪我をする 集中力がなくなると、海中のイメージをしなくなります。また、エギを回収しなければならないところでも回収しなくなります。 回収しない方がよいところでは、回収することが増えます。結果、根がかりしエギをロストします。 釣り全体が煩雑となり、気がつけばラインが至る所に擦れていてボロボロになっている。これも結果的にエギのロストに繋がります。 また磯やテトラで釣りをしていた場合などは、足元が疎かになり踏み外したりして、大きな怪我をする可能性が高まります。場合によっては、命に関わることになるかもしれません。 経験したことがある人は分かるかと思いますが、テトラで「ツルッ!」「フラフラ〜」まさに「チ○さむ」ですよね!!!笑 このようなことになる前に、集中が切れたと思ったら、まずは休憩をしましょう。 トラブルを減らすことが上達への近道!そして、軽い休憩は殺気を消すためにも必要かと思いますよ。 楽しむ気持ちを忘れずに 釣りはあくまでも遊びです。考えることも必要ですが、何よりも楽しむ気持ちを忘れないようにしましょう。そして何より優先するのは安全に釣りをすることです。 ただ、遊びと言えど、魚やイカの命で遊ばせてもらっていることには間違い無いありません。常に釣りができる環境と生き物に感謝することももちろん大切だと思います。 さあ!ガンガン釣りに出かけて、上手くなりましょう!ビッグモンスターが待っています!! アングラーよ、いつまでも安全な子供であれ!!!笑 (以前のマガジン)釣れた直後はすぐに変更をすることが重要だ。 (以前のマガジン)エギングにはフッキングが必要か? #{snippet[5]}

【エギング】始めたいあなたへ!エギの種類とカラーはこれだけあります。
【エギング】始めたいあなたへ!エギの種類とカラーはこれだけあります。
2021年02月02日 更新 エギング大全

皆様、こんにちは!DAIWA大好きDAIWAマンです! 今回はエギの種類『サイズとカラー』について、説明します。 エギングを初めようと思って、釣具屋さんに行ってもエギが多すぎて何を買ったらいいのかわからないことってありませんか。初めのうちは、たくさんありすぎてすべて同じに見えているかもしれません。 そんな経験のある方は是非読んでみてください。かなり重要なことなので、絶対に覚えていて損はありませんよ。 もくじ そもそもエギとは? 大きいエギ?小さいエギ? 下地(下布)となるテープ色について なぜこんなにカラーの種類が多いの? 上地(上布)のカラーについて #{ad1} そもそもエギとは? 昔々、イカを釣るためだけにできた餌木というルアーがありました。こちらが、今使われているエギの始まりです。 昔の漁師は、この「餌木」という名の漁具で漁をしていたみたいですね。 ※『鹿児島大学総合研究博物館から薩摩烏賊餌木大集合』参照 この餌木を元に作られたルアー『エギ』を使い、主にアオリイカを釣る釣りを「エギング」と呼ばれています。 大きいエギ?小さいエギ? エギは各メーカーによって、様々な大きさがありますが、主に以下の4サイズがあります。 4.0号(大きい) 3.5号 3.0号 2.5号(小さい) 4.0号より大きいサイズ、また2.5号より小さいサイズもありますが、基本的に使うのはこの4サイズです。 1号≒3cmで考えてもらえれば、だいたいの大きさが分かります。 使い分けは、主に春に大型のアオリイカを狙う場合は、「3.5号と4号」を使い秋に小型のアオリイカを狙う場合は、「2.5号と3号」を使用します。 もちろんこれは絶対ではなく、例外も多々あります。ただ、基本的に大きいイカには大きいエギを、小さいエギには小さいエギを基準に考えると良いと思います。 下地(下布)となるテープ色について テープ色については、基本は以下の色があると思ってください。 ゴールド ピンク ホログラム ブルー パープル レッド ケイムラ 夜光(グロー) 虹色(マーブル) 特徴はこの通りです。(以下、画像はすべてDAIWAのホームページ参照) ゴールド、ピンク:濁り、昼間アピールをしたいときに使う ホログラム:日中や太陽光が強い白色時に、乱反射しやすい ブルー、パープル、レッド:水の透明度が高い場合や夜間にシルエットで目立たせたい ケイムラ:朝・夕マヅメや曇りなどの薄暗い場合に紫外線(UV)発光をする 夜光(グロー):夜間、最大級に目立たせたい(蓄光) 虹色(マーブル):さまざまな状況に適して使えるオールラウンダー できる限り様々な状況に合わせられるように、これらのエギを揃えておくことをおすすめします。 なぜこんなにカラーの種類が多いの? これだけたくさんの種類がある理由は、一言で言うと『そのタイミング毎にイカの好みの色が違うから』です。 色によってイカからの見え方が違います。釣り場では、エギをローテーションしアピールを変えて、その時のイカの反応を探ります。 ちなみに、エギは本体にテープで直巻きをする「下地(下布)」下地の上に覆い被せる布である「上地(上布)」この2つを組み合わせて、デザインされています。 上記で説明したカラーはテープの話なので、「下地(下布)」の方になります。 では、「上地(上布)」の話をします。 上地(上布)のカラーについて これも下地とほぼ同様で、 オレンジ ピンク ブルー パープル グリーン レッド イエロー などたくさんあります。 結局、どれがいいのかわからなくなりますよね。 諸説ありますが、イカの目はモノクロの世界だと言われています。(※イカの生態や見え方は後日紹介します。) 中でも、黄色が一番明るい色に見え、赤色や紫色が一番暗い色に見えていると言われています。 皆さんの持たれているエギを一度撮影してみて、モノクロにしてみてください!そうこんな感じ。 これを見てみると、イカが見る大まかな見え方が想像できるのではないでしょうか?私は普段こうして、イカの気持ちになりニタニタしています・・・。( ̄▽ ̄;)ナニカ? あとはこの見え方に、天候や水質を考慮すれば自分なりにエギを選択できる力が付いてくるはずです! 色だけではなく柄も濃淡が非常に出やすいので、柄があるとイカへのアピールも有力なのではないかなと思います! 今回もDAIWA製品をベースでお話しさせていただきましたが、各種メーカーではそれぞれ独自のカラーリングが考えられています。 つまり、以前もお話ししたように、 「購入するメーカーを絞って、そのメーカーのエギの特性をいち早く把握すること」が初めての釣果への特急券だと思っています。 そして、そのエギを把握した上で細かなローテーションで丹念に探れば、価値ある1杯に出会えること間違いなしです! 皆様のエギングライフが、最高のものとなるように心からお祈り申し上げます。 (以前のマガジン)エギングにはフッキングが必要か? (以前のマガジン)私は大量のエギを持ち歩く #{snippet[5]}

【エギング】なるべく良いタックルを使い、大量のエギを持ち歩く理由について。
【エギング】なるべく良いタックルを使い、大量のエギを持ち歩く理由について。
2021年02月02日 更新 エギング大全

皆さん、こんにちは!DAIWA大好きDAIWAマンです! 私はエギングに行くとき、大量のエギを持ち歩くことが多いです。今回は『たくさんのエギを持ち歩く理由』についてマガジンを書こうかと思います。 またタックルを選ぶときの判断についても話したいと思います。今回の内容は、釣果や釣り方ではなくモチベーション維持のためのものになりますね。 釣り具に対する考えは人それぞれなので、何が正解とかはありませんが、私と同じ考えを持っている人も多いと思います。 もくじ 道具を選ぶ基準は人それぞれ 良いタックルである必要性 大量のエギを持ち歩く理由 釣りで一番難しいことは 何度も釣りに行こう #{ad1} 道具を選ぶ基準は人それぞれ 釣りをするにあたって「釣り道具にお金はかけない!」という意見もあれば、「なるべく良い道具を使いたい!」と思う人もいるかと思います。 前者の方が良いとか、後者の方が釣りがうまい人が多いとか、そういったことはありません。考え方は人それぞれですので、私はどちらもありだと思います。 例えば、足元にいる魚を釣ろうと思ったときに竹の棒に糸をくくりつけて餌付きのハリを落とせば、誰だって釣れるかもしれません。釣りってそんなものだと思います。 しかし、私は比較的良い道具を選びますし、エギもたくさん持っていきます。 個人的な考えではありますが、その方が釣果に結びつくと思っています。 良いタックルである必要性 今も昔も釣り道具(特にロッドやリール)の値段はピンキリです。 私は、たくさんある釣り道具の中でも、できるだけそのメーカーのフラッグシップモデル(ハイエンド機)を選択します。 その理由はこんな感じです。 ロッド:軽くて感度が良いため、とてつもなく使いやすい(上達への近道) ロッド/リール:トラブルの激減(釣行時間の確保) ロッド/リール:とにかくカッコイイ(モチベーションの維持) リール:究極の軽さと滑らかな巻き感(集中力の維持) エギングにおいては、感度向上のために軽さは必須です。また、トラブルが少ないことは【集中力の維持→釣行時間の確保→釣果アップ】となりやすい。 結果的にトラブルをできるだけ減らしたいので、できるだけ良いものを選択するという流れになります。 『初心者だから安いものを』ではなく、『初心者だからこそ一つ上のクラスのものを』選ぶ方が、結果的にトラブルが減るのでエギングが上達します。 また、かなり古いタックルを使用されている方がいらっしゃれば、新しいタックルを買い換えることをオススメします。 今のメーカーの製作技術は本当にすごいんですよ!過去のものと比べて、感度や性能が格段に上がっています! タックルは値段の向上とともに、トラブルが減ると言っても過言ではありません。トラブルが減るということは、無駄な時間が減るということ。 是非、最新のタックルを意識されてみてはいかがでしょうか。 大量のエギを持ち歩く理由 この機会に普段持ち歩いているエギを数えてみると63本ありました。 なぜ、これだけのエギを持ち歩いているかと言うと、こんな理由があります。 選択肢の増加はエギングの幅が広がる。 エギングの幅が広がると釣果アップの可能性が大きくなる。 釣れないことを道具の責任にしないため。 普段からあらゆるシチュエーションに合わせられるように、たくさんの種類のエギを持っておくことはとても大切です。 ちなみに、1回の釣行で持っていったすべてのエギを使えるかと聞かれれば、ほぼ使えないと言っておきましょう。 たくさん持っていっても釣れなかった場合の原因は「そこにいるイカの好みに合ったエギを選択できなかった」自分にあると思います。 要は自分の選択が間違っていたということになりますね。 釣れないことを道具のせいにしていては、いつまで経ってもモンスターを捕えることはできません。(ストイック)また、頭の中で考えた仮定を検証できないとレベルアップは見込めません。(ストイック) しっかりとその場で検証するためにも、選択肢は多い方がいいのです。 私、自分には甘いですが釣りだけはストイックなんです!笑 まあ、大量のエギを買ってしまうのも新しいものが出たらすぐに買ってしまう私のミーハーな性格が原因でもあるんですけどね‼️笑 そして、嫁は私にだけストイック・・・。 釣りで一番難しいことは 釣りに限らず、趣味をする上で一番難しいと思っていることがあります。 それは、『続けるということ』です。 何でもそうだと思いますが、ヒトには飽きることがあります。飽きればすぐに辞めますし、寒いと外に出たくなくなります。 あきらめて辞めてしまえばそこで全てが終わります。(※諦めたらそこで試合終了ですよ!) 良い道具を持つことで、辞めにくくなりますよ。それは、モチベーションが維持しやすくなるからです。 折角、良い道具を買ったのだから頑張って行ってみよう。 この道具の使いやすさをもっと知りたい。 この道具で釣りたい!!! こんな感じですね。 モチベーションを維持し、やり続けるためにも良い道具を手に入れることをオススメします。 何度も釣りに行こう エギングに限らず、釣りは飽きずにやり続けることがとても重要だと思います。 そのためには、自らのモチベーションを維持することが重要です。そのためにも、良い道具を使うことはとても大事なことなんだと思っています。 もちろん、良い道具を使っているからと言って絶対に釣れるということではありませんし、モチベーションが維持できるとも限りません。 しかし、良い道具だからこそ得られる情報はあると思っています。例えば、良いタックルの方が海の中などをより鮮明にイメージできる可能性が上がります。その結果が釣れることに繋がります。 上手くなるまでの過程すら、最高のものにしてくれるのも良い道具だからこそです。 自分を信じてやり続けるためにも、なるべく良いタックルを手に入れて、いつかきっと価値ある一杯に出会いましょう! #{snippet[5]}

【エギング】色んなアタリを比較検証。フッキングが必要なアタリはこれだ。
【エギング】色んなアタリを比較検証。フッキングが必要なアタリはこれだ。
2021年02月02日 更新 エギング大全

皆様、こんにちは!DAIWA大好きDAIWAマンです! 今回はエギングにおける「フッキング」の必要性について、私の考えを説明しようと思います。もしかしたら、エギングにはフッキングは必要ないと思っている方がいるかも知れませんね。 ここではアタリ方の種類と、それぞれのフッキングの必要性を説明するので参考にしてみてくださいね。 もくじ アオリイカという生き物 アオリイカのアタリの違い 身体は本当は硬いかも? 握力も実はすごいかも アタリで使い分けるフッキング #{ad1} アオリイカという生き物 イカの体は約80%が水分と言われていて、全身フニャフニャの軟体動物です。 そのため、柔らかい体に鋭い針(エギの場合はカンナ)が当たれば、フッキングなしでも釣れると思っている方が多いかもしれません。 確かにフッキングなしでも十分釣れる可能性があるのがエギングです。しかしいざという時には、エギングでもフッキングは必要で、とても重要です。多くのアオリイカを釣ってきて、フッキングが必要だと本当に感じております。 では、そのフッキングの必要性とアタリの違いによるフッキングの使い分けについて話したいと思います。 アオリイカのアタリの違い 経験上、イカのアタリ方は4種類以上あると思っています。 引っ張るアタリ 居食い(その場でエギに抱きつく)によるアタリ【フォール】 居食い(その場でエギに抱きつく)によるアタリ【ボトム】 イカパンチによるアタリ アタってない状態は以下のような状態とします。 それでは、上記で記載したアタリの違いについて、写真で説明します。 引っ張るアタリ 居食いによるアタリ(フォール) 居食いによるアタリ(ボトム) イカパンチによるアタリ この4種のアタリから「ビシッ!」と強いフッキングが必要だと思っているのは、「居食い」と「イカパンチ」のアタリの時です。 その理由は、アオリイカの体の特徴にあると思っています。 身体は本当は硬いかも? アオリイカって柔らかくてフニャフニャしてますよね!捕食の時も柔らかいままなんでしょうか。 実は、アオリイカって自分よりも大きな魚を捕食したりするみたいなんです!エギングしてても、エギと同じ大きさのイカが釣れたりすることがありますよね。 個人の見解ですが、イカは「捕食する瞬間」や「獲物を捕まえた直後」って身を収縮して身を硬くしてると思うんです! そうしないと、大きい獲物を捕まえた時に、逃げられたり身が切れたりするんじゃないかなと思うんです。 アオリイカは骨がないからこそ、身を硬くするしか方法はないのではないか。ただ、しっかりした骨がないので、逆に身の収縮に限界はなく固くすることができるのではないか。収縮による瞬間的な硬さは、かなり硬いのではないか。と思っています。 そのために、硬くなった体にはしっかりとフッキングをしないと、刺さりにくいのではないかと思っています。フッキングが必要だと思っている理由はここなんです。 握力も実はすごいかも フッキングが必要な理由はもう一つあります! それはイカの獲物を掴む力(ここでは握力と称します)が強いからです! ここから話す内容は、今までに私が経験した内容です。 フッキングの有無は関係なくアオリイカをかけて足元まで巻き上げた時に、よく見るとアオリイカが針がかりしていない。このように! たまにいるんですよ!釣られたと思っていないイカが!まだ獲物と思って戦っているイカが! すごい食に貪欲な生き物だと思い知らされます!笑 ちなみに、しっかりフッキングしたのに針がかりしていないなんて事もあります。 これがアオリイカの握力が強いと思う理由です。 アタリで使い分けるフッキング さあ、どうでしょうか?エギングでもフッキングが必要だと思いませんか。 それでは、イカのアタリにおける「フッキング」の使い分けを理由も含めて説明します。 まず「引っ張るアタリ」については、強いフッキングは必要ありません。 理由は何度か経験していますが、すでにイカは獲物をしっかりと抱いています。必要以上に力をかけると身切れを起こす可能性があるため不要だと考えています。 このアタリの時は、ロッドをゆっくりと持ち上げるようなスイープなフッキングをオススメします! 次に「居食いとイカパンチによるアタリ」については、強いフッキングが必要かと思います。 この時、海中ではイカがエギを抱き始めた、あるいは抱こうか悩んで確認のため触腕でパンチしている瞬間だと思います。 抱き始めた瞬間は、「身が硬い」もしくは「握力MAX」の時であることから、強くフッキングしないと、針が刺さらない可能性があるでしょうし、イカパンチのような抱こうか悩んでいる時は、しっかりとフッキングをしてカンナを触腕にかける方が釣れる確率が上がると思います。 まあ、とにかく何か「あやしいな」と思ったらしっかりとフッキングをしましょう。先日、良いフッキング映像が撮れましたので参考に見てみてください! アタリで使い分けるフッキング イカがでしたでしょうか。私なりのフッキングの必要性について考えをまとめてみました。 何度も言いますが、エギングでのフッキングは絶対必要ということではありません。 ただ、フッキングをしていないことが原因でバレるなんて屈辱じゃないですか。 エギングでもバラすことはありますが、それはイカに針が刺さっていないか、そもそも針に当たっていないからだと私は思っています。 バラしたイカは大きいかもしれません。 アタリで悩んでいる人がいましたら、即フッキングしましょう。それが藻だったとしてもいいんですよ。経験を積めばわかってきます。 しっかりとフッキングをして価値ある一杯を逃さないようにしましょう! みなさんのエギングライフが有意義なものとなるように、参考にしていただければ幸いです。 #{snippet[5]}

【エギング】ポイントの選定、アオリイカがいるのはココだ!
【エギング】ポイントの選定、アオリイカがいるのはココだ!
2021年02月02日 更新 エギング大全

皆様、こんにちは!DAIWA大好きDAIWAマンです! 今回はショアから狙うアオリイカの「ポイント」について、話したいと思います。 ポイント選びというのは、基本中の基本なのですがどの釣りにも共通することで非常に大事なこと。なぜ、ポイントの紹介だけでなく、なぜそのポイントを狙うのか、理由も含めて説明します。 もくじ アオリイカが釣れる場所 ポイント毎のエギの選定 海中にあるポイントについて この潮はド集中!!! イカはあなたを待っている #{ad1} アオリイカが釣れる場所 私が普段からメインで狙っているポイントは、イラストのような場所になります。大きく分けると「防波堤・サーフ・磯場」の3種類ですね。 それでは1つ1つ説明します。 防波堤 周囲の水深があり、潮回りが良いので1級ポイントです。夜間でも明るい常夜灯などがあれば丸一日楽しむことができます。 サーフ 比較的遠浅のポイントが多いですが、実は意外と知られていない穴場スポット。たまに投げてみると思いがけない大物に出会える可能性があります。サーフでは基本的にランガンで広範囲に探ります。 磯場 ワンドでない限り、潮に乗ってくる回遊待ちです。ただ、磯場を回遊するイカは大きな個体のものが多く、何よりもパワーがあります! 回遊に当たれば、キロクラスがじゃんじゃん釣れる無限の可能性を秘めています。 ポイント毎のエギの選定 私は、基本的に第一投に使うのはどのポイントでもラトルタイプです。 タイプごとの違いについては以前のマガジンを読んでくださいね。 防波堤 ノーマル(約3.5秒/m)を筆頭に釣りをします。ただ、その日の状況によって潮を強く感じればシャロー(約6.0秒/m)に変えて、潮に乗せ漂わせるイメージですることもあります。 サーフ 基本シャローのエギを投入しますが、シャローで釣れない場合やランガンのテンポを上げたい場合は、ディープ(約2.8秒/m)を使います。先程説明したように、サーフでは基本ランガンしていくので、ランガンしやすいエギを選ぶといいでしょう。 磯場 ここでは基本回遊待ちになります。つまり、できる限り海中で漂わせる釣りをしたいのでシャロータイプの使用頻度が高いですね! 海中にあるポイントについて 大きなエリアについては説明しましたが、重要なのはそのエリアのどこにアオリイカがついているのか。 実は、海中にはさまざまな『アオリイカのつくポイント』があります!例えば、1級ポイントの防波堤には必ずアオリイカがついているというわけではありません。アオリイカがどういったポイントを好むのかを知る必要があります。 中でも、「藻場・瀬・基礎石・潮目・潮流」が基本的なポイントとなり、モンスターが潜んでいる可能性があるんです! 藻場 春のアオリイカの産卵場であり、特に大物がいる可能性があります。ただ、秋もイカの隠れ家となりますので、藻場があればまず投げましょう。 瀬 手前の瀬はサングラスがあれば、しっかり目視で確認できますが、沖合の瀬はそうもいきません。沖合については、ラインやロッドから伝わる情報で把握しましょう。 ここにも大小さまざまなアオリイカがついている可能性が高いです。 基礎石 防波堤から遠投して釣れない場合は、足元の基礎石を狙ってみてください。 人工的に作られた急勾配なカケアガリに結構イカはついています。遠投する前に手前から狙っていきましょう! 潮目 潮と潮の境目です。ここには海のゴミがたまったりしますが、同じようにベイトもつくのでそのベイトを狙ってイカがよく集まります。 私は、潮目を見つけたら潮目に線で狙えるようにキャストし、シャロータイプを使い上層から探っていきます。 潮流 エギングの中で最も重要なのは「潮」。これはタックルから伝わる情報や海面の浮遊物、海面の状況などから判断することができます。 「潮を制するものはエギングを制す!」と言っても過言ではないでしょう! この潮はド集中!!! 【潮が動いていること】というのは大変重要なのですが、あとはその潮に対しどう狙っていくかが肝心です。 私の経験上、良かったパターンを説明します!ここ重要ですよ。 気にするのは、立ち位置から沖合に向かって「払い出しの潮(離れる潮)」が流れているかどうか。 なぜこれが良いのかというと、エギの姿勢が格段に安定することでイカの抱きが良くなるからだと思います。 アオリイカはエギのフォール中やステイ中に抱きつきます。ただ海中でエギが不安定になると、アオリイカは抱きにくくなります。 エギングの最中にティップが「グゥゥゥゥッ」と沖合に向かって、引っ張られるような状況になることがあります。ただ、確認してもイカではない・・・。 そうなんです。これが払い出しの潮であり、「そこに払い出しの潮がある」という情報なんです。 海中では「釣り人」と「潮」がエギの綱引きをしているようなイメージ。この時、エギの姿勢は上下にフラフラすることもなく、「ピタッ!」と安定していることでしょう。 この潮を感じた時にこそ、その日一番の集中を!指一本動かさず、誘いは極力少なめにして我慢しましょう!今まで見向きもしなかったイカが動き出す可能性が大なんです! 下のアオリイカは、払い出しの潮を感じて獲った1キロオーバーのメスのアオリイカです。 イカはあなたを待っている 以上が、私が普段からエギングにおいて、考えていることです。 正直、海であればどこでも釣れる可能性はあります。ただ、時間帯やポイントによって釣れる確率は大きく変わります。 自分なりのエギングの考えをもちながら、通い続けることが重要かと思います。 ちなみに私は釣れない時には「イカは必ずそこにいる、自分がそこのイカを釣ることができないだけ」だと思っています。 海の状況をいち早く感じて、そして考え、イカの好みを探る。そうすれば、自ずと価値ある一杯と出会えるものと思います! さあ、エギングに出かけましょう!イカはあなたに釣られるのを待っていますよ!!!笑 #{snippet[5]}

【エギング】初心者エギンガー必見! 「エギ」を覚えやすくするための収納術について。
【エギング】初心者エギンガー必見! 「エギ」を覚えやすくするための収納術について。
2021年02月02日 更新 エギング大全

皆様、こんにちは!DAIWA大好きDAIWAマンです! 今回は私なりのエギの収納術を紹介しようと思います。 この考えをベースに収納すれば、たくさんあるエギもしっかりとカラー分けができてエギの特徴を覚えやすくなります。 特に初心者エギンガーには重要なことかと思います。参考のために読んでみてください。 もくじ エギを把握する タイプごとに分ける 下地をベースで並べる カンナを錆びさせない工夫 エギの特徴をつかもう #{ad1} エギを把握する ※DAIWAホームページから参照 これは私だけはないと思いますが、エギングはやればやるほどこのエギが欲しい、あのエギが欲しい、となってしまい気がつけばカバンがエギだらけになっていることがあります。 ただ、買ったはいいもののエギのカラーやフォールスピード、またはエギの特性を把握しないまま無造作に収納している人も多いのではないでしょうか。 エギングは現場の環境状況を把握し、その時のイカの好みにあったエギを選択しなければなりません。 何が言いたいのかというと、「持っているエギをしっかり把握することで、釣果に繋がる」ということです。 今回は、「エギの種類をしっかりと覚えられない」、「もしくは覚えていない」という方に向けた私なりの収納術をご紹介します! タイプごとに分ける 私が思うにエギの特性をいち早く覚えるためには、購入するエギのメーカーを1つに絞ってエギのタイプごとに分けることが良いかと思います。 私は・・・もちろんDAIWAですよね!笑普段はタイプ毎でこのように分けています。 テプラも貼っているので、カバンに収納してもすぐに判別できます。 なぜタイプごとに分けるのかと言いますと、「フォールスピードの違い、ダート系非ダート系の違い、ダート幅の違い」などがあるからです。 このようにすることで、エギのタイプを記憶しやすくなり、現場で今の状況にあったエギを選択できるようになります。 下地をベースで並べる エギの並べ方についてですが、私は下地の「アピール」の違いで分けています。 要は、ナチュラル系からアピール系への順番になるように並べています。 具体的に言うと、左から下地が、 「赤・紫・青・ケイムラ・ホログラム・虹(マーブル)・ピンク・金・夜光(グロー)」 の順で並べています。下地が被った場合は、上地が明るいエギを右にもっていってます! 赤・紫・青・・・ナチュラル系(ダーク系) ケイムラ/ホログラム・・・紫外線での発光、太陽光などを乱反射 虹(マーブル)・・・オールマイティーカラー ピンク・金・・・アピール系(金はダントツのアピール系) 夜光(グロー)・・・ハイアピール系(夜間における蓄光による発光) 私は、一応このように自分の中で区別し収納しています。 すると気がつけば、左から右にアピール度が増していくこととなり、エギのカラーの記憶が曖昧でも、配置場所から大体予想がつくようになります。 そのうち、エギを見ただけでタイプやカラーが分かるようになるでしょう! カンナを錆びさせない工夫 皆さんはエギをローテーションした時、使用済みのエギはどうしていますか。未使用のエギと一緒に収納しますか? 私は、使用済みエギ専用の収納ホルダーを一つ持参しており、そこに収納しています。 カンナはエギの命です。しかし、残念ながらよく錆びてしまうんです。 また使っていないエギと使ったエギを一緒に収納すると、使ってないエギまで錆びる可能性があります。 カンナを錆びさせるような環境に少しでもしたくないので、私は分けて収納するようにしています。もちろんお財布事情もありますよ!!!笑(なにせエギは高い!笑) 使用済みエギのホルダーは、お店で一番安いホルダーで十分です。 エギの特徴をつかもう いかがでしたでしょうか? 私がエギングをやり始めた時に、「エギ」を覚えるためにしていた収納術です。と言っても、今なお現在進行形です! エギは全て同じような形をしていますが、実はカラーや用途がそれぞれ全然違います。 ※DAIWAホームページから参照 この表に書いてあることをいち早く覚え、状況に合わせたチョイスとエギに合わせた誘いが釣果に繋がると思っています。また、エギ一個といえど道具を大切に扱うことで、誘い方などにも影響が出てくるのではないかと思います。 今回紹介したものは1つの例です。皆さんも自分流の収納術を見つけ、エギを覚えて価値ある一杯を手に入れましょう。 皆さんのエギングライフが最高のものとなるように、少しでも参考になれば幸いです。 #{snippet[5]}

【エギング】エギングを初めたいあなたへ。エギングのキャスト方法とロッドの持ち方について説明します。
【エギング】エギングを初めたいあなたへ。エギングのキャスト方法とロッドの持ち方について説明します。
2021年02月02日 更新 エギング大全

みなさん、こんにちは!DAIWA大好きDAIWAマンです! 何度もアングラーズマガジンに投稿することができて、とても嬉しく思います。 これまでに多くのアングラーの方々から、投稿したマガジンに対する嬉しいコメントが寄せられています。本当にありがとうございます! これからも、少しでも参考になるようなマガジンをお届けしたいと思います。 今回は、私なりのキャスト方法とキャスト後のロッドの持ち方を紹介したいと思います。 もくじ 垂らしの長さが重要 遠心力でエギの重さをバットに乗せる 飛距離を伸ばす秘訣 キャスト後のロッドの持ち方 慣れるまでは練習あるのみ #{ad1} 垂らしの長さが重要 エギングに使用するエギは、実は重たいものが多くあります。 そのため、エギをティップ付近まで巻いてからキャストすると、ロッドに大きな負担をかけてしまうことになります。 ロッドに負荷をかけないためにも、投げる時はまずは垂らしをリール付近までとることを心がけましょう! この時、PEとリーダーの結び目をロッドの先端のリングから外に出しておくことが重要です! 遠心力でエギの重さをバットに乗せる コマ送りで説明していきます。 投げる前 私はエギを振り子のように揺らし、まずは自分から一番遠いところまでエギと距離を取ります。 このようにすると、キャスト時にエギが綺麗な半円を描き、ブレることなく飛んでいきます! 投げ初め エギと自分の距離が最も離れたら、グリップエンドを握っている手(私の場合は左手)を自分側に引き寄せると同時に、右手では支えるようにロッドを前に送り出します。 徐々にエギの重さでティップがしなっていき、バット(ロッドの根本部分)に重さが乗り始めてきています。 重さを感じはじめる エギの初速がさらに上がり、先ほどよりもロッドのしなりが大きくなっていきます。 しかし、まだこれからです。ここからグリップエンドをさらに「グイッ」っと手元に引き寄せます。 このとき、最も重要なのはグリップエンドを持っている方の手(私の場合は左手)です。 しっかりとエンドグリップを手元に引き寄せましょう。 最も重さを感じる ロッドのしなりは最高潮です。エギの重さをロッド全体に乗せつつも、バット部分でしっかりと支えている状態。 この時の感覚としては、「バット部分にエギの重さがのしかかり、エギを押し投げる」ような感じです。 最後まで気を抜かない エギが飛び出し、ロッドへの負荷が無くなってからも大切です。 すぐにロッドを仕舞うのではなく、エギが着水するまでしっかりとティップの先をエギが着水した方に向けます。 こうすることで、ラインへの放出摩擦を最低限に抑えることができ、もう一つ先までエギを送り出すことができるようになります。 この一連の動作を行うことによって、ロッドのしなりを最大限に生かし、大遠投することができます。 コツは 力まないこと エギを投げるのではなく、グリップエンドを引き、ロッドを回すことに意識すること ですね! 飛距離を伸ばす秘訣 上記のキャストが綺麗に決まれば、自ずと飛距離は出ます。 ただ、さらに重要なポイントは飛んでいるエギの姿勢です。 綺麗にキャストが決まれば、このような状態でエギは飛んでいきます。エギの姿勢を気にして投げてみましょう。 これを拡大するとこんな感じです。 横から見るとこんな感じです。 キャストライン上で、エギが逆さまになって飛んでいきます。そのとき、シンカーは進行方向前方に出ている状態。 この姿勢で横ブレなく飛んでいけば、飛距離はほぼ最大!パーフェクトキャストです! 失敗するとすぐにわかるほど、エギが回転しながら失速していきます。 必ず姿勢を意識してキャストしてみてください!ダイワの「エメラルダス」ステイシリーズがベストな姿勢になりやすいです。形状の問題なんですかね?笑 キャスト後のロッドの持ち方 エギングは基本ティップから伝わる僅かな感触、「違和感」からイカのアタリをとらないといけない繊細な釣りです。 もちろん、力強く「グイッ」と引っ張るイカ独特のアタリもありますが、経験上では大きいイカほど繊細なアタリです。 そのアタリを見逃さないためにも、ロッドの持ち方にはちょっと「クセ」があります。私はこのように持っています。 まず中指の第二関節付近を支点に、ロッドの重さを支えるように薬指と小指を添えます。 そして次が重要です。グリップを挟み込むように、人差し指をグリップの上に乗せ、ロッドのふらつきを抑えます。 こうすることで安定した状態を保てます。 大切なことは、ロッドを握り込まないこと!握るとイカの繊細なアタリが格段に取れなくなります。 この状態のまま、ロッドを下に向け、アタリを待ちます。 エギング界のとある有名なプロの方は、「ワイングラスを持つように」とおっしゃっていました! 持ち方のクセがすごいんじゃ!笑 でも、本当にこれが一番アタリとれますからね!!! 慣れるまでは練習あるのみ エギングは何から何まで、本当に難しくクセのある釣りだと思っています。 ただ、それ以上の面白さや感動があるのがエギングです。 イカに対する知識があり、たくさんのエギの特徴を掴んでも、いざイカのいるところに自分の思ったようなキャストができないと釣れません。 さらには、釣果に差をつけるためにも周りの人よりも一つ先へ飛ばすことが重要になってきます。 自分の中での最高のキャストを見つけ、価値ある1杯を手に取りましょう!!! 皆さんのエギングライフが最高のものとなるように、少しでも役に立てば幸いです。 #{snippet[5]}

【エギング】初心者エギンガー必見!!釣れた直後はすぐにルアー変更をすることが重要だ。
【エギング】初心者エギンガー必見!!釣れた直後はすぐにルアー変更をすることが重要だ。
2021年02月02日 更新 エギング大全

皆様、こんにちは!DAIWA大好きDAIWAマンです! 今回は、エギングにおけるルアーローテーションの必要性について、私の考えを投稿しようと思います。 他のルアーフィッシングをする上でも関係することかと思いますので、一読していただき、ぜひ参考にしてみてください。 もくじ そんなに多くのカラーが必要か イカの視認性について 釣り上げた直後が最も重要! 視認性の問題だけではない 自分で考えて釣る1杯の価値 #{ad1} そんなに多くのカラーが必要か みなさんは、ルアー変更はどのタイミングで行っていますか? ルアーフィッシングにおいてはこの変更するタイミング(ルアーローテーションをする際の判断)というものが重要で、そのタイミングは数え切れないほどあると思っています。 ただ、釣れた直後にそのルアーを変更する人はどれだけいるでしょうか。エギングについては、釣れた直後にその釣れたエギを変更することがとても重要になると私は考えています。 釣れたエギなのに、なぜ変更が必要なのか。あくまでも私自身の考えですが、ぜひ参考にしてみてください。 イカの視認性について そもそもイカ(ここでいうアオリイカ)は目がとても良いといわれています。 諸説ありますが、イカの目にはそもそも色を識別する細胞(のようなもの)がないようで、見え方はモノクロの世界らしいです。 しかしながら、視力は良く暗闇でもしっかりと物体のシルエットなんかも把握できるようです。 さらには、頭も良いという研究結果があります。だからこそ、見切られやすい!んんぅうう・・・とまぁ普通に考えたら、いかなるタイミングでもルアーローテーションって必要なことがわかりますよね!同じものを投げ続ければ、見切られる可能性が高くなりますから。 釣り上げた直後が最も重要! 皆さんはアオリイカを釣った後に、すぐに同じところへキャストしますか? 私は、すぐにルアーを変更します。なぜならイカが釣れたということは、そこにまだイカがいる可能性が十分あり、 少しやり方を変えればさらに釣れる可能性があるからです! 自分がイカだと思ってください。同種が目の前で「エギ」で釣られたばかり、そんなときにすぐに同じエギが目の前を通過したらどうでしょうか。 私なら一目散に逃げます! 一概には言えませんが、イカは大きくなればなるほど警戒心が高くなり、大きなイカこそ見たエギに警戒します。だからこそ、釣った後はすぐに「違うエギ」に投げ変えることが必要になると考えます。 ちなみに以下のイカは、笑・・・。失礼。このイカは、2020年春に「4号のラトルタイプ/グリーン」で釣った1300gのものです。 このときは潮が良く好条件でしたので、まだ近くにイカはたくさんいると考えてすぐにエギを変えました。 チェンジしたエギは、「4号のラトルタイプ/オレンジ」です。 そうです。ただカラーを変えただけなんです。するとすぐに同じ場所のボトムで・・・。ドン!!!! 2200gオーバーのBIG ONE! いるんですね。まだ近くに。これはルアー変更が功を奏したものと確信。 この1つの変更が、価値ある1杯との出会いに繋がっています。 視認性の問題だけではない 先程の話は、ルアーを変更していなくても釣れたかもしれません。ただ、変更する理由は視認性の問題だけではないのです。 イカ墨のついている(もしくはついたばかりの)エギは、警戒心を抱きやすいので、ルアーを変更したほうが良いという考えもあります。 ただ、私はさらに釣られたイカが出す粘液が付着したエギも、墨付きのエギと同じくルアーの変更が必要と考えます。 釣った後のエギに墨とは違ってイカが吐いた透明の粘液が付着していることがあります。 この粘液は粘度が高いと思っている方はいませんか?笑拭いても取りにくい、まさにローショ・・・。失礼しました。 この話には何の根拠もありませんが・・・。 この粘液は、イカが嫌がった時に出す(出してしまう)粘液だと思っていて、周囲のイカを警戒させてしまうものなんじゃないかと私は思います。 しっかりと洗えば問題ないと思いますが、その粘液のせいで釣れない可能性があると考えているので、私はルアーを変更します。 自分で考えて釣る1杯の価値 イカがでしたでしょうか?エギングにおける私なりのローテーションの必要性についてでした。 私が釣りをする上で、いつも思っていることは、 イカが釣人に合わせることはない。 釣人がイカに合わせることが重要。 です。 しっかりとベストのタイミングで変更やローテーションをし、その時のイカの好みを探し当てる。まさにこれこそ釣りの醍醐味! 「釣れた」ではなく「釣った」時の感動は、釣れた時の何倍もの嬉しさと満足感が私はあります。 ローテーションで皆様に価値ある1杯を!!! #{snippet[5]}

【エギング】今年からエギングを初めようとしているあなたへ! オススメアイテムを紹介!
【エギング】今年からエギングを初めようとしているあなたへ! オススメアイテムを紹介!
2021年02月02日 更新 エギング大全

皆様、こんにちは!DAIWA大好きDAIWAマンです! 以前のオススメタックル紹介に引き続き、便利アイテムを紹介します。興味のある方だけでなく、できればない方も一読していただければ幸いです! もくじ 独断と偏見で選びました エギングに必需品!? エギング専用設計 アクセサリーはこれが便利! 理想のギャフとはまさにこれ キレイに持ち帰ろう 最も必要なもの #{ad1} 独断と偏見で選びました 釣りにはたくさんの意見や考えがある中、今回紹介するエギングアイテムは私の経験から選びました。初心者エギンガーをはじめ、これからエギングを始めたい方に対し、少しでも参考にしていただければと思います。 ポイントは、「性能重視で、且つデザインが良いこと」になります。今回もDAIWA製品多数ですが、押し売りではございませんので悪しからず。 エギングに必需品!? 1つ目に紹介するのは、エギング専用のバッグ「エメラルダス ショルダーバッグ(C)」です。 ※DAIWAホームページより ネットでは約6000円で販売されている、サイドフィットタイプのバックです。 私は、肩掛けで腰ベルトで固定するサイドフィットが好きです。理由は、安定していてずり落ちることなく、腰から腹までバックを回して作業できるからです。 それと、エギ専用フロントポケットが本当に重宝します!さらにこのバック、詰めればエギ40本以上入れれるのも魅力的! ※DAIWAホームページより エギング専用設計 スナップはこれです。エギングのために設計された専用スナップ「EG(イージー)スナップ S」 ※DAIWAホームページより ネット価格は300円前後です。エギの動き、姿勢などを考えた形状で徳用もあります! サルカン付きもありますが、私はできる限りエギのシルエットを崩さないためにも、スナップのみを使用し釣りをしています。 カラーはディープブルー!見た目もカッコいい!!笑 アクセサリーはこれが便利! エギング用アクセサリー「エメラルダス イカシメFL」 ※DAIWAホームページより 今年10月発売で【イカシメ刃】【ハンドギャフ】【カンナ直し】搭載の三徳折り畳み式イカシメ! ネット価格は2000円前後で売られています! 1つで三役をこなす優秀なエギング用アクセサリー! これはすごいです!こんなにデザインが良くて使えるものはないと思います!笑 理想のギャフとはまさにこれ オススメするのは、「KANJI ショートギャフⅢ 4m」 ネットでは幅がありますが、8000円から12000円ほどの価格です。 不意の大物に対応するためには絶対に必要になるギャフ。このギャフ、伸ばせば4メートルもあるのに、仕舞寸法が短くてとても軽いんです!しかも出し入れもスムーズです。 本当に私の理想のギャフです!デザインも面白いので、一度確認してみてください! キレイに持ち帰ろう イカの持ち帰りは、「ジップロック Lサイズ」で! ※旭化成ホームページより 残念ながら、エメラルダスシリーズではありませんがこちらで充分です。価格もネットでLサイズが20枚入で500円前後で買えます。 ちなみにジップロックはエギングでは必須です。丈夫なジップロックのLサイズで秋エギングはほぼ間違いないでしょう!! 最も必要なもの これが最も重要だと思います。「ウォッシャブルライフジャケット」 ※DAIWAホームページより ネット価格は、約20000円。 値段はするものの、なによりも命が一番です。 釣り場でライフジャケット着けてる人見ると、なぜかこちらが安心するんですよね!「この人は、しっかりしているアングラーだ!」って!まさに海のシートベルト!! 私は、安全に釣りをする人が真のアングラーで、カッコいいアングラーだと思っています。 いかがでしたでしょうか、もし初心者の方や初めようと思っている方で持っていないもがあったら、是非検討してみてください。 それでは、皆様安心安全なフィッシングライフを! #{snippet[5]}

秋エギング真っ盛り! 今年の秋からエギングをやりたいあなたへ!
秋エギング真っ盛り! 今年の秋からエギングをやりたいあなたへ!
2021年02月02日 更新 エギング大全

皆様、こんにちは!初?にお目にかかります。DAIWA大好きDAIWAマンです!この度アングラーズのライターとして、投稿させていただくことになりました! 主にエギングを担当します。興味のある方、もちろんない方も一読していただければ幸いです! まずは、エギングを始めたい方へのオススメタックル(DAIWA製品)について投稿していこうと思います。 もくじ はじめに おすすめタックルはこれだ ラインはこちらを用意 さいごに #{ad1} はじめに 本投稿は私の独断と偏見です!たくさんの意見や考えがある中、私の経験から初心者エギンガーをはじめ、これからエギングを始めたい方に対しオススメタックルを紹介します! タックルの紹介ポイントは、安価でありながらも性能が良いということ!それなのにデザインも良好と三拍子揃っています。 すべてDAIWA製品になりますのでご了承ください!!(※押し売りではございません) おすすめタックルはこれだ DAIWAには、エギングブランドとして、 『EMERALDAS(エメラルダス)』 があります! また、ロッドの種類にはラインを竿のガイドに通してセッティングするOUTGUIDE MODEL(アウトガイドモデル)と、ラインを竿の中に通してセッティングするINTERLINE MODEL(インターラインモデル)があります。 私はとりあえず何よりもセッティングが簡単な、OUTGUIDE MODELをオススメします! またエメラルダスブランドのロッドには、いくつかのシリーズがありますが私が初心者にオススメするのはこれです! エメラルダスX 86M ※DAIWAホームページより参照 ネットでは、12000円ぐらいで買うことができます。また長すぎず、短すぎずで使いやすい! しかも、このロッドはエギングだけではなく、比較的オールマイティーに多種の釣りにも使用できるとこが魅力です!それでもこの値段は高い!そこまで本気じゃない、ただお手軽にエギングがしたい方にはさらに安価ロッドとしてこちらをオススメします。 リバティクラブ エギング 862M ※DAIWAホームページより参照 ネット価格8000円前後です。エギングをするための最低限のハリとコシがあります!ただ、少しでもエギングに本気ならエメラルダスを断然オススメします! 次にリールです。初めてのエギングの方であれば、おすすめはこれです! エメラルダスLT 2500S-DH ※DAIWAホームページより参照 エギング専用設計のリールです!これなら春エギングの大物にも十分対応できます! 値段はネット価格で約15000円と本来ならお手頃なのですが、『そこまで本気じゃない』『釣りができればそれでいい』『一万円越えは高いよぉ』と思う方には、更なる安価リールとして、こちらをオススメ。 20クレスト LT2500 ※DAIWAホームページより参照 ネット価格で驚異の6000円前後と最安値! 安価で最新型で軽くて、DAIWAテクノロジーが詰まっている代物!これは本当にすごいです! ただ、普通に釣りをするにはまったく問題ないですが、安いには安いなりの理由があります!それは高価なものと比較してベアリングの数だったり、巻き心地やトラブルなどがやはり違いますね。自分がどの程度の釣りをしたいかをよく考えて、安物買いの銭失いにならないようにしてくださいね! これから少しでもエギングを真剣に取り組みたいのであれば、私はエメラルダスシリーズをオススメします。性能が良いのはもちろんですが、何よりもシリーズで揃えると、カッコいいんです! ラインはこちらを用意 PEラインはこれがGOOD!値段や性能、デザインともにこれで十分です。 UVF エメラルダス デュラセンサー×4 LD +Si2 0.6号 ※DAIWAホームページより参照 ネット価格1500円前後で買えます!なのに、最新コーティング技術にスレに強い4本編み、さらには200メートル分の巻糸量があるんです。 このコーティング技術は最近出発表されたばかりですが、本当に使いやすくて、強くて、耐久性があります!さらに初心者の方はよくラインブレイクするかと思います。そのため大容量のラインが重宝しますし、不意の大物にも対応できるのでかなり良いです! 最後にリーダーですが、このリーダーは本当に使いやすい。 エメラルダス リーダーエクストリーム Ⅱ 2号 ※DAIWAホームページより参照 ここまできたらもうエメラルダスですよね!笑ネット価格では、1500円前後! やはり糸のリーダーといえど専用設計でラインの硬さ、強度、耐久性は十分です! これは特に持っていれば間違いない代物です!もちろんエギング以外でも使えますよ! さいごに 本日は、ここまでになります。次回はエギングに使う他のアイテムを紹介をしたいと思います! 引き続き皆さんのためになるような投稿をしていけるよう心がけますのでよろしくお願いします。 この秋、皆さんのフィッシングライフが最高のものとなるように心からお祈り申し上げます!As much as one likes!(好きなことを好きなだけ!) That's life!(それが人生だ!) #{snippet[5]}